2017年は政宗公生誕450年!伊達武将隊がおすすめする仙台の見どころ
2017年5月17日 更新

2017年は政宗公生誕450年!伊達武将隊がおすすめする仙台の見どころ

宮城県仙台市といえば、ご存じ伊達家ゆかりの地。特に今年は伊達政宗公生誕450年、関連イベントもたくさん開催され盛り上がりを見せています。そこで今回は、仙台城を拠点に活動する「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」の皆さんに、地元・仙台の楽しみ方をそれぞれご紹介いただきました!

奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊

伊達三傑・武の武将 伊達成実おすすめ「仙台城グルメ」に舌鼓!

 (4132)

政宗様の従兄弟にして亘理伊達家初代当主・伊達成実である!わしが紹介致すは、仙台城にて味わえる美味しいグルメについてじゃ!

仙台城や伊達政宗公について学ぶことのできる青葉城資料展示館や、土産物が豊富に揃う青葉城下名店館と並び、青葉城本丸会館にある飲食店の数々。面白いことに、これらは政宗公や仙台に縁のある名前が使われておる。

軽食喫茶「愛姫」ではずんだたい焼きや牛タン饅頭、パーラー「アオバ」ではずんだアイス。そば処「貞山庵」の蕎麦やうどんに、甘味喫茶「萩」のずんだ餅。串焼き処「虎哉」では牛タン串焼きや玉蒟蒻、さらに日本料理「仙臺」では我ら伊達武将隊の名がついた伊達武将隊御膳というように、仙台を代表する名物が勢揃いである。

また、その季節に合わせた期間限定のグルメもある故、何度訪れても新たな楽しみがあるわけじゃ。
仙台城へ登城せし際は、ここでこそ味わえるグルメを堪能致せ!

伊達三傑・智の武将 片倉小十郎景綱おすすめの「仙台朝市」で宝探し!

 (4135)

政宗様の傅役を務め伊達家参謀と呼ばれし、片倉小十郎景綱である!
お主は仙台・宮城の「旬の食」を知りたいか?なれば、仙台駅すぐ近くの【仙台朝市】へ参られよ!

仙台朝市は「仙台の台所」と称されるほど多くの食材が溢れており、仙台朝市にはいつでも旬の食が御座る。野菜、果物、精肉、鮮魚、惣菜、生花等…70店余りの店に魅了されること間違い無し!

朝市と申せども、大半の店が夕方6時頃まで営業しておるのも仙台朝市の魅力!
お主!良いか!
仙台・宮城を観光致した後は仙台朝市へ赴き、まるで宝探しをするかの如く、仙台・宮城の旬の食を探し、己の舌で堪能されよ!

【仙台朝市 HP】
http://www.sendaiasaichi.com/
伊達武将隊も御用達?

伊達三傑・吏の武将 茂庭綱元がおすすめ!仙台市内で唯一の国宝建造物「大崎八幡宮」

 (4138)

代々伊達家に仕え、政宗様が仙台城を築いた後は留守居役を務めた、茂庭綱元と申す。

儂が紹介致すのは大崎八幡宮じゃ。大崎八幡宮は1604~07年にかけて政宗様が建立した神社で、その御利益は「開運・勝運」と「安産・子授け」。そのため、仙台のプロスポーツチーム等が戦勝祈願に訪れるありがたい神社なんじゃ。

社殿の内外には極彩色で彩られた彫刻がふんだんに施され、随所にきらびやかな飾り金具が取り付けられておるが、柱などは総黒漆塗りじゃ。絢爛豪華さの中にも落ち着いた風格を持たせておるぞ。

さらに、現存する最古の権現造りでもある大崎八幡宮は、昭和27年に建造物としては仙台で唯一の国宝に指定されておるのじゃ。

参道の青々とした木々から降り注ぐ木漏れ日もまた、気持ちの良いものじゃ。仙台に訪れた際は是非立ち寄られよ。

慶長遣欧使節・支倉常長がおすすめ!「仙台市博物館」で政宗公所用のあの具足を見よう!

 (4141)

慶長遣欧使節として政宗様の夢を抱きヨーロッパへと赴いた、支倉常長にござる。

拙者がお薦めいたすのは、仙台市博物館。
かつての仙台城三の丸の地に建ち、伊達家ゆかりの品など約9万点を所蔵いたしておる。特に見ていただきたいのは、なんといっても政宗様所用の「黒漆五枚胴具足」じゃ。漆黒のよろいに金の前立てが光る。伊達者の格好よさに見とれること間違いなしじゃ。

それから、慶長遣欧使節関係資料も見逃すでないぞ。拙者が海外より持ち帰りし品々は、全て国宝に指定されておる。特に拙者の肖像画やローマ市公民権証書はユネスコ記憶遺産に登録されておる。
政宗様の夢と拙者の旅に思いを馳せて下され。

※「黒漆五枚胴具足」をはじめ、展示資料には期間限定の場合がございます。詳しくは仙台市博物館HP等でご確認ください。
https://www.city.sendai.jp/museum/index.html

今年は政宗公の特別展も

39 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊

奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊

仙台藩初代藩主・伊達政宗公とその家臣たちを中心に仙台・宮城・東北の魅力を伝える為、仙台城を拠点として日々おもてなしに励んでいる。 公式サイト:https://datebusyou.jp/ 公式ブログ:http://ameblo.jp/datebusyoutai/ Twitter、Facebook、instagramも毎日更新中! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

郷土愛のシンボル! 桜の季節にみちのくの名城&英雄像めぐり「ニッポン銅像探訪記 第5回:東北の名城」

郷土愛のシンボル! 桜の季節にみちのくの名城&英雄像めぐり「ニッポン銅像探訪記 第5回:東北の名城」

前回は江戸城(皇居)周辺の銅像を紹介しましたが、お城に銅像という組み合わせは、日本人の深層倫理に訴える原風景のようです。例えるなら、田園の中にたたずむ水車、または古い神社にそびえる一本杉のような景色なのです。今回から不定期で、各地域の名城とそこに立つ銅像を訪ねる「名城と英雄像」シリーズがスタート。第1弾は東北をご案内。せっかく桜の季節なので、北上する桜前線とともに、北へ向かって城と銅像をめぐっていきましょう。
【2017年6月開催】城好き注目&あの武将ゆかりの祭りも!歴史関連イベント5選

【2017年6月開催】城好き注目&あの武将ゆかりの祭りも!歴史関連イベント5選

2017年6月に開催される歴史好きにおすすめの歴史イベント情報をまとめてご紹介します。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【大阪城編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【大阪城編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月8日、豊臣秀頼と淀殿が自刃し終結します。歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫る本連載。第3弾は「大阪城」編です。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月7日は天王寺・岡山の戦いの日にあたります。歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫る本連載。第2弾は「天王寺・幸村終焉の地」編です。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【「真田丸」編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【「真田丸」編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月6日は道明寺・誉田の戦い、八尾・若江の戦いの日にあたります。この連載では歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫ります。第1弾は「真田丸」があったとされるゆかりの地です。
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook