福岡県添田町の「岩石城」は争奪必死!知る人ぞ知る堅城だった
2018年4月4日 更新

福岡県添田町の「岩石城」は争奪必死!知る人ぞ知る堅城だった

山岳信仰の遺跡として高い評価を受ける英彦山。2017年には国指定史跡となり、添田町は盛り上がりをみせています。しかし、町内にある歴史遺産は英彦山だけではありません。かの有名な武将たちが奪い合った「岩石城」も見逃せませんよ!

いなもと かおりいなもと かおり

岩石城は豊前一の自慢の堅城

岩石城の遠景

岩石城の遠景

via いなもと かおり
岩石城は、保元3年(1158)に平清盛が家臣・大庭平三景親に命じて築かれました。一国一城令で廃城となるまでの約450年間、菊池氏、大友氏、大内氏、秋月氏などの地方豪族によって争奪された歴史があります。

現在見る遺構は、最後の城主となった小倉藩主・細川忠興が近世城郭へと整備したものです。
戦国岩石城復元絵図

戦国岩石城復元絵図

via 添田町
岩石城の歴史の中で最も有名な戦といえば、天正15年(1587)4月1日におこなわれた岩石城攻めです。豊臣秀吉による九州平定を目指した戦で、秋月氏の支城であった岩石城も標的となりました。

岩石城の防衛体制は、大手に60kgの鉄の棒を振り回したという猛将・芥田悪六兵衛、搦手に秋月氏の有力家臣・熊井越中守久重、兵3千人ほど。一方、秀吉軍は、大手に蒲生氏郷、搦手に前田利長、合わせて1万の兵が攻め入ったそうです。

秋月24支城のなかでも最も要害堅固といわれた城でしたが、風上に火を放たれ、二の丸、本丸へと燃え移りました。最後には総大将・羽柴秀勝に正面から挑んだものの、芥田氏・熊井氏以下400人余りが亡くなりました。戦は、朝4時にはじまり、その日の夕方4時には落城したようです。

いざ、岩石城に参らん!

花崗岩の岩肌

花崗岩の岩肌

via いなもと かおり
「豊前一の堅城」とも呼ばれた岩石城に登ってみましょう!岩石山には鷲越ルート、滝ルート、正面ルートの3つのルートがあり、おすすめは比較的緩やかな正面ルートです。

山全体がゴツゴツとした花崗岩の岩肌。歩きやすいように整備されている登山道も一部ありますが、岩がむき出しになった箇所もあります。トレッキングシューズや歩き慣れたスポーツシューズがあるとベストです!
奥の院まで残り100m

奥の院まで残り100m

via いなもと かおり
登山口から山頂まではおよそ60分、登り慣れた人ならば40分ほどで到着します。
標高454mの山、それなりの体力が必要です。よし、もう一息!

奥の院から眺める添田町の景色

奥の院からの眺望

奥の院からの眺望

via いなもと かおり
白山神社奥の院

白山神社奥の院

via いなもと かおり
鳥居をくぐると白山神社奥の院に到着!ここからの見晴らしはよく、添田町が一望できるビュースポットです。また、休憩小屋には登山記録ノートが置いてあるので、登った時刻を記しておきましょう。

奥の院を超えると、50mほどいった先に堀切と土橋が現れます。

柱穴の大きさにビックリ!

53 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

いなもと かおり

いなもと かおり

29歳になる城マニア。國學院大學文学部史学科古代史専攻卒。
19歳の時に、会津若松城に一目惚れしてから城の虜となる。訪城数は400ほど。国内旅行業務取扱管理者、日本城郭検定準1級、温泉ソムリエ、夜景鑑賞士2級の資格をもつ。メディア出演は、日本テレビ『ズームイン!!サタデー』、フジテレビ『おっかけのおっかけ』、BS日テレ『中川翔子のマニア☆まにある』など。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【「雷切丸」も公開中】「宗茂と誾千代」がご案内!立花家史料館とゆかりの地・柳川

