幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地
2018年9月22日 更新

幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地

幕末から明治維新にかけ、各藩から優れた人材が登場しました。横井小楠もその一人。熊本藩出身の彼は福井藩で力を認められ、ついには新政府の参与にまでなりました。彼がどんな考えを持ち、多くの志士や幕府重鎮を動かしてきたのか、ゆかりの地と共にご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

熊本藩に生まれ、福井藩に用いられる

 (24371)

「聡明だったが、酒を飲んで喧嘩になったり藩主専用の鷹狩り場で弾を撃ったりと意外にポカもあるところが魅力」
横井小楠は、文化6(1809)年に熊本藩士の家に生まれました。本名は時存(ときひろ/ときあり)で、小楠とは「小楠公」楠木正行から取ったものだということです。

藩校・時習館に学んだ小楠は、28歳で塾長になるほどの秀才で、江戸に遊学して藤田東湖らと親交を持ちます。
帰藩後は朱子学をベースとした実学党の中心となり、財政難の続く藩の改革を求めましたが、保守派などとは対立し、重用されませんでした。

やがて小楠は自宅で小楠堂という私塾を開き、熊本藩以外の藩士にも教えるようになります。この時、吉田松陰がここを訪れたそうです。
その後転居した自宅を「四時軒」と称し、ここでも多くの藩士を教えました。

坂本龍馬らも訪れた、家塾「四時軒」(熊本県熊本市)

横井小楠記念館敷地内にある「四時軒」(※現在は、201...

横井小楠記念館敷地内にある「四時軒」(※現在は、2016年の地震の影響で残念ながら休館中です。)

via くまもと写真館
「四時軒」には、後に坂本龍馬や由利公正らも訪れたといいます。
隣りには横井小楠記念館も建てられており、小楠ゆかりの品や、勝海舟・吉田松陰・西郷隆盛といった小楠にゆかりのある人物の書も所蔵。

また歩いて10分ほどのところには、小楠の遺髪を埋葬した墓や小楠の銅像などが建てられている「小楠公園」もあり、毎年2月15日には墓前祭が行われます。
小楠は開国論を唱え、外国船への対応を説く「夷虜応接大意」という意見書も提出しましたが、その考えは藩には受け入れられませんでした。しかし、彼が教えた福井藩士によってその名が松平春嶽の耳にも届き、招かれることになったのです。

幕府と新政府、両方に重要視された

 (24414)

「小楠の名声を聞き、助言者として幕政改革に参加させた松平春嶽」
福井藩での小楠は、養蚕を中心とした殖産興業や貿易を指南し、財政を好転させます。
また、藩内での保守・進歩の対立に際しては挙藩一致を説き「国是三論」を著しました。この考えは松平春嶽の助言者として幕政改革に参加した際にも踏襲され、「国是七条」に盛り込まれた海軍増強や殖産興業、貿易の奨励、公武合体や幅広い人材登用などの考えは、彼の考えが一歩以上先を行っていたことを証明したのです。

文久2(1862)年、熊本藩士による刺客に襲撃を受けます。襲われた際、逃げて刀を取りに戻ったことが武士道に反すると熊本藩に糾弾されますが、福井藩の擁護によりなんとか切腹を免れました。

浪人となった小楠ですが、彼の能力を評価していた新政府に参与として招かれることに。しかし、明治2(1869)年、強硬な攘夷派の手にかかり、京都で落命したのでした。

高橋公園「横井小楠をめぐる維新群像」(熊本県熊本市)

「横井小楠をめぐる維新群像」

「横井小楠をめぐる維新群像」

via 撮影:ユカリノ編集部
熊本城近くの高橋公園には、「横井小楠をめぐる維新群像」があります。時には激論を交わした坂本龍馬や、小楠を「途方もなく聡明」と評した勝海舟、小楠を重用した松平春嶽、熊本藩最後の藩主・細川護久らの像の中央に、小楠の銅像があります。
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【薩長同盟の立役者!?】中岡慎太郎と陸援隊ゆかりの地

【薩長同盟の立役者!?】中岡慎太郎と陸援隊ゆかりの地

慶応3年(1867)11月15日、京都の近江屋で坂本龍馬とともに襲われた中岡慎太郎は、その2日後の11月17日に亡くなります。龍馬の活躍の陰に隠れがちな慎太郎ですが、薩長同盟が盟約したのは彼の働きがあってこそとも言われています。今回は中岡慎太郎の生涯を追うともに、彼が結成した陸援隊とそのゆかりの地をご紹介します。
政府軍VS薩摩軍 西南戦争最大の激戦地「田原坂」を歩いてみた

政府軍VS薩摩軍 西南戦争最大の激戦地「田原坂」を歩いてみた

「雨は降る降る 人馬はぬれる 越すに越されぬ田原坂 右手に血刀 左手に手綱 馬上ゆたかな美少年 山に屍 河に血流る 肥後の天地 秋さびし」この歌は西南戦争の田原坂の激戦を歌った歌です。実は筆者の高祖父(祖父の祖父)も、薩摩軍の兵士として田原坂で戦いました。一度行ってみたいと思っていた田原坂。140年の時を超えて、玄孫にあたる筆者が実際に歩いてみました。
ゆかりの地・玉名に誕生!「いだてん大河ドラマ館」潜入レポート

ゆかりの地・玉名に誕生!「いだてん大河ドラマ館」潜入レポート

オリンピックを題材にした2019年の大河ドラマ『いだてん』。宮藤官九郎氏のオリジナル脚本で、早くも異色の大河ドラマとして話題になっていますね。 主人公は、日本初のオリンピック選手となった金栗四三。その金栗ゆかりの地である熊本県の玉名に、ついに大河ドラマ館がオープン!ドラマがもっと楽しくなる、大河ドラマ館の模様をレポートします。
マラソンの父・金栗四三の生誕地にオープン『金栗四三ミュージアム』

マラソンの父・金栗四三の生誕地にオープン『金栗四三ミュージアム』

2019年の大河ドラマ『いだてん』の主人公である、金栗四三の出身地として注目されている熊本県玉名郡和水町。現存する金栗の生家近くに、2019年1月11日(金)オープンしたのが『金栗四三ミュージアム』です。ここでは金栗を等身大の視点で紹介し、日本のマラソン界発展のために捧げた彼の生涯を体感できる、地元ならではのミュージアムとなっています。
【人鬼が住む城?】和仁三兄弟が守り通した田中城(熊本県)

【人鬼が住む城?】和仁三兄弟が守り通した田中城(熊本県)

2019年の大河ドラマ「いだてん」の主人公・金栗四三が生まれた地として注目されている熊本県和水町ですが、この地には歴史ファンにとってもう一つの見どころがあります。それが、戦国時代に和仁氏が居城とした田中城です。肥後国衆一揆で壮絶な抵抗を繰り広げた和仁三兄弟の伝説と合わせて、ご紹介しましょう。
幕末の「いだてん」たちに括目せよ!映画『サムライマラソン』レビュー

幕末の「いだてん」たちに括目せよ!映画『サムライマラソン』レビュー

NHK大河ドラマ『いだてん』でも取り上げられ、2020東京五輪でも注目の競技・マラソン。日本人にとって馴染み深いマラソンが江戸時代にも行われていたことをご存知でしょうか?2月22日公開予定の映画『サムライマラソン』は日本初のマラソンを題材とした映画。その内容をマラソンランナーのごとく俊足レビューでお届けします!
【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

2019年は土方歳三が箱館(函館)でその生涯を閉じてから150年という節目の年。土方のふるさとである東京都日野市では、1年をかけてその没後150年プロモーションが実施されます。気になるその内容とは?
「西郷どん」だけじゃない!様々な150年の節目を迎えた2018年歴史トピックスを総括【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:最終回】

「西郷どん」だけじゃない!様々な150年の節目を迎えた2018年歴史トピックスを総括【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:最終回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載も、今回で最終回。2018年は、明治150年の記念の年であり、大河ドラマ「西郷どん」放送も手伝って、幕末から明治にまつわる歴史ニュースやイベントが絶えない1年となりました。幕末維新志士たちの生涯をゆかりの地とともに紹介した本連載と、小栗さくら自身が感じた今年の歴史トピックスを総括します!
村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第26回は、村田新八です。幕末期から西郷隆盛と行動を共にした村田は、あの勝海舟も「大久保に次ぐ人傑」と評したほどの人物でした。大河ドラマ「西郷どん」では描かれなかった村田の功績とは?最期まで西郷とともに歩んだその生涯を追ってみます。
沖田総司と2ショット撮影会も!期間限定「ねこねこ日本史コラボカフェ」が可愛すぎる

沖田総司と2ショット撮影会も!期間限定「ねこねこ日本史コラボカフェ」が可愛すぎる

そにしけんじ先生原作の人気歴史ねこコミック『ねこねこ日本史』が、現在有隣堂ららぽーと湘南平塚店にて期間限定のコラボカフェをオープンし話題を呼んでいます。可愛すぎる限定メニューはインスタ映え間違いなし!また、12月15日には沖田総司との2ショット撮影会も。ファン必見のイベントをお見逃しなく!