ペリー来航の地・浦賀で中島三郎助と偉人の軌跡をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第6回】
2018年7月27日 更新

ペリー来航の地・浦賀で中島三郎助と偉人の軌跡をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第6回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第6回は浦賀。中島三郎助は浦賀奉行所の与力(役人)として、ペリーの来航時に黒船に乗り込み、折衝にあたった人物です。他にも、咸臨丸に乗ってアメリカに向かった勝海舟や、佐久間象山、吉田松陰など、幕末維新期に活躍した偉人のゆかりの地が残る、浦賀をご紹介します。

小栗さくら小栗さくら

海舟が水垢離をしたと伝わる井戸

海舟が水垢離をしたと伝わる井戸

社務所の脇の道に弁財天があり、その右奥に井戸がありますよ。
井戸の水には、弁財天の手水舎で触れることができます。
via 提供:小栗さくら
頂上までの階段

頂上までの階段

頂上までは200段以上の階段を登ります!
ちょっと息が切れますが、この階段も縁を結ぶ階段だそうですので、いいことがあると思って登りましょう。
この明神山は、かつて浦賀城があった場所でもあります。
via 提供:小栗さくら
勝海舟断食の場

勝海舟断食の場

頂上、奥宮の左手に勝海舟断食の碑が建っています。
海舟は水垢離をしたあとに山上で断食したと伝わっています…が、「忙しい海舟にそんな時間はあったのか…?」という疑問もあるのだとか。
いずれにしても、航海の無事を祈願したのでしょうね。
via 提供:小栗さくら

佐久間象山と吉田松陰ゆかりの徳田屋

浦賀の渡し

浦賀の渡し

こちらも東西にあります。
via 提供:小栗さくら
浦賀の渡しからすぐの場所に、「徳田屋跡」があります。

浦賀は江戸湾警備の重要地点だったため、江戸後期には宿場ではないながらも旅籠の運営が許されました。そのうちの1軒が「徳田屋」です。
徳田屋跡

徳田屋跡

関東大震災まではその姿を留めていたという徳田屋。現在は碑が建っています。
via 提供:小栗さくら
黒船を見るために吉田松陰が泊まった徳田屋。ここで松陰は、師である佐久間象山とも会っています。2人は徳田屋の主人から情報を仕入れて、それをもとにペリー来航に対する策を協議したそうですよ。

また、桂小五郎が中島三郎助に造船技術を学びに来たときにもここに泊まっています。
当時徳田屋での飲食は庶民の憧れだったそうですから、彼らも徳田屋の食を楽しんだのかもしれませんね。

三郎助親子の墓所・東林寺

冒頭で紹介した中島三郎助は、11歳にして宝蔵院高田流槍術の目録を取得し、その後も天然理心流剣術目録、田付流砲術目録、北辰一刀流剣術目録、荻野流砲術免許皆伝を獲得。そのうえ、漢詩や和歌にも長けるという、文武両道のすごい経歴の持ち主なんです。
東林寺

東林寺

稲荷神社の向こうに見える階段を登っていきます。
via 提供:小栗さくら
ペリー来航前にも、異国船への砲撃や交渉で、幕府から褒美を与えられたほどの三郎助。そのせいか、ペリーが来た時も彼は肝が座っていました。

ペリーは相応の地位の者でないと対応しないとしましたが、三郎助は「自分は副奉行である」と偽って相手の要求を聞き出したのです。
その後、国書受理が久里浜で行われた際、アメリカ艦に招待された三郎助は、艦内をくまなく見て回り「密偵のようだ」と書かれてしまうほど、海外技術を研究していたようです。

こうした積み重ねが、日本最初の洋式帆船「鳳凰丸」の建造に貢献することになります。
中島三郎助の墓

中島三郎助の墓

長男恒太郎、次男英次郎とともに眠っています。
via 提供:小栗さくら
それにしても、国際情勢も見えていたリアリストの三郎助が、なぜ旧幕府軍として戦ったのでしょうか。

彼は出陣する際「将軍が辞職したことに乗じて、朝廷側の奸悪が冤罪を負わせた」ため、「主家報恩の為に出陣する」としています。
そして箱館戦争で被弾しても「この地は我が埋骨の地と定めている」といって戦い続けた三郎助は、明治2年(1869)5月16日に息子2人と共に壮絶な戦死を遂げます。病がちだった人間とは思えない戦い方です。

そんな三郎助は戊辰戦争中に妻に宛てて、「万一討死したら、浦賀の寺に墓を建てて、戦死した場所も刻んでほしい」といった手紙を、絵まで描いて送っています。
死地を定めた三郎助でしたが、魂が帰ってくる場所は浦賀だったんですね。

三郎助のために建造された浦賀ドック

54 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

日本におけるクリスマスの歴史は古く、天文21年(1552)、現在の山口市にあった教会で降誕祭のミサが行われたことが始まりとされます。その後、鎖国によって消えてしまいますが、明治期の禁教令の廃止と共に復活。やがて日本の冬を彩る一大イベントとして定着しました。今回は始まりから、日本初のサンタにケーキ、イルミネーションまで、初づくしのクリスマスとゆかりの地をご紹介します。
「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第22回は、中村半次郎こと桐野利秋(きりの・としあき)ゆかりの地。西郷の側近として西南戦争で戦い、「人斬り半次郎」という名でも有名な桐野。しかし本当に“人斬り”と恐れられるような人物だったのか?桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡とともに、その人生を追ってみました。
幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地

幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地

幕末から明治維新にかけ、各藩から優れた人材が登場しました。横井小楠もその一人。熊本藩出身の彼は福井藩で力を認められ、ついには新政府の参与にまでなりました。彼がどんな考えを持ち、多くの志士や幕府重鎮を動かしてきたのか、ゆかりの地と共にご紹介します。
【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

行楽の秋、武将祭りやお城まつりなど、歴史系のお祭りが全国で開催されます。郷土の誇りと讃えられた有名武将の活躍を再現したものや、戦国時代さながらの甲冑姿でのパレード、迫力ある火縄銃演武、有名な合戦を再現したものなど、歴史好きなら胸が熱くなるイベントばかり。お祭りに参加して、あなたの憧れの武将達に会いにいってみませんか?
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
あの「西郷どん」も認めた!福井が生んだ天才・橋本左内の有能ぶり

あの「西郷どん」も認めた!福井が生んだ天才・橋本左内の有能ぶり

西郷隆盛より6歳も年下でありながら「先輩としては藤田東湖に服し、同輩としては橋本左内を推す」といわしめた若者、それが橋本左内です。左内は24歳という若さで、幕末の四賢候と讃えられる福井藩主・松平春嶽の側近に抜擢され、国事に奔走しました。彼の功績と活躍の舞台となったゆかりの地をご紹介します。
実はスゴイ!龍馬の先を行った男・赤松小三郎、幕末を駆け抜けた生涯とゆかりの地

実はスゴイ!龍馬の先を行った男・赤松小三郎、幕末を駆け抜けた生涯とゆかりの地

坂本龍馬の「船中八策」は、大政奉還や議会政治などの考えが盛り込まれた、当時としては画期的なものでした。しかし、議会政治などの考えを龍馬よりも先に唱えていた人物がいたのです。それが、赤松小三郎という上田藩士。議会開設や人民平等という先進的な考えを誰よりも先に持っていた彼の生涯とゆかりの地をご紹介します。