直江兼続、毛利秀元、立花宗茂…実は東京で亡くなっていた!戦国武将終焉の地
2017年9月4日 更新

直江兼続、毛利秀元、立花宗茂…実は東京で亡くなっていた!戦国武将終焉の地

戦で生き残った戦国武将は、普通は自分の領地で亡くなったと思いますよね。実は、意外にも江戸で息を引き取った人たちもいるんです。というのも、江戸時代に入って参勤交代が義務づけられると、各大名は自身の江戸屋敷に詰めていたから。意外な人物が江戸屋敷で亡くなっているのも驚きですが、その屋敷の跡地がどうなっているかというのもなかなか面白いですよ。さっそくチェックしてみてください。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

直江兼続:江戸鱗屋敷(千代田区霞が関・警視庁)

直江兼続

直江兼続

via 米沢市上杉博物館蔵
大河ドラマ「天地人」の主人公であり、同じく「真田丸」でもさらに人気の高まった直江兼続。米沢藩上杉家に仕えましたが、彼が亡くなったのもまた江戸でした。しかもそこは何と、今は警視庁があるところなんです。
鱗屋敷のあった警視庁

鱗屋敷のあった警視庁

警視庁をほぼ正面から撮影すると、敷地が三角形なのがわかる!
via 写真:ユカリノ編集部
米沢藩の上屋敷(今は法務省庁舎)の向かい側に兼続は屋敷を賜っていました。敷地が三角形であること、そこが魚の鱗のような形であることから鱗屋敷と呼ばれた、とも言われています。

元和6年(1620)、兼続は病のため60歳で亡くなりました。息子は早逝しており、養子縁組の解消などで跡継ぎがいなかったため、ここで家は断絶することとなりました。ちなみに、兼続の正室お船もここで亡くなっています。

江戸鱗屋敷の跡は残っていませんが、米沢藩上杉家江戸藩邸跡の碑は、現在の法務省庁舎前に置かれています。
米沢藩上杉家江戸藩邸のあった法務省庁舎

米沢藩上杉家江戸藩邸のあった法務省庁舎

法務省の一部に建てられた上杉家の江戸屋敷は、「桜田屋敷」と呼ばれ、幕末まで江戸藩邸として使われた。
via 写真:ユカリノ編集部
米沢藩上杉家江戸藩邸跡の碑

米沢藩上杉家江戸藩邸跡の碑

via 写真:ユカリノ編集部

毛利秀元:長府藩毛利家上屋敷(港区六本木・六本木ヒルズ毛利庭園)

毛利秀元

毛利秀元

via https://ja.wikipedia.org/wiki/
関ヶ原の戦いの際、西軍の総大将である毛利軍が動かなかったのは、家康に通じていた重臣・吉川広家が、毛利家の領地安堵の約束と引き換えに軍を動かさなかったためでした。その時、毛利軍の実質上の大将であり、動こうにも動けなかったのが毛利秀元です。彼は元就の孫に当たり、一時は輝元の養嗣子となっていたため、将来の毛利家当主と目されていた時期もありました。

しかし戦後は輝元の子・秀就に嗣子を譲り、長州藩の支藩・長府藩主となります。同時に長州藩でも大きな力を持ちましたが、秀就とは不仲となり、晩年は徳川家光の御伽衆として江戸に住みました。慶安3年(1650)に江戸で亡くなったということなので、長府藩の上屋敷で亡くなったと考えられています。
毛利庭園

毛利庭園

長府藩毛利家上屋敷は、現在は、史跡「毛利甲斐守邸跡」という名で残されています。六本木ヒルズ内の毛利庭園にあり、ひょうたん池の傍に跡地であることを示す標柱が建てられています。タワービルを背景にした和風庭園という、都会のオアシス的な存在です。
六本木ヒルズと毛利庭園

