西郷×とんこつ、東郷×肉じゃが…偉人と肉料理のステキな関係
2017年2月9日 更新

西郷×とんこつ、東郷×肉じゃが…偉人と肉料理のステキな関係

皆さん、肉はお好きですか?歴史上の偉人たちと肉料理には、面白いエピソードが多数あるんです。そもそも昔の日本では肉食はタブーでしたが、そのパイオニアとなった人物は誰だったのでしょうか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

加藤清正のおかげで熊本は馬肉王国となった!?

「馬刺しのカロリーは豚肉の半分でタンパク質は同じくらい...

「馬刺しのカロリーは豚肉の半分でタンパク質は同じくらいなんです」

馬肉は別名「桜肉」とも呼ばれ、見た目の美しさと栄養価の高さが注目されています。
そんな馬肉を最初に食べたのが、加藤清正だという説があるんですよ。
肥後熊本藩初代藩主・加藤清正

肥後熊本藩初代藩主・加藤清正

豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人。熊本では清正公さん(せいしょこさん)と呼ばれて親しまれています。
朝鮮出兵の際、清正の軍は食糧難に陥ってしまいました。そこでやむなく手を出したのが軍馬だったんだそうです。
清正は意外にもこの味にハマってしまい、国に戻っても馬刺しを食べていたと言われています。そのため、熊本には馬肉が広まり、今でも生産量が全国1位なんですよ。

ちなみに、戊辰戦争での負傷者にも馬肉を食べさせたそうで、会津地方でも馬刺しが有名なんです。

軍神・東郷平八郎が肉じゃがのルーツ!?

東洋のネルソンと呼ばれた東郷平八郎

東洋のネルソンと呼ばれた東郷平八郎

日露戦争でロシアのバルチック艦隊を打ち破った軍神・東郷平八郎が、肉じゃがを考案した人物だと言われていることをご存知でしょうか。

かつてイギリスのポーツマスに留学していた東郷は、そこで食べたビーフシチューにフォーリンラブしてしまいました。その味を忘れられず、帰国後に艦上食として作らせようとしましたが(こういうところはワガママなんじゃ・・・)、ワインやデミグラスソースもなく、料理長は東郷の話だけを頼りにビーフシチューを試作したわけです。

しかしそこででき上がったものは、どう見ても肉じゃがでした。
醤油と砂糖の味付けでしたし、おそらく東郷は「肉とジャガイモとニンジンが入っていた」なんて言ったのでしょうね。確かにこれでは美味しい肉じゃがができ上がりそうです。

というわけで、東郷が肉じゃがの考案者と言われるようになったのです。
しかし、当時すでにハヤシライスなどが洋食屋のメニューにはあったそうで、この話は俗説の域を出ません。
「原宿 東郷記念館で提供された東郷オリジナル肉じゃが」

「原宿 東郷記念館で提供された東郷オリジナル肉じゃが」

2014年から毎年東郷記念館で開催されている『東郷肉じゃがチャリティ』では、元祖・肉じゃがが味わえるそう。今年も12月頃にあるかもしれませんので要チェック!

西郷ら薩摩隼人が愛した「とんこつ」、ここでいただけます

「焼酎のおかげでとても肉がやわらかく仕上がります」

「焼酎のおかげでとても肉がやわらかく仕上がります」

「とんこつ」とはその名の通り「豚骨」ですが、ラーメンなどとは違い、豚の骨つきあばら肉を使った鹿児島の郷土料理のことです。
これをぶつ切りにして、味噌と黒砂糖、芋焼酎を入れてゆっくりと煮込んだものがとんこつなんです。飴色に煮込まれた肉は、豚の角煮のような雰囲気ですね。

豪快な作り方は、戦場で薩摩武士が作ったのがルーツとされているからなんですね。このとんこつは、西郷隆盛がこよなく愛し、いつも食べていたんだそうです。
黒豚が好きだった西郷隆盛。

黒豚が好きだった西郷隆盛。

豚骨が好物だったことが、愛加那の子孫によって『鹿児島の郷土料理』という書籍に載せられているそう。
そんな本場「とんこつ」が東京で食べられるお店をご紹介しましょう。
千駄ヶ谷の「鹿児島 本家 かのや」は、本土最南端の鹿屋市から黒豚や地鶏、野菜、醤油などを直送し、こだわりの食材で作った薩摩料理を提供しています。もちろん「とんこつ」もありますよ。
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

