光秀 VS 秀吉!天下分け目の戦い「山崎合戦」の舞台・天王山でAR歴史体験
2017年6月13日 更新

光秀 VS 秀吉!天下分け目の戦い「山崎合戦」の舞台・天王山でAR歴史体験

天下分け目の戦いといえば、関ヶ原の戦い…と思う方が多いのでは?しかし、天下分け目の戦いを指す「天王山」、スポーツなどでもよく耳にしますが、実はこれ、山崎の戦いから来ているんです。山崎の戦いと言えば、悲劇の武将にして謀反人と呼ばれる明智光秀が羽柴秀吉に討たれた戦い。今回は、そんな山崎の戦いと明智光秀ゆかりの地についてご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

山崎の戦いとは

「織田信長の重臣として非常に有能だった明智光秀」

「織田信長の重臣として非常に有能だった明智光秀」

天正10(1582)年6月2日、明智光秀は織田信長が投宿する本能寺を襲撃します(本能寺の変)。これは当時、誰もが信じられない大事件でした。

一方、この一報を聞いた中国攻めの最中だった羽柴秀吉は、すぐさま兵を取って返し京都へ戻ってきます。この間、わずか10日。電光石火のこの強行軍は「中国大返し」と呼ばれています。

光秀は京都と近江を掌握すると、天下を手にするべく、周辺の有力大名に加勢を呼び掛けます。ところが、友人の細川藤孝や義理の息子・忠興らまでもが中立と称して加勢を拒否、光秀に味方する大名はほとんどいなかったのです。
その間に秀吉は軍勢を整え、光秀の兵の2~3倍(2万とも4万とも)を率いて迫ってきました。

6月13日、両軍は京都・山崎(京都府大山崎町)の天王山の麓にある円明寺川(現・小泉川)を挟んで対峙、山崎の戦いの火蓋が切って落とされます。

しかしあっさりと決着はつき、秀吉の勝利で終わったのです。光秀は落ち武者狩りに遭ったとも、自害したとも言われていますが、その最期は惨めなものでした。わずか10日余りの光秀の天下は、三日天下と呼ばれています。

この後、秀吉は着々と天下人への階段を登って行くことになるのでした。

合戦の舞台!天下分け目の天王山(京都府大山崎町)

天王山からの山崎合戦地

天王山からの山崎合戦地

標高270mの天王山は、山崎の戦いの舞台となった場所です。「天下分け目の天王山」の由来となりました。

ハイキングコースを歩けば約1時間で山頂に行けます。
中腹にある旗立松展望台は、秀吉が士気高揚のために自身の千成瓢箪の旗印を掲げた場所といわれています。傍には山崎合戦之地碑もありますが、実際の古戦場はこの展望台から見える麓のあたりだそう。

天下分け目の戦いといわれるということは、光秀の力も秀吉に匹敵すると考えられていたのではないでしょうか。出自は不詳ながらも、自分の力で信長の重臣にまでのし上がったのですから。
 (4923)

光秀の本陣があった?恵解山古墳(京都府長岡京市)

光秀の本陣は「御坊塚」という所におかれたと記録があり、今まではそれが大山崎町の境野1号墳という墳墓だとされていました。しかし近年では、隣接する長岡京市にある恵解山古墳なのではという説が有力です。火縄銃の鉄砲玉や曲輪と堀の跡があり、墳墓がそれによって損傷していたためです。光秀が砦をつくるために古墳を平らに成形したのではと考えられています。

恵解山古墳は平成26(2014)年に公園となっています。5世紀前半に造られたと思われる墳墓を見学しつつ、光秀の決死の布陣に思いを馳せるのもいいですね。

勝竜寺城公園(京都府長岡京市)

「細川藤孝・忠興の居城でもあった勝竜寺城(現在は勝竜寺...

