幕府の天才・小栗忠順が眠る東善寺(群馬県高崎市)【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第12回】
2018年7月27日 更新

幕府の天才・小栗忠順が眠る東善寺(群馬県高崎市)【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第12回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第12回は幕臣・小栗忠順が最期を迎えた群馬県高崎市です。欧米で得た知識を用い、幕府に貢献するものの、最期は非業の死を遂げる忠順。その後功績が認められ、司馬遼太郎からは「明治の父」と称されました。そんな忠順の墓のある東善寺を中心にご紹介します。

小栗さくら小栗さくら

東善寺境内

東善寺境内

via 提供:小栗さくら
小栗忠順と盟友・栗本鋤雲の胸像が並ぶ境内。その奥には、小栗父子と家臣たちのお墓が並んでいます。
実は境内には小栗父子のお墓がふたつ存在しているのです。ひとつは胸像の位置からも見える供養墓で、父子の両側には共に命を落とした家臣の墓も並んでいます。
小栗父子・供養墓

小栗父子・供養墓

右が忠順の墓、左が養子・又一忠道の墓です。

墓石を守るように立つ椿の花は「小栗椿」と呼ばれているもの。
忠順が江戸から取り寄せたものですが、椿が上州に着いた時には、彼の命はすでにありませんでした。
via 提供:小栗さくら
供養墓から更に登っていくと、忠順の胴体と、のちに取り返された首級が埋められた本墓があります。右隣には、忠順とともに処刑された家臣3人のお墓も・・・。
忠順好きにとって、胸が痛くなる場所のひとつです。
小栗忠順・本墓

小栗忠順・本墓

養子・又一の本墓は、高崎市下斎田の田口家墓地にあります。
via 提供:小栗さくら

夢のあと、小栗邸

小栗邸跡

小栗邸跡

via 提供:小栗さくら
東善寺から1km下手にある観音山。忠順はここに居宅の建設を始めました。
そして屋敷を中心にして私学校を作り、権田の人を教育してこの地を良くするという夢を抱いていたのです。
観音山小栗邸跡の碑

観音山小栗邸跡の碑

毎日のように工事を見に行っていた忠順は、アメリカ土産のコウモリ傘をさして訪れたこともあったようです。
via 提供:小栗さくら
また、忠順が引いた農業用水路「小高用水」は、いまだに「小栗様が引いてくれた水路」として守られています。
権田での忠順は、かつての敏腕奉行ではなく、村人と建設的に将来を歩もうとした殿様です。小栗邸は、第二の人生に想いを馳せた忠順の夢のあとのように思えます。

偉人小栗上野介、罪なくして此所に斬らる

忠順が処刑された水沼河原

忠順が処刑された水沼河原

当時を彷彿とさせるのどかな風景。
via 提供:小栗さくら
忠順が描いた夢は、突然の処刑という形で終焉をむかえます。
邸の工事を要害建設と疑われたり、砲台を築いたと書かれたり・・・様々な疑いで「逆謀あり」とされたのです。もちろんどれも事実とは異なる内容です。
小栗忠順の顕彰慰霊碑

小栗忠順の顕彰慰霊碑

忠順を慕う人々からの募金によって建てられた碑。
via 提供:小栗さくら
忠順の処刑は、一言の取り調べもないまま決定しましたが、彼は動揺も言い訳もせず、母と妻のことだけを頼んでその最期を迎えたのでした。

それから約60年後。忠順のことを忘れないようにと、村内外の募金によって水沼河原に碑が建てられました。その碑文の内容は「偉人小栗上野介 罪なくして此所に斬らる」。
短い言葉の中に、忠順を慕う人たちの悔しさや哀しみが感じられますよね。忠順好きにとって、ここは一番胸が締めつけられる場所ではないでしょうか。
33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高杉晋作、桂小五郎…明治維新の偉人たちが泊まった旅館3選

高杉晋作、桂小五郎…明治維新の偉人たちが泊まった旅館3選

幕末から明治にかけて活躍した偉人たち。彼らが心身を癒した旅館が現在も残っています。高杉晋作が刻んだ「憂国の楓」を保管する山口・松田屋ホテルや、桂小五郎が潜伏した兵庫・城崎温泉のつたや旅館など、歴史情緒あふれる佇まいも魅力です。今回は週末や夏休みにもおすすめの旅館をエピソードとともにご紹介します。
源平、戦国、幕末…バラエティ豊かな11月イベントまとめ

源平、戦国、幕末…バラエティ豊かな11月イベントまとめ

肌寒くなってきた11月ですが、イベントはまだまだ熱い!石田三成など人気の戦国武将のまつりに、幕末維新がテーマの展覧会、源平や姫にちなんだ行列など、バラエティに富んだイベントが開催されます。どの時代のファンも嬉しい、地元愛に溢れたイベントの見どころを紹介。さっそくチェック!
【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

維新の三傑の一人、桂小五郎(木戸孝允)。大河ドラマ『西郷どん』では玉山鉄二さんが演じています。「逃げの小五郎」とも呼ばれ、一説には池田屋事件で屋根を伝って逃げたとも言われます。彼は禁門の変後、幕府の追っ手の目をかいくぐり潜伏生活を続けました。協力者のおかげでなんとか逃亡を成功させた桂ですが、彼が潜伏したのはどんな場所だったのでしょうか。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

夏といえばスイカ。その歴史は古く、あの西郷隆盛も好物だったといいます。西郷が江戸に住んでいた際、スイカを購入したといわれるのが、皆さんもご存知のあの有名果物店でした。今回は西郷とスイカにまつわるエピソードを紹介します。
貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視

貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視

大河ドラマ「西郷どん」では笑福亭鶴瓶さんが演じる岩倉具視。それだけでも何やら性格にクセがありそうな気がしますが、歴史に残る彼はどんな人物だったのでしょうか。武士ではなく公家として明治維新を成し遂げた彼の人生とゆかりの地をご紹介します。
創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

2018年7月20日は「土用の丑(うし)の日」。暑い夏を乗り切るために、栄養価の高い鰻(うなぎ)を食べようという日本の風習ですが、古くから鰻は江戸っ子たちに人気でした。今回は老舗のうなぎ屋さんのなかでも、勝海舟など歴史上の人物にゆかりのあるお店を紹介します。
剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第17回】

剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第17回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第17回は、江戸無血開城へと導いた幕臣・山岡鉄舟ゆかりの地。「幕末の三舟」のひとりとされ、剣や書の名人でもある一方、食に関しては無茶苦茶なエピソードも残る鉄舟。多才な彼の生涯を様々な側面から感じてみませんか?
【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

1864年7月13日、京都で起こった明保野亭事件。これは実に奇妙な事件であり、同時に悲しい結末を迎えた事件でもあります。当事者は、新選組・会津藩・土佐藩。激動の幕末で起きてしまった明保野亭事件の概要とその舞台となった明保野亭をご紹介します。