御朱印で巡るゆかりの地~カワイイ御朱印編~
2017年7月5日 更新

御朱印で巡るゆかりの地~カワイイ御朱印編~

武将にゆかりのある寺社と御朱印をご紹介する「御朱印で巡る武将ゆかりの地」。今回は趣向を変え、歴史的人物ゆかりの神社でいただける“かわいい御朱印”をテーマにご紹介します。植物や動物をモチーフにしたものから、カラフルなものまで、思わず顔がほころぶ一枚をどうぞ! ※本稿の御朱印は全てみのうち社が現地に赴きいただいてきたものです。御朱印をいただく際は現地に赴き、神様へのお参りもお忘れなく! 

みのうち社みのうち社

葵がちょこん! 徳川将軍家ゆかりの日枝神社

日枝神社

日枝神社

via みのうち社
東京都永田町にある日枝神社。祭神は大山咋神 (おおやまくいのかみ) 。滋賀県比叡山(日枝山)に坐した地主神です。

大山咋神は山と水を司り、農耕の神様として信奉されていました。万物の成長・発展のご利益が転じ、現在では縁結び、商売繁盛、社運隆昌などの神として信奉されています。

日枝神社は大田道灌が河越(埼玉県川越市)の日枝神社と勧請したのが始まりと言われています。
徳川家康が江戸に移封されると、江戸城の鎮守として崇敬されました。江戸城改築移転、焼失などあっちこっち移転をして現在の場所に遷座。徳川歴代将軍と江戸の民衆に手厚く崇敬されてきました。
神猿像右

神猿像右

神猿像左

神猿像左

境内にある「神猿像」。猿は大山咋神の使いの神でもあり、災いが去る(さる)ということで厄よけの神としても親しまれています。また、「猿」という字が「縁」に似ていることから縁結びの神様としても有名です。大山咋神も縁結びにご利益がありますし、ここは全力であやかりたいところ! 境内を歩くだけでも猿のかわいさに癒されますよ!
日枝神社 御朱印

日枝神社 御朱印

via みのうち社
日枝神社の御朱印のカワイイポイントは社紋である葵の印判! ハート型の葵がとってもキュートです。赤と緑のコントラストも高ポイント。

将棋に甲賀に勝負の神! 鳩森八幡神社

鳩森八幡神社

鳩森八幡神社

via みのうち社
JR千駄ヶ谷駅を降りて徒歩5分。藤井四段の快進撃で連日にぎわっている将棋会館の横にある鳩森八幡神社。こちらの御朱印も実にカワイイ御朱印です。

御祭神は応神天皇と神功皇后。貞観2年(860年)に慈覚大師が「正八幡宮」として開いたのが始まりだそうです。八幡宮といえば武の神様として武家の信仰篤く、源氏の氏神でもあります。お隣の将棋会館に集う棋士たちも、「勝負の神様」にあやかりに来ているのだとか。
鳩森八幡神社の富士塚

鳩森八幡神社の富士塚

via みのうち社
境内には江戸時代に流行した富士塚もあり見どころ満載! 鳩森八幡神社の富士塚は都内最古のもの。レッツ登山!
甲賀稲荷社

甲賀稲荷社

via みのうち社
53 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みのうち社

みのうち社

歴史好きなイラストレーター&ライター、デザイナー、編集者の3人組。 武将の城や偉人の史跡、神社仏閣、美術など、身近にあるものでも最大限に楽しめる「歴史エコ」な情報を発信していきたいと思います。 今後は、各種イベントや本の企画など、歴史にまつわる仕事をしていく予定です。よろしくお願いします! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地、2回目は2016年に大ブームを起こした真田幸村編です。幸村ゆかりの土地は主に3か所。真田家の自領である長野県上田市、関ヶ原の戦いで敗軍の将となり幽閉された和歌山県九度山町、そして終焉の地・大阪府大阪市です。この3つの地でいただける真田幸村ゆかりの御朱印をご紹介いたします!
御朱印で巡る武将ゆかりの地~武田信玄・勝頼編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~武田信玄・勝頼編~

老若男女問わずブームとなっている御朱印。最近では寺社オリジナルの御朱印帳が作られたり、期間限定の御朱印などもできたりと盛り上がっています。 武将にゆかりのある寺社では、家紋や旗印をあしらった朱印も多く、歴史好きにはたまらないコレクトアイテムにもなっています。そこで戦国武将を中心に、歴史人物ゆかりの寺社でいただくことができる御朱印をご紹介。今回のテーマは「武田家ゆかりの神社」です。
【頑張れ受験生】その勝負運にあやかりたい!武将ゆかりの必勝祈願神社

【頑張れ受験生】その勝負運にあやかりたい!武将ゆかりの必勝祈願神社

いよいよ受験シーズン本番。「人事を尽くして天命を待つ」とは言いますが、受験を頑張るのとは別に神頼みもしたくなるもの。受験生に人気の神社といえば「学問の神様・菅原道真」を祀った天満宮ですが、今回は合格祈願も期待できる武将ゆかりの神社をご紹介。歴戦を突破した武将にあやかり、受験に打ち勝ちましょう!
あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

大人気2016年大河ドラマ「真田丸」。劇中で主人公の真田幸村(信繁)と、彼を取り巻く真田一族や戦国武将たちによる数々の名シーンの舞台となったゆかりの地をまとめてご紹介します。
加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

7月25日は加藤清正の誕生日。清正は秀吉の子飼いの将として武功を立て、最後は熊本藩の初代藩主になりました。勇猛果敢な武将として有名で、信長亡きあとの織田家の覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」では七本槍に数え上げられています。「虎退治」や片鎌槍など、猛将らしいエピソードも枚挙にいとまがありません。また、お城好きには「築城名人」としても有名なのではないでしょうか? 今回はそんな清正ゆかりの御朱印をご紹介します。
大坂の陣で信繁は使っていない?真田の「六連銭」本当の意味【家紋のルーツ:第3回】

大坂の陣で信繁は使っていない?真田の「六連銭」本当の意味【家紋のルーツ:第3回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は真田の六連銭です。2016年大河ドラマ『真田丸』で一躍有名となった真田家の家紋は、本来は六連銭、しかも幸村(信繁)は大坂の陣で使っていなかった?気になる六連銭のルーツに迫ります。
【武田、上杉、真田…人気武将が続々】この春行きたい!武将まつりまとめ

【武田、上杉、真田…人気武将が続々】この春行きたい!武将まつりまとめ

武者行列に鉄砲演舞と、武将にちなんだおまつりが毎週ごとに開催される4月。各武将ゆかりの地での開催とあり、どれも地元愛あふれるものばかりです。武田信玄、上杉謙信、真田家など人気武将はもちろん、その土地で愛される武将のまつりもぜひチェックしてみてください。
やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

食物や養蚕業をネズミから守るため、古くから猫と共存してきた日本。全国には猫稲荷や猫仏、猫地蔵などが多くあり、その中には武将にまつわるものもあるんです。猫好きはもちろん、歴史ファンなら訪れたい、武将にゆかりのある猫寺&猫神社をご紹介します。
大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート

大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート

長野県上田市真田町にある山家神社は、真田氏が崇敬した神社として知られています。今年2月3日に開催された「山家神社節分祭」では歴史タレント・小栗さくらが参加。大河ドラマ「真田丸」の出演者の方と共に、大いに盛り上がった当日の様子をレポートします。拝殿の儀式など、貴重な場面も見られますよ。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。