【一身二生の男】伊能忠敬のすごさを知りたければ佐原へ行こう!
2017年6月9日 更新

【一身二生の男】伊能忠敬のすごさを知りたければ佐原へ行こう!

地球一周分を歩いた男・伊能忠敬。2018年は没後200年にあたり、今ふたたびその偉業と生き方が注目されています。驚くべき精度の日本地図を作り上げ「人間は夢を持ち前へ歩き続ける限り、余生はいらない」という言葉を残しました。言葉通り商人と測量家として余生のない人生を生きた伊能忠敬。彼が住んでいたのが水郷の町・佐原(千葉県香取市)です。伊能忠敬の日本地図作成に懸けた生涯と佐原のゆかりの地をご案内いたします。

こまきこまき

五十にして天命を知る!!家業再興から測量家へ

伊能忠敬銅像(香取市佐原公園)

伊能忠敬銅像(香取市佐原公園)

「一身二生(いっしんにしょう)」とは「一生に2つの人生を生きる」という意味で、福沢諭吉が自分自身について「文明論之概略」の中で述べた「恰(あたか)も一身にして二生を経るが如く一人にして両身あるが如し」を出典とする言葉。

伊能忠敬を描いた小説「四千万歩の男」(井上ひさし著、講談社)の第1章タイトル「一身にして二生を経る」が、まさに伊能忠敬の生涯をあらわしているということで忠敬を語る際によく用いられている言葉です。傾きかけていた伊能家を立て直し終えた忠敬が、息子に家督を譲り天文学者・高橋至時に師事したのは50歳の時でした。
伊能忠敬をモチーフに1995年に発行された切手

伊能忠敬をモチーフに1995年に発行された切手

伊能忠敬は延享2(1745)年、上総国山辺郡小関村(現・千葉県山武郡九十九里町)に生まれ、17歳の時に佐原の伊能家へ婿養子に入りました。忠敬が婿に入った頃の伊能家は、家業の醸造業が衰え経営困難な状況でした。婿に入った忠敬は商才を発揮し見事に家業を再興させます。

やがて忠敬は村内の揉め事を解決したりするうちに村民の信を得るようになり、天明元(1781)年に36歳で名主となりました。その翌年、名主よりさらに上の村方後見となった忠敬は天明の大飢饉の際には私財によって村民を困苦から救うなど村のために力を尽くしたのです。

隠居後、50歳を過ぎてから暦学を学ぶ

 (4328)

忠敬の隠居願いが受理されたのは寛政6(1794)年のことでした。50歳になっていた忠敬は家督を長男・景敬へ譲り、一路江戸へと向かいました。それまで独学で勉強していた暦学を本格的に学びたいと考えていたのです。江戸に着いた忠敬は天文学者の高橋至時に弟子入りします。

高橋至時は忠敬の19歳年下でしたが、師として敬い教えを受けました。隠居を前にして長男・景敬に残した家訓の中には「身の上の人ハ勿論身下の人にても教訓異見あらは急度相用堅く守るべし」という文言があります。息子へ託した家訓を自分自身も実践していたのですね。
大日本沿海輿地全図

大日本沿海輿地全図

「伊能図」とも。文政4(1821)完成。
新しい暦を作っていた高橋至時と忠敬らは、精度の高い暦を作るには地球の外周を知らねばならないと考えました。そのためにはできるだけ距離の離れた2つの地点の観測が必要です。師の至時は地図を作ると幕府へ申告し蝦夷地へ行く許しを得ます。当時、蝦夷地へ行くには幕府の許可が必要だったのです。

測量隊は全部で9名。リーダーは忠敬です。寛政12(1800)年、56歳の忠敬の測量の旅が始まりました。一定の歩幅で歩き、数人分の平均をとりながら測量の旅は続きます。蝦夷地までを測量した一行が江戸へ帰ったのは180日後でした。現在のお金にすると1千万円を越える旅の費用は、なんと忠敬の自腹だったそうです!
蝦夷地から戻った翌年、今度は伊豆から太平洋側の測量へ旅立ちます。この旅は230日間かかりました。続いて東北の日本海側と東海・北陸の測量を行い東日本の地図を完成させました。享和3(1803)年のことです。

