白洲次郎・正子夫妻の暮らしを知る展覧会が池袋・東武百貨店にて開催
2018年4月5日 更新

白洲次郎・正子夫妻の暮らしを知る展覧会が池袋・東武百貨店にて開催

戦後の政府に尽力し、日本一かっこいい男と称された白洲次郎。鋭い審美眼で骨董の目利きとしても知られる妻の正子。終の住処となった「武相荘」での暮らしを紹介する特別展「白洲次郎 白洲正子の暮らし展」が4/5より東武百貨店 池袋本店で開催されます。今でも多くの人から支持される夫婦の片鱗に触れる貴重な機会です。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本で最もかっこいい男・次郎と、美の世界を追求した正子

白洲次郎(右)と正子

白洲次郎(右)と正子

終戦後の占領下の日本で、GHQと渡り合いながら憲法改正に尽力した白洲次郎。見た目はもちろん、大きな勢力に屈せず自身を貫く姿は、日本で最もかっこいい男と称されました。

一方、樺山伯爵家の令嬢として生まれた正子。幼少期から能を嗜み、鋭い審美眼は骨董から仏像に至るまで幅広く発揮され、現在も日本美術の評論家として高い支持を得ています。

この特別展は、そんなふたりの終の住処となった「武相荘(ぶあいそう)」での暮らしを紹介するもの。
次郎の身の回りの品や車、正子愛用の着物や骨董品など、旧白洲邸・武相荘が所蔵する夫妻ゆかりの品々が展示されます。
白洲次郎・正子の生涯とともに、彼らの美しく豊かな暮らしを知る絶好の機会です。

美しく豊かな「武相荘」での暮らし

旧白洲邸・武相荘(東京都町田市)

旧白洲邸・武相荘(東京都町田市)

白洲次郎・正子夫妻の旧邸宅。現在は記念館・資料館となり一般公開されています。
そもそも「ぶあいそう」というユニークな名前はどのようにつけられたのでしょうか?

1943年(昭和18)、ふたりは戦禍を避けるため、現在の東京都町田市にあたる鶴川村に茅葺き屋根の民家を購入し、移住します。鶴川周辺は「武蔵」と「相模」の国の境に位置することから、次郎は自邸を「武相荘」と名付けたそうです。
ここで次郎は自ら田畑を耕して、家具や生活用具を自製するなど、独自の生活スタイルを築きました。

戦後は総理大臣・吉田茂の懐刀として、政治や実業界で活躍した次郎。「武相荘」での暮らしは、多忙を極める次郎にとって癒しだったのかもしれません。
次郎の愛車「ベントレー」

次郎の愛車「ベントレー」

友人から「オイリー・ボーイ」と呼ばれるほど、車が好きだったと言われる次郎。
そして正子は、着物の店「こうげい」を経営したのち、文筆業に専念するかたわら骨董を求め、花器や食器を日用品として使うことで、日々の暮らしに彩りを添えました。

骨董品を日常使いするとはさすが正子ですが、飾るよりも実際に使った方が、もの本来の使い方であると気づかせてくれます。
菊牡丹梅立涌文小袖

菊牡丹梅立涌文小袖

鋭い感性と美意識を持ち合わせていた正子。集めた着物や骨董品は、世代を超えて高く評価されています。
北大路魯山人作「有平縞湯呑」(左)と、江戸時代の「織部皿」

北大路魯山人作「有平縞湯呑」(左)と、江戸時代の「織部皿」

現代でいうセレブなふたりの持っているものは高価なものもありますが、値段やブランドよりも、本当に好きなものを大切に使っていたということがわかります。

そんな日常の暮らしを豊かにするヒントが散りばめられた特別展、ぜひチェックしてみてください。

特別展「白洲次郎 白洲正子の暮らし展」

 (17326)

開催期間:2018年4月5日(木)〜4月17日(火)
開催時間:午前10時〜午後8時
※最終日は午後5時閉場
※入場は閉場の30分前まで
※開催中は無休
開催場所:東武百貨店 池袋店 8階催事場
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

さる2月10日、城郭研究家の西股総生先生を講師にお招きし、「女子限定特別企画・江戸城を歩こう!」が開催されました。江戸城の見所やベストフォトスポットなどを押さえたイベントの様子をレポートします。
【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

江戸東京博物館で開催中の「春を寿ぐ―徳川将軍家のみやび―」展。徳川家ゆかりの品々が多数展示されている本展のなかから、徳川家の女として生きた天璋院篤姫ゆかりの品を中心に、その生涯を歴史タレント・小栗さくらさんが紹介します!
【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

2019年は土方歳三が箱館(函館)でその生涯を閉じてから150年という節目の年。土方のふるさとである東京都日野市では、1年をかけてその没後150年プロモーションが実施されます。気になるその内容とは?
原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

東京国際フォーラムで開催された新春恒例イベント「J-culture fest」。なかでも、2019年1月2日(水)〜15日(火)の期間限定で展示され、歴史ファンから注目を浴びたのが「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展です。即位式や宮廷行事で着用される正装に関する資料の展示のほか、人形で再現された『源氏物語』の優美な世界など、新春を彩ったイベントの模様をレポートします。
2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ

2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ

年々注目度を増している「日本刀」。歴史ファン・刀剣ファンのみならず人気を博し、名刀が展示される刀剣展には全国各地から多くの人が足を運びます。そこで今回は、2019年も盛り上がること間違いなしの刀剣展を、一足早く厳選してご紹介!年明けすぐから秋開催のものまで、気になる見どころとスケジュールを今からおさえておきましょう!
干支・イノシシにあやかろう!2019年のお正月は東京国立博物館へ初もうで

干支・イノシシにあやかろう!2019年のお正月は東京国立博物館へ初もうで

東京国立博物館では、2019年1月2日からお正月の恒例企画「博物館に初もうで」を開催。新年の干支「亥(いのしし)」をテーマにした作品や、新春ならではの名品展示、和太鼓や獅子舞といった伝統芸能も盛りだくさん!お正月は、日本の伝統を感じにトーハクへ初もうではいかがでしょうか?
太宰府天満宮で開催中!人気歴史コミック『応天の門』展の世界をレポート

太宰府天満宮で開催中!人気歴史コミック『応天の門』展の世界をレポート

福岡県の太宰府天満宮宝物殿企画展示室で開催中の人気歴史コミック『応天の門』展。若き菅原道真公を描き人気を博している本作の展覧会には、作者・灰原薬氏による原画などが展示中です。実際に菅原道真公ゆかりの品々もあわせて見られる、ファン必見の展覧会の模様をレポート!
温泉を愛した武将たちの記録も!国立公文書館「温泉~江戸の湯めぐり~」展

温泉を愛した武将たちの記録も!国立公文書館「温泉~江戸の湯めぐり~」展

日本人が古くから親しんできた温泉。江戸時代には、名所図会や紀行文などを通して、温泉地の情報が広く流布しました。多くの人々が訪れ、温泉は次第に湯治場としてだけではなく、行楽地としても賑わうようになります。国立公文書館では平成31年1月26日(土)〜3月9日(土)の期間、江戸時代の資料を中心に人々と温泉の関わりを紹介する企画展「温泉~江戸の湯めぐり~」を開催。その見どころをご紹介します。
三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
“日本最強”の江戸城を実感しよう!女子限定の城歩きイベント第3弾を開催

“日本最強”の江戸城を実感しよう!女子限定の城歩きイベント第3弾を開催

好評につき、ユカリノ主催・女子限定城歩きイベントの第3弾が決定しました!今回は、誰もが知っている「江戸城」の意外な見どころを探します。城に興味はあるけれど、城の見方や歩き方がよくわからない…という城めぐり初心者の女子の皆様、この機会にぜひご参加ください。