【締切間近!】神奈川県横浜市・小机城を歩こう!女子限定城めぐりイベント開催
2018年5月11日 更新

【締切間近!】神奈川県横浜市・小机城を歩こう!女子限定城めぐりイベント開催

城好きはもちろん、歴史ファンも注目の「戦国の城」。ユカリノでは「城の歩き方がわからない」という初心者の方のために、首都圏にありながら戦国の城の醍醐味が味わえる小机城(神奈川県横浜市)で5月19日(土)女子限定の城歩きイベントを開催。お一人様&初心者大歓迎!城歩きのプロとともに、土の城を歩いてみませんか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

戦国にタイムトリップ!小机城(神奈川県横浜市)

小机城の巨大な空堀

小机城の巨大な空堀

戦国初期に築かれた小机城。「長尾景春の乱」のときに築かれ、太田道灌によって攻め落とされました。のちに関東に勢力を伸ばした北条氏の城となり、前線基地として戦国時代の終わりまで使用されます。
城の見どころは、何といってもボリューム満点の「空堀」。土の城を歩くのは初めてという人でも、城の遺構がどんなものか実感できるはず!

小机城のポイント1:駅近&整備されて歩きやすい!

土の城というと、山深い場所にあるイメージをもたれる方もいらっしゃると思いますが、とくに首都圏には公共機関でいける城がたくさんあります。とくに小机城はJR小机駅より徒歩約10分という、立地のよさも魅力です。
また小机城は、公園になっていて歩きやすいので、普通のスニーカーでも気軽に楽しむことができます。

小机城のポイント2:土の城の醍醐味が味わえる

整備されているからといって、しっかり遺構も残っているのが小机城のすごいところ。入ってすぐにある巨大な空堀から、西ノ曲輪、東ノ曲輪を中心に主要部の遺構を楽しむことができます。

小机城のポイント3:SNS映えする!?撮影スポットも盛りだくさん

いなもとかおり (16967)

via いなもとかおり
天守も石垣もない土の城でも、SNS映えする撮影スポットは意外にあるんです!

【 狙えSNS映え!土の城 de 撮影会 】
(1)小机城を探索しながら、お手持ちのデジカメやスマホでとっておきの写真を撮影。
(2)TwitterやFacebookなどSNSアカウントをお持ちの方は、イベント用ハッシュタグをつけて撮った写真をシェアしましょう。SNSアカウントがない方も、撮った写真を見せあいっこして楽しみましょう。
(3)城歩き後、ユカリノのTwitter公式アカウントにて皆さんが撮った写真をシェアします。みんなの写真をチェックして、自分の写真と見比べてみましょう。
(4)懇親会に参加の方には、モニターを使っての発表会を実施します!

城郭研究家・西股総生先生&観光ライター・いなもとかおりさんがガイド

いなもとかおり (16934)

via いなもとかおり
城郭研究家で大河ドラマ「真田丸」の戦国軍事考証を務めた西股総生先生が、城の由来から基本的な見方、さらに城での戦い方を解説。土の城の正しい歩き方が身につきます。
西股総生先生プロフィール

西股総生先生プロフィール

1961年、北海道生まれ。学習院大学文学部史学科卒業。同大学院史学科専攻・博士課程前期課程卒業。目黒区教育委員会嘱託、三鷹市遺跡調査委員会、武蔵文化財研究所を経て現在フリー・ライター。城館史料学会、中世城郭研究会、日本考古学協会会員。著書に『戦国の軍隊』『「城取り」 の軍事学』『土の城指南』(以上学研パブリッシング)、『図解 戦国の城がいちばんよくわかる本』『首都圏発 戦国の城の歩きかた』(以上KKベストセラーズ)、『杉山城の時代』(角川選書)など多数。2016年大河ドラマ『真田丸』では戦国軍事考証を務める。
いなもとかおりさん

いなもとかおりさん

29歳になる城マニア。國學院大學文学部史学科古代史専攻卒。
19歳の時に、会津若松城に一目惚れしてから城の虜となる。訪城数は400ほど。国内旅行業務取扱管理者、日本城郭検定準1級、温泉ソムリエ、夜景鑑賞士2級の資格をもつ。メディア出演は、日本テレビ『ズームイン!!サタデー』、フジテレビ『おっかけのおっかけ』、BS日テレ『中川翔子のマニア☆まにある』など。
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