六本木ヒルズと毛利庭園

24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
東京にもあります!あの戦国武将ゆかりの地10選

東京にもあります!あの戦国武将ゆかりの地10選

好きな戦国武将のゆかりの地、行きたいけど遠すぎる…と諦めていませんか?実は意外と東京にも戦国武将ゆかりの地はあるんですよ。今回はその中から10か所を厳選して紹介します。
干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで

干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで

ただいま東京国立博物館にて、お正月の恒例企画「博物館に初もうで」が2018年1月28日(日)まで開催されています。戌(いぬ)年の今年は、干支にちなんで犬にまつわる作品を集めた特集展示「博物館に初もうで 犬と迎える新年」に、国宝など貴重な作品が見られる新春特別公開も展開。日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、展覧会の見どころをご紹介します。
意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス

意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス

慶應義塾大学創設者であり、『学問のすゝめ』の著者で知られる福沢諭吉。1万円札の肖像でもおなじみですね。東京都港区にある慶應義塾大学の三田キャンパス内やその周辺には、諭吉ゆかりの地が多数あります。受験シーズンも近い今、キャンパス見学も兼ねて、探索してみませんか?
【明治を代表する洋館建築】三菱財閥3代目・岩崎久弥と旧岩崎邸庭園

【明治を代表する洋館建築】三菱財閥3代目・岩崎久弥と旧岩崎邸庭園

岩崎弥太郎の長男で三菱第3代社長の久弥の本邸として造られた旧岩崎邸庭園(東京都台東区)。特に洋館は、鹿鳴館の建築家として知られるジョサイア・コンドルの設計で、様々な様式が織り交ぜられた繊細なデザインが特徴です。また、併置された和館との巧みなバランスや別棟のビリヤード室など、見どころ満載。そんな明治を代表する貴重な建築・旧岩崎邸庭園の見どころをご紹介します!
【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

日本におけるクリスマスの歴史は古く、天文21年(1552)、現在の山口市にあった教会で降誕祭のミサが行われたことが始まりとされます。その後、鎖国によって消えてしまいますが、明治期の禁教令の廃止と共に復活。やがて日本の冬を彩る一大イベントとして定着しました。今回は始まりから、日本初のサンタにケーキ、イルミネーションまで、初づくしのクリスマスとゆかりの地をご紹介します。
【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

片倉小十郎景綱は戦国から江戸時代にかけて活躍した武将。伊達家家臣として奥州の覇者である伊達政宗を支え、更にはあの真田家にも不思議なご縁がありました。今回は、1615年(元和元)12月4日に亡くなった景綱の生涯とゆかりの地、米沢、白石、仙台の見どころをご紹介いたします。
【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

11月22日は「いい夫婦の日」ですね。歴史上にもおしどり夫婦と呼ばれるカップルがいますが、みなさんは、誰に憧れますか?戦国の動乱を夫婦の絆で乗り越えた利家とまつ、追われる夫の危機を救った幕末を代表する夫妻・龍馬とおりょうなど、今回は時代を超えて親しまれるおしどり夫婦5組のゆかりの地をお届けします。ぜひ、その地をめぐって幸せなふたりにあやかりましょう♪
【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

怨霊伝説で有名な平将門。実は日本史上に大きな業績を残しています。平安時代に武士団の脅威を朝廷に知らしめて貴族の社会から武士の社会へと移行するきっかけを作り、戦国時代には当たり前の騎馬戦の始まりも将門軍だったといいます。また怨霊のイメージとはうらはらに、とても優しい人物だったようです。将門の業績と怨霊化の要因となった「平将門の乱」と、加護のパワーを持つとされる将門ゆかりの地をご案内いたしましょう。
【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

天正7年(1579)8月、織田信長の命令のもと、家康が嫡男・信康を切腹させたといわれる「信康事件」。さまざまな説が唱えられる中、最近では、徳川家臣団の分裂を避けるため、家康がやむを得ず下した決断だったともいわれています。今回は、この痛ましい事件の主人公・信康に焦点をあて、短い人生の軌跡を辿りながら、ゆかりの地をご紹介します