【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯
2017年12月25日 更新

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じることが決定し、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

西郷従道

西郷従道

島津斉彬の茶坊主だった!?

西郷従道が生まれたのは天保14年(1843)、兄・隆盛と同じ薩摩藩(鹿児島県)の加治屋町です。隆盛は長男ですが、長女・琴、次男・吉二郎、次女・鷹、三女・安、三男・従道、四男・小兵衛の7人兄弟で、隆盛と従道は15歳離れています。

下級藩士の家柄で生活は苦しく、また従道が9歳の時には相次いで両親が亡くなってしまいます。従道は藩主である島津斉彬の茶坊主として出仕しました。
茶坊主というのは、主君が茶道の接待などをする時にさまざまな世話をする役職のことです。
その後還俗し、本名を隆興、通称を信吾(慎吾)と改名します。
西郷隆盛・従道誕生地(鹿児島県鹿児島市)

西郷隆盛・従道誕生地(鹿児島県鹿児島市)

鹿児島市加治屋町にある隆盛と従道の生誕地。右の小さい碑が、従道のものです。
世の中はちょうど尊王攘夷の嵐が吹き荒れる幕末。文久2年(1862)、18歳になった従道も、兄・隆盛らが結成した薩摩藩内の組織・精忠組に入り、活動に身を投じます。

ところが京都で寺田屋事件(精忠組内の過激派を薩摩藩が粛清した騒動。坂本龍馬が襲撃された事件とは別です)が起き、参加していた従道も捕らえられます。しかし、年少であるため帰藩謹慎処分となり命は助かりました。

薩英戦争ではスイカ売りを装った決死隊に志願?

薩英戦争

薩英戦争

同じ頃、横浜の生麦村で薩摩藩士の奈良原喜左衛門がイギリス人を斬り、それがきっかけで文久3年(1863)7月、薩摩藩とイギリスの間で薩英戦争が勃発します。

その直前、奈良原はなんと当時世界最強と謳われたイギリス艦隊を奇襲しようと「スイカ売り決死隊」を編成。謹慎処分が解かれた従道はこれに参加します。

作戦は文字どおり、農民に化けた決死隊が小舟に乗って艦隊に接近、スイカなどを売りにきたと見せかけてイギリス艦に乗り移り、兵士を殺傷して艦隊を奪う、という大胆不敵というか無謀な?ものでした。

しかし言葉も通じないし相手を騙すことができず、あえなく失敗したそうです…。
 (11756)

薩英戦争が起こったのは夏真っ盛りのとき。日本人と同様に、イギリス人もスイカを食べると思ったのでしょうか…。
この薩英戦争で外国の力を思い知った薩摩藩は攘夷を捨て、それが幕末の状況を大きく変えていきます。
時代は戊辰戦争に向かってまっしぐら。従道も参加し、鳥羽・伏見の戦いでは銃弾が体を貫通するほどの重傷を負ってしまいました。
祇園之洲砲台跡(鹿児島県鹿児島市)

祇園之洲砲台跡(鹿児島県鹿児島市)

薩英戦争の折り、実際に使用された砲台跡が鹿児島市清水町の祇園之洲公園に残っています。
80ポンド砲(ボンカノン砲)1門をはじめ6門を装備していましたが、5門が破壊され、戦死者も出しています。現在ここには「薩英戦争記念碑」が建てられています。

西南戦争では東京でお留守番

32 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

温泉が恋しくなる季節。せっかくなら、2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛ゆかりの温泉を訪ねてみませんか?かなりの温泉好きで知られる西郷は、名湯が多いとされる鹿児島県の中でも、名湯中の名湯を選んでいるのが特徴です。今回は、西郷が訪れたとされる9つのうち、現在も利用できる7つの温泉を紹介します。温泉地で好きな狩猟をしながら、国の将来を考えていたであろう西郷の姿を思い浮かべながら、温泉に浸かるのもいいかもしれません。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。
2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年に放送予定の大河ドラマは西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」に決まりました。西郷隆盛といえば薩摩の偉人ですが、活躍の舞台は日本各地に存在します。今回は一足先に、大河ドラマのロケ地になるであろう西郷隆盛ゆかりの場所をご紹介します。
西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

SNSなどでは早くも話題になっている大河ドラマ『西郷どん』のロケ地。幕末が舞台なだけに、仙巌園をはじめ実際のゆかりの地でのロケが多いのも特徴です。現在明らかになっているロケ地を一挙公開。ロケ地に足を運べばさらにドラマも楽しめますよ。
大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ「西郷どん」をご覧になっている方、第1回から鹿児島の風景がふんだんに出て来たことをご確認できたかと思います。オープニング映像でも、桜島を代表とする県内各地の豊かな自然と美しい歴史的景観が紹介されています。今回は、鹿児島・仙巌園の学芸員で歴史イベントのプロデュースをしている岩川拓夫が「西郷どん」の風景を紹介します。
【「西郷どん」では北川景子が演じる】篤姫の生涯とゆかりの地

【「西郷どん」では北川景子が演じる】篤姫の生涯とゆかりの地

薩摩藩島津家の分家に生まれ、藩主・島津斉彬の養女となり、江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室となった篤姫。2008年の大河ドラマ「篤姫」では宮﨑あおいさんの演技が印象的でしたが、同じく「西郷どん」では北川景子さんが演じ、注目が集まっています。明治維新後も江戸で暮らし、徳川の女性として生きた篤姫の生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
第5回:西郷隆盛の盟友たちが眠る「青山霊園」薩摩編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第5回:西郷隆盛の盟友たちが眠る「青山霊園」薩摩編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第5回は、幕末維新期に活躍した志士たちの多くが眠る「青山霊園」(東京都港区)。今回は特に大久保利通や精忠組など、西郷隆盛の盟友たちのお墓を、西郷との関わりと共にご紹介します。大河ドラマ「西郷どん」ではどう描かれるのか?お墓参りに行けば、彼らをより身近に感じられるはず。
西郷隆盛の礼装を現代風にアレンジ!『鹿児島西郷(せご)しゃつ』が発売

西郷隆盛の礼装を現代風にアレンジ!『鹿児島西郷(せご)しゃつ』が発売

明治維新150周年を記念し、“西郷隆盛公”の礼装を現代風にアレンジした「鹿児島西郷(せご)しゃつ-ゴールドステージ-」と、“書生スタイル”をイメージさせる「鹿児島西郷しゃつ-ホワイトステージ-」が高山CHOYAソーイング株式会社より発売。限定販売ということなので、気になる方はお早めにチェック!
第3回:大河ドラマ「西郷どん」主要人物揃い踏み!西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第3回:大河ドラマ「西郷どん」主要人物揃い踏み!西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第3回は西郷隆盛が生まれた薩摩こと鹿児島。今回は西郷の前半の人生に焦点をあて、ゆかりの地をご紹介します。大久保利通、島津斉彬など、西郷と深く関わりのあった人物も続々登場。来年の大河ドラマ「西郷どん」を前に、ますます盛り上がること必至。ひと足お先に予習しちゃいましょう。