幕府の天才・小栗忠順が眠る東善寺(群馬県高崎市)【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第12回】
2018年7月27日 更新

幕府の天才・小栗忠順が眠る東善寺(群馬県高崎市)【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第12回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第12回は幕臣・小栗忠順が最期を迎えた群馬県高崎市です。欧米で得た知識を用い、幕府に貢献するものの、最期は非業の死を遂げる忠順。その後功績が認められ、司馬遼太郎からは「明治の父」と称されました。そんな忠順の墓のある東善寺を中心にご紹介します。

小栗さくら小栗さくら

「明治の父」幕臣・小栗忠順

東善寺・小栗忠順の胸像

東善寺・小栗忠順の胸像

旗本の子として文政10年(1827)に生まれた小栗忠順。34歳の時、日米修好通商条約批准の遣米使節として渡米。そこで得た見識を生かし、幕府に貢献します。
via 提供・小栗さくら
司馬遼太郎から「明治の父」と称された、幕臣・小栗上野介忠順(ただまさ)。
勘定奉行、江戸町奉行、外国奉行と歴任し、横須賀造船所や日本初のフランス語学校、築地ホテル、兵庫商社といった数々のことを手がけ、日本の近代化の礎を築いてきた人物です。

その業績は一般にはあまり知られていませんが、彼が人生の最期を迎えた権田村(現・群馬県高崎市)では、今でも「小栗様」と呼ばれ慕われています。
今回は忠順の墓のある東善寺を中心に、彼への愛に溢れた高崎市倉渕町をご紹介いたします。

小栗父子と家臣の墓がある東善寺

東善寺・門前

東善寺・門前

via 提供・小栗さくら
高崎駅から室田行きのバスに乗り、室田営業所で乗り継ぐこと約50分。
少々長いバス旅ですが、駅から離れるほど、当時を彷彿とさせる長閑な景色が広がっていきます。
バス停「権田・寺前」で降りれば、小栗父子が眠る「東善寺」は目の前です。

小栗愛に溢れる東善寺

東善寺

東善寺

開創は寛永10年(1633)。宝永元年(1704)に権田村が小栗家の知行地となったことから、縁が始まります。
via 提供・小栗さくら
戊辰戦争の口火が切られると、忠順はほかの幕臣とともに主戦論を唱えました。しかし主君・徳川慶喜の恭順の意志が固いと見ると、彼は自分の知行地である上州・権田村に移住することにしたのです。
この行動は、主君という大義を大事にする「旗本」「真の武士」を貫こうとした忠順ゆえだったように思います。
こうして家族や家臣とともに権田に着いた忠順は、先祖が中興開基した東善寺を仮住まいの地としたのです。
東善寺の方丈様こと村上泰賢様と。方丈様は、小栗研究の第...

東善寺の方丈様こと村上泰賢様と。方丈様は、小栗研究の第一人者で、大学の頃からお世話になっています。

via 提供:小栗さくら
お寺の中には、忠順関連の資料や展示物が所狭しと並んでいます。
忠順が万延元年遣米使節で渡米したときに何を学んだのか、その後それをどう日本に活かそうとしたのかなど、忠順の生涯をパネルや写真で詳しく学ぶことが出来ますよ。
東善寺内

東善寺内

遺品館・庫裡・本堂は拝観料100円。
via 提供:小栗さくら
アメリカ土産のネジ

アメリカ土産のネジ

こちらはアメリカで大量生産されているネジを見た忠順が持ち帰ったもの。
日本との文明の差を表そうとした象徴のように感じられます。
via 提供:小栗さくら
必見!東郷平八郎の書

必見!東郷平八郎の書

寺内のもののなかでも、見逃せないのが薩摩出身の東郷平八郎が書いた書。これは明治45年(1912)、東郷が忠順の遺族を自宅に招いた時に書いたものです。
日本海海戦で勝利した東郷は、忠順が横須賀造船所を建設しておいてくれたおかげだと、感謝を示したといいます。
書はのちに、忠順の名誉回復のため東善寺に寄進されました。
via 提供:小栗さくら

東善寺にある忠順の2つの墓

33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高杉晋作、桂小五郎…明治維新の偉人たちが泊まった旅館3選

高杉晋作、桂小五郎…明治維新の偉人たちが泊まった旅館3選

幕末から明治にかけて活躍した偉人たち。彼らが心身を癒した旅館が現在も残っています。高杉晋作が刻んだ「憂国の楓」を保管する山口・松田屋ホテルや、桂小五郎が潜伏した兵庫・城崎温泉のつたや旅館など、歴史情緒あふれる佇まいも魅力です。今回は週末や夏休みにもおすすめの旅館をエピソードとともにご紹介します。
源平、戦国、幕末…バラエティ豊かな11月イベントまとめ

源平、戦国、幕末…バラエティ豊かな11月イベントまとめ

肌寒くなってきた11月ですが、イベントはまだまだ熱い!石田三成など人気の戦国武将のまつりに、幕末維新がテーマの展覧会、源平や姫にちなんだ行列など、バラエティに富んだイベントが開催されます。どの時代のファンも嬉しい、地元愛に溢れたイベントの見どころを紹介。さっそくチェック!
「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第22回は、中村半次郎こと桐野利秋(きりの・としあき)ゆかりの地。西郷の側近として西南戦争で戦い、「人斬り半次郎」という名でも有名な桐野。しかし本当に“人斬り”と恐れられるような人物だったのか?桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡とともに、その人生を追ってみました。
幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地

幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地

幕末から明治維新にかけ、各藩から優れた人材が登場しました。横井小楠もその一人。熊本藩出身の彼は福井藩で力を認められ、ついには新政府の参与にまでなりました。彼がどんな考えを持ち、多くの志士や幕府重鎮を動かしてきたのか、ゆかりの地と共にご紹介します。
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
あの「西郷どん」も認めた!福井が生んだ天才・橋本左内の有能ぶり

あの「西郷どん」も認めた!福井が生んだ天才・橋本左内の有能ぶり

西郷隆盛より6歳も年下でありながら「先輩としては藤田東湖に服し、同輩としては橋本左内を推す」といわしめた若者、それが橋本左内です。左内は24歳という若さで、幕末の四賢候と讃えられる福井藩主・松平春嶽の側近に抜擢され、国事に奔走しました。彼の功績と活躍の舞台となったゆかりの地をご紹介します。
実はスゴイ!龍馬の先を行った男・赤松小三郎、幕末を駆け抜けた生涯とゆかりの地

実はスゴイ!龍馬の先を行った男・赤松小三郎、幕末を駆け抜けた生涯とゆかりの地

坂本龍馬の「船中八策」は、大政奉還や議会政治などの考えが盛り込まれた、当時としては画期的なものでした。しかし、議会政治などの考えを龍馬よりも先に唱えていた人物がいたのです。それが、赤松小三郎という上田藩士。議会開設や人民平等という先進的な考えを誰よりも先に持っていた彼の生涯とゆかりの地をご紹介します。
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。
【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

薩摩藩出身の明治の重鎮といえば、黒田清隆を忘れてはいけません。第2代内閣総理大臣であり、北海道開拓の第一人者としても大きな功績を挙げた黒田。しかし一方で、酒乱という困った一面もありました。そのせいで、妻に関する良からぬ噂も…?今回はそんな黒田清隆にまつわるエピソードやゆかりの地をご紹介します。