【まだまだブーム】京都全土に点在する、応仁の乱ゆかりの場所を制覇しよう!
2017年9月1日 更新

【まだまだブーム】京都全土に点在する、応仁の乱ゆかりの場所を制覇しよう!

将軍家の後継者争いをはじめ、管領、有力守護まで巻き込んで続いた「応仁の乱」。勃発から550年を迎えた今、研究者はもちろん歴史ファンからも熱い視線を浴び、新書や特集本が多数出版されています。今回は、11年という長きにわたって戦場となっていた京都のゆかりスポットをご紹介。古戦場やゆかりの地を実際に歩いてみれば、そのスケールの大きさを実感できるはずです。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

「応仁の乱」ゆかりの地10カ所をご案内

真如堂縁起絵巻(部分)

真如堂縁起絵巻(部分)

応仁の乱を描いたものとされる。
応仁元年(1467)から、文明9年(1477)までの11年にわたって繰り広げられた応仁の乱。最近は、応仁・文明の乱という呼称も広まっています。将軍家をはじめとした各勢力の対立関係が複雑に絡み合うことで勃発し、長期化していきました。

足利義尚VS足利義視という将軍家の後継者争い、有力守護である細川勝元VS山名宗全の対立、斯波家や畠山家それぞれの家督争い、それらの争いが争いを呼び、結果として京都は灰燼に帰してしまうのです。

今回は足利将軍家、東軍と西軍の各大将、古戦場に分け、合わせて10カ所のゆかりの地をご紹介します!

足利将軍家ゆかりのスポットへ

「花の御所」で栄華を誇った足利将軍家

室町第跡

室町第跡

現在の京都御所の北西方向、室町今出川にある石碑。かつては一帯が室町幕府の中心地できた。
via 写真:ユカリノ編集部
まずは、応仁の乱が勃発した時代の空気を感じるために、足利将軍家ゆかりのスポットをご紹介します。

地下鉄烏丸線・今出川駅から西へ歩くと、足利将軍家が拠点としていた室町第の跡地にたどり着きます。室町第は、3代将軍義満の時代に造営され、「花の御所」とも呼ばれて栄華を誇りましたが、応仁の乱の際に焼失したといいます。

歴代足利将軍の木造がある等持院

等持院の山門

等持院の山門

嵐電等持院駅から徒歩数分の立地。木像の拝観のほか、尊氏の墓にも参拝できる。
via 写真:ユカリノ編集部
応仁の乱に関係する義政や義尚のみならず、室町幕府歴代将軍のことを知るならば等持院へ。京都市内の北西方向、金閣寺や龍安寺も近いエリアにある寺院で、初代将軍尊氏の死後に将軍家の菩提寺となったスポットです。

境内の霊光殿には、歴代将軍の木像がズラリと安置されています。8代将軍義政好みといわれる茶室や、庭園もゆっくり見てみてくださいね。

日野富子が出家した大慈院(宝鏡寺)

宝鏡寺門跡

宝鏡寺門跡

寛永21年(1644)に後水尾天皇の皇女が入寺してから、尼門跡寺院として栄える。春と秋に特別公開を実施。
via 写真:ユカリノ編集部
応仁の乱を語る上で欠かせない女性といえば、義政の正室であった日野富子。我が子・義尚を将軍にしようとしたことが乱の一因となったともいわれ、悪女とされてきましたが、本当にそうだったのかは、今となってはわかりませんよね。

そんな彼女が義政の死後に出家して過ごしたのが、堀川寺之内にあった大慈院という寺院。明治時代以降、大慈院は隣接していた宝鏡寺に引き継がれ、日野富子の木像も今は宝鏡寺にあります。宝鏡寺第十五世の渓山禅師は、義政と日野富子の娘でもあるといい、ゆかりの深さが窺えますね。

東軍・西軍各大将のゆかりの地

49 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は動物モチーフがあしらわれた御朱印をご紹介します。今ブームの猫から、稲荷神社の定番の狐、干支にもなっている犬と猿、さらには絶滅してしまった日本狼まで!東京・京都の観光がてら、動物御朱印をいただきにLet's Go!
【花より女子(おなご)!?】秀吉最期のビッグイベント「醍醐の花見」ゆかりの地

【花より女子(おなご)!?】秀吉最期のビッグイベント「醍醐の花見」ゆかりの地

人生最期の花見として豊臣秀吉が開催した「醍醐の花見」。男性はほとんど参加できず、1300人もの女性に参加者が限られた舞台裏。平安時代から「花の醍醐」と知られた桜の名所、醍醐寺についてもご紹介します。
【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

3月に入り桜の開花が気になる時期になってきました。名城を彩る桜は、昔から変わらず目を愉しませてくれますね。数ある名城で開催される桜イベントの中から、3月に開催される注目の桜イベントを5つ厳選しました。
武将茶人って何者?へうげもの也!古田織部ゆかりの地まとめ

武将茶人って何者?へうげもの也!古田織部ゆかりの地まとめ

2月28日は「織部の日」。慶長4(1599)年2月28日、豊臣秀吉の茶頭・古田織部が自ら焼いた茶器を用いて茶会を開いた記録があることから岐阜県が制定した記念日です。古田織部と言えば、「天下一の茶人」や「武将茶人」とも呼ばれています。そんな古田織部ゆかりの地をご紹介。今に残る織部の作品を見て、織部の生き様や作風に触れてみてはいかがでしょうか。
陰陽師・安倍晴明、鬼退治伝説でも有名!「異界への入口」一条戻橋ゆかりの偉人たち

陰陽師・安倍晴明、鬼退治伝説でも有名!「異界への入口」一条戻橋ゆかりの偉人たち

京都には異界とつながっているといわれるスポットが点在していますが、その中でも特に有名なのが一条戻橋です。この橋は異界とのつながりだけでなく、橋の両側に有名な人物が居を構えたため、一層ミステリアスな存在になっています。人物とは、鬼退治をした源頼光と陰陽師こと安倍晴明。一条戻橋を舞台に起きたドラマをご紹介します。
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook