白洲次郎・正子夫妻の暮らしを知る展覧会が池袋・東武百貨店にて開催
2018年4月5日 更新

白洲次郎・正子夫妻の暮らしを知る展覧会が池袋・東武百貨店にて開催

戦後の政府に尽力し、日本一かっこいい男と称された白洲次郎。鋭い審美眼で骨董の目利きとしても知られる妻の正子。終の住処となった「武相荘」での暮らしを紹介する特別展「白洲次郎 白洲正子の暮らし展」が4/5より東武百貨店 池袋本店で開催されます。今でも多くの人から支持される夫婦の片鱗に触れる貴重な機会です。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本で最もかっこいい男・次郎と、美の世界を追求した正子

白洲次郎(右)と正子

白洲次郎(右)と正子

終戦後の占領下の日本で、GHQと渡り合いながら憲法改正に尽力した白洲次郎。見た目はもちろん、大きな勢力に屈せず自身を貫く姿は、日本で最もかっこいい男と称されました。

一方、樺山伯爵家の令嬢として生まれた正子。幼少期から能を嗜み、鋭い審美眼は骨董から仏像に至るまで幅広く発揮され、現在も日本美術の評論家として高い支持を得ています。

この特別展は、そんなふたりの終の住処となった「武相荘(ぶあいそう)」での暮らしを紹介するもの。
次郎の身の回りの品や車、正子愛用の着物や骨董品など、旧白洲邸・武相荘が所蔵する夫妻ゆかりの品々が展示されます。
白洲次郎・正子の生涯とともに、彼らの美しく豊かな暮らしを知る絶好の機会です。

美しく豊かな「武相荘」での暮らし

旧白洲邸・武相荘(東京都町田市)

旧白洲邸・武相荘(東京都町田市)

白洲次郎・正子夫妻の旧邸宅。現在は記念館・資料館となり一般公開されています。
そもそも「ぶあいそう」というユニークな名前はどのようにつけられたのでしょうか?

1943年(昭和18)、ふたりは戦禍を避けるため、現在の東京都町田市にあたる鶴川村に茅葺き屋根の民家を購入し、移住します。鶴川周辺は「武蔵」と「相模」の国の境に位置することから、次郎は自邸を「武相荘」と名付けたそうです。
ここで次郎は自ら田畑を耕して、家具や生活用具を自製するなど、独自の生活スタイルを築きました。

戦後は総理大臣・吉田茂の懐刀として、政治や実業界で活躍した次郎。「武相荘」での暮らしは、多忙を極める次郎にとって癒しだったのかもしれません。
次郎の愛車「ベントレー」

次郎の愛車「ベントレー」

友人から「オイリー・ボーイ」と呼ばれるほど、車が好きだったと言われる次郎。
そして正子は、着物の店「こうげい」を経営したのち、文筆業に専念するかたわら骨董を求め、花器や食器を日用品として使うことで、日々の暮らしに彩りを添えました。

骨董品を日常使いするとはさすが正子ですが、飾るよりも実際に使った方が、もの本来の使い方であると気づかせてくれます。
菊牡丹梅立涌文小袖

菊牡丹梅立涌文小袖

鋭い感性と美意識を持ち合わせていた正子。集めた着物や骨董品は、世代を超えて高く評価されています。
北大路魯山人作「有平縞湯呑」(左)と、江戸時代の「織部皿」

北大路魯山人作「有平縞湯呑」(左)と、江戸時代の「織部皿」

現代でいうセレブなふたりの持っているものは高価なものもありますが、値段やブランドよりも、本当に好きなものを大切に使っていたということがわかります。

そんな日常の暮らしを豊かにするヒントが散りばめられた特別展、ぜひチェックしてみてください。

特別展「白洲次郎 白洲正子の暮らし展」

 (17326)

開催期間:2018年4月5日(木)〜4月17日(火)
開催時間:午前10時〜午後8時
※最終日は午後5時閉場
※入場は閉場の30分前まで
※開催中は無休
開催場所:東武百貨店 池袋店 8階催事場
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

2018年は明治150年の記念の年。東京・国立公文書館では特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」が開催中です。明治に突入し、日本は欧米諸国の制度を取り入れた急速な近代化を進め、目まぐるしい変化を遂げました。そんな明治期の日本の歩みを貴重な資料とともに振り返る本展から、「教科書で見た!」と言いたくなる見どころを厳選してレポートします。
日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

10月10日は日本銀行開業の日。そこで日本銀行本店の中を見せてもらえる「一般見学コース」を体験してきました。歴史を感じる素晴らしい建物。そして日銀が担う大切な役割。さらにここがお金と大変ゆかりのある地だということもわかりました。まさに、見て・楽しんで・学べる、歴史好きの方々におススメしたい見学ツアーです。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

奥が深い仏像の世界。仏教の知識がないとなかなか理解できないのではという方も多いと思いますが、運慶と快慶といった「慶派」だけでも押さえておくと、親しみやすいかもしれませんよ。10月2日からは東京国立博物館の特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」も開催。初心者にも優しい仏教の世界に、足を踏み入れてみませんか。
「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

2018年9月22日(土)~24日(月)に福島県会津若松市で開催された「戊辰150周年記念会津まつり」。メインイベントとなる23日の藩公行列には、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主役・山本八重を演じた綾瀬はるかさんと、その子供時代を演じた鈴木梨央さんが登場。おふたりは前日に行われた「戊辰150周年記念式典」のトークショーにも参加。祭りの模様と共に、式典での貴重なお話しをレポートします。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
刀剣ファン垂涎!京都国立博物館初の刀剣展「京のかたな」がいよいよ開催

刀剣ファン垂涎!京都国立博物館初の刀剣展「京のかたな」がいよいよ開催

9月29日(土)より京都国立博物館で開催される「特別展 京(みやこ)のかたな 匠のわざと雅のこころ」。同館では120年の歴史上初となる大規模刀剣特別展となり、その豪華すぎるラインナップが注目を集めています。刀剣に詳しい方もそうでない方も、開催前にその見どころを改めてチェック!
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。