平家の落人伝説が残る湯西川温泉で、冬の風物詩「かまくら祭」を楽しもう
2019年1月15日 更新

平家の落人伝説が残る湯西川温泉で、冬の風物詩「かまくら祭」を楽しもう

平家落人伝説の地のひとつ、栃木県日光市の湯西川温泉。湯西川の冬の風物詩として人気を集めているのが、日本夜景遺産にも認定された「かまくら祭」です。近年ではSNS映えスポットとしても注目されています。冬の湯西川で、平家の落人伝説を辿りつつ、幻想的な夜を楽しんでみませんか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

平家の落人伝説がのこる湯西川「平家の里」

撮影:ユカリノ編集部 (27182)

via 撮影:ユカリノ編集部
壇ノ浦の合戦に敗れ逃れてきた平忠実(平忠房が改名したと言われている)が落ち延びたとされている、栃木県日光市の湯西川温泉。
追討から逃れて身を潜めていたため、今も湯西川では端午の節句に鯉のぼりを揚げず、鬨をつげる鶏を飼わないなど独自の風習が残っていることでも知られています。

そんな平家落人の生活様式を後世に長く保存継承する拠点として復元されたのが、「平家の里」です。
平家の里

平家の里

via 撮影:ユカリノ編集部
敷地内には9棟の茅葺き屋根の民家が点在し、平家の歴史を紹介する展示館のほか、安徳天皇の菩提寺・赤間神宮の分祠である湯西川赤間神宮もあります。
撮影:ユカリノ編集部 (27152)

via 撮影:ユカリノ編集部
一大イベントの「平家大祭」

一大イベントの「平家大祭」

平家の里では、毎年6月に「平家大祭」が開催。
湯殿山神社から平家の里まで約2kmを練り歩く平家絵巻行列は、まるで平安時代にタイムスリップしたかのような優美さです。
via 写真提供:一般社団法人日光市観光協会

日本夜景遺産認定!湯西川温泉かまくら祭

写真提供:一般社団法人日光市観光協会 (27148)

via 写真提供:一般社団法人日光市観光協会
そして湯西川温泉の冬の風物詩といえば、日本夜景遺産にも認定された「かまくら祭」です。2019年も1月26日(土)から3月3日(日)まで開催され、平家の里はそのメイン会場となっています。

数百個のミニかまくらにロウソクの灯がともされ、幻想的な景色が広がる沢口河川敷は、SNS映えスポットとして人気。日中も、ソリ遊びや大きなかまくらの中でのバーベキューなどが楽しめますよ。

平家にちなんだスポットが各所に

湯西川温泉各地には平家にちなんだスポットがたくさんありますので、ぜひあわせて立ち寄ってみてください。
平家落人民俗資料館

平家落人民俗資料館

当時の面影が伺える鎧や兜などの宝物や、生活品などが展示されています。
via 撮影:ユカリノ編集部
お土産を買うなら「平家最中」

お土産を買うなら「平家最中」

via 撮影:ユカリノ編集部
平家の落人伝説に思いを馳せつつ、冬の湯西川温泉で「かまくら祭」を楽しんでみませんか?
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

平将門といえば東京都千代田区にある将門の首塚が有名ですが、そこから約85kmほど離れた栃木県足利市には将門の‟首以外”の部位が落ちたといわれる場所があります。伝説が残る足利市の将門ゆかりの地を追っていきましょう。
太宰府天満宮で開催中!人気歴史コミック『応天の門』展の世界をレポート

太宰府天満宮で開催中!人気歴史コミック『応天の門』展の世界をレポート

福岡県の太宰府天満宮宝物殿企画展示室で開催中の人気歴史コミック『応天の門』展。若き菅原道真公を描き人気を博している本作の展覧会には、作者・灰原薬氏による原画などが展示中です。実際に菅原道真公ゆかりの品々もあわせて見られる、ファン必見の展覧会の模様をレポート!
【男だけど女になり切って】土佐日記に詠まれた和歌のゆかりの地

【男だけど女になり切って】土佐日記に詠まれた和歌のゆかりの地

紀貫之による土佐日記は、彼が女性に仮託して書き上げた一種の旅行記です。旅のつれづれが描かれ、それを彩る50首以上の和歌が特徴ですね。今回は、土佐日記に登場する和歌とゆかりの地をいくつかご紹介したいと思います。
三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

東京国際フォーラムで開催された新春恒例イベント「J-culture fest」。なかでも、2019年1月2日(水)〜15日(火)の期間限定で展示され、歴史ファンから注目を浴びたのが「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展です。即位式や宮廷行事で着用される正装に関する資料の展示のほか、人形で再現された『源氏物語』の優美な世界など、新春を彩ったイベントの模様をレポートします。
東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。2019年は「海道一の弓取り」といわれた今川義元の生誕500年。そこで今回は今川氏の家紋「二つ引両紋」を中心にご紹介します。謎多き二つ引両紋のルーツを、足利氏との関係とあわせて紐解いてみましょう。
【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

西郷隆盛のいとこであり、西郷の肖像画のモデルのひとりになったと言われる大山巌。大河ドラマ「西郷どん」には登場しませんでしたが、戊辰戦争で頭角を現した大山は、西南戦争では西郷と戦い、やがて新政府の重鎮となりました。西洋文化に傾倒し、政治的野心とは無縁のおおらかな人物だったようです。そんな大山巌の生涯とゆかりの地をご紹介します。
人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

学問の神様として親しまれる菅原道真公。その若き道真公を描いた人気歴史コミック『応天の門』展が、平成30年12月8日(土)からゆかりの地・福岡県の太宰府天満宮で開催されます。漫画ファンも歴史ファンも必見です!
気になる『平成』の次は?史跡足利学校の企画展「元号」で新元号を予想しよう

気になる『平成』の次は?史跡足利学校の企画展「元号」で新元号を予想しよう

日本最古の学校、日本遺産である栃木県の史跡足利学校。2019年の新元号制定を前に、元号の由来や変遷を紹介する企画展「元号」が12月2日まで開催中。元号ってどうやって決めてるの?という疑問をお持ちの方にぜひ見ていただきたい、出典元となった貴重な資料を公開。気になる『平成』の次の元号を予想してみてはいかがでしょうか。