白洲次郎・正子夫妻の暮らしを知る展覧会が池袋・東武百貨店にて開催
2018年4月5日 更新

白洲次郎・正子夫妻の暮らしを知る展覧会が池袋・東武百貨店にて開催

戦後の政府に尽力し、日本一かっこいい男と称された白洲次郎。鋭い審美眼で骨董の目利きとしても知られる妻の正子。終の住処となった「武相荘」での暮らしを紹介する特別展「白洲次郎 白洲正子の暮らし展」が4/5より東武百貨店 池袋本店で開催されます。今でも多くの人から支持される夫婦の片鱗に触れる貴重な機会です。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本で最もかっこいい男・次郎と、美の世界を追求した正子

白洲次郎(右)と正子

白洲次郎(右)と正子

終戦後の占領下の日本で、GHQと渡り合いながら憲法改正に尽力した白洲次郎。見た目はもちろん、大きな勢力に屈せず自身を貫く姿は、日本で最もかっこいい男と称されました。

一方、樺山伯爵家の令嬢として生まれた正子。幼少期から能を嗜み、鋭い審美眼は骨董から仏像に至るまで幅広く発揮され、現在も日本美術の評論家として高い支持を得ています。

この特別展は、そんなふたりの終の住処となった「武相荘(ぶあいそう)」での暮らしを紹介するもの。
次郎の身の回りの品や車、正子愛用の着物や骨董品など、旧白洲邸・武相荘が所蔵する夫妻ゆかりの品々が展示されます。
白洲次郎・正子の生涯とともに、彼らの美しく豊かな暮らしを知る絶好の機会です。

美しく豊かな「武相荘」での暮らし

旧白洲邸・武相荘(東京都町田市)

旧白洲邸・武相荘(東京都町田市)

白洲次郎・正子夫妻の旧邸宅。現在は記念館・資料館となり一般公開されています。
そもそも「ぶあいそう」というユニークな名前はどのようにつけられたのでしょうか?

1943年(昭和18)、ふたりは戦禍を避けるため、現在の東京都町田市にあたる鶴川村に茅葺き屋根の民家を購入し、移住します。鶴川周辺は「武蔵」と「相模」の国の境に位置することから、次郎は自邸を「武相荘」と名付けたそうです。
ここで次郎は自ら田畑を耕して、家具や生活用具を自製するなど、独自の生活スタイルを築きました。

戦後は総理大臣・吉田茂の懐刀として、政治や実業界で活躍した次郎。「武相荘」での暮らしは、多忙を極める次郎にとって癒しだったのかもしれません。
次郎の愛車「ベントレー」

次郎の愛車「ベントレー」

友人から「オイリー・ボーイ」と呼ばれるほど、車が好きだったと言われる次郎。
そして正子は、着物の店「こうげい」を経営したのち、文筆業に専念するかたわら骨董を求め、花器や食器を日用品として使うことで、日々の暮らしに彩りを添えました。

骨董品を日常使いするとはさすが正子ですが、飾るよりも実際に使った方が、もの本来の使い方であると気づかせてくれます。
菊牡丹梅立涌文小袖

菊牡丹梅立涌文小袖

鋭い感性と美意識を持ち合わせていた正子。集めた着物や骨董品は、世代を超えて高く評価されています。
北大路魯山人作「有平縞湯呑」(左)と、江戸時代の「織部皿」

北大路魯山人作「有平縞湯呑」(左)と、江戸時代の「織部皿」

現代でいうセレブなふたりの持っているものは高価なものもありますが、値段やブランドよりも、本当に好きなものを大切に使っていたということがわかります。

そんな日常の暮らしを豊かにするヒントが散りばめられた特別展、ぜひチェックしてみてください。

特別展「白洲次郎 白洲正子の暮らし展」

 (17326)

開催期間:2018年4月5日(木)〜4月17日(火)
開催時間:午前10時〜午後8時
※最終日は午後5時閉場
※入場は閉場の30分前まで
※開催中は無休
開催場所:東武百貨店 池袋店 8階催事場
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【7月20日は土用の丑の日】創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

【7月20日は土用の丑の日】創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

2018年7月20日は「土用の丑(うし)の日」。暑い夏を乗り切るために、栄養価の高い鰻(うなぎ)を食べようという日本の風習ですが、古くから鰻は江戸っ子たちに人気でした。今回は老舗のうなぎ屋さんのなかでも、勝海舟など歴史上の人物にゆかりのあるお店を紹介します。
剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第17回

剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第17回

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第17回は、江戸無血開城へと導いた幕臣・山岡鉄舟ゆかりの地。「幕末の三舟」のひとりとされ、剣や書の名人でもある一方、食に関しては無茶苦茶なエピソードも残る鉄舟。多才な彼の生涯を様々な側面から感じてみませんか?
気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

開始早々話題を呼んでいる、東京国立博物館で開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」。これをきっかけに、縄文時代に興味を持ったという方もいるのではないでしょうか。そんな縄文初心者のために、縄文好きがおすすめ!東京都内で縄文文化を体感できるスポットをご案内します。
平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

日本の歴史上の人物のなかで“イケメン”といえば、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか。写真が残る人物としては、新選組の「鬼の副長」こと土方歳三、15代将軍・徳川慶喜などの人気が高いようですが、平安時代を代表する美男子といえば、歌人として有名な在原業平。日本各地にゆかりの地が残る業平、その理由とは?
江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。
150年前の今日、上野で何が起きた?いまも残る上野戦争の史跡

150年前の今日、上野で何が起きた?いまも残る上野戦争の史跡

東京の上野といえば、動物園や博物館、あるいは花見の名所として人気の行楽地をイメージする人が多いと思います。しかし、江戸から明治へ時代が移り変わろうとしていた頃、この上野を舞台に、激しい戦闘がくり広げられました。今回は、慶応4年5月15日(1868年7月4日)に起こった「上野戦争」と、この戦争にまつわる史跡について紹介していきます。
史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

東京国立博物館(東京都台東区)では、縄文時代にスポットを当てた特別展を2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで開催。「縄文の美」をテーマに、縄文の国宝全6件が勢ぞろいすると話題の本展を一足お先に拝見!その見どころをご紹介いたします。
源頼朝がルーツ?夏の風物詩・ほおずき市の見どころと歴史

源頼朝がルーツ?夏の風物詩・ほおずき市の見どころと歴史

毎年7月9日と10日、東京・浅草寺で開催される「ほおずき市」。江戸時代から続く、下町の夏の風物詩として有名です。そしてこのほおずき市のルーツには、あの源頼朝が関係しているのではないかと言われているのをご存知でしょうか。今回は、ほおずき市とその歴史についてご紹介します。
【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

明治政府の「お雇い外国人」ジョサイア・コンドル。コンドルは明治新政府関係の建造物を手がけた建築家であり、日本における新進気鋭の建築家を育成することにも尽力しました。また、日本文化をこよなく愛した日本通でもあったのです。今回は、今もまだ見ることができるコンドルゆかりの建築物をご紹介します。
【平清盛生誕900年】怨霊!天狗!魑魅魍魎の世界が広がる「平家物語―妖しくも美しき―」展

【平清盛生誕900年】怨霊!天狗!魑魅魍魎の世界が広がる「平家物語―妖しくも美しき―」展

平家一門の栄枯盛衰を描いた『平家物語』。平清盛生誕900年を迎えるこの夏、国立公文書館では7月21日~9月1日まで企画展「平家物語―妖しくも美しき―」を開催。天狗・怨霊・物怪など、武士たちの物語の背後にある妖しくも美しい世界とは?一足先にその見どころをご紹介します。