長光、景光など貴重な刀剣集結!備前長船刀剣博物館の特別展「古今東西刀匠・職方列伝パートⅡ」
2018年6月21日 更新

長光、景光など貴重な刀剣集結!備前長船刀剣博物館の特別展「古今東西刀匠・職方列伝パートⅡ」

2018年に開館35周年を迎える岡山県瀬戸内市の備前長船刀剣博物館。その記念として6月29日(金)~9月2日(日)、特別展「古今東西刀匠・職方列伝パートⅡ」が開催されます。「友成」をはじめとした「長光」「景光」などの備前刀や、来派の「国俊」、広島県重要文化財に指定された「助国」など、貴重な刀剣が県内外から集結。刀剣ファンは必見です!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

貴重な日本刀が集結!特別展「古今東西刀匠・職方列伝パートⅡ」

備前長船刀剣博物館 (21560)

via 備前長船刀剣博物館
今回の特別展では、古今東西の名工が作った貴重な日本刀41口や付属する刀装、現代の職人が制作した刀装具などが展示されます。その展示リストを一部だけご紹介しましょう。
「太刀 銘 助国」(広島県重要文化財)個人蔵
「刀 無銘 (伝 利恒)」 備前長船刀剣博物館蔵
「太刀 銘 備州長船恒弘」 備前長船刀剣博物館蔵
「太刀 銘 備州長船盛光
応永十二年十月日」 個人蔵(備前長船刀剣博物館寄託)
「脇指 無銘 (伝 景光)」 個人蔵(備前長船刀剣博物館寄託)
「刀 無銘 兼長」 個人蔵
via 備前長船刀剣博物館
他にも多数の刀剣が展示予定ですが、今回一足先に同館が所蔵するおすすめの刀剣と、その見どころを教えていただきました。
太刀 銘 備州長船恒弘

太刀 銘 備州長船恒弘

via 提供:備前長船刀剣博物館
南北朝時代末期に活躍した小反り物の刀工、恒弘の作です。
映りの立つ地鉄や小振りの銘字など、小反り物の特徴をうかがえる作品となっています。
刀 無銘 (伝 利恒)

刀 無銘 (伝 利恒)

via 提供:備前長船刀剣博物館
大磨上げ無銘ですが、その地刃の出来や造り込みから、古備前の利恒と伝えられている作品です。
写真ではわかりづらいですが、刃文は直刃調に小互の目・小丁子等が交じり、足や葉・砂流し・金筋が入るなど、よくはたらき、見応えのある作品です。

刀剣を楽しむ関連イベントも実施

また特別展の会期中は公開古式鍛錬や小刀製作講座、日本刀の手入れ講習会、銘切教室といった関連イベントも多数開催。それぞれの開催スケジュールはHPをご確認ください。
特別展を通じ、匠の技や気概を感じてみませんか?

備前長船刀剣博物館 特別展「古今東西刀匠・職方列伝パートⅡ」

 (21554)

開催期間:平成30年6月29日(金)~9月2日(日)
(毎週月曜日定休、月曜が祝日の場合は翌日が休館日。但し、8月13日(月)は開館)
開催時間:9時~17時(入場は16時30分まで)

<関連イベント>
・公開古式鍛…7月8日(日)、8月12日(日)1回目:11時~12時/2回目:14時~15時

・小刀製作講座…受講料/材料費:12,000円
7月7日(土)、7月21日(土)、8月4日(土)、8月18日(土)、9月1日(土)
10時~16時 ※要予約(定員16名)

・銘切教室…8月11日(土)9時~16時
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

行楽の秋、武将祭りやお城まつりなど、歴史系のお祭りが全国で開催されます。郷土の誇りと讃えられた有名武将の活躍を再現したものや、戦国時代さながらの甲冑姿でのパレード、迫力ある火縄銃演武、有名な合戦を再現したものなど、歴史好きなら胸が熱くなるイベントばかり。お祭りに参加して、あなたの憧れの武将達に会いにいってみませんか?
戦国に生きた細川ガラシャ、父・明智光秀の実像に迫る「細川ガラシャ展」

戦国に生きた細川ガラシャ、父・明智光秀の実像に迫る「細川ガラシャ展」

細川家ゆかりの名品が展示されている永青文庫展示室。その開設10周年を記念し、熊本県立美術館で好評開催中の特別展「細川ガラシャ」。なぜガラシャは今も人々を惹きつけてやまないのか?戦国の乱世を生きた彼女の実像に迫る本展には、父・明智光秀に関する新史料や「本能寺の変」関連文書、夫・細川忠興の愛刀「歌仙兼定」など話題の品が勢ぞろい。注目の特別展の模様をレポートします。
京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

6月27日は、備前岡山藩初代藩主にして江戸初期の三名君のひとりに数えられた池田光政の命日です。実はこの日、ちらし寿司の日になっているのをご存知でしたか?名君として知られた光政の政治から生まれたばら寿司誕生秘話こそ、この由縁なのです。その池田光政とはどんな人物なのか、ばら寿司との関係についてご紹介しましょう。
戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

6月2日(土)より愛知県の岡崎市美術博物館で開催される「名刀は語るー美しき鑑賞の歴史ー」。静岡県三島市の佐野美術館の収蔵品より、国宝・重文含む約100件の名刀、刀装具が揃います。目玉は何と言っても本多忠勝愛用の名槍「大笹穂槍 銘 藤原正真作(号 蜻蛉切)」の展示。戦国&刀剣ファンは必見です!
刀のせいで眼病に?丹羽長秀と妖刀「あざ丸」

刀のせいで眼病に?丹羽長秀と妖刀「あざ丸」

織田信長からも「ズッ友」認定された、地味ながらも織田陣営で確固たる存在感を発揮した武将・丹羽長秀。しかし妖刀「あざ丸」を所有したことによりあることに悩まされたとか・・・のちに熱田神宮に奉納された「あざ丸」とは、どんな刀だったのか?その由来とともにご紹介します。
真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬など、討死や暗殺によって最期を遂げた有名人を討ち取った「実行犯」に迫る書籍『あの方を斬ったの…それがしです-日本史の実行犯-』が3月19日(月)に発売!討ち取られた人物に比べるとマイナーな彼らは、どんな人物だったのでしょうか?本書の著者で歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんに、書籍の中からとくにおすすめの3人をご紹介いただきました。
刀剣女子必見!新しくなった刀剣博物館の魅力と「現代刀職展」の見方

刀剣女子必見!新しくなった刀剣博物館の魅力と「現代刀職展」の見方

国宝・重要文化財の刀剣を所蔵し、その保存と研究に励む「刀剣博物館」が墨田区両国に移転、2018年1月にオープンしました。新しくなった刀剣博物館の魅力と現在開催中の企画展「現代刀職展」の見どころを、「歴☆女子会」主宰で、刀剣にも詳しい磯部深雪さんがたっぷりご紹介します。
戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第9回】

戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第9回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第9回は大鳥圭介ゆかりの地です。新選組の土方歳三が戦死したことで知られる函館戦争。そのとき旧幕府軍・総裁だったのが榎本武揚、陸軍奉行だったのが大鳥圭介でした。「全身これ肝」といわれ、幕臣となって戊辰戦争を戦い抜いた大鳥の生涯とゆかりの地をご紹介します。
【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

春といえば桜。かっこいい天守をもつ城と美しい桜という、日本ならではの最強コンビが楽しめる季節がやってきます。桜の名所としても名高い城を開花が早いと予想される地域から順にご紹介。祭りやライトアップなどイベントも盛りだくさん。ひと足お先に春を感じて見ませんか?