幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地
2018年9月22日 更新

幕府にも新政府にも重要視された男・横井小楠ゆかりの地

幕末から明治維新にかけ、各藩から優れた人材が登場しました。横井小楠もその一人。熊本藩出身の彼は福井藩で力を認められ、ついには新政府の参与にまでなりました。彼がどんな考えを持ち、多くの志士や幕府重鎮を動かしてきたのか、ゆかりの地と共にご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

熊本藩に生まれ、福井藩に用いられる

 (24371)

「聡明だったが、酒を飲んで喧嘩になったり藩主専用の鷹狩り場で弾を撃ったりと意外にポカもあるところが魅力」
横井小楠は、文化6(1809)年に熊本藩士の家に生まれました。本名は時存(ときひろ/ときあり)で、小楠とは「小楠公」楠木正行から取ったものだということです。

藩校・時習館に学んだ小楠は、28歳で塾長になるほどの秀才で、江戸に遊学して藤田東湖らと親交を持ちます。
帰藩後は朱子学をベースとした実学党の中心となり、財政難の続く藩の改革を求めましたが、保守派などとは対立し、重用されませんでした。

やがて小楠は自宅で小楠堂という私塾を開き、熊本藩以外の藩士にも教えるようになります。この時、吉田松陰がここを訪れたそうです。
その後転居した自宅を「四時軒」と称し、ここでも多くの藩士を教えました。

坂本龍馬らも訪れた、家塾「四時軒」(熊本県熊本市)

横井小楠記念館敷地内にある「四時軒」(※現在は、201...

横井小楠記念館敷地内にある「四時軒」(※現在は、2016年の地震の影響で残念ながら休館中です。)

via くまもと写真館
「四時軒」には、後に坂本龍馬や由利公正らも訪れたといいます。
隣りには横井小楠記念館も建てられており、小楠ゆかりの品や、勝海舟・吉田松陰・西郷隆盛といった小楠にゆかりのある人物の書も所蔵。

また歩いて10分ほどのところには、小楠の遺髪を埋葬した墓や小楠の銅像などが建てられている「小楠公園」もあり、毎年2月15日には墓前祭が行われます。
小楠は開国論を唱え、外国船への対応を説く「夷虜応接大意」という意見書も提出しましたが、その考えは藩には受け入れられませんでした。しかし、彼が教えた福井藩士によってその名が松平春嶽の耳にも届き、招かれることになったのです。

幕府と新政府、両方に重要視された

 (24414)

「小楠の名声を聞き、助言者として幕政改革に参加させた松平春嶽」
福井藩での小楠は、養蚕を中心とした殖産興業や貿易を指南し、財政を好転させます。
また、藩内での保守・進歩の対立に際しては挙藩一致を説き「国是三論」を著しました。この考えは松平春嶽の助言者として幕政改革に参加した際にも踏襲され、「国是七条」に盛り込まれた海軍増強や殖産興業、貿易の奨励、公武合体や幅広い人材登用などの考えは、彼の考えが一歩以上先を行っていたことを証明したのです。

文久2(1862)年、熊本藩士による刺客に襲撃を受けます。襲われた際、逃げて刀を取りに戻ったことが武士道に反すると熊本藩に糾弾されますが、福井藩の擁護によりなんとか切腹を免れました。

浪人となった小楠ですが、彼の能力を評価していた新政府に参与として招かれることに。しかし、明治2(1869)年、強硬な攘夷派の手にかかり、京都で落命したのでした。

高橋公園「横井小楠をめぐる維新群像」(熊本県熊本市)

「横井小楠をめぐる維新群像」

「横井小楠をめぐる維新群像」

via 撮影:ユカリノ編集部
熊本城近くの高橋公園には、「横井小楠をめぐる維新群像」があります。時には激論を交わした坂本龍馬や、小楠を「途方もなく聡明」と評した勝海舟、小楠を重用した松平春嶽、熊本藩最後の藩主・細川護久らの像の中央に、小楠の銅像があります。
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
【薩長同盟の立役者!?】中岡慎太郎と陸援隊ゆかりの地

【薩長同盟の立役者!?】中岡慎太郎と陸援隊ゆかりの地

慶応3年(1867)11月15日、京都の近江屋で坂本龍馬とともに襲われた中岡慎太郎は、その2日後の11月17日に亡くなります。龍馬の活躍の陰に隠れがちな慎太郎ですが、薩長同盟が盟約したのは彼の働きがあってこそとも言われています。今回は中岡慎太郎の生涯を追うともに、彼が結成した陸援隊とそのゆかりの地をご紹介します。
政府軍VS薩摩軍 西南戦争最大の激戦地「田原坂」を歩いてみた

政府軍VS薩摩軍 西南戦争最大の激戦地「田原坂」を歩いてみた

「雨は降る降る 人馬はぬれる 越すに越されぬ田原坂 右手に血刀 左手に手綱 馬上ゆたかな美少年 山に屍 河に血流る 肥後の天地 秋さびし」 この歌は西南戦争の田原坂の激戦を歌った歌です。実は筆者の高祖父(祖父の祖父)も、薩摩軍の兵士として田原坂で戦いました。一度行ってみたいと思っていた田原坂。140年の時を超えて、玄孫にあたる筆者が実際に歩いてみました。
徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第14回は江戸幕府の京都の拠点・二条城です。現在の二条城は関ヶ原合戦に勝利した徳川家康が慶長8(1603)年に築いたのが始まり。江戸幕府の始まりと終わりを見届けた二条城のおすすめポイントを写真を中心に紹介します。
【『西郷どん』では語りきれない真実】西南戦争の激戦地でその歴史を伝える熊本市田原坂西南戦争資料館

【『西郷どん』では語りきれない真実】西南戦争の激戦地でその歴史を伝える熊本市田原坂西南戦争資料館

大河ドラマ「西郷どん」も、いよいよ明治へ突入。明治維新から10年後、西郷隆盛を中心とした薩摩軍と明治政府軍との間で日本最後の内戦・西南戦争が勃発します。なかでも激戦地となったのが、熊本市植木町の田原坂です。今も戦いの跡が残る現地で、その歴史を伝えている熊本市田原坂西南戦争資料館を取材してきました。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
没後150年の渋沢平九郎、主家の難に殉じ戊辰戦争に散る

没後150年の渋沢平九郎、主家の難に殉じ戊辰戦争に散る

テレビやネットでも度々話題にのぼる「幕末イケメン」、渋沢平九郎をご存知ですか。彼は「日本資本主義の父」と知られる渋沢栄一の養子にあたります。この渋沢平九郎の特別展「渋沢平九郎―幕末維新、二十歳の決断―」が、東京王子の飛鳥山公園にある渋沢史料館で開催されています。見た目がイケメンというだけでなく、その生き様はまさにラスト・サムライ。その渋沢平九郎の生涯をご紹介します。
「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

2018年9月22日(土)~24日(月)に福島県会津若松市で開催された「戊辰150周年記念会津まつり」。メインイベントとなる23日の藩公行列には、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主役・山本八重を演じた綾瀬はるかさんと、その子供時代を演じた鈴木梨央さんが登場。おふたりは前日に行われた「戊辰150周年記念式典」のトークショーにも参加。祭りの模様と共に、式典での貴重なお話しをレポートします。
龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

NHK大河ドラマ「西郷どん」が、いよいよ大詰めとなる最終章「明治編」へと突入します。先日、そのメインビジュアルが発表されましたが、撮影地に選ばれたのが鹿児島県と宮崎県の県境にそびえる高千穂峰。西郷隆盛と大久保利通を演じる鈴木亮平さんと瑛太さん、そして大勢のスタッフが、わざわざ本格的な登山を行ってまで撮影を行ったこだわりの聖地、高千穂峰とは?
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。