戦場で食べれば戦闘能力アップ!?加藤清正と陣中の馬肉鍋【偉人が愛した肉料理:第4回】

戦場で食べれば戦闘能力アップ!?加藤清正と陣中の馬肉鍋【偉人が愛した肉料理:第4回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人が愛した肉料理を紹介する連載。第4回は加藤清正が広めたといわれる『馬肉』です。戦国時代、戦場でも食べられたという馬肉。今も熊本名物として愛される馬肉料理とその栄養についてご紹介します。
加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

7月25日は加藤清正の誕生日。清正は秀吉の子飼いの将として武功を立て、最後は熊本藩の初代藩主になりました。勇猛果敢な武将として有名で、信長亡きあとの織田家の覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」では七本槍に数え上げられています。「虎退治」や片鎌槍など、猛将らしいエピソードも枚挙にいとまがありません。また、お城好きには「築城名人」としても有名なのではないでしょうか? 今回はそんな清正ゆかりの御朱印をご紹介します。
【馬刺しの産みの親!?】加藤清正が日本に持ち込んだゆかりの食べ物

【馬刺しの産みの親!?】加藤清正が日本に持ち込んだゆかりの食べ物

豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍、熊本城の築城、関ヶ原後は肥後熊本藩の初代藩主と、様々な顔をもつ加藤清正。朝鮮出兵時に清正が持ち込んだ食べ物は、今でも地元の名産として親しまれています。1611(慶長16)年8月2日は清正の命日にちなみ、清正ゆかりの食べ物をご紹介します。
政府軍VS薩摩軍 西南戦争最大の激戦地「田原坂」を歩いてみた

政府軍VS薩摩軍 西南戦争最大の激戦地「田原坂」を歩いてみた

「雨は降る降る 人馬はぬれる 越すに越されぬ田原坂 右手に血刀 左手に手綱 馬上ゆたかな美少年 山に屍 河に血流る 肥後の天地 秋さびし」 この歌は西南戦争の田原坂の激戦を歌った歌です。実は筆者の高祖父(祖父の祖父)も、薩摩軍の兵士として田原坂で戦いました。一度行ってみたいと思っていた田原坂。140年の時を超えて、玄孫にあたる筆者が実際に歩いてみました。
幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地

幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地

幕末から明治維新にかけ、各藩から優れた人材が登場しました。横井小楠もその一人。熊本藩出身の彼は福井藩で力を認められ、ついには新政府の参与にまでなりました。彼がどんな考えを持ち、多くの志士や幕府重鎮を動かしてきたのか、ゆかりの地と共にご紹介します。
大河ドラマ「いだてん」ゆかりの品から見る金栗四三とは?金栗足袋や妻・スヤとの写真も

大河ドラマ「いだてん」ゆかりの品から見る金栗四三とは?金栗足袋や妻・スヤとの写真も

2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公・金栗四三。マラソンの父といわれ、日本のスポーツ界への功績は偉大です。一方、中村勘九郎さんが演じる金栗が、大河ドラマでどのように描かれるのか、その人物像も気になるところです。金栗ゆかりの地・熊本県玉名市に残る彼のゆかりの品から、その人物像を探ってみました。
戦国に生きた細川ガラシャ、父・明智光秀の実像に迫る「細川ガラシャ展」

戦国に生きた細川ガラシャ、父・明智光秀の実像に迫る「細川ガラシャ展」

細川家ゆかりの名品が展示されている永青文庫展示室。その開設10周年を記念し、熊本県立美術館で好評開催中の特別展「細川ガラシャ」。なぜガラシャは今も人々を惹きつけてやまないのか?戦国の乱世を生きた彼女の実像に迫る本展には、父・明智光秀に関する新史料や「本能寺の変」関連文書、夫・細川忠興の愛刀「歌仙兼定」など話題の品が勢ぞろい。注目の特別展の模様をレポートします。
西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第12回は鹿児島城をご紹介します。島津家が関ケ原合戦直後に薩摩藩の支配拠点として築いた鹿児島城。その見どころを写真を中心に紹介していきます。
2019年大河ドラマ「いだてん」ロケ地も!金栗四三ゆかりの地

2019年大河ドラマ「いだてん」ロケ地も!金栗四三ゆかりの地

2019年の大河ドラマは、日本マラソンの父といわれる金栗四三を主人公にした「いだてん」です。日本人で初めてオリンピックに参加し、箱根駅伝の創設者としても知られる金栗四三。すでに撮影が始まり、放送に向け期待の高まる「いだてん」の舞台、金栗四三ゆかりの地をいち早くご紹介します。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。