【会津若松市戊辰150周年記念事業】鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか2018」が3月に開催
2018年2月23日 更新

【会津若松市戊辰150周年記念事業】鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか2018」が3月に開催

2018年は戊辰戦争終結から150周年を迎える節目の年。福島県会津若松市では、幕末を起点とした明治から平成までの、会津の歴史的意義の再認識を図る機会として、「会津若松市戊辰150周年記念事業」を開催。3月には鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか2018」など、様々な企画が行われます。会津の歴史を考える貴重な機会、ぜひチェックしてみてください。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

戊辰戦争より150周年、これからの会津

 (14627)

「会津若松市戊辰150周年記念事業」のポスター。
今から約150年前、日本は大きな変革を遂げました。その変換期の舞台のひとつとなった会津は、自らの正義を掲げ、多くの人が戦った地でもあります。

戊辰戦争終結から150周年を迎える今年から来年の3月まで開催される「会津若松市戊辰150周年記念事業」は、変革の時代においても前向きに生きた会津の先人たちの功績に光をあて、会津の歴史と文化を再認識し、発信していくというものです。
鶴ヶ城にはこんなモニュメントが

鶴ヶ城にはこんなモニュメントが

via 撮影:ユカリノ編集部
すでにいくつかのイベントが催されている記念事業。CG再現された幕末の会津を新選組の土方歳三と白虎隊・篠田儀三郎が案内する「VR幕末の会津若松」や、白虎隊の史実をオペラ化した「オペラ白虎プレコンサート」など、好評を博しています。
今後も鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか2018」をはじめ、市内施設を周遊するクイズラリーなど、9月には鶴ヶ城で企画展と、様々な企画が用意されています。

3/23・3/24に鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか2018」開催

 (14638)

戊辰150周年を記念し、3年ぶりに開催されるのが鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか2018」です。
テーマは「戊辰の風 花の雲」。福島に息づく“試練に立ち向かう勇気”と“不屈の魂”を描きます。
幕末という動乱の時代を生き抜いた人へ、そして現在は震災からの復興へ歩み続ける人々へのエールが、最新技術によって表現されます。

観覧は無料ですが、事前予約が必要。往復はがきによる申し込みは終了していますが、インターネットでの申し込みは可能なので、気になる方は早めにチェックしてみてください。
鶴ヶ城(福島県会津若松市)

鶴ヶ城(福島県会津若松市)

伊達政宗や上杉景勝、蒲生氏郷ら名将とゆかりの深い鶴ヶ城(会津若松城)。戊辰戦争では、新政府軍と1カ月にわたって激しい籠城戦が行われました。
via 写真提供:福島県
白河小峰城(福島県白河市)

白河小峰城(福島県白河市)

また4月7日(土)には、白河市の白河小峰城でも開催されます。予約は2018年3月上旬に開始予定です。
via 写真提供:福島県
開催日:2018年3月23日(金)〜24日(土)
開催時間:午後6時30分〜、午後7時15分〜、午後8時〜、午後8時45分〜
開催場所:鶴ヶ城
via 【公式】福島プロジェクションマッピング2018 はるか 〜 戊辰の風 花の雲 〜

充実のホームページをチェック!

「会津若松市戊辰150周年記念事業」のホームページには、イベントの最新情報のほか、戊辰戦争や会津の先人たちについて詳しく掲載されています。彼らのゆかりの地も紹介されています。

知識はあっても、それぞれの立場にたてば、また違った歴史が見えてくる。
「会津若松市戊辰150周年記念事業」の開催を通して、会津の歴史を振り返ってみませんか?
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第22回は、中村半次郎こと桐野利秋(きりの・としあき)ゆかりの地。西郷の側近として西南戦争で戦い、「人斬り半次郎」という名でも有名な桐野。しかし本当に“人斬り”と恐れられるような人物だったのか?桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡とともに、その人生を追ってみました。
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

薩摩藩の家老として、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕を推し進めながらも若くして亡くなった小松帯刀。日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻ではなく、小松帯刀夫妻だったともいわれています。『西郷どん』では劇団EXILEの町田啓太さんが演じることでも話題の帯刀の生涯とゆかりの地を紹介します。
「幕末明治福井150年博」開催中!幕末の名君・松平春嶽(慶永)と志士たち

「幕末明治福井150年博」開催中!幕末の名君・松平春嶽(慶永)と志士たち

島津斉彬、伊達宗城、山内容堂とともに幕末の「四賢侯」に数えられる福井藩主・松平春嶽。西郷隆盛が尊敬した橋本左内らを重用し、藩政改革に成功。明治新政府の誕生にも大きく貢献しました。大河ドラマ『西郷どん』では津田寛治さんが演じる春嶽と彼が見出した志士、開催中の「幕末明治福井150年博」をご紹介します。
西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
第9回:戊辰戦争より150年、激戦地・福島県の3城を巡る【月刊 日本の城】

第9回:戊辰戦争より150年、激戦地・福島県の3城を巡る【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第9回は福島県の城です。鳥羽・伏見の戦いから始まった戊辰戦争。旧幕府軍として戦った会津藩は激戦地となりました。その舞台となった白河小峰城、二本松城、会津若松城をご紹介します。
第2回:井伊直弼の暗殺の遠因?彦根牛の味噌漬け「反本丸」【偉人が愛した肉料理】

第2回:井伊直弼の暗殺の遠因?彦根牛の味噌漬け「反本丸」【偉人が愛した肉料理】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人が愛した肉料理を紹介する連載。第2回は牛肉の味噌漬け「反本丸(へんぽんがん)」です。幕府に牛の皮を献上するため、牛の屠殺が認められていた彦根藩で密かに作られていたという「反本丸」は大変な人気だったとか。実はあの歴史の大事件の原因にもなった?魅惑の肉料理をご紹介します。
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。