ペリー来航の地・浦賀で中島三郎助と偉人の軌跡をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第6回】
2018年7月27日 更新

ペリー来航の地・浦賀で中島三郎助と偉人の軌跡をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第6回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第6回は浦賀。中島三郎助は浦賀奉行所の与力(役人)として、ペリーの来航時に黒船に乗り込み、折衝にあたった人物です。他にも、咸臨丸に乗ってアメリカに向かった勝海舟や、佐久間象山、吉田松陰など、幕末維新期に活躍した偉人のゆかりの地が残る、浦賀をご紹介します。

小栗さくら小栗さくら

ペリー来航の地・浦賀

ペリー来航時の「黒船」

ペリー来航時の「黒船」

4隻のひとつ・サラトガ号。
浦賀といってまず浮かんでくるのは、嘉永6年(1853)のペリー来航ですよね。この時江戸は大混乱、浦賀は見物客で溢れたとか。
この浦賀には勝海舟や吉田松陰、佐久間象山、桂小五郎(木戸孝允)など、幕末維新期の著名人が何度も訪れています。

今の浦賀は駅を降りてすぐに海が見える、のどかな町。ぜひゆったりと歩いて楽しんでいただきたい場所です。
地元の子供達が描いた黒船来航の絵

地元の子供達が描いた黒船来航の絵

駅前には、歴史上の出来事が描かれた絵が壁沿いに並んでいます。
via 提供:小栗さくら

浦賀といえば、中島三郎助

中島三郎助

中島三郎助

文政4年(1821)に浦賀奉行所の与力・中島清司の次男として生まれ、14歳で奉行所に出仕。ペリーら外国船の来航を機に、日本でも大型軍艦を持つ必要性を説き、日本人の手による最初の洋式帆船「鳳凰丸」を誕生させます。
浦賀の幕末を語るには絶対に外せない人物、それが中島三郎助(なかじま・さぶろうすけ)です!

彼は浦賀奉行所のいち与力でありながらも、ペリー来航時には応接掛としてアメリカ船に乗り込みます。また、海軍操練所教授方として指導したり、咸臨丸の修理を行ったりしたほか、浦賀の民政や治安などにも尽力した人物でした。浦賀には三郎助ゆかりのものや場所が多く残ります。

新選組好きの人であれば、三郎助が天然理心流の剣術目録を取得していることや、2人の息子とともに箱館戦争で散ったこと、榎本武揚と親しかったことなどもよくご存知かと思います。一方で、桂小五郎とも親しかったんですよ。
中島三郎助まつり

中島三郎助まつり

「中島三郎助まつり」が行われるほど、浦賀の町で愛されている三郎助。今年は1月20日(土)と21日(日)に開催。浦賀奉行所や中島三郎助に関するパネル展示に、黒船シチューなどの飲食・物販コーナーもあります。
via 提供:小栗さくら
第24回中島三郎助まつり
開催期間:2018年1月20日(土)〜21日(日)
開催場所:浦賀コミュニティセンター

勝海舟が断食した?東叶神社

浦賀は駅を起点に、東浦賀ルートと西浦賀ルートがありますが、今回は東浦賀から紹介していきます。

まずは勝海舟が断食をしたと伝わる、東叶神社!
東叶神社

東叶神社

浦賀の東西にある叶神社。
西叶神社の勾玉を東叶神社の守り袋に納めて身につけると、さまざまな良縁に恵まれるとか…?
via 提供:小栗さくら
江戸幕府は日米修好通商条約の批准書を交換するため、遣米使節を送ります。万延元年(1860)1月19日に浦賀を出港し、2月26日にサンフランシスコに入港しました。この時、幕府使節の中枢部はアメリカのポーハタン号に乗船していましたが、その護衛艦「咸臨丸(かんりんまる)」に乗っていたのが艦長・勝海舟でした。
咸臨丸と伝わる写真

