歴ニン君:諸国漫遊記編★第二忍「半蔵門編」
2018年6月14日 更新

歴ニン君:諸国漫遊記編★第二忍「半蔵門編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は江戸城跡の半蔵門だよ。徳川家康に仕えた服部半蔵(正成)の屋敷が目の前にあったことからそう呼ばれてるようだけど・・・その真相をハンゾー君がお答えします!

みかめゆきよみみかめゆきよみ

歴ニン君

歴ニン君★諸国漫遊記編:第二忍「半蔵門編」

歴ニン君★諸国漫遊記編:第二忍「半蔵門編」

歴ニン君ワンポイント

【半蔵門編】

東京都千代田区の江戸城跡(現在の皇居)西にある半蔵門。
かの有名な二代目服部半蔵(正成)の屋敷が目の前にあったからそう呼ばれるようになったといわれているよ。
東京メトロ半蔵門線もここから付けられた名称だね。

半蔵門から西に続いている甲州街道は江戸の頃に整備されたもので、甲府(山梨)へと繋がっているよ。
江戸城が非常事態に陥った際、将軍が安全な甲府に逃げられるようになっているんだって。
その時は沿線沿いに居を構えた「百人組」が警護することになっていたらしいよ。
もし有事が起こっていたなら、伊賀者によって保護された「神君伊賀越え(※)」が再現されていたかもしれないね。

その名前が使われるくらい家康に信頼されていた服部半蔵だけど、その息子の三代目服部半蔵(正就)がわりとダメ人間だったらしいよ。
将軍に仕える伊賀者を自分の家来のように扱ってストライキを起こされて、家督を取り上げられちゃったんだって。
名跡を息子が潰す典型的な例だね!

※「神君伊賀越え」……天正10年(1582)に信長が本能寺の変で倒れた際、家康は命からがら伊賀を経由して三河国に帰った。
このとき伊賀国を安全に進めるように根回しをしたのが二代目服部半蔵。

今回の出没場所:半蔵門


rekinin 歴ニン君
さすらいのフリー忍者。困っている人を見つけたら得意の忍術で助けにいくよ!(解決するとは言っていない)

 


rekinin サスケ君
真田幸村に仕える忍者。幸村の九度山ワイルドニート生活を支える真面目なドM。

 


rekinin ハンゾー君
徳川家康に仕える忍者。 頭の鉢金で表情がうかがえずクールな印象だが、実は鉢金ではなくVR(バーチャルリアリティ)ゴーグル。

 


rekinin クロちゃん
伊達政宗に使える忍者集団「黒脛巾組(くろはばきぐみ)」の一員。 黒いのは脛ではなくて腹ではないかともっぱらの噂。クローン技術で増殖しているとか…

 


rekinin フーマ君
北条家に仕える風魔忍者。猫っぽいけど猫じゃない。ついでに言うとプーマ(豹)じゃない。 北条家が虎の印判を使っていることから、どことなく親近感を覚えている。

 

歴ニン君LINEスタンプ発売中!

 (21327)

みかめゆきよみさんによる忍者キャラ「歴ニン君」がLINEスタンプになりました!歴史の小ネタを挟んだシュールなスタンプ、歴オタ同士のやりとりにぜひお使いください。
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みかめゆきよみ

みかめゆきよみ

漫画家、イラストレーター、ライティングも少々。プロの真田幸村ファン(自称)。火縄銃・居合などの実践経験を活かした記事が得意。エンタメを通じて歴史の楽しさを伝えることがモットー。著書に『ふぅ〜ん、真田丸』(実業之日本社)。『北条太平記』(桜雲社)。『戦国の城がいちばんよくわかる本』(西股総生著 KKベストセラーズ/イラスト担当)、『真田幸村の系譜 直系子孫が語る四〇〇年』(真田徹著 河出書房新社/ 執筆協力 )。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は京都で豊臣秀吉のお墓参りをしてみたよ。阿弥陀ヶ峰の頂上にある秀吉のお墓。こんなに有名な人物なのに、意外と行った人は少ないんじゃないかな?大変だけど、豊国神社とあわせてお参りしてみてね。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第四忍「秀吉ゆかりの地・豊国神社」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第四忍「秀吉ゆかりの地・豊国神社」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は京都で豊臣秀吉ゆかりの地に忍んでみたよ。秀吉を祀る京都・豊国神社や、大坂冬の陣のきっかけになったといわれる方広寺の梵鐘は注目だよ。京博の近くなので、この秋話題の刀剣展とあわせて行ってみてね。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は北条氏の本拠地・小田原城に来てみたよ。北条氏に仕えた忍者といえば風魔忍者が有名だね。なかでも特に有名な“風魔小太郎”にまつわる伝説を検証してみたよ。
【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
東京にもあります!あの戦国武将ゆかりの地10選

東京にもあります!あの戦国武将ゆかりの地10選

好きな戦国武将のゆかりの地、行きたいけど遠すぎる…と諦めていませんか?実は東京にも戦国武将ゆかりの地はたくさんあるんですよ。今回はその中から意外な10か所を厳選して紹介します。
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

7月25日は加藤清正の誕生日。清正は秀吉の子飼いの将として武功を立て、最後は熊本藩の初代藩主になりました。勇猛果敢な武将として有名で、信長亡きあとの織田家の覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」では七本槍に数え上げられています。「虎退治」や片鎌槍など、猛将らしいエピソードも枚挙にいとまがありません。また、お城好きには「築城名人」としても有名なのではないでしょうか? 今回はそんな清正ゆかりの御朱印をご紹介します。
信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第2回は「長篠の戦い」です。1575年6月29日(天正3年5月21日)、織田信長・徳川家康の連合軍と、武田勝頼の軍勢が現在の愛知県新城市近辺で激突。織田軍による鉄砲隊の活躍により、当時最強といわれた武田騎馬隊は大敗。武田軍の名将たち最期の場所など、合戦ゆかりの地をご紹介します。
本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

織田信長が居城・安土城で徳川家康に振る舞ったといわれる饗応膳「天正十年安土御献立」。安土城の近くにあるホテル「休暇村近江八幡」(滋賀県近江八幡市)ではそれを再現した饗応膳を1日10食限定で提供中です。本能寺の変の引き金?ともいわれる膳にまつわる逸話と再現された「信長饗応膳」をご紹介します。
古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

関ヶ原合戦後、藩主となり江戸に藩邸を持った武将たち。東京には彼らの遺構がいくつも残されています。今回は、真田信之が東軍に参戦した真田家、黒田長政が関ヶ原で奮闘した黒田家、西軍敗北となるも減封にとどまった毛利家の遺構を、歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが古地図をもとにご紹介します。