第8回:世界遺産・沖縄の城(グスク)めぐり【月刊 日本の城】
2018年4月6日 更新

第8回:世界遺産・沖縄の城(グスク)めぐり【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを紹介する連載「月刊 日本の城」。第8回は沖縄の城(グスク)です。琉球王国として独立していた沖縄は、城も独自の進化を遂げ、曲線状の石垣や中国文化の影響を受けた建物などが目を引きます。そんな沖縄の城の見どころを写真を中心にご紹介します。

けいすけ(日本の城写真集)けいすけ(日本の城写真集)

沖縄のグスクの今

【首里城の入口にある守礼門】日本の城の大手門にある櫓門...

【首里城の入口にある守礼門】日本の城の大手門にある櫓門のような防御重視ではなく、来客を迎える城のシンボルだったのだろう。

via 写真提供:日本の城 写真集
かつて琉球王国という独立国だった沖縄は、城も独自の文化を築いてきました。
最も有名な沖縄の城・首里城(しゅりじょう)は琉球王国の首都で、太平洋戦争で壊滅したものの、沖縄復興のシンボルとして再建が進み、今もなお整備が続いています。

2000年に世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」に登録された沖縄の城。
それから2006年、日本城郭協会が選定した日本100名城には、首里城、中城城(なかぐすくじょう)、今帰仁城(なきじんじょう)が指定されました。
さらに2017年には勝連城(かつれんじょう)、座喜味城(ざきみじょう)が続日本100名城となり、今年4月6日(城の日)からスタンプラリーも開始されます。

今回はそんな沖縄の城の見どころ&撮りどころを、那覇から北方面へ、順番にご紹介していきましょう。

琉球の首都・首里城

【広福門前から下を見下ろす。右は久慶門、前方には歓会門...

【広福門前から下を見下ろす。右は久慶門、前方には歓会門が見える】

via 写真提供:日本の城 写真集
琉球王国の首都だった首里城。その当時の姿を復元すべく、現在も城の再建が進められています。日本の城とは異なる赤い建物が特徴です。

曲線状の石垣と南国の植物の緑、石垣上に見える建物の赤、空と海の青・・・まさに琉球のグスクの景観!当時もこのような美しい姿だったのでしょう。

首里城のいちおし撮影ポイント:主殿

【主殿と御庭(うなー)】

【主殿と御庭(うなー)】

via 写真提供:日本の城 写真集
首里城といえばやはり主殿。鮮やかな朱色もさることながら、豪華絢爛な装飾も必見です。
主殿とは国王が政治や儀式を執り行う場のことで、日中の文化と琉球独特の形式を取り入れたもの。御庭ではさまざまな儀式が行われ、家臣一同がこの庭に会しました。
【寄内ノ御嶽(よせうちのうたき)】

【寄内ノ御嶽(よせうちのうたき)】

正殿の下にあるゾーンで、近年整備公開された。
御嶽とは信仰の対象となる神聖な場所のこと。今でも琉球のグスクは御嶽とされ、祈りをささげる人も見られる。
via 写真提供:日本の城 写真集
筆者は今年の2月に首里城に行きましたが、長袖シャツ1枚で十分でした。城を歩きまわると暑いくらいです。
見学後は、是非ともアイスクリームでクールダウンを。城内にも店舗があります。

ペリーも称賛した美しい城・中城城

【裏門】

【裏門】

城に入ると最初に見えてくる裏門。石垣でできた上部がアーチ状の門は琉球のグスクの特徴。
via 写真提供:日本の城 写真集
首里城を堪能したら、次は中城城へ向かいましょう。
日本に開国を迫ったペリーは日本に着く前に琉球に寄港し、この中城城を訪れ、その美しさを称賛したと言われます。その姿は今でも曲線状の石垣から味わうことができます。
53 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

けいすけ(日本の城写真集)

けいすけ(日本の城写真集)

Webサイト「日本の城写真集」(http://castle.jpn.org/)の管理人です。日本各地にある遺構の残る城や著名な城を訪問し、城の象徴である天守のみならず、様々な見どころの写真を撮って公開しています。みなさまに城の魅力が少しでも伝われば何よりです。日本全国444城、16,428枚の写真を収録(2017/9/4現在)。Twitterもやっています:https://twitter.com/castle_jpn 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

のんびり過ごす年末年始もいいですが、せっかくのお休みですし、どこかに出かけてみませんか?今回は、年末年始でも間に合う!穴場的な偉人ゆかりの地や、おすすめスポットを紹介します。2018年に周年を迎える平清盛や伊能忠敬、特別番組で話題の「風雲児たち」ゆかりの地もこの時期ならねらい目ですよ。
【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

元亀元年7月16日(1570年8月17日)、常陸の戦国大名・佐竹義宣は「鬼義重」こと佐竹義重の息子として誕生しました。父の築いた地盤を受け継いで常陸をほぼ手中に収めた義宣ですが、関ヶ原の戦いの後は遠く出羽へと転封されてしまいます。その理由は彼の人となりが原因だった?今回は佐竹義宣の生涯とゆかりの地をご紹介します。
水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。
父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

徳川家康の六男・松平忠輝。家康の実子でありながら、父からは疎まれ「鬼っ子」と呼ばれた理由とは…?不遇の生涯を送った忠輝が藩主として唯一幸せに過ごしたとされるゆかりの地・高田城(新潟県上越市)をご紹介します。
今年がラストチャンス!天下人・徳川家康の城「駿府城」天守台の体験発掘

今年がラストチャンス!天下人・徳川家康の城「駿府城」天守台の体験発掘

静岡市では、徳川家康ゆかりの城・駿府城の天守台発掘調査を2016年8月から実施しています。通常は一般の方が発掘作業に参加することはできませんが、8月から10月にかけての12日間限定で体験発掘を行うことができます。発掘調査のスケジュール上、2019年の開催予定はなく、今年が最後の機会となります。この貴重な機会をお見逃しなく!
西股先生と行く城歩き女子会第2弾!「小田原城」は裏側が面白い

西股先生と行く城歩き女子会第2弾!「小田原城」は裏側が面白い

関東では梅雨まっただ中の6月中旬、神奈川県小田原市に、カメラを抱えた女性たちが集合しました! 彼女たちのお目当ては名城「小田原城」。天守閣の周辺はもちろん、あまり知られていないマニアックなスポットも歩いてきましたよ。
第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけさんが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第10回は松江城をご紹介します。水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓、そして現存天守と、どこを切り取っても絵になる松江城のおすすめポイントを写真を中心にご紹介します。
今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

山城を観光資源として地域活性化をはかる「全国山城サミット」。城ファンにはおなじみのイベントが今年は9月23日(日)と24日(月)島根県安来市の月山富田城で行われます。さらに今年は5年に1度の「戦国尼子フェスティバル」も23日に開催と、一度で二度おいしいイベントの内容をひと足お先にご案内します。
第9回:戊辰戦争より150年、激戦地・福島県の3城を巡る【月刊 日本の城】

第9回:戊辰戦争より150年、激戦地・福島県の3城を巡る【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第9回は福島県の城です。鳥羽・伏見の戦いから始まった戊辰戦争。旧幕府軍として戦った会津藩は激戦地となりました。その舞台となった白河小峰城、二本松城、会津若松城をご紹介します。
名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

ご当地の歴史と魅力を発信するため活動するおもてなし武将隊。その元祖ともいえる「名古屋おもてなし武将隊」に新メンバーが加入!5月26日(土)に、前田利家と陣笠の太助のお披露目式が行われました。ますますパワーアップする武将隊とともに、6月8日(土)に完成公開される名古屋城本丸御殿もご紹介します。