そして文化2(1805)年、西日本の測量に取りかかります。測量は幕命となり、はじめ9名だった測量隊はこの頃には100名近くになっていました。忠敬はこの時61歳です。途中、忠敬はマラリアに罹患したりして苦労し、歯はほとんど抜け落ちてしまっていたといいます。屋久島の測量の前には息子へ遺言めいた書状を送ったりもしました。
『大日本沿海輿地全図』第90図 武蔵・下総・相模

『大日本沿海輿地全図』第90図 武蔵・下総・相模

via (国立国会図書館デジタルコレクションより)
測量隊が五島列島から江戸へ帰ったのは文化11(1814)年。忠敬は70歳になっていました。翌年、江戸府内地図のための測量を行い、これが忠敬の最後の仕事となります。忠敬は約17年間の測量の旅の間、毎日日記を記していました。その記録から忠敬が測量で歩いた距離が4万kmに及ぶことがわかります。地球の外周とほぼ同じ距離です。

測量で得たデータから作られた地図を修正しつなぎ合わせる作業が行われていた文政元(1818)年に忠敬は73歳でこの世を去りました。完成した日本地図は驚異的な精度のものでした。

忠敬ゆかりの地、美しき水の郷・佐原をめぐる

小野川と佐原の町並み

小野川と佐原の町並み

via 撮影:こまき
43 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

こまき

こまき

歴史ライター。ワイルドサイドを歩くことを信条とする。『時の娘』をはじめとした歴史ミステリーに目がなく、読む→書く→読む→書くの無限ループのうちに日々を過ごす安楽椅子ライター。昼夜を分かたずラジオを流しているラジオ狂でもある。『姓氏家系歴史伝説大事典』『江戸東京魔界紀行』(共に勉誠出版)『社寺縁起伝説辞典』『横溝正史研究』(共に戎光祥出版)等々へ記事執筆多数。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

のんびり過ごす年末年始もいいですが、せっかくのお休みですし、どこかに出かけてみませんか?今回は、年末年始でも間に合う!穴場的な偉人ゆかりの地や、おすすめスポットを紹介します。2018年に周年を迎える平清盛や伊能忠敬、特別番組で話題の「風雲児たち」ゆかりの地もこの時期ならねらい目ですよ。
【「水戸黄門」でおなじみ】実は諸国漫遊していない!?史実の水戸光圀

【「水戸黄門」でおなじみ】実は諸国漫遊していない!?史実の水戸光圀

超ロングラン時代劇「水戸黄門」でおなじみ、黄門様こと徳川光圀。黄門様といえば、助さん角さんを従えて、諸国漫遊し、印籠を見せては悪人を成敗する姿が浮かびますが、本当は諸国漫遊していなかった!?今もなお、茨城県で愛される徳川光圀の実像と、水戸での見どころを徹底紹介します。
【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

徳川家康を支えた四天王のひとり・本多忠勝。生涯、57回もの戦に出陣しながらも、かすり傷ひとつ追わなかったという伝説を持ち、その強さは、敵味方問わず賞讃と尊敬の的となった猛将です。名槍・蜻蛉切を携え、戦場を駆け巡った忠勝のゆかりの地を、彼の生涯と戦歴とともにご紹介していきたいと思います。
あの歴史上の偉人も!松坂屋の歴史がわかる企画展が松坂屋名古屋店で開催

あの歴史上の偉人も!松坂屋の歴史がわかる企画展が松坂屋名古屋店で開催

「上野フロンティアタワー」として新たに生まれ変わった松坂屋上野店。その安永元年(1772年)の様子が描かれた浮世絵『安永元年 上野店店内見取り図』を読み解く企画展が、平成29年11月25日(土)~平成30年2月20日(火)松坂屋名古屋店にて開催されます。皆さんもご存知の松坂屋ですが、実はあの有名な歴史上の人物たちも意外なゆかりがあるのをご存じでしょうか。
【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

怨霊伝説で有名な平将門。実は日本史上に大きな業績を残しています。平安時代に武士団の脅威を朝廷に知らしめて貴族の社会から武士の社会へと移行するきっかけを作り、戦国時代には当たり前の騎馬戦の始まりも将門軍だったといいます。また怨霊のイメージとはうらはらに、とても優しい人物だったようです。将門の業績と怨霊化の要因となった「平将門の乱」と、加護のパワーを持つとされる将門ゆかりの地をご案内いたしましょう。