天ぷらのルーツも南蛮から!日本で愛されている料理の意外な歴史
2018年9月8日 更新

天ぷらのルーツも南蛮から!日本で愛されている料理の意外な歴史

日本に初めて伝来した西洋料理、それが南蛮料理です。天文12年(1543)、種子島に鉄砲が伝来すると、戦国大名たちは競って海外からの文化を取り入れました。南蛮料理もそうした南蛮文化のひとつ。主にポルトガル人によってもたらされたといわれています。日本食だと思っていたあの料理も、実は南蛮が由来だった…!?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

ザビエルがもたらしたキリスト教と南蛮料理

フランシスコ・ザビエル肖像

フランシスコ・ザビエル肖像

平戸(長崎県)と豊後(大分県)から始まったといわれる南蛮貿易。天文18年(1549年)にはフランシスコ・ザビエル(1506~1552年)が薩摩国(鹿児島県)の坊津に到着。日本に初めてキリスト教を伝えました。

ザビエルは周防国(山口県)や堺(大阪府)などを経て、豊後国(大分県)の守護大名・大友義鎮(後の宗麟)に迎えられました。

ザビエルが上陸した薩摩国・坊津

ザビエルが上陸した薩摩国・坊津

via 写真提供:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

大友宗麟、高山右近たち"キリシタン大名"も食べていた南蛮料理

永禄10年(1557)には大友義鎮が治める豊後国(大分県)で、400人のキリシタンが、牛肉とオリーブ油とサフランで炊いたパエリヤで復活祭をお祝いした、という記録が残っているそうです。

また、キリシタン大名の高山右近も、小田原征伐(天正18年・1590年)の陣中、細川忠興と蒲生氏郷に牛肉をご馳走したのだとか。

ザビエルの日本滞在は僅か2年程でしたが、ザビエルは日本人にとても好印象を持ち、「彼ら日本人は予の魂の歓びなり」という言葉を残しました。この言葉は広く西洋に広がり、やがてアメリカがペリー艦隊を日本に向かわせる原因になったともいわれています。

天ぷらのルーツも南蛮料理だった

鎖国前後に記されたといわれる森田四郎右衛門の『南蛮料理書』。ここには数々の南蛮料理が紹介されています。3分の2ほどはお菓子の作り方が記されているそうですが、中には「てんふらり」の文字が。

「てんふらり」というのは天ぷらのこと。

その語源は、キリスト教の宗教用語、「クアトロ・テンプラシ」(四句節)だともいわれています。四句節の時期、信者はキリストの受難をしのび、肉を避けて魚のフライを食べる習慣があったのだとか。これが日本のキリシタンに伝わり、揚げ物料理を「てんふらり」と呼び、やがて「天ぷら」になったといわれています。

寛文9年(1669)、京都の医師・奥村久正の『食道記』にも「てんふらり」の記載があります。でもこちらの作り方をみると「小鳥たたきて,かまくらえび,くるみ,葛たまり」とあり、これはどうも鶏のひき肉とエビと胡桃の葛あんかけのよう…。あれ? 油で揚げないの?

これはどうも、当時は油で揚げる天ぷらと、揚げない天ぷらがあったのでは? と考えられているそうです。
揚げたて天ぷら。

揚げたて天ぷら。

揚げ物自体は、仏教の精進料理として、かなり早い時期に中国から日本に伝わっていました。
安土桃山時代になって、ポルトガルから小麦粉をまぶして揚げる料理が伝わり、これが大ブームに。徳川家康も鯛の天ぷらが好物だった、といわれていますね。

天ぷらは江戸時代中期頃からは庶民の間でも流行し、屋台などで手軽に食べられるファストフードになりました。そして昭和40年代頃から家庭の食卓にものぼるようになり、家庭料理の定番になったそうです。

「がんもどき」の語源も南蛮?

 (23595)

お寺などでいただく精進料理でもお馴染みの「がんもどき」。

「がんもどき」のことを"飛竜頭(ひりゅうず)"と呼ぶことがありますが、語源はなんとポルトガル語! ポルトガル語の「フィロウス」(filhós)だといわれています。

このポルトガル語の「フィロウス」に当て字をして、「飛龍子」とか「飛龍頭」と表わしたのだとか。

でも本家本元のフィロウスは、小麦粉をこねて油で焼いたお菓子。
「がんもどき」は元々、お菓子だったのでしょうか…?

