【 9年連続出演に感謝 】歴史タレント・小栗さくらの「関ケ原合戦祭り2017」レポート
2017年10月18日 更新

【 9年連続出演に感謝 】歴史タレント・小栗さくらの「関ケ原合戦祭り2017」レポート

10月14日(土)、15日(日)に岐阜県不破郡関ケ原町で開催された「関ケ原合戦祭り2017」。この戦国一のお祭りに9年連続の出演となる小栗さくらがレポートします。今年は歴史系アーティスト「さくらゆき」としてはもちろん、麿赤兒さんの聞き手としてトークショーも参加。出演者として、また戦国ファンとして、現地の熱気をお届けします。

小栗さくら小栗さくら

関ケ原合戦祭り2017のテーマは島津義弘!

10月14日、15日に、岐阜県不破郡関ケ原町で開催された「関ヶ原合戦祭り2017」!
私・小栗さくらも9年連続出演させていただいているお祭りで、全国から戦国ファンが推し武将のために集まります。

今回は出演者として、また戦国ファンとしての視点でお祭りをレポさせていただきますね。
 (8676)

2017年の関ケ原合戦祭りのテーマは、島津義弘!
戦国一の猛将と名高い義弘は、関ケ原の戦いで「島津の退(の)き口」という、命がけの敵中突破をして自領・薩摩(鹿児島)に辿り着いたことでもよく知られます。

関ケ原合戦に参戦した武将の人気ランキングでも必ず上位にいますし、石田三成や大谷吉継に比べると男性人気が非常に高い「男が惚れる男」として慕われています。
武将パネル

武将パネル

関ケ原合戦祭りの歴代ポスターとなった、長野剛先生の武将パネルがズラリ!推し武将と並んで撮影したくなりますね。
赤ちゃんの撮影をしていたお母さまは、島津ファンだったのか小早川ファンだったのか気になるところです。
via 提供:小栗さくら

2回の島津義弘役!麿赤児さんトークショー!

提供:ユカリノ編集部 (8623)

via 提供:ユカリノ編集部
14日は、俳優・舞踏家の麿赤児(まろあかじ)さんと、仙厳園・学芸員の岩川拓夫さんをお招きして「戦国一の猛将・島津義弘を語る」をテーマにトークショーが開催されました。

麿さんは、現在公開中の映画「関ヶ原」、そして2000年の大河ドラマ「葵~徳川三代~」の両方で島津義弘役を演じていらっしゃいます。前日打ち合わせでお会いした時に、あまりのオーラに緊張が走りましたが、色んなお話をにこやかにお話してくださる優しいお方でした。

そして岩川さんは、義弘のふるさと鹿児島で、島津家別邸・仙厳園という島津家ゆかりの地で学芸員をされているお方!「歴史を正しく」伝えることを信念にされながらも、楽しく朗らかに語ってくださいます。

そんなお二人とのトークに、私・小栗さくらも聞き手として参加させていただきました。
撮影:ユカリノ編集部 (8680)

via 撮影:ユカリノ編集部
俳優・舞踏家の麿赤児(まろあかじ)さん

俳優・舞踏家の麿赤児(まろあかじ)さん

via 撮影:ユカリノ編集部
麿さんは意外にも、関ケ原の地を訪れるのは初めてとのこと。第一印象は思ったよりも「広い」と感じられたようです。トークショーの会場は、義弘らが撤退したルートのすぐ近くだと岩川さんがお話されると、感慨深げに頷いていらっしゃいました。

また、映画「関ヶ原」では、敵中突破がなかったことを「乗馬の訓練をしたのに馬に乗るシーンがなかった」とお話され、会場からは笑みがこぼれました。どうやら義弘の出番は最初の台本にはもう少しあったそうなのですが、色んなシーンをカットしても約2時間半の映画だったので、義弘のシーンも撮影前にカットされることになったそう。
「撮影後のカットなら、特典ディスクに収録される可能性もありましたね…!」と岩川さん。

原田監督は25年も映画「関ヶ原」をあたためてきたそうで、今回の作品では石田三成が主役となりましたが、島津義弘や小早川秀秋、島左近も主役にと考えていたことがあったそうです。
麿さんの義弘が主役の映画「関ヶ原」も見てみたかったですね…!
仙厳園・学芸員の岩川拓夫氏

