【伊達政宗が考案した豪華な正月膳とは】お正月に食べたい!おせち料理の由来と縁起物の意味
2017年12月29日 更新

【伊達政宗が考案した豪華な正月膳とは】お正月に食べたい!おせち料理の由来と縁起物の意味

お正月といえばおせち料理。今まさに準備している方もいらっしゃるのではないでしょうか。元は神様に供える食べ物で、ひとつひとつに意味や願いが込められています。今回はおせち料理の由来とその意味、さらに食通で知られる伊達政宗が考案した、豪華な正月膳をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

おせち料理の由来

 (11948)

正月に欠かせない「おせち」とは、「御節供(おせちく)」が略されたもので、節日に神に供える食べ物のことです。

節日とは陰暦の正月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)の五節句のことで、これらの日には神に神饌を供え、家族でいただく直会(じきえ)が行われました。

この直会に出される料理こそ「おせち」ということになるのですが、現在では正月に出されるものだけをさすようになります。
三方にのせた鏡餅

三方にのせた鏡餅

餅は、昔から神様に捧げる神聖な食べものとして考えられ、祝いごとや祭りの日には欠かせませんでした。正月に年神様に供える餅が鏡餅で、1月11日の鏡開きまで、床の間や各部屋に飾ります。
正月料理を「おせち」と呼ぶようになったのは明治以降とされ、江戸時代には「食積(くいづみ)」と呼ばれていました。

この「食積」にも、年神に供える神饌という意味があり、三方の上に米や餅、昆布、ホンダワラ、橙、金柑、栗、串柿、伊勢海老、鯛、打ち鮑、干し数の子、ごまめ(田作り)、黒豆、梅干し、大根といったものが出されたそうです。

出陣の際にも食べられていた縁起物

栗きんとん

栗きんとん

山の幸の代表格である栗は「勝ち栗」といわれ、縁起が良いものとして尊ばれてきました。栗きんとんは黄金に輝く財宝にたとえられ、豊かな1年を願う料理です。
現代のおせち料理は、ひとつひとつに意味や願いが込められていることをご存知の方も多いと思います。その中のいくつかは、室町時代からある武士の儀式「三献の儀(さんこんのぎ)」にも用いられていました。

「三献の儀」とは、武士が出陣や帰陣した際、打ち鮑(あわび)、勝ち栗、昆布の3品を肴に酒の飲む儀式のことです。

打ち鮑は、剥いて干した身を打ち伸ばしたもので、敵を討ちのばすの意味が含まれています。勝ち栗は当然、勝つという意味で、昆布は喜ぶという意味です。これを打ち鮑、勝ち栗、昆布の順に食べれば「敵に打ち、勝ち、喜ぶ」ということになります。

また、戦いに勝利をあげて凱旋した際に行う場合は、勝ち栗、打ち鮑、昆布の順となり、「敵に勝ち、うち(家)、喜ぶ」という意味になります。…順番を間違えたら、えらいことになりますね。
昆布巻

昆布巻

「喜ぶ」の言葉にかけて、正月の鏡飾りにも用いられている縁起物である昆布。
現在のおせちにも、勝ち栗は栗きんとんとして、昆布は煮しめの結び昆布や昆布巻きとして登場しています。打ち鮑は見られなくなってしまいましたが、おせちに鮑料理も入っていることもありますよね。
 (11960)

おせちに鮑料理が入っていたら、ぜひ、鮑、栗、昆布の順番で食べてみてください!

ちなみに「伊達巻」の由来は?

伊達巻

伊達巻

巻物の形に似ていることから、学問成就の縁起物ともされています。
おせちに欠かせない伊達巻。白身魚やエビのすり身に卵とだし汁を加えて、砂糖やみりんで調理し、熱いうちに巻き簾で巻いて棒状にしたもので、「の巻」や「トラ巻」ともいわれています。

そんな伊達巻ですが、歴史好きなら気になる伊達政宗との関係。
一説には政宗が好んで食べた厚焼き玉子料理が「伊達巻」に関係しているといわれています。

政宗は、ヒラメの肉に卵を混ぜて焼いた「平玉子焼」という厚焼きを好んで食していたそうです。
それが、いつしか「伊達焼」と呼ばれるようになり、巻いたものを「伊達巻」と呼ぶようになったと伝えられていますが、残念ながら定かではないようです。

ちなみに、卵の寿司具材などを作る会社「せんにち」では、政宗の旧暦の命日である5月24日を「伊達巻の日」として制定しているそうです。

また、江戸時代に長崎に伝来した料理「カスティラかまぼこ」が、伊達者たちが着ていた丹前(どてら)に似ていたことから「伊達巻」と呼ばれるようになったという説もあります。伊達とはもちろん、洒落(しゃれ)という意味です。

どちらにしても、おしゃれな人が食していたもの…ということでしょうか。

伊達家の正月膳とは

21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川家康。信長、秀吉とともに三英傑の一人とされ、日本人なら知らない人はいないのではないでしょうか。近年、大河ドラマでの人気も相まって、イメージも変わりつつある家康。この機会に、改めてその偉大過ぎる軌跡をたどってみてはいかがでしょうか。
まだ間に合う!クリスマスに欲しい&贈りたい歴史グッズ10選

