江戸幕府きってのスイーツ男子?都内で楽しむ勝海舟ゆかりのグルメ
2018年3月12日 更新

江戸幕府きってのスイーツ男子?都内で楽しむ勝海舟ゆかりのグルメ

幕末といえば必ず名前が出てくる勝海舟。江戸無血開城や、坂本龍馬とのエピソードも有名ですね。東京出身の勝海舟が好んで通ったというお店の中には、今も営業を続けているお店もあるんですよ。今回は、東京にある勝海舟ゆかりのお店を中心にご紹介したいと思います。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

幕末にひときわ光を放った幕臣・勝海舟

「幕臣でありながら倒幕派との関わりが深かった」

「幕臣でありながら倒幕派との関わりが深かった」

勝海舟(本名・安芳)は江戸本所亀沢町(現在の東京都墨田区両国)で生まれました。貧乏な家だったため苦労しましたが、蘭学に通じたことから幕府に出仕し、長崎海軍伝習所を経て咸臨丸で太平洋を横断、アメリカで先進文化と技術を目にして帰国しました。その後は坂本龍馬や木戸孝允、西郷隆盛らと接触を持ちつつも、幕末を幕府の中で生き、西郷隆盛との会談で江戸城無血開城の立役者となりました。

江戸の下町出身ということで、彼が通った店はその近辺で今も勝海舟ゆかりの店として愛されています。

勝直筆の書も見られる和菓子屋「壺屋總本店」(文京区本郷)

壺屋總本店

壺屋總本店

寛永年間に町民が開いた最初の「江戸根元」菓子店・壺屋總本店。『江戸総鹿子名所大前』や『江戸買物独案内』といった、今で言う江戸のタウン誌のようなものにも掲載されるほどの人気店でした。

しかし明治維新で江戸幕府が倒れると、徳川家にお世話になっていたからとして大店が次々とやめていきます。
ところが、ここで勝が「人々が壺屋の菓子を食べたいと言っているのだから続けるように」と言葉をかけ、営業を再開したのだそうです。店内には勝直筆の「神逸気旺(神頼みせずに気力で頑張れ)」書が飾られています。勝も当時ここでまんじゅうや最中を買って食べたのでしょうね。名物の壺形最中は、立ち寄った際にぜひお土産に買いたい一品です。
「店内には勝による書が飾られていました」

「店内には勝による書が飾られていました」

今でも写真を撮りにくる方が多いそうで、ここから撮るといいとアドバイスをいただきました(笑)
名物の最中は、餡がぎっしり!

名物の最中は、餡がぎっしり!

壺々最中(左)と壺形最中(右)。こしあんとつぶあんがあり、中からはみ出すほど餡がぎっしり。上品な甘さに歴史を感じました。

勝海舟の頃から変わらぬ人気蕎麦「京金」(そば・江東区森下)

 (1836)

江東区森下は勝の生まれた両国の近く。ここにある天保2(1831)年創業のそば店・京金は勝が訪れていたといわれるお店です。名物はそば粉の風味が豊かな田舎そばで、今も人気店としてにぎわっています。

レトロ空間でうなぎを食す「やっ古」(うなぎ・台東区浅草)

28 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

夏といえばスイカ。その歴史は古く、あの西郷隆盛も好物だったといいます。西郷が江戸に住んでいた際、スイカを購入したといわれるのが、皆さんもご存知のあの有名果物店でした。今回は西郷とスイカにまつわるエピソードを紹介します。
創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

2018年7月20日は「土用の丑(うし)の日」。暑い夏を乗り切るために、栄養価の高い鰻(うなぎ)を食べようという日本の風習ですが、古くから鰻は江戸っ子たちに人気でした。今回は老舗のうなぎ屋さんのなかでも、勝海舟など歴史上の人物にゆかりのあるお店を紹介します。
東京で吉田松陰の最期をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第4回】

東京で吉田松陰の最期をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第4回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第4回は吉田松陰最期の地・江戸。思想家・教育者として、長州の志士たちに多大な影響を与えた松陰は、今でも「松陰先生」と慕われています。彼の足跡は全国にありますが、今回は松陰が命を落とした江戸に焦点をあて、その死の前後を追いたいと思います。
没後150年、新しい龍馬像を見に行こう!東京にある坂本龍馬ゆかりの地

没後150年、新しい龍馬像を見に行こう!東京にある坂本龍馬ゆかりの地

現在、龍馬の没後150年ということで特別展覧会が全国各地で開かれています。(東京は2017年4月から江戸東京博物館にて開催)いつになっても龍馬は私たちを惹きつけてやみません。幕末、龍馬の活動場所は全国に及び、もちろん東京にもゆかりの地が各所にあるのです。今回は龍馬ゆかりの地・東京編をご紹介します。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
北斎の時代と今を“橋”で結ぶ「北斎の橋 すみだの橋」展が開催

北斎の時代と今を“橋”で結ぶ「北斎の橋 すみだの橋」展が開催

世界的に人気のある江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎(1760−1849)。北斎ゆかりの地・東京都墨田区にある「すみだ北斎美術館」では、2018年9月11日(火)から11月4日(日)まで、企画展「北斎の橋 すみだの橋」が開催。身近な橋の歴史と魅力を、北斎目線で楽しみませんか?
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。