咸臨丸と伝わる写真

咸臨丸は、幕府がオランダに発注、建造した軍艦で、日本人の操縦で初めて、太平洋の横断を果たします。
海舟といえば何事にも動じないイメージがありますが、何しろこの時「咸臨丸」は幕府船として初めて太平洋を横断するのですから、さすがの海舟にも不安はあったようです。
そこで海舟は、祈願のため、東叶神社で水垢離(みずごり)をして断食をしたと伝わっています。
54 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

伊藤博文や大隈重信らの邸宅が限定公開!明治記念大磯庭園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

伊藤博文や大隈重信らの邸宅が限定公開!明治記念大磯庭園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は特別編!明治150年記念で期間限定公開中の『明治記念大磯庭園』へ。神奈川県の大磯は、幕末から明治期の中心となった伊藤博文や大隈重信たちの邸宅があったゆかりの地。伊藤たちが過ごし「政界の奥座敷」と呼ばれた歴史的建造物をご紹介します。
おりょう、さな子…龍馬亡き後も想い続けた女性たち

おりょう、さな子…龍馬亡き後も想い続けた女性たち

慶應3(1867)年11月15日、近江屋で暗殺された坂本龍馬。男も女も惚れる人柄だったという龍馬の人生には、常に女性たちの影がありました。龍馬を知る彼女たちは、彼の死後どんな道をたどったのでしょうか。彼女たちのその後とゆかりの地をご紹介します。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

日本におけるクリスマスの歴史は古く、天文21年(1552)、現在の山口市にあった教会で降誕祭のミサが行われたことが始まりとされます。その後、鎖国によって消えてしまいますが、明治期の禁教令の廃止と共に復活。やがて日本の冬を彩る一大イベントとして定着しました。今回は始まりから、日本初のサンタにケーキ、イルミネーションまで、初づくしのクリスマスとゆかりの地をご紹介します。
幕末の「いだてん」たちに括目せよ!映画『サムライマラソン』レビュー

幕末の「いだてん」たちに括目せよ!映画『サムライマラソン』レビュー

NHK大河ドラマ『いだてん』でも取り上げられ、2020東京五輪でも注目の競技・マラソン。日本人にとって馴染み深いマラソンが江戸時代にも行われていたことをご存知でしょうか?2月22日公開予定の映画『サムライマラソン』は日本初のマラソンを題材とした映画。その内容をマラソンランナーのごとく俊足レビューでお届けします!
【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

2019年は土方歳三が箱館(函館)でその生涯を閉じてから150年という節目の年。土方のふるさとである東京都日野市では、1年をかけてその没後150年プロモーションが実施されます。気になるその内容とは?
三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

大河ドラマ誘致戦国時代といわれる昨今。その経済効果は数十億円ともいわれ、各自治体は地元の偉人を大河ドラマの主役にとPRしています。その中から今回は、ウィリアム・アダムズこと三浦按針と徳川家康を主役にした大河ドラマ化に向け活動している神奈川県横須賀市をピックアップ。家康に重用された英国人・按針とはどのような人物だったのか?初の外国人大河ドラマの主役になるかもしれない、そのドラマチックな生涯を、ゆかりの地の声とももにご紹介します。
2019年の干支「イノシシ」ゆかりの城、真壁城・小田原城

2019年の干支「イノシシ」ゆかりの城、真壁城・小田原城

2019年は亥年。猪のように猪突猛進に突き進んでいきたいですね。そこで今回は猪にゆかりのあるお城をチョイス。お城充をしながら干支のご利益にあやかってみてはいかがでしょうか。
2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年、様々な500年の節目を迎える戦国大名たち。神奈川県小田原市では北条早雲の没後500年、静岡県静岡市では今川義元の生誕500年、そして武田氏ゆかりの地・山梨県甲府市では開府から500年となり、それぞれのゆかりの地は記念事業で盛り上がっています。あらためてその功績を見直すとともに、記念のお祝いに出かけてみてはいかがでしょうか?