村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】
2018年12月26日 更新

村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第26回は、村田新八です。幕末期から西郷隆盛と行動を共にした村田は、あの勝海舟も「大久保に次ぐ人傑」と評したほどの人物でした。大河ドラマ「西郷どん」では描かれなかった村田の功績とは?最期まで西郷とともに歩んだその生涯を追ってみます。

小栗さくら小栗さくら

京都守護職上屋敷跡(現在の京都府庁)

京都守護職上屋敷跡(現在の京都府庁)

via 提供:小栗さくら
しかし慶応3年12月、王政復古政変の2日後、村田に事件が起きます。村田が二番遊撃隊数人と市中を見回り、京都守護職屋敷の前あたりで中の様子を窺った時のこと。突如「何者か」と声をかけられ、「薩藩の村田だ」と答えた途端に斬りかかられます。相手は会津藩士とされ、討死した相手の一人は佐川官兵衛の弟だったとか。
一方村田も傷を負ってしまいます。軽傷という説もありますが、鳥羽・伏見の戦いでの活躍が見られないことから、そこそこの怪我を負っていたとも考えられています。
この事件の現場や状況は、証言によって諸説あります。

明治政府と西南戦争

岩倉使節団に参加

岩倉使節団

岩倉使節団

明治4(1871)年、宮内大丞(くないだいじょう)に就任した村田でしたが、同年岩倉使節団の一人として派遣されます。村田は慶応2(1866)年にも伊藤博文と上海に渡航しているため、海外に行くのは初めてではありませんでした。
村田は帰国命令が出てもなお「自費でヨーロッパに滞在したい」として、辞職願を申し出ています。しかしのちに村田は「2年の歳月を費やしただけで何の益もなかった」と自嘲したそうです。
そうして明治7年1月頃までに村田は日本へ戻りますが、その頃にはすでに西郷は征韓論争で下野して鹿児島に帰っていました。

新政府には戻らず

帰国した村田は新政府に再出仕することなく鹿児島へ帰ります。村田の従兄弟とされる高橋新吉によると、村田は「大久保の意見は聞いたので、西郷の意見を聞いて進退を決める」つもりでいたようです。そして帰郷後、新吉に「西郷と離るべからざる関係」のため、西郷と行動を共にする、と知らせたとか。西郷との間にどんな話し合いがあったのか、気になる言葉ですね。
私学校跡

私学校跡

via 提供:小栗さくら
帰郷した村田は「私学校」設立に携わり、砲隊学校の監督指導を受け持つことになりました。私学校は次第に規模が大きくなり、県政とも癒着し、軍事化していきます。村田はそのことを懸念して、私学校の状況を「四斗樽に水を張り、腐れ縄でどうにか縛っている状態」というような表現をしています。
そうしてその懸念は現実のものとなります。とうとう私学校党による政府の弾薬庫襲撃が起こり、西南戦争へと突入していくのです。

村田の最期

城山

城山

via 提供:小栗さくら
西南戦争での激戦地・田原坂の戦い。この田原坂周辺での戦いの指揮をとっていたのは、村田と篠原国幹(しのはら・くにもと)でした。しかし篠原は狙撃され戦死したため、村田は最高指揮官となって、物量で勝る政府軍と決死の戦いをしました。各地への転戦、撤退戦などの中で巧みな采配をふるった村田でしたが、明治10(1877)年8月16日、とうとう全軍に解散命令が出されます。
西郷や村田たちと、残った私学校党は山越えをして鹿児島へ戻り、城山へ立てこもりました。この時には370名ほどになっていたといいます。
西郷隆盛洞窟

西郷隆盛洞窟

via 提供:小栗さくら
9月24日早朝、総攻撃の号砲が鳴り響きます。城山が取り囲まれる中、西郷・村田・桐野利秋ら約40名は、洞窟前から坂下の岩崎口堡塁に向けて進撃。その進撃を前に自刃する者や、被弾し斃れる者がいる中、とうとう西郷にも弾が当たります。
戦いの中で西郷の死を知った村田は、「ああ、天なり」と言って落涙したといわれます。しかしその村田も同日に戦死……。胸部に被弾したと考えられていますが、最期は自害だったのか詳細は分かっていません。
37 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

薩摩藩の家老として、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕を推し進めながらも若くして亡くなった小松帯刀。日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻ではなく、小松帯刀夫妻だったともいわれています。『西郷どん』では劇団EXILEの町田啓太さんが演じることでも話題の帯刀の生涯とゆかりの地を紹介します。
どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

温泉が恋しくなる季節。せっかくなら、2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛ゆかりの温泉を訪ねてみませんか?かなりの温泉好きで知られる西郷は、名湯が多いとされる鹿児島県の中でも、名湯中の名湯を選んでいるのが特徴です。今回は、西郷が訪れたとされる9つのうち、現在も利用できる7つの温泉を紹介します。温泉地で好きな狩猟をしながら、国の将来を考えていたであろう西郷の姿を思い浮かべながら、温泉に浸かるのもいいかもしれません。
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じ、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

NHK大河ドラマ「西郷どん」が、いよいよ大詰めとなる最終章「明治編」へと突入します。先日、そのメインビジュアルが発表されましたが、撮影地に選ばれたのが鹿児島県と宮崎県の県境にそびえる高千穂峰。西郷隆盛と大久保利通を演じる鈴木亮平さんと瑛太さん、そして大勢のスタッフが、わざわざ本格的な登山を行ってまで撮影を行ったこだわりの聖地、高千穂峰とは?
「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第22回は、中村半次郎こと桐野利秋(きりの・としあき)ゆかりの地。西郷の側近として西南戦争で戦い、「人斬り半次郎」という名でも有名な桐野。しかし本当に“人斬り”と恐れられるような人物だったのか?桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡とともに、その人生を追ってみました。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

2018年1月、鹿児島県指宿市にオープンした「いぶすき西郷どん館」。西郷や篤姫ゆかりの品を見ることができる、もうひとつの大河ドラマ館として人気です。西郷が訪れた鰻温泉や山川港のほか、篤姫ゆかりの地もあり、『西郷どん』ファンならぜひ訪れたい指宿の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!