織田信長ゆかりの地、安土で甦る!?幻の名城・安土城
2017年6月7日 更新

織田信長ゆかりの地、安土で甦る!?幻の名城・安土城

織田信長が築き、初めて本格的な天守(天主)閣を持った城とされる安土城。ルイス・フロイスらの記録によると、その豪華絢爛な城はまさに信長の「天下布武」の象徴だったといわれています。しかし本能寺の変の後に焼失してしまい、天主は1579年(天正7年)の完成からたった3年ほどで無くなってしまいました。現在でも「幻の城」として様々な方法で復元が試みられている安土城、その関連スポットをご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%9C%9F%E5%9F%8E (4747)

via https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%9C%9F%E5%9F%8E
安土城は、現在の滋賀県近江八幡市安土町にあったとされる山城です。現在は石垣など一部の遺構のみが残っており、城址は国の特別史跡に指定されています。

郭は当時、琵琶湖に接しており、水運も利用できるため利便性がありました。そのうえ、北陸街道から京への要衝に位置していたため、越前や加賀の一向一揆、あるいは上杉謙信へ警戒していたのではともみられています。
安土城大手道

安土城大手道

安土城は近世城郭の礎ともいわれ、戦うための城というよりは、その権威を示すことが目的だったようです。
地下1階地上6階建て、天主の高さは約32m(諸説あり)、狩野氷徳の襖絵や異国文化の調度で飾られるなど独創的かつ絢爛豪華だったと伝わっています。
天主には信長が起居しており、家族や家臣も付近に居住していたとみられています。
山の中腹には秀吉や前田利家ら家臣団の屋敷跡も残っていますし、二の丸跡には、豊臣秀吉が建立した織田信長廟が残っていますよ。

しかし1579年(天正7年)に完成した天主(天守)は、1582年(天正10年)に起きた本能寺の変の後、たった3年ほどで焼失してしまいます。焼失の原因も諸説あり、それが余計に「幻の城」として人々の探求心をくすぐるのかもしれませんね。

城跡での天主復元は、建築基準法や復元案の解釈により難しい状況だとのことですが、当時城を観覧したといわれるルイス・フロイスの記録から、様々な手法でその姿を現代に復元しようと試みられています。

20分の1スケールの模型で復元!安土城郭資料館

安土駅にほど近い安土城郭資料館

安土駅にほど近い安土城郭資料館

via 撮影:ユカリノ編集部
安土城郭資料館では、信長が築城した安土城を20分の1の大きさで再現した模型が展示されています。また陶板壁画や、信長関連資料が集まった安土文庫などのコーナーがあります。駅に近いので、まずこちらで事前情報を学んでから、城跡に向かうのもいいですね。
断面図でわかりやすい!安土城の構造

断面図でわかりやすい!安土城の構造

via 撮影:ユカリノ編集部
手前に描かれているのが安土城

手前に描かれているのが安土城

via 撮影:ユカリノ編集部
他にも信長・安土城グッズが販売されていたり、併設の喫茶スペースでは、宣教師が信長に献上したといわれるコーヒーも飲めます。ちなみに安土城と観音寺城の100名城スタンプもこちらで押すことができますよ。
アイスに織田木瓜

アイスに織田木瓜

via 撮影:ユカリノ編集部

VRで蘇る!安土城天主信長の館

安土城天主信長の館

安土城天主信長の館

via 撮影:ユカリノ編集部
32 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

歴史好きなら一度は大好きなお城の近くに住みたい、なんて夢見たことはありませんか?古くから政治、経済、そして文化の中心地として栄えてきた大阪市。そのシンボル・大阪城がある中央区は、大阪の政治の中心地として栄えてきました。大阪城まで徒歩圏内、若者にも人気の街・中央区の魅力をご紹介します[PR]
【信長が認めた武将であり、茶々・初・江の父】浅井長政ゆかりの地と小谷城

【信長が認めた武将であり、茶々・初・江の父】浅井長政ゆかりの地と小谷城

北近江の戦国大名・浅井長政。織田信長の妹・お市の方を妻にもち、大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」の茶々・初・江三姉妹の父としても有名です。信長との戦いに敗れ、1573年(天正元)9月26日、29歳という若さで自害するも、信長は長政の武勇を認めていたと言われています。今回は浅井氏の居城となった戦国屈指の山城、小谷城を中心とした浅井長政ゆかりの地を紹介します。
【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

慶長5年(1600)の今日、9月21日は、関ヶ原合戦で敗北した石田三成が捕らえられた日。その三成を捕らえたのが三成と同じ近江出身の田中吉政です。吉政は秀吉に注目されると、秀次の筆頭家老に抜擢。近江八幡や岡崎、柳川の城や城下町を整備し、その遺構は現代にも活かされています。意外と知られていない?吉政の功績とゆかりの地をご紹介します。
武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城

武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城

加藤なら清正、というイメージが強いかと思いますが、忘れてはいけないのが加藤嘉明です。豊臣秀吉子飼いの武将として「賤ヶ岳の七本槍」に数えられ、また淡路水軍を率いて海戦でも活躍するなど、その武勇はかなりのものでした。寛永8年(1631)9月12日に亡くなった加藤嘉明の彼の人生と、松山城をはじめとするゆかりの地をご紹介します。
【天下統一は岐阜から始まった!】命名450年、織田信長と岐阜城の歴史

【天下統一は岐阜から始まった!】命名450年、織田信長と岐阜城の歴史

永禄 10年(1567)8月15日。今から450年前の今日、織田信長は美濃を攻略。本拠地を移し、町の名を「岐阜」に改めました。信長は岐阜城を拠点に天下統一に乗り出し、その決意を示すように、中国の教えから引用した「天下布武」の印を使い始めたと伝えられます。今日は岐阜命名の日にちなみ、信長と岐阜城の歴史をひも解いていきましょう。
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook