世界遺産候補!長崎と天草地方の潜伏キリシタンの歴史
2018年5月9日 更新

世界遺産候補!長崎と天草地方の潜伏キリシタンの歴史

今年、ユネスコの世界文化遺産に登録される見通しとなった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県・熊本県)。江戸幕府がキリスト教を禁じていた17〜19世紀、ひそかに信仰を守り続けたキリシタンが育んだ独自の文化が世界で評価されることとなりました。その信仰の地と彼らの歴史をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」とは?

この夏、ユネスコの世界文化遺産に登録される見通しとなった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。
島原・天草一揆の舞台となった原城跡(長崎県南島原市)や潜伏キリシタンが暮らした集落、現存する教会では国内最古の大浦天主堂(長崎市)など、長崎・熊本両県の12資産で構成されています。

Nagasaki Harmony2 (長崎ハーモニー2)

潜伏キリシタンとは?

フランシスコ・ザビエル

フランシスコ・ザビエル

天文18年(1549)、イエズス会の宣教師であるザビエルが鹿児島に上陸、布教活動を始めます。
16世紀半ば、日本に伝わってから急速に広まったキリスト教。
その広がりは権力者の警戒を招き、慶長19年(1614)江戸幕府は禁教令を発布します。
潜伏キリシタンとは、17〜19世紀の禁教期の日本において、ひそかにキリスト教由来の信仰を続けていた人々のことです。
彼らは聖画やロザリオを隠し持ち、農民や漁民として生活しながらも信仰し続けたのです。

潜伏キリシタンのきっかけは島原の乱

天草四郎

天草四郎

原城跡に立つ、天草四郎の銅像。
キリスト教の弾圧に反発した農民らにより、寛永14年(1637)に島原・天草一揆(島原の乱)が起こります。
元和元年(1615)の一国一城令より廃城となった原城がその舞台になりました。群衆は合わせて約3万7千人。天草四郎を総大将とし、幕府軍相手に籠城戦を展開します。
しかし3カ月に及ぶ籠城は補給がなく、天草軍はほぼ全滅。幕府軍は原城が再び一揆の拠点になることをおそれ、徹底的に破壊したのです。
原城跡(長崎県南島原市)

原城跡(長崎県南島原市)

via 写真提供:長崎県
平成2年(1990)から始まった原城の発掘調査では、大量の人骨とともに十字架やロザリオなども発見されました。
この島原・天草一揆のあと、キリスト教の信者は潜伏生活を送ることになります。

移住先の社会や宗教と共生しながらの信仰

寛文4年(1664)、小西行長の孫で日本最後の宣教師・小西マンショの殉教により、国内は神父不在になりました。
信徒らは小さな集落単位で秘密組織となり、密かにオラショ(祈祷文)を唱え、慈母観音像を聖母マリアに見立てるなど、独自の文化を形成。移住先の社会や宗教と共生しながら信仰を続けました。
平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)(長崎県平戸市)

平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)(長崎県平戸市)

長崎地方におけるキリスト教布教の最初の地である平戸。
当時の景観を残す春日集落には、神仏の信仰対象である石碑や石祠などがあり、現在も守られています。
via 写真提供:長崎県
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

天下泰平総仕上げ!細川家史料から見る「島原の乱」

天下泰平総仕上げ!細川家史料から見る「島原の乱」

関ヶ原の戦いから37年の時が過ぎた寛永14年(1637)。関ヶ原の戦いを勝ち抜き、藩主となった大名たちも二代目、三代目と代替わりをしていたころ。列島の西の端で一揆が起きた! 戦を知らない子供たち世代は、戦のやり方もおぼつかないまま戦場へと向かいます。この戦いで一番乗りを上げた細川隊の動きから、島原の乱を追いかけてみましょう。
リングインする龍馬に、消えた龍馬…。日本縦断リョーマ探し!「ニッポン銅像探訪記 第3回:坂本龍馬・全国編」

リングインする龍馬に、消えた龍馬…。日本縦断リョーマ探し!「ニッポン銅像探訪記 第3回:坂本龍馬・全国編」

坂本龍馬の銅像を追いかけて早くも3回目。さすがにしつこいという声が聞こえてきそうなので、今回で龍馬巡りは一区切り。1回目の土佐編、2回目の京都編に続き、第3回は北は北海道から南は鹿児島まで、全国に点在する龍馬像を紹介します。
ゆかりの地・玉名に誕生!「いだてん大河ドラマ館」潜入レポート