まだ間に合う!クリスマスに欲しい&贈りたい歴史グッズ10選

今年も残りわずか。頑張った自分へのご褒美に、歴史好きの友人に贈りたい歴史グッズを集めてみました。ミトンやマフラーなど、この季節にぴったりのあったかグッズから、憧れの本格派グッズ、ちょっと個性的なものまで、きっとお気に入りが見つかるはず!?
【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

片倉小十郎景綱は戦国から江戸時代にかけて活躍した武将。伊達家家臣として奥州の覇者である伊達政宗を支え、更にはあの真田家にも不思議なご縁がありました。今回は、1615年(元和元)12月4日に亡くなった景綱の生涯とゆかりの地、米沢、白石、仙台の見どころをご紹介いたします。
真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

慶長20年(1615)の大坂夏の陣にて討死した真田幸村。嫡男大助も翌日自刃し、戦国時代は終わります……が、真田幸村の血はそこで終わってはおりません。幸村の遺児は伊達家家臣片倉小十郎重長にかくまわれ、白石・蔵王にて脈々とその血を引き継いでいったのです。今回は白石・蔵王に残る仙台真田家ゆかりの史跡をご紹介。仙台真田家だけでなく、幸村の子に随行した家臣についてもご紹介いたします。
【 意外と知らない戦国大名としての政宗 】生誕450年記念シンポジウム『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』レポと仙台市博物館特別展見どころ

【 意外と知らない戦国大名としての政宗 】生誕450年記念シンポジウム『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』レポと仙台市博物館特別展見どころ

伊達政宗公生誕450年の今年、各地で関連イベントが開催されています。先日、東京・淑徳大学でも伊達政宗生誕450年記念シンポジウムin東京『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』が開催。研究者が語った仙台藩や藩主としての伊達政宗とは?仙台市博物館・菅野氏による伊達家臣団についての登壇レポートとともに、10月7日から仙台市博物館で開催される特別展「伊達政宗―生誕450年記念」の見どころも合わせてお伺いしました。
戦国一の規模を誇った関東の名城!【月刊 日本の城】第2回:北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構

戦国一の規模を誇った関東の名城!【月刊 日本の城】第2回:北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第2回は戦国時代に関東一円を支配した北条氏の本拠地・小田原城です。当時の城では群を抜いて規模が大きく、上杉謙信と武田信玄の攻撃にも耐え抜いた堅城で、戦国時代の後も東海道沿いの大きな都市として栄えました。元亀2年(1571)の今日、10月3日に亡くなった北条氏康にちなみ、今回は首都圏から日帰りで行ける名城の、特にオススメのポイントを中心に紹介していきます。
【 秋は武将まつりへ出陣!】10月開催!ご当地戦国武将イベントまとめ

【 秋は武将まつりへ出陣!】10月開催!ご当地戦国武将イベントまとめ

秋になると毎週のように全国各地で開催されるご当地歴史イベント。なかでも戦国武将にちなんだ祭りが多く開催され、一般の方も甲冑を着て参加できるなど近年注目を集めています。今回は、編集部がおすすめする秋の戦国武将イベントをご紹介!
意外なスポットで発見!?東京都内にある伊達政宗ゆかりの地

意外なスポットで発見!?東京都内にある伊達政宗ゆかりの地

5月24日は伊達政宗公の命日です。政宗公といえば、ご存じ仙台藩初代当主ですが、その終焉の地は東京だったのをご存じでしょうか。東京にも意外とたくさんある政宗公、そして仙台藩ゆかりの地を辿ってみました。
奥州の覇者・独眼竜政宗が小姓へ送った謝罪の手紙、その内容とは…?「日本男色史巡り 第1回:伊達政宗」

奥州の覇者・独眼竜政宗が小姓へ送った謝罪の手紙、その内容とは…?「日本男色史巡り 第1回:伊達政宗」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する新連載『日本男色史巡り』。第1回は、伊達政宗公ゆかりの手紙をご紹介します。同僚の大名からは「狐憑き」、史家からは「変人」と呼ばれる一方、家臣や領民からは情け深い「慈父」と慕われた奥州の覇者、伊達政宗。見る人によってプリズムのように違う色を見せる、複雑怪奇な人間性の彼が心底から愛したのは少年だった!? 仙台市博物館に現存する、愛する少年へ送った政宗ゆかりの手紙とは?
【築城の名手は転職名人!?】藤堂高虎ゆかりの城とターニングポイント

【築城の名手は転職名人!?】藤堂高虎ゆかりの城とターニングポイント

「築城の名手」とよばれた戦国武将・藤堂高虎。豊臣秀吉や徳川家康に才能を買われ、数多くの築城に関わりました。一方で、7度も主君を変えた「裏切者」という評価もついて回ります。高虎が人生の岐路に関わった名城をたどりながら、たくましく生きた人生をたどってみましょう。