忍者とは関係ないのに「忍者寺」金沢の隠れた人気観光スポット・妙立寺と前田家
2017年7月3日 更新

忍者とは関係ないのに「忍者寺」金沢の隠れた人気観光スポット・妙立寺と前田家

映画やアニメなどでも描かれ、外国人にも人気の忍者。忍者といえば伊賀や甲賀といった場所を思い浮かべる方が多いと思いますが、石川県金沢市に「忍者寺」として知られる観光スポットがあるのをご存じでしょうか?数多くの隠し階段や落とし穴など、様々な仕掛けから「忍者寺」と呼ばれる妙立寺(みょうりゅうじ)は、前田家にとって重要な場所でもありました。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

石川県金沢市にある妙立寺

石川県金沢市にある妙立寺

via 撮影:ユカリノ編集部

忍者とは関係ないのに、なぜ「忍者寺」?

忍者寺こと妙立寺は、三代藩主・前田利常によって寛永20(1643)年に創建されました。
もともと金沢城内にあった祈願所を移築したのだそうです。

当時、加賀藩は百万石の禄高を誇っていたため、幕府からは常に監視されていました。
利常は、そんな幕府の警戒をかわすためにわざと鼻毛を伸ばすなど「傾奇者」を演じながら、幕府を迎え撃つ為の態勢を整えていたのです。
前田利常肖像(那谷寺所蔵)

前田利常肖像(那谷寺所蔵)

地図を見ると分かりますが、金沢城は犀川と浅野川に挟まれています。
この川を自然の濠に見立て、外側に移築された寺院は城が攻撃される前に迎え撃つ「出城」の役目を持っていたとされます。
犀川の外側に位置する妙立寺はその中心的役割となっており、落とし穴や隠し階段、見張り台などの仕掛けが施されています。その複雑な構造から、「忍者寺」と呼ばれるようになったのですね。
実際に忍者がいた、というわけではないようです(笑)

床、階段…至る所に仕掛けがあってドキドキ

当時、3階建て以上の建物は禁止されていました。しかし妙立寺は一見2階建てのように見えますが、実は中2階・中々2階があり、4階建てになっています。

残念ながら内部は撮影禁止。取材として撮影し写真を掲載してもよかったのですが、おそらく事前に見ないほうが現地での発見を楽しめると思いますよ。


本堂正面入り口に埋め込まれた「仕掛け賽銭箱」は、敵の侵入時は落とし穴になります。同じく本堂の渡り廊下にも「落とし穴階段」があり、床板をはずすと階下で待ち伏せている下男から攻撃される仕組みになっています。これらの仕掛けにより「立て続けに落とされる」という敵の不安感を煽っていたのだそう。確かに、床や階段の至る所に仕掛けがしてあるので、ガイドさんがいなかったらどこかに落ちていたかも(笑)
望楼(物見台)

望楼(物見台)

via 写真提供:金沢市
本堂の屋根の突端部分にある望楼(物見台)からは、金沢城はもちろん、加賀平野を遠望することができます。ここから敵の動きを察知していたのですね。
ここへの出入りもかなり複雑で、2階の座敷の押入に隠された階段の途中にさらに隠し扉があるのだそう・・・。聞いているだけで迷子になりそうですね。

振り向いたら殿がいた!?前田家藩主が隠れて参拝した「隠し拝殿」も

また、注目してほしいのが、本堂の右手上にある「中二階隠し拝殿」です。
本堂に入ったら、右後ろに振り向いてみてください。そこに、前田家藩主が庶民に気づかれずに隠れて参拝するための小さな「隠し拝殿」があるのです。

当時は殿様と一般庶民が一緒に参拝することは禁じられていました。しかし一般庶民を追い出すのもよくないということで、急な参拝の際はこの隠し拝殿の隙間から本尊を拝んだのだそうですよ。

要予約!拝観はガイドさんの解説付きで

撮影:ユカリノ編集部 (5226)

via 撮影:ユカリノ編集部
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歴ニン君:諸国漫遊記編★第七忍「縁切寺:満徳寺」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第七忍「縁切寺:満徳寺」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は、群馬県太田市にある満徳寺に来たよ。前回紹介した東慶寺とともに、徳川幕府公認の『縁切寺』として有名だね。インパクト大の縁切り方法にも注目だよ。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第六忍「縁切寺:東慶寺」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第六忍「縁切寺:東慶寺」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は神奈川県鎌倉市にある東慶寺に来たよ。『縁切寺』として有名だけど、徳川ゆかりのお寺でもあるんだね。切りたい縁がある人は、今年のうちに行ってみるといいよ。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は京都で豊臣秀吉のお墓参りをしてみたよ。阿弥陀ヶ峰の頂上にある秀吉のお墓。こんなに有名な人物なのに、意外と行った人は少ないんじゃないかな?大変だけど、豊国神社とあわせてお参りしてみてね。
かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

加賀前田家3代、加賀藩の第2代藩主である前田利常。彼をご存じの方なら、まず思い浮かべるのが「鼻毛の殿様」のイメージかもしれません。傾奇者として知られた利常ですが、内政や文化面への功績も注目されてしかるべき点です。利常が推奨・保護した加賀百万石の華やかな伝統文化をご紹介します。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第四忍「秀吉ゆかりの地・豊国神社」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第四忍「秀吉ゆかりの地・豊国神社」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は京都で豊臣秀吉ゆかりの地に忍んでみたよ。秀吉を祀る京都・豊国神社や、大坂冬の陣のきっかけになったといわれる方広寺の梵鐘は注目だよ。京博の近くなので、この秋話題の刀剣展とあわせて行ってみてね。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は北条氏の本拠地・小田原城に来てみたよ。北条氏に仕えた忍者といえば風魔忍者が有名だね。なかでも特に有名な“風魔小太郎”にまつわる伝説を検証してみたよ。
【7月13日はオカルト記念日】日本にもエクソシストはいた?各地に残る悪魔払いの風習

【7月13日はオカルト記念日】日本にもエクソシストはいた?各地に残る悪魔払いの風習

今から44年前の7月13日、日本で初公開され大ヒットしたのが、オカルトブームの火付け役となった映画『エクソシスト』。これを記念して、7月13日は「オカルト記念日」に制定されているのをご存知でしょうか。そこで今回は「エクソシスト=悪魔払いの祈祷師」にちなんで、日本に残る「悪魔払い」の風習や、それにまつわる場所を紹介します。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第二忍「半蔵門編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第二忍「半蔵門編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は江戸城跡の半蔵門だよ。徳川家康に仕えた服部半蔵(正成)の屋敷が目の前にあったことからそう呼ばれてるようだけど・・・その真相をハンゾー君がお答えします!
【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第一忍「上田編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第一忍「上田編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」がスタートしたよ。初回は真田の里・長野県の上田編。真田家は忍者を巧みに使って情報収集をしていたことで有名だけど、どんな忍者がいたのかな?歴ニン君の修行の旅、まずは上田城にレッツゴー!