ゆかりの地・玉名に誕生!「いだてん大河ドラマ館」潜入レポート

オリンピックを題材にした2019年の大河ドラマ『いだてん』。宮藤官九郎氏のオリジナル脚本で、早くも異色の大河ドラマとして話題になっていますね。 主人公は、日本初のオリンピック選手となった金栗四三。その金栗ゆかりの地である熊本県の玉名に、ついに大河ドラマ館がオープン!ドラマがもっと楽しくなる、大河ドラマ館の模様をレポートします。
マラソンの父・金栗四三の生誕地にオープン『金栗四三ミュージアム』

マラソンの父・金栗四三の生誕地にオープン『金栗四三ミュージアム』

2019年の大河ドラマ『いだてん』の主人公である、金栗四三の出身地として注目されている熊本県玉名郡和水町。現存する金栗の生家近くに、2019年1月11日(金)オープンしたのが『金栗四三ミュージアム』です。ここでは金栗を等身大の視点で紹介し、日本のマラソン界発展のために捧げた彼の生涯を体感できる、地元ならではのミュージアムとなっています。
【人鬼が住む城?】和仁三兄弟が守り通した田中城(熊本県)

【人鬼が住む城?】和仁三兄弟が守り通した田中城(熊本県)

2019年の大河ドラマ「いだてん」の主人公・金栗四三が生まれた地として注目されている熊本県和水町ですが、この地には歴史ファンにとってもう一つの見どころがあります。それが、戦国時代に和仁氏が居城とした田中城です。肥後国衆一揆で壮絶な抵抗を繰り広げた和仁三兄弟の伝説と合わせて、ご紹介しましょう。
三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

大河ドラマ誘致戦国時代といわれる昨今。その経済効果は数十億円ともいわれ、各自治体は地元の偉人を大河ドラマの主役にとPRしています。その中から今回は、ウィリアム・アダムズこと三浦按針と徳川家康を主役にした大河ドラマ化に向け活動している神奈川県横須賀市をピックアップ。家康に重用された英国人・按針とはどのような人物だったのか?初の外国人大河ドラマの主役になるかもしれない、そのドラマチックな生涯を、ゆかりの地の声とももにご紹介します。
温泉を愛した武将たちの記録も!国立公文書館「温泉~江戸の湯めぐり~」展

温泉を愛した武将たちの記録も!国立公文書館「温泉~江戸の湯めぐり~」展

日本人が古くから親しんできた温泉。江戸時代には、名所図会や紀行文などを通して、温泉地の情報が広く流布しました。多くの人々が訪れ、温泉は次第に湯治場としてだけではなく、行楽地としても賑わうようになります。国立公文書館では平成31年1月26日(土)〜3月9日(土)の期間、江戸時代の資料を中心に人々と温泉の関わりを紹介する企画展「温泉~江戸の湯めぐり~」を開催。その見どころをご紹介します。
最初にカレーを食べた日本人は?日本の国民食・カレーの歴史

最初にカレーを食べた日本人は?日本の国民食・カレーの歴史

日本人の国民食ともいえるカレー。そのルーツははっきりしませんが、日本でいつどのように広まり、人気が出たのでしょうか。そして日本で初めてカレーを食べた人物とは?日本におけるカレーのあれこれを調べてみました。
新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

JR山手線の田町駅から品川駅の間に新設される駅が「高輪ゲートウェイ駅」とされることが発表され、色々と話題になっています。公募では下位にあった候補でしたが、「高輪」「芝浦」「芝浜」と言った歴史的名称を抑えて、一躍の採用。「ゲートウェイ」とは「玄関口」の意味。今回は、その背景や周辺の歴史を、古地図と今後の都市構想から探ってみます。
【将軍の御落胤】江戸初期の三名君のひとり・保科正之とゆかりの地

【将軍の御落胤】江戸初期の三名君のひとり・保科正之とゆかりの地

徳川秀忠の四男ながらもその存在を隠された保科正之は、典型的な「御落胤」でした。のちに保科家を継いだ彼は、家臣として将軍家を支え続け、後の会津松平家の祖となったのです。今も名君として伝わる保科正之の数奇な人生をゆかりの地とともにご紹介しましょう。