奈良・東大寺大仏殿は3代目!災難を乗り越えた名寺の歴史と見どころ
2018年4月9日 更新

奈良・東大寺大仏殿は3代目!災難を乗り越えた名寺の歴史と見どころ

世界最大級の木造建築とされる東大寺大仏殿。ほかにも南大門などの歴史的な建築物がたくさんある東大寺ですが、歩んできた歴史は壮絶の一言でした。2度の火災や数十年の雨ざらしなど、苦難にさらされた東大寺の歴史と見どころをご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

東大寺大仏殿の本尊である盧遮那仏像

東大寺大仏殿の本尊である盧遮那仏像

東大寺の始まり

東大寺の始まりは奈良時代のこと。幼い皇子を亡くした聖武天皇が、その菩提を弔うために建てた寺が前身であるとされています。

当時は天災の多発や疫病の流行など、きらびやかな文化の裏側で民衆の生活は困窮を極めていました。そんな中、聖武天皇は天平15年(743)に大仏造立の詔を発し、大工事の末に大仏を完成させ、天平勝宝4年(752)に盛大な開眼供養会が開かれました。
ここから、伽藍の整備などに多くの年月を費やし、東大寺は大規模な寺院となったのです。
重文「四聖御影」(永和本)

重文「四聖御影」(永和本)

大仏造立を発願した聖武天皇(左上)、大仏開眼の導師を務めた菩提僊那(右上)、大仏造立の勧進を担った行基菩薩(右下)、東大寺の初代別当を務めた良弁僧正(左下)の4人を描いたもの。
via 東大寺蔵

第一の災難:平重衡による南都焼討

平重衡

平重衡

重衡は平清盛の五男にあたります。
興福寺と共に栄えてきた東大寺ですが、平安末期の平氏政権に反抗的な態度をとったことから、治承4年(1180)、平清盛の命を受けた平重衡によって焼き討ちされ、大仏殿ほか主な建築物を焼失してしまいます。九条兼実が、日記で「凡そ言語の及ぶ所に非ず」と書き残すほどひどい焼討でした。
間もなく清盛が謎の熱病で死亡しますが、「仏罰だ」と囁かれるほどだったと言います。

その後、後白河法皇や源頼朝らに再建支援を受け、重源上人によって東大寺は再出発を図りました。
国宝「重源上人坐像」

国宝「重源上人坐像」

東大寺大仏と大仏殿をはじめとする伽藍の復興するために尽力した重源上人の像。
via 東大寺蔵

第二の災難:「あの」松永久秀の戦で焼失

松永久秀

松永久秀

戦国三大梟雄のひとり・松永久秀。今回は彼が全面的に悪いわけではないようですが、やはり張本人にされています。
永禄10年(1567)、畿内を支配した三好長慶の死後、家臣の松永久秀は三好家の三好三人衆と戦闘状態に入り、なんと東大寺を戦場にしてしまいました(東大寺大仏殿の戦い)。
これにより、またも伽藍のほとんどが焼失してしまったのです。失火によるものとも言われていますが、詳細は不明です。

第三の災難?:お金が集まらず数十年雨ざらし

重文「公慶上人坐像」

重文「公慶上人坐像」

江戸時代、東大寺の復興に尽力した公慶上人の偉業を伝えるためにつくられたもの。
via 東大寺蔵
その後大仏殿は、仮のお堂が建てられたのですが、慶長15年(1610)にそれが倒壊すると、資金難もあり、大仏は以後、数十年にわたって雨ざらしとなってしまいます。

17世紀後半、公慶上人により全国勧進行脚がおこなわれ、時の将軍・徳川綱吉などの寄進もあり、元禄5年(1692)に大仏の開眼供養会が、宝永6年(1709)に大仏殿が完成。ついに東大寺は復興を遂げたのです。
元禄5年(1692)に大仏開眼供養会が行われた様子を描...

元禄5年(1692)に大仏開眼供養会が行われた様子を描いた「大仏開眼供養図」。

via 東大寺蔵
28 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

受験勉強もラストスパート。最後の仕上げに、今回は合格祈願にお詣りしたい神社をご紹介します。学問の神様・菅原道真を祀る神社や、戦国武将が必勝を祈願した神社を紹介、“落ちない”パワースポットまで。高校や大学の入試試験はもちろん、資格の試験や昇進試験がある方もぜひ、お詣りください。
日本で唯一の畳供養!?京都・清浄華院で「畳寺の畳まつり」開催

日本で唯一の畳供養!?京都・清浄華院で「畳寺の畳まつり」開催

“畳寺”の愛称で親しまれる京都の清浄華院。4月29日の「畳の日」にちなみ、今年は前日の4月28日(土)に「畳寺の畳まつり」が開催されます。当日は、日本唯一の「畳供養」をはじめ、限定御朱印の授与やスイーツのプレゼントも。幕末には会津藩主・松平容保も逗留したことがある名刹のレアな行事をご紹介します。
首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

平将門といえば東京都千代田区にある将門の首塚が有名ですが、そこから約85kmほど離れた栃木県足利市には将門の‟首以外”の部位が落ちたといわれる場所があります。伝説が残る足利市の将門ゆかりの地を追っていきましょう。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回はカッコいい御朱印をご紹介します。髑髏(どくろ)や龍などカッコいいモチーフは、見た目だけでなくきちんと由来があるのも特徴です。なんとなくオタク心もくすぐられる、粋な御朱印をご紹介します。
「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第11回は、実は美少年の園だった日本の有名な寺社仏閣を巡ります。今月公開する日中合作映画「空海 KU-KAI」の主人公、弘法大師空海が中国から持ち込んだといわれる日本の男色。ときに惑わし、ときに悟りへと導いた美しい稚児たちの秘密とは!?
【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

春を迎える3月は、「肥前さが幕末維新博覧会」の開催から、「平城京跡歴史公園」などの待望の施設、今年生誕900年を迎える平清盛のまつりまで、歴史ファンにはたまらないイベントが盛りだくさん。幕末維新ゆかりの地では貴重な資料を紹介する展覧会も開催中。春休みのお出かけにもぴったりな充実のラインナップをご紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。
【足利学校、鑁阿寺、美人弁天まで】足利氏ゆかりの地・足利市のオススメ史跡

【足利学校、鑁阿寺、美人弁天まで】足利氏ゆかりの地・足利市のオススメ史跡

南北朝時代の偉人・足利尊氏を輩出した足利氏の本拠地である栃木県足利市。昨今では刀剣ブームにより足利ゆかりの刀工が注目され、多くの刀剣ファンでにぎわっています。そこで本稿では足利氏ゆかりの地・足利市のオススメ史跡をご紹介。この機会にぜひ、足利氏の歴史と文化にふれてみてはいかがでしょうか?
【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

2018年は新年から気になる展覧会が盛りだくさん。特に貴重な名刀が見られるものや人気の伊藤若冲、明治維新150周年を記念した浮世絵展など、歴史ファン必見の展覧会も多数開催されます。さらに、近くにあるおすすめ神社もご紹介。歴史の見聞、知識とともにご利益もゲットしちゃいましょう。