小机城がSNS映えするって本当!?ユカリノ城歩き女子会レポート

小机城がSNS映えするって本当!?ユカリノ城歩き女子会レポート

土の城を歩いた後に画像データを振り返ると、茶色や緑色ばかりの写真が並ぶ…というのは、城好きのあるある話! 色味がない土の城がインスタ映えしないって、本当なのでしょうか? 本イベントのテーマは、ずばり土の城の写真撮影。小机城のフォトジェニックな姿を激写してきましたよ!
初夏の小田原城を満喫しよう!女子限定の城歩きイベント第2弾を開催

初夏の小田原城を満喫しよう!女子限定の城歩きイベント第2弾を開催

城に興味はあるけれど、城の見方や歩き方がよくわからない…。そんな城初心者のために、ユカリノでは女子限定の城めぐりイベントを6月16日(土)に企画しました。今回は、北条五代ゆかりの城でもあり、関東の名城として人気の「小田原城」(神奈川県小田原市)を歩きます。城歩きのプロがしっかりサポートしてくれますので、初心者でもお一人様でも安心してご参加ください。
【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

春といえば桜。かっこいい天守をもつ城と美しい桜という、日本ならではの最強コンビが楽しめる季節がやってきます。桜の名所としても名高い城を開花が早いと予想される地域から順にご紹介。祭りやライトアップなどイベントも盛りだくさん。ひと足お先に春を感じて見ませんか?
今年も大盛況!お城好きのための祭典「お城EXPO2017」レポート

今年も大盛況!お城好きのための祭典「お城EXPO2017」レポート

昨年の初開催に続き、今年もパシフィコ横浜にて12月22日(金)〜24日(日)に開催された「お城EXPO2017」。城にまつわる貴重な展示や、専門家による講演会など、城好きにはたまらないプログラム満載で、3日間で延べ約1万9100人の来場者が訪れました(お城EXPO実行委員会調べ)。城ファンの熱気に包まれた3日間のうち、22日の様子をお届けします!
【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

2017年も残りわずか。12月も年の締めくくりにふさわしい歴史イベントが開催されます。全国各地で開催される「忠臣蔵」のお祭りに、大河ドラマ「西郷どん」関連の施設の登場、そしてお城好きのための祭典「お城EXPO2017」と、歴史好きならどれもはずせないコンテンツが目白押しです。立花宗茂など、周年記念の展覧会もあり。年末も盛り上がっていきましょう!
【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
この冬見逃せない!城×イルミネーションイベントまとめ

この冬見逃せない!城×イルミネーションイベントまとめ

冬のイベントとして定番となったイルミネーション。最近ではお城でも開催されるようになり、3Dプロジェクションマッピングも合わさって、みごとな風景を描き出しています。今回は2017年の冬から2018年の春にかけて開催される、城のイルミネーションイベントをご紹介。伝統建築と現代文明の融合、昼間とは違うお城の姿を堪能して、身も心もホットになりましょう。
第2回:戦国一の規模を誇った名城!北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構【月刊 日本の城】

第2回:戦国一の規模を誇った名城!北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第2回は戦国時代に関東一円を支配した北条氏の本拠地・小田原城です。当時の城では群を抜いて規模が大きく、上杉謙信と武田信玄の攻撃にも耐え抜いた堅城で、戦国時代の後も東海道沿いの大きな都市として栄えました。元亀2年(1571)の今日、10月3日に亡くなった北条氏康にちなみ、今回は首都圏から日帰りで行ける名城の、特にオススメのポイントを中心に紹介していきます。
お城好きのための祭典『お城EXPO 2017』が12/22~24開催!

お城好きのための祭典『お城EXPO 2017』が12/22~24開催!

昨年初開催された『お城EXPO』が今年も開催!2017年12月22日(金)から12月24日(日)にパシフィコ横浜の会議センターにて行われます。お城にまつわる貴重な資料展示をはじめ、お城のスペシャリストによる講演会など、知識を深められるプログラムが盛りだくさん!9月15日(金)のチケット発売を前に、見どころをたっぷりご紹介いたします。
【 続100名城も…】実は戦国の城の宝庫!首都圏で気軽に行ける土の城3選

【 続100名城も…】実は戦国の城の宝庫!首都圏で気軽に行ける土の城3選

4月6日の「城の日」に「続100名城」が発表されるなど、盛り上がりを見せる城ブーム。天守や石垣のない「土の城」に行ってもよくわからないという人のために、今回は、城の基本的な仕組みがわかる&首都圏近郊で行きやすい3つの城「早川城」「深大寺城」「小机城」をご紹介。週末の日帰り旅、またはGWにもおすすめです。