南蛮料理がルーツとなっている料理はたくさんある!

アジの南蛮漬け

アジの南蛮漬け

18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

織田信長が居城・安土城で徳川家康に振る舞ったといわれる饗応膳「天正十年安土御献立」。安土城の近くにあるホテル「休暇村近江八幡」(滋賀県近江八幡市)ではそれを再現した饗応膳を1日10食限定で提供中です。本能寺の変の引き金?ともいわれる膳にまつわる逸話と再現された「信長饗応膳」をご紹介します。
【馬刺しの産みの親!?】加藤清正が日本に持ち込んだゆかりの食べ物

【馬刺しの産みの親!?】加藤清正が日本に持ち込んだゆかりの食べ物

豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍、熊本城の築城、関ヶ原後は肥後熊本藩の初代藩主と、様々な顔をもつ加藤清正。朝鮮出兵時に清正が持ち込んだ食べ物は、今でも地元の名産として親しまれています。1611(慶長16)年8月2日は清正の命日にちなみ、清正ゆかりの食べ物をご紹介します。
【秀吉の天下統一最後の相手・九戸政実】ゆかりの地で「九戸城まつり」開催

【秀吉の天下統一最後の相手・九戸政実】ゆかりの地で「九戸城まつり」開催

豊臣秀吉の天下統一は、小田原征伐や奥州仕置で完了したわけではなかったのをご存知でしょうか。最後まで秀吉に抵抗した武将が、陸奥・九戸城主の九戸政実(くのへ まさざね)でした。誇り高き武将・九戸政実の生涯と「九戸政実の乱」の経緯、岩手にあるゆかりの地をご紹介しましょう。
新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルが古戦場をレポートする連載。第5回は「関ヶ原の戦い」です。岐阜県関ケ原町を舞台に慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)勃発した、天下分け目の戦い。今回はその戦いの舞台となった、東軍西軍の武将たちの陣跡を足軽さんと巡ります。話題の新説による布陣を現場検証してみると…?
“大一大万大吉”の謎に迫る!関ヶ原にひるがえる石田三成の家紋【家紋のルーツ:第5回】

“大一大万大吉”の謎に迫る!関ヶ原にひるがえる石田三成の家紋【家紋のルーツ:第5回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は石田三成の家紋です。三成の家紋といえば「大一大万大吉」が有名ですが、実は不確かな部分が多いのです。さらに「大一大万大吉」だけでも4種類あり…気になるその謎を紐解いてみましょう。
可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!あの釣り野伏戦法や、鬼島津と呼ばれた義弘公たち四兄弟の戦いぶりを、ゆるく可愛く紹介します。
平安美女・小野小町の美容食は『熊の掌』だった!【偉人が愛した肉料理:第5回】

平安美女・小野小町の美容食は『熊の掌』だった!【偉人が愛した肉料理:第5回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人の愛した肉料理を紹介する連載。第5回は小野小町が食べていたといわれる『熊の掌』です。コラーゲン豊富で女性におすすめという熊の掌、小町の美の秘訣はその食べ方にあった?
お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

夏に人気の観光地・北海道。2018年は「北海道」命名150年ということで、道内各地で記念のグッズが販売されています。なかには期間・数量限定で今しか購入できないものも。今回はその中から、夏休みの旅行のお土産におすすめしたい限定お菓子をご紹介します。
「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

元和9(1623)年8月4日は、福岡藩初代藩主・黒田長政の命日です。彼が亡くなる2日前に遺した「黒田長政遺言覚」が、福岡市博物館にて2018年7月31日(火)から9月30日(日)まで展示中。その内容は、黒田家の御家存亡を憂いたものだったようで…。
ハリウッド映画化!?信長の家臣となった黒人侍・弥助の謎多き軌跡

ハリウッド映画化!?信長の家臣となった黒人侍・弥助の謎多き軌跡

織田信長に黒人の家臣がいたことは有名ですね。彼の名は「弥助(やすけ)」。イエズス会宣教師に奴隷として連れられて来たと思しき弥助は、本能寺の変の際にも居合わせたと伝わっています。当時の日本人にとって、肌の色や体格が違う弥助はまさに異世界の人。近年ハリウッド映画化の話もあるという、謎多き弥助の足跡を辿ってみましょう。