【鳥取城渇え殺し】城兵の命と引き換えに自刃した吉川経家
2018年10月25日 更新

【鳥取城渇え殺し】城兵の命と引き換えに自刃した吉川経家

羽柴秀吉による中国征伐では、水攻めや兵糧攻めといった作戦が多く用いられました。毛利方の武将・吉川経家が守った鳥取城もまた、壮絶な兵糧攻めの対象となったことで知られています。飢餓状態に追い込まれた城内の人々を前に、自らの命を引き換えに彼らの助命を願い出た経家。秀吉にも惜しまれた勇敢なる武将・吉川経家のゆかりの地をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

首桶を持参して入城した吉川経家

「鳥取城跡のすぐそばにある経家の銅像」

「鳥取城跡のすぐそばにある経家の銅像」

吉川経家は、天文16(1547)年に毛利家臣である石見吉川氏当主・吉川経安の嫡男として生まれました。父の代から毛利氏に臣従し、石見銀山の管理を任されていた一族でした。

しかし、織田信長が中国征伐を開始すると、その命令で羽柴秀吉の軍が侵攻。三木合戦で、別所長治を「三木の干殺し」と呼ばれる兵糧攻めで制圧した秀吉は、じわじわとその手を西へと伸ばします。

その対象となったのが、鳥取城でした。当時の城主・山名豊国はさっさと秀吉に降ってしまいましたが、家臣たちは毛利一族でもある吉川元春に支援を求めたのでした。そして選ばれたのが、吉川一門の中でも文武両道の誉れ高かった経家だったのです。
経家はなんと、自らの首桶を持参して入城しました。覚悟のほどがうかがえます。

凄絶なる兵糧攻め…「鳥取城渇え殺し」

「鳥取城が築かれた久松山:ここを秀吉は包囲し、兵糧を断った」

「鳥取城が築かれた久松山:ここを秀吉は包囲し、兵糧を断った」

経家が4千の兵で鳥取城に籠城すると、秀吉は2万の軍勢で包囲戦を開始します。ただじっと包囲を続けるのみでしたが、確実に兵糧は減っていきました。
しかも、国内の米は秀吉側に買い取られてしまった上、陸路・海路両方が封鎖され、毛利からの支援も断たれてしまったのです。

兵糧攻めは3ヶ月に及び、人々は飢え、家畜だけでなく死人の肉までも食らうような悲惨な状況に。包囲の柵に取りついて「助けてくれ!」と痩せ衰えた人々が叫ぶ有様は、まさに地獄絵図だったでしょう。

皆をこれ以上苦しめるわけにはいかない…そう判断した経家は、自らの責任を痛感し、降伏を決意。そして、自らの命を引き換えに城内の人々の助命を秀吉に願い出たのです。

鳥取城跡

 (25360)

久松山に築かれた鳥取城は、信長にも名城と評された難攻不落の城でした。現在は久松公園が整備されています。城跡近くには経家の銅像もあります。
「天守跡や二ノ丸跡が残る鳥取城跡:久松公園は桜の名所」

「天守跡や二ノ丸跡が残る鳥取城跡:久松公園は桜の名所」

切腹を前に、経家は遺書をしたためます。「日本の2つの弓矢(織田と毛利)の間で切腹するならば名誉だ」とし、彼は切腹して果てたのでした。
近くの鳥取県立博物館には経家の遺言状の複製が展示されています。子供たちに宛て、仮名書きで書かれた遺言状には、心打たれるものがあります。

経家の墓所は、久松山の麓にある円護寺にあります。
経家の首を見た秀吉は、「哀れなる義士よ!」と涙したとか。城は守りたい、しかし人々の命はもっと大切だ…重い決断を下した彼の思いを、秀吉は痛いほど感じたのでしょう。
ちなみに、かつて「笑点」の名司会だった5代目三遊亭圓楽師匠は、経家の子孫に当たるそうですよ。壮絶に散った経家ですが、その血脈は今に受け継がれているのです。

(xiao)
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第13回はユニークな石垣をもつ3城、「岡城」「米子城」「大和郡山城」をご紹介します。岡城の高石垣、米子城の登り石垣、大和郡山城の天守台…いずれも当時の建物は残らなくても、石垣だけで魅力十二分!そんな3城の見どころを写真を中心に紹介していきます。
愛されて9周年!名古屋城で「名古屋おもてなし武将隊」結成記念祭り&限定コラボ開催

愛されて9周年!名古屋城で「名古屋おもてなし武将隊」結成記念祭り&限定コラボ開催

名古屋城を拠点に活動中の人気武将隊「名古屋おもてなし武将隊®」。11月23日(金・祝)にはその結成9周年を記念した「9周年祭」が開催されます。あわせて、11月いっぱいは名古屋城で関連イベントやコラボ企画も実施中!武将隊を祝うとともに、盛り上がる名古屋を一緒に楽しみませんか?
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。
徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第14回は江戸幕府の京都の拠点・二条城です。現在の二条城は関ヶ原合戦に勝利した徳川家康が慶長8(1603)年に築いたのが始まり。江戸幕府の始まりと終わりを見届けた二条城のおすすめポイントを写真を中心に紹介します。
京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第12回は鹿児島城をご紹介します。島津家が関ケ原合戦直後に薩摩藩の支配拠点として築いた鹿児島城。その見どころを写真を中心に紹介していきます。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は北条氏の本拠地・小田原城に来てみたよ。北条氏に仕えた忍者といえば風魔忍者が有名だね。なかでも特に有名な“風魔小太郎”にまつわる伝説を検証してみたよ。
第11回:星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】

第11回:星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第11回は五稜郭をご紹介します。旧幕府軍が新政府軍と戦った函館戦争の舞台にもなった稜堡式の城郭。その印象的な星形が特徴ですが、他にもおすすめの撮影ポイントを写真とともにご案内します。
【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

元亀元年7月16日(1570年8月17日)、常陸の戦国大名・佐竹義宣は「鬼義重」こと佐竹義重の息子として誕生しました。父の築いた地盤を受け継いで常陸をほぼ手中に収めた義宣ですが、関ヶ原の戦いの後は遠く出羽へと転封されてしまいます。その理由は彼の人となりが原因だった?今回は佐竹義宣の生涯とゆかりの地をご紹介します。
水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。