【「雷切丸」も公開中】「宗茂と誾千代」がご案内!立花家史料館とゆかりの地・柳川

戦国最強夫婦といわれる柳川藩初代藩主・立花宗茂とその妻・誾千代。彼らの歴史を今に伝える立花家史料館の公式キャラクター「宗茂と誾千代」がユカリノに登場!宗茂と誾千代、そして宗茂の愛刀の化身である雷切丸に、彼らの活動拠点である立花家を中心に、柳川の魅力をたっぷりご紹介いただきました。
【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

2017年も残りわずか。12月も年の締めくくりにふさわしい歴史イベントが開催されます。全国各地で開催される「忠臣蔵」のお祭りに、大河ドラマ「西郷どん」関連の施設の登場、そしてお城好きのための祭典「お城EXPO2017」と、歴史好きならどれもはずせないコンテンツが目白押しです。立花宗茂など、周年記念の展覧会もあり。年末も盛り上がっていきましょう!
全国より厳選!この秋行きたい紅葉がきれいな城10選

全国より厳選!この秋行きたい紅葉がきれいな城10選

木々が色づく秋。街より少し標高の高い場所にある城は絶好の紅葉観賞スポットでもあり、イベントやライトアップも開催されます。今回は特に紅葉が見事な城を全国から厳選。紅葉が早いと思われる北方面から順にご紹介します。天守とのコントラスト、木々に囲まれた遺構がたまらない、今だけの景色が見られる季節にぜひお出かけください。
【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

慶長5年(1600)の今日、9月21日は、関ヶ原合戦で敗北した石田三成が捕らえられた日。その三成を捕らえたのが三成と同じ近江出身の田中吉政です。吉政は秀吉に注目されると、秀次の筆頭家老に抜擢。近江八幡や岡崎、柳川の城や城下町を整備し、その遺構は現代にも活かされています。意外と知られていない?吉政の功績とゆかりの地をご紹介します。
【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

名軍師・黒田官兵衛の嫡男であり、父と共に秀吉に仕え、数々の武功をあげた黒田長政。関ヶ原合戦では東軍として活躍し、家康から認められ、福岡藩初代藩主になります。1623年(元和9)8月29日の長政の命日にちなみ、今回は長政の福岡ゆかりの地と、黒田家の家宝を所蔵する福岡市博物館を紹介します。
井伊直虎以外にも全国各地にいた!「おんな城主」たちのゆかりの地まとめ

井伊直虎以外にも全国各地にいた!「おんな城主」たちのゆかりの地まとめ

現在放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。ドラマ人気にあやかり、井伊直虎を観光の目玉としている静岡県浜松市ですが、実は日本各地で「直虎だけじゃない!」と地元に伝わるおんな城主たちをPRしているのをご存じでしょうか。そこで日本全国おんな城主にゆかりのある地を、逸話とともにまとめてご紹介します。
必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第13回はユニークな石垣をもつ3城、「岡城」「米子城」「大和郡山城」をご紹介します。岡城の高石垣、米子城の登り石垣、大和郡山城の天守台…いずれも当時の建物は残らなくても、石垣だけで魅力十二分!そんな3城の見どころを写真を中心に紹介していきます。
【神風は吹いたのか?】蒙古襲来!モンゴル帝国と戦った元寇ゆかりの地

【神風は吹いたのか?】蒙古襲来!モンゴル帝国と戦った元寇ゆかりの地

鎌倉時代、モンゴル帝国が日本侵略を図り2度もやって来た「元寇(蒙古襲来)」。学校で習ったとき、神風が吹いて元軍を退けたという話をうっすらと覚えている方も多いかもしれません。近年、漫画「アンゴルモア 元寇合戦記」でも改めて注目を集めている元寇とは?戦いの舞台・福岡にある防塁跡をめぐり、わかりやすく振り返ってみましょう。
京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第12回は鹿児島城をご紹介します。島津家が関ケ原合戦直後に薩摩藩の支配拠点として築いた鹿児島城。その見どころを写真を中心に紹介していきます。