「細川藤孝・忠興の居城でもあった勝竜寺城(現在は勝竜寺城公園)」

細川氏の城だった勝竜寺城は、本能寺の変後に光秀の属城となりました。細川忠興と、光秀の娘・ガラシャ(珠)が新婚生活を送った城でもあります。
山崎の戦いに敗れた後、光秀はここに帰城しますが、秀吉の追撃を受け、城の北門から脱出したといわれています。そして本拠地・坂本城に帰る途中に落命したのです。

秀吉の本陣があった宝積寺(京都府大山崎町)

「宝積寺の開祖は行基、聖武天皇の頃とされる」

「宝積寺の開祖は行基、聖武天皇の頃とされる」

22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

実は桔梗紋じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

実は桔梗紋じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は明智光秀の桔梗紋です。前半生が謎に包まれた光秀ですが、そもそも桔梗紋じゃなかった?さらに産湯が4カ所もあるなど、光秀の謎と桔梗紋のルーツに迫ります。
明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀の娘である玉こと細川ガラシャは、父に負けず劣らずの壮絶な人生を歩みました。父の謀反により、幸せな結婚生活から一転。幽閉生活まで経験した彼女の人生とゆかりの地、さらに8/4から熊本県立美術館で開催される展覧会「細川ガラシャ」の見どころをいち早くご紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は京都で豊臣秀吉のお墓参りをしてみたよ。阿弥陀ヶ峰の頂上にある秀吉のお墓。こんなに有名な人物なのに、意外と行った人は少ないんじゃないかな?大変だけど、豊国神社とあわせてお参りしてみてね。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第四忍「秀吉ゆかりの地・豊国神社」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第四忍「秀吉ゆかりの地・豊国神社」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は京都で豊臣秀吉ゆかりの地に忍んでみたよ。秀吉を祀る京都・豊国神社や、大坂冬の陣のきっかけになったといわれる方広寺の梵鐘は注目だよ。京博の近くなので、この秋話題の刀剣展とあわせて行ってみてね。
『麒麟がくる』までに行きたい!福知山城、御霊神社…明智光秀ゆかりの地・京都府福知山市

『麒麟がくる』までに行きたい!福知山城、御霊神社…明智光秀ゆかりの地・京都府福知山市

織田信長の命で丹波を平定し、近江と合わせて34万石の大名となった明智光秀。福知山城を居城とし、善政を布いた光秀は領民にも愛されました。その痕跡は、現在もたどることができます。光秀が主人公の大河ドラマ『麒麟がくる』でさらに注目度アップ、ゆかりの地の中でも光秀への愛にあふれる京都府福知山市をご紹介します。
『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。滋賀県大津市には、彼が築城した坂本城や光秀一族の墓がある西教寺など、光秀ゆかりの地がいたるところにあります。ドラマのロケ地になるかもしれない?光秀ゆかりの史跡をひと足お先にチェックしませんか?
『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

浪人時代の明智光秀を支えた糟糠の妻・熙子(ひろこ)。光秀もそんな彼女を愛し、生涯側室を置かなかったともいわれています。2020年大河ドラマ『麒麟がくる』での描かれ方も気になる、2人の愛情深い逸話とゆかりの地をご紹介します。
越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

室町時代から5代、約100年にわたって越前(福井県)を中心に栄華をきわめた朝倉氏。その城下町である一乗谷のにぎわいは、京のように華やかだったそうです。一時期は明智光秀も仕えたものの、織田信長に滅ぼされてしまった朝倉義景と、朝倉氏の繁栄と文化レベルの高さを偲ばせる一乗谷朝倉氏遺跡についてご紹介します。
豊臣秀頼奉納の鳥居も現存、大坂城の鎮守神だった玉造稲荷神社

豊臣秀頼奉納の鳥居も現存、大坂城の鎮守神だった玉造稲荷神社

天下人・豊臣秀吉の後継者として知られる豊臣秀頼。2016年の大河ドラマ『真田丸』で中川大志さんが演じ、話題になりました。近年の研究によると、文武両道に長けた非常に有能な人物だったといわれています。今回は秀頼の生涯を追いながら、ゆかりの深い玉造稲荷神社についてご紹介します。