【相撲だけじゃない】すみだ北斎美術館と江戸東京博物館のある両国でアートめぐり
2017年8月23日 更新

【相撲だけじゃない】すみだ北斎美術館と江戸東京博物館のある両国でアートめぐり

東京でアートめぐりをするなら、上野、青山、六本木が定番ですが、新たに注目されているのが両国です。昨年11月にオープンしたすみだ北斎美術館に、歴史好きにはおなじみの東京都江戸東京博物館、来年1月には刀剣博物館が移転など、かなりの盛り上がりを見せています。今回はイベントを中心に、両国の新たな魅力を紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

北斎のすべてがつまった!すみだ北斎美術館(東京都墨田区)

すみだ北斎美術館

すみだ北斎美術館

住宅街の中でひときわ目立つスタイリッシュな外観は、世界的に有名な建築家、 妹島和世の設計によるもの。
via ©️Forward Stroke
2016年11月に葛飾北斎の出生地にほど近い両国駅のそばにオープンした、すみだ北斎美術館。いまや世界中が注目する絵師の美術館の誕生は、相撲人気もあいまって両国を活気づけています。

所蔵品は、北斎研究家のピーター・モース氏と浮世絵研究者の楢崎宗重氏のコレクションを中心にした約1800点。天才とも画狂とも言われた北斎の生涯が、作品と共に多角的な展示方法によって楽しめるのが魅力です。

※葛飾北斎の「葛」は、「ヒ」ではなく「人」になります。

閉館後に何が⁉︎ 夜のすみだ北斎美術館『百物語』

すみだ北斎美術館の内観

すみだ北斎美術館の内観

via ©️Forward Stroke
8月24日(木)から26日(土)の3日間、オープン以来初めて閉館後の美術館を利用した、ちょっと怖くて楽しいイベント『百物語』が開催されます。

ナビゲーターは、すみだ北斎美術館公認で日本初の学芸“人”のコンビ「葛飾ふとめ・ぎょろめ」。 ふたりが唄う、北斎名前唄「北斎卍ラプソディ」の動画を美術館で再生すると不思議な現象が起こるということから、異変の原因を探るため、閉館後の美術館へ潜入するのですが・・・。

常設展ではなんと、門外不出だった本物の浮世絵1枚がこの3日間の夜だけ公開されます。他にも思いがけないことが起こるかも!?  さらに希望者には浮世絵VRのデモも体験できます。

美術に詳しくなくても、楽しみながら葛飾北斎を知り、浮世絵の面白さに気づける新しいイベント。気になった人はぜひ参加してみよう。
学芸“人”のコンビ「葛飾ふとめ・ぎょろめ」

学芸“人”のコンビ「葛飾ふとめ・ぎょろめ」

via 写真提供:すみだ北斎美術館
閉館後の美術館に何かが起こる!? 夜のすみだ北斎美術館『百物語』
開催日:2017年 8月24日(木)・25日(金)・26日(土)
集合場所:すみだ北斎美術館 MARUGEN100(講座室)
集合時間:午後6時30分
参加費:お一人様1000円(大人・小人同額・常設展入場含む)
店員:各回50名
開催場所:すみだ北斎美術館

120畳大の大ダルマを描いた?「パフォーマー北斎」の魅力を紹介

写真提供:すみだ北斎美術館 (6156)

via 写真提供:すみだ北斎美術館
9月9日(土)からは、「大ダルマ制作200年記念 パフォーマー☆北斎 江戸と名古屋を駆ける」が始まります。
今から200年前の文化14年(1817)、葛飾北斎は名古屋城下の活気を利用しつつ、自身の『北斎漫画』の宣伝のため、120畳大の大ダルマを描くパフォーマンスをしたといわれます。また、名古屋に先駆けて江戸でも、ダルマや馬などの大きな絵から、米粒に雀2羽の極小画までを制作したことなども伝えられています。

江戸と名古屋両都市の賑わいに一役買った、パフォーマーとしての北斎の活動を、『北斎漫画』全編などから紹介。北斎の新たな一面に触れる、貴重な機会となりそうです。
「大ダルマ制作200年記念 パフォーマー☆北斎 江戸と名古屋を駆ける」
開催日:【前期】2017年9月9日 (土) ~10月1日 (日)
    【後期】2017年10月3日(火)〜10月22日(日)※各期で一部展示替えあり
開館時間:午前9時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
休館日:月曜日 ※但し、9月18日・10月9日(月・祝)は開館、9月19日・10月10日(火)は休館
開催場所:すみだ北斎美術館

江戸にタイムスリップ!東京都江戸東京博物館(東京都墨田区)

東京都江戸東京博物館

東京都江戸東京博物館

江戸城とほぼ同じ高さという建物。
via 写真提供:東京都江戸東京博物館
30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

つい惹かれてしまう「悪」の魅力。盗賊や小悪党、悪女まで、悪人を集めた展覧会「江戸の悪 PARTⅡ」が東京・太田記念美術館にて6月2日(土)より開催されます。2015年に開催された同名の展覧会がさらにパワーアップ。しかも今年は同時期に連携展が開催されるなど、東京中が「悪」に染まる?その詳細をご紹介します。
再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は4月に再オープンした東京都江戸東京博物館です。歴史を扱う博物館の中でも特にこちらがお気に入りというまやさんが、新しくなったポイントとともに通ならではの楽しみ方を伝授します!
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、火刑に処された少女「八百屋お七」。しかし実際のお七は、八百屋の娘ということも含め、はっきりとわかっていません。その謎だらけの伝説がかえって関心を呼び、創作が盛り込まれ、私たちの知るお七になっているのです。今回は残された史跡を巡りながら、お七の実像を探ります。
【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

「伊達」といえば伊達政宗ですが、彼の孫の綱宗の代に起きた「伊達騒動」は、「江戸三大お家騒動」のひとつになってしまうほど、複雑で大規模なものでした。当時は歌舞伎『伽羅先代萩』として上演され、山本周五郎の小説『樅ノ木が残った』が大河ドラマにもなった「伊達騒動」をわかりやすく、意外な!?事件現場とともに紹介します。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。第2回は浮世絵専門の美術館で知られる太田記念美術館です。現在は、江戸時代の異性装の風習を浮世絵を通して紹介する企画展「江戸の女装と男装」が開催中。江戸好き、また浮世絵好きならずとも気になる企画展の内容を、いちおしの絵とともにご案内します。
第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第7回は江戸城です。江戸幕府の居城だった江戸城は、中心部こそ皇居として使用されていますが、それ以外は公園などとして一般に開放されています。都会にありながら城郭を堪能できる江戸城のおすすめポイントを、写真を中心にご紹介します。
緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載がスタート!第1回は2016年にオープンしたすみだ北斎美術館です。現在開催中の「Hokusai Beautyー華やぐ江戸の女たちー」では、北斎の美人画の変遷から当時のファッション、ヘア&メイクを紹介するというもの。美術好きとしてはもちろん、モデルとしても気になる展覧会の見どころをご案内します。
【古地図で巡るゆかりの地】『鬼平犯科帳』長谷川平蔵の菩提寺のあった四谷

【古地図で巡るゆかりの地】『鬼平犯科帳』長谷川平蔵の菩提寺のあった四谷

時代劇でもお馴染み、池波正太郎の傑作『鬼平犯科帳』の主人公・長谷川平蔵は、「火付盗賊改役」として活躍した長谷川宣以(のぶため)という実在の人物がモデルになっています。今回は、歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが、四谷(東京都新宿区)の寺町界隈を古地図で巡りながら、宣以の生涯とゆかりの地をご案内します。