刀のせいで眼病に?丹羽長秀と妖刀「あざ丸」
2018年4月16日 更新

刀のせいで眼病に?丹羽長秀と妖刀「あざ丸」

織田信長からも「ズッ友」認定された、地味ながらも織田陣営で確固たる存在感を発揮した武将・丹羽長秀。しかし妖刀「あざ丸」を所有したことによりあることに悩まされたとか・・・のちに熱田神宮に奉納された「あざ丸」とは、どんな刀だったのか?その由来とともにご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

お米のように欠かせない武将・丹羽長秀

丹羽長秀

丹羽長秀

あの信長に「長秀は友であり兄弟」とまでいわせた長秀。
丹羽長秀は織田信長の家臣で、柴田勝家に次ぐ二番家老でした。
武勇だけでなく政治面にも優れた才能があり、安土城普請では総奉行に任命され、役目を果たしました。天正元年(1573)には若狭一国を与えられ、信長家臣の中で初の国持ち大名となっています。

長秀は信長の養女を妻に迎えていました。息子の長重も信長の娘を娶っており、いかに信長に信頼されていたかがわかります。
また、「米五郎左」というあだ名もあり、何でもそつなくこなす彼は、毎日の生活に欠かせない米のような存在として、信長陣営に必要不可欠だったのです。

本能寺の変の後は豊臣秀吉に与します。賤ヶ岳の戦いの後、若狭のほかに越前と加賀二郡を与えられ、123万石にまで領地を拡大しました。

しかし天正13年(1585)、寄生虫が原因とみられる病で亡くなります。苦痛に耐えきれず、割腹したとも伝えられています。

眼病に悩まされた?「あざ丸」とは

平(藤原)景清

平(藤原)景清

藤原秀郷の子孫である藤原景清。平家に仕えて戦い、都落ちに従ったため平景清とも呼ばれています。
平安末期、武勇を誇った平景清が持っていたという妖刀「あざ丸」は、景清の顔のあざが刀身に映ったことがその名の由来ともいわれています。

戦国時代には所有者が討死したり、両目に矢が刺さって失明したりするなど、続けざまに持ち主を不幸に陥れました。

「あざ丸」を所有する熱田神宮(愛知県名古屋市)

熱田神宮宝物館

熱田神宮宝物館

「あざ丸」のほかにも多くの刀剣を所有する宝物館。
その後、長秀が「あざ丸」を手に入れますが、彼もまた眼病に悩まされることとなり、熱田神宮へと奉納しました。すると、眼病も嘘のように治ったということです。

熱田神宮宝物館には「あざ丸」が大切に保管されています。過去には展示されたこともあるので、次回は見逃さないようにしたいですね。

「にっかり青江」も持っていた?

丹羽長重

丹羽長重

長秀が所有していたとも、息子の長重の所有だったともいわれています。
とある侍が、子供を抱いてくれとせがみ「にっかり」と笑う女の幽霊を切り捨てると、翌日その場所にある石灯籠が真っ二つになっていたという伝説。
その時の刀が「にっかり青江」といわれています。

丹羽家以前は柴田家にありましたが、丹羽家から豊臣家に献上され、後に京極忠高に与えられ、丸亀藩京極家が代々所有することとなりました。

「にっかり青江」を所有する丸亀市資料館(香川県丸亀市)

20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

6月2日(土)より愛知県の岡崎市美術博物館で開催される「名刀は語るー美しき鑑賞の歴史ー」。静岡県三島市の佐野美術館の収蔵品より、国宝・重文含む約100件の名刀、刀装具が揃います。目玉は何と言っても本多忠勝愛用の名槍「大笹穂槍 銘 藤原正真作(号 蜻蛉切)」の展示。戦国&刀剣ファンは必見です!
信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第2回は「長篠の戦い」です。1575年6月29日(天正3年5月21日)、織田信長・徳川家康の連合軍と、武田勝頼の軍勢が現在の愛知県新城市近辺で激突。織田軍による鉄砲隊の活躍により、当時最強といわれた武田騎馬隊は大敗。武田軍の名将たち最期の場所など、合戦ゆかりの地をご紹介します。
名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

ご当地の歴史と魅力を発信するため活動するおもてなし武将隊。その元祖ともいえる「名古屋おもてなし武将隊」に新メンバーが加入!5月26日(土)に、前田利家と陣笠の太助のお披露目式が行われました。ますますパワーアップする武将隊とともに、6月8日(土)に完成公開される名古屋城本丸御殿もご紹介します。
第1回:桶狭間の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ】

第1回:桶狭間の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載がスタート。第1回は「桶狭間の戦い」です。織田信長が今川義元を討ち取り、天下統一への足掛かりとした合戦はどんな場所で行われたのか?信長の足跡を辿りながら、合戦の経緯とゆかりの地をご紹介します。
「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

京都・本能寺で起こった、最も有名な下剋上事件「本能寺の変」。このとき堺でわずかな家臣と旅の途中だった徳川家康は浜松へ逃げ帰ることを決断します。これが成功しなかったら日本の歴史が変わっていた!?家康の「伊賀越え」とそのルートをご紹介します。
【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

徳川家康を支えた四天王のひとり・本多忠勝。生涯、57回もの戦に出陣しながらも、かすり傷ひとつ追わなかったという伝説を持ち、その強さは、敵味方問わず賞讃と尊敬の的となった猛将です。名槍・蜻蛉切を携え、戦場を駆け巡った忠勝のゆかりの地を、彼の生涯と戦歴とともにご紹介していきたいと思います。
11/3より埼玉県立歴史と民俗の博物館で開催「上杉家の名刀と三十五腰」直前レポート!

11/3より埼玉県立歴史と民俗の博物館で開催「上杉家の名刀と三十五腰」直前レポート!

9/23〜10/22まで米沢市上杉博物館にて開催された特別展「上杉家の名刀と三十五腰」が、今度は埼玉県立歴史と民俗の博物館にて11/3より始まります。今回は上杉家を研究する歴史家・乃至政彦が博物館にお邪魔して、特別展の見どころをお伺いしました。謙信の愛刀「姫鶴一文字」「五虎退」をはじめ、貴重な刀が見られる機会。行く前に読めば、さらに楽しめること確実です。
【武田軍と織田・徳川軍が激突!】革新的な戦術が勝敗を決めた「長篠の戦い」ゆかりの地

【武田軍と織田・徳川軍が激突!】革新的な戦術が勝敗を決めた「長篠の戦い」ゆかりの地

東の武田、西の織田、東西の有力大名が初めて激突した「長篠の戦い」。鉄砲を使った「三段式装填法」や、武田の騎馬軍団に対抗する「馬防柵」など、信長が考案した革新的な戦術が繰り出されたことでも有名です。その戦場となった長篠・設楽原(愛知県新城市)には、その名残が今も数多く残っています。今回は「合戦ナンバーワン」との呼び声も高い「長篠の戦い」ゆかりの地をご紹介します。
【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

慶長5年(1600)の今日、9月21日は、関ヶ原合戦で敗北した石田三成が捕らえられた日。その三成を捕らえたのが三成と同じ近江出身の田中吉政です。吉政は秀吉に注目されると、秀次の筆頭家老に抜擢。近江八幡や岡崎、柳川の城や城下町を整備し、その遺構は現代にも活かされています。意外と知られていない?吉政の功績とゆかりの地をご紹介します。
石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。