仙厳園・学芸員の岩川拓夫氏

via 撮影:ユカリノ編集部
岩川さんは、義弘の人間形成に影響を与えた、祖父・日新公(じっしんこう)こと島津忠良のことを語ってくださいました。

忠良は島津家中興の祖といわれる人物。岩川さんは、麿さんが影響を受けた人物のお話からの流れで、義弘が影響を受けた祖父・忠良が作った「日新公いろは歌」について紹介してくださいました。

「いにしへの道を聞きても唱へても わが行にせずばかひなし 」

分かりやすくいうと、”昔の立派な教えを聞いても唱えても、自ら実行しなければ役に立たない”といった意味です。

これは義弘に影響を与えただけでなく、薩摩藩の「郷中教育」の基礎となったそうです。鹿児島では今でもカルタで子供たちが覚えるのだと、岩川さんが教えてくださいました!
私の地域も郷土カルタが熱心に行われていたのですが、子供の頃に覚えたものは大人になっても頭に残っているもの。鹿児島の人々は戦国の頃から「いろは歌」が教育の根底にあるのですね。

いろは歌の内容は現代でも頷けるものばかりですので、ぜひ皆さんも他の歌を調べてみてくださいね。
提供:小栗さくら (8625)

via 提供:小栗さくら
今回は麿さんと義弘の共通点を中心にお話していました。
そんな私たちに、麿さんは笑いながら「またそうやって義弘公と一緒にしたがる。立派な方には及ばないですよ」とご謙遜されておられましたが、お弟子さんとの関係も、とても素敵な距離感でした。
麿さんは、お弟子さんと「同じことを共に経験する」こと「共に遊ぶ」ことを心がけておられるそう。岩川さんはそこに義弘との共通点を見出されたようで、「義弘は朝鮮の役で家臣たちと一緒に焚火にあたった」という、家臣と同じことを経験した義弘のエピソードを紹介されていました。

同じ歴史上の人物を2回演じるということは「あまりないこと」だそうです。「原田監督は前にも義弘を演じてたの知らなかったんじゃないかな?」なんて笑っていらっしゃいましたが、お話すればするほど、麿さんが義弘と重なって見えてきたので、原田監督も義弘は麿さんしかいない!と思われていたのではないでしょうか。

そんな麿さんが演じてみたい歴史上の人物は「天海」!
凄みのある天海をぜひ見てみたいですね。

ちなみに、映画「関ヶ原」では、麿さんのお弟子さんたち(頭を剃っている方が多い)が僧侶役として何人か出ていらっしゃるそうですよ。今から映画を見る方は冒頭に注目してくださいね。
38 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スペシャルゲストに合戦絵巻…今年は島津一色!関ケ原合戦祭り2017レポート

スペシャルゲストに合戦絵巻…今年は島津一色!関ケ原合戦祭り2017レポート

全国の戦国ファン待望のイベント「関ケ原合戦祭り2017」が10月14日(土)・15日(日)の2日間にわたり岐阜県関ケ原町にて開催されました。今年は島津義弘がメインということで、映画『関ヶ原』の原田監督や麿赤児さんらスペシャルゲストも登場。雨にも負けず盛り上がった2日間をレポートします。
【 竹中半兵衛や関ヶ原合戦ゆかりの史跡も 】岐阜県垂井町「中山道垂井宿まつり」レポート

【 竹中半兵衛や関ヶ原合戦ゆかりの史跡も 】岐阜県垂井町「中山道垂井宿まつり」レポート

関ヶ原合戦や、竹中半兵衛のゆかりの地として知られる垂井町(岐阜県不破郡)。中山道の宿場であり、西美濃の交通の要衝でもあった垂井宿のにぎわいを再現しようと、毎年「中山道垂井宿まつり」が開催されています。姫君下向行列や賑わう垂井宿通りの模様を、歴史アーティスト「さくらゆき」として参加した小栗さくらさんがレポート!まだ訪れたことがない方も、来年参加したくなること間違いなし!?
今年もイベント満載!10/14・15は「関ケ原合戦祭り2017」に出陣せよ!

今年もイベント満載!10/14・15は「関ケ原合戦祭り2017」に出陣せよ!

戦国ファン、関ケ原ファンの一大事!「関ケ原合戦祭り2017」が「関ケ原合戦」の聖地・岐阜県不破郡で開催されます。今年の日程は10月14日(土)、15日(日)の2日間。島津義弘が主役の「関ケ原合戦絵巻2017」や、「鉄砲隊演武」「戦国グッズマーケット」「関ケ原戦国ライブ」といった名物をはじめ、注目イベントが目白押し。今回はその見どころをご紹介します!
岐阜県御嵩町で『可児才蔵まつり in 願興寺』が開催!関ヶ原の戦いで最も首を獲った「笹の才蔵」の魅力に迫る

岐阜県御嵩町で『可児才蔵まつり in 願興寺』が開催!関ヶ原の戦いで最も首を獲った「笹の才蔵」の魅力に迫る

岐阜県御嵩町(みたけちょう)で、2017年10月12日(木)~15日(日)の期間、関ヶ原の戦いで最も首を獲った男とされる「可児才蔵」の魅力に迫る『可児才蔵まつり in 願興寺』が開催。才蔵ゆかりの願興寺・才蔵寺の住職によるトークショーなど、戦国好きならぜひ聞きたいイベントも。
銅像も〝クソまじめ〟な石田三成とその仲間たち「ニッポン銅像探訪記 第9回:関ヶ原関連武将」

銅像も〝クソまじめ〟な石田三成とその仲間たち「ニッポン銅像探訪記 第9回:関ヶ原関連武将」

「9月15日は何の日?」と聞かれて答えられないあなたは、歴史好きとしてモグリです。そう、関ヶ原の戦いの決戦日ですね。今から417年前の旧暦の9月15日、美濃国(岐阜県)関ヶ原において戦国時代最大の合戦が勃発しました。毎年10月に「関ヶ原合戦祭り」が開催されるのは戦国ファンのよく知るところですが、今年は岡田准一主演の映画『関ヶ原』が公開されることもあり、にわかに盛り上がっています。今回は、石田三成を中心に関ヶ原参戦武将の銅像をたどってみましょう。
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(西軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(西軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。今回紹介する西軍コースは、義のために集い、貫き通した石田三成と、盟友である大谷吉継、島津義弘に宇喜多秀家と、特に人気の高い武将の陣跡が揃い踏み。歩けば彼らの信念が感じられること必至です。
島津魂炸裂!岐阜県に残る「島津の退き口」ゆかりの地

島津魂炸裂!岐阜県に残る「島津の退き口」ゆかりの地

関ヶ原の戦いの最中、史上稀に見る決死の脱出作戦が敢行されていました。それが、島津義弘率いる島津隊による「島津の退き口」です。ここでは多数の家臣と甥・豊久が討死しました。豊久は、近年漫画「ドリフターズ」の主人公としても注目されていますが、彼らの足跡を巡ってみることにしましょう。
【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
人気声優のアニメ化が話題!『おあむ物語』の聖地・大垣

人気声優のアニメ化が話題!『おあむ物語』の聖地・大垣

関ヶ原の戦いでの大垣城の様子や女性たちについて著された『おあむ物語』。これをベースに岐阜県大垣市がプロデュースしたアニメ『おあむ物語 その夏、わたしが知ったこと』が動画で公開されています。三森すずこさんら人気声優が参加していることでも注目を集めるアニメと、アニメにも登場する大垣の魅力をご紹介します。
「関ヶ原合戦」に新事実!?『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』が話題

「関ヶ原合戦」に新事実!?『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』が話題

誰もが知る天下分け目の戦い・関ヶ原合戦。実は、主戦場は関ヶ原ではなく、家康も三成もいなかった!?話題の書籍『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった 一次史料が伝える“通説を根底から覆す"真実とは』を、高橋陽介氏とともに上梓した乃至政彦が、本書のポイントをご紹介。一次史料から見直す「関ヶ原合戦」の真相とは?