どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】
2018年6月15日 更新

どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけさんが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第10回は松江城をご紹介します。水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓、そして現存天守と、どこを切り取っても絵になる松江城のおすすめポイントを写真を中心にご紹介します。

けいすけ(日本の城写真集)けいすけ(日本の城写真集)

松江城

松江城

via 写真提供:日本の城 写真集

松江市街の中心部にある松江城

堀尾吉晴

堀尾吉晴

豊臣秀吉、徳川家康に仕える。孫の忠晴を助けながら松江城と城下町を建設、現在の松江市の礎を築いた。
島根県の県庁所在地・松江市中心部に鎮座する松江城。
関ヶ原合戦後、徳川家に出雲国の支配を任された堀尾氏の拠点として築かれました。
平成27年(2015)に国宝に指定された現存天守をはじめ、水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓と、見どころ満載です。

松江城へのアクセス方法

鉄道の場合は松江駅から「ぐるっと松江レイクラインバス」という便利な観光周遊バスがありますので、「国宝松江城(大手前)」で下車します。
車の場合は山陰自動車道松江玉造インターから10分ほど。城の周辺には駐車場がいくつかあります。観光シーズンには混雑する場合がありますので、ご注意を!

撮影ポイント1:水濠と高い石垣、石垣上の櫓群

【水濠越しに見る松江城】大手門の南、島根県民会館の西か...

【水濠越しに見る松江城】大手門の南、島根県民会館の西からの眺め。石垣上にふたつの櫓が見える。左が南櫓、右が中櫓。

via 写真提供:日本の城 写真集
城に着いたらすぐに大手門を入るのではなく、水濠越しに城を見てみましょう。

ここでいきなり最初の撮影ポイント!高い石垣の上に櫓が建っているのが見えます。
美しさはもちろんのこと、濠と石垣、櫓が織りなす防御力も肌で感じることができます。
いったい誰が櫓からの攻撃を避けつつ、あの高い石垣を登りきれるというのでしょう・・・。

松江城の入り口はココ!大手門へ

【大手前から大手門方向を見る】

【大手前から大手門方向を見る】

往時の石垣が残る。かつてここには木戸門があった。木戸門を入ると巨大な枡形となっていて、眼前の石垣上から見下ろされる形。木戸門を攻め破っても、石垣上からの攻撃を受ける。
via 写真提供:日本の城 写真集
水濠越しの景色を楽しんだらいよいよ大手門へ向かいます。大手門の建物は現存しませんが石垣が残っています。
【大手門左手の石垣】

【大手門左手の石垣】

往時には鯱をつけた巨大な櫓門が建っていた。今は立派な石垣が残る。
via 写真提供:日本の城 写真集
大手門を抜けたら二の丸下の段に入ります。ここですぐに左に曲がり階段を登ると、左手石垣上に立つのが太鼓櫓です。
51 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

けいすけ(日本の城写真集)

けいすけ(日本の城写真集)

Webサイト「日本の城写真集」(http://castle.jpn.org/)の管理人です。日本各地にある遺構の残る城や著名な城を訪問し、城の象徴である天守のみならず、様々な見どころの写真を撮って公開しています。みなさまに城の魅力が少しでも伝われば何よりです。日本全国444城、16,428枚の写真を収録(2017/9/4現在)。Twitterもやっています:https://twitter.com/castle_jpn 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

山城を観光資源として地域活性化をはかる「全国山城サミット」。城ファンにはおなじみのイベントが今年は9月23日(日)と24日(月)島根県安来市の月山富田城で行われます。さらに今年は5年に1度の「戦国尼子フェスティバル」も23日に開催と、一度で二度おいしいイベントの内容をひと足お先にご案内します。
100名城・月山富田城と尼子氏&山中鹿介ゆかりの地

100名城・月山富田城と尼子氏&山中鹿介ゆかりの地

戦国屈指の山城であり、170年余間の尼子氏の衰弱の舞台となった月山富田城(島根県安来市)。戦国の山城と近世の石垣がみられる貴重な城であります。今回は月山富田城の魅力と、本拠地としていた尼子氏、また尼子氏の再興を願い、何度も戦った人気武将・山中鹿介を紹介します。
【築城の名手は転職名人!?】藤堂高虎ゆかりの城とターニングポイント

【築城の名手は転職名人!?】藤堂高虎ゆかりの城とターニングポイント

「築城の名手」とよばれた戦国武将・藤堂高虎。豊臣秀吉や徳川家康に才能を買われ、数多くの築城に関わりました。一方で、7度も主君を変えた「裏切者」という評価もついて回ります。高虎が人生の岐路に関わった名城をたどりながら、たくましく生きた人生をたどってみましょう。
名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

ご当地の歴史と魅力を発信するため活動するおもてなし武将隊。その元祖ともいえる「名古屋おもてなし武将隊」に新メンバーが加入!5月26日(土)に、前田利家と陣笠の太助のお披露目式が行われました。ますますパワーアップする武将隊とともに、6月8日(土)に完成公開される名古屋城本丸御殿もご紹介します。
信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第6回は織田信長の最後の居城で、信長の覇王としての象徴でもあった安土城をご紹介します。今でも残る石垣などから信長が居城とした当時を想像できる素晴らしい城跡です。そんな安土城のオススメのポイントを、写真を中心に紹介していきます。
【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

与板藩は、現在の新潟県長岡市にあった小さな藩です。その系譜は、大河ドラマ「天地人」の主人公でおなじみの直江兼続から、同じく「おんな城主 直虎」で知られる井伊家にまで受け継がれます。また、戊辰戦争においても重要拠点となり、新政府軍に大きな貢献を果たしました。しかしそうなるまでには、波乱万丈な歴史があったのです。今回は、そんな与板藩の成り立ちとゆかりの地をご紹介します。
「日本男色史巡り 第9回:大内義隆」男色が原因で滅亡した!?戦国大名の生涯

「日本男色史巡り 第9回:大内義隆」男色が原因で滅亡した!?戦国大名の生涯

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第9回は、中国・朝鮮にまで名がとどろき、その全盛期は日本で最強最大の戦国大名だった「大内義隆」。6カ国の守護をつとめ、毛利元就も恐れはばかった男が、最も愛した少年とは!?
【 井伊直政も活躍! 】徳川家康と武田信玄・勝頼が奪い合った高天神城

【 井伊直政も活躍! 】徳川家康と武田信玄・勝頼が奪い合った高天神城

静岡県掛川市上土方にあった山城・高天神城。一般的に認知の低い城ですが、戦国時代は「高天神を制する者は遠州を制する」と言われるほどの重要拠点でした。このお城をめぐって、長年にわたり死闘を繰り広げてきた徳川家と武田家。両者はいかに戦ったのか。そしてこの戦いをきっかけに異例の出世を遂げた武将とは…!?高天神城争奪戦の内容を追っていきましょう!
【武田軍と織田・徳川軍が激突!】革新的な戦術が勝敗を決めた「長篠の戦い」ゆかりの地

【武田軍と織田・徳川軍が激突!】革新的な戦術が勝敗を決めた「長篠の戦い」ゆかりの地

東の武田、西の織田、東西の有力大名が初めて激突した「長篠の戦い」。鉄砲を使った「三段式装填法」や、武田の騎馬軍団に対抗する「馬防柵」など、信長が考案した革新的な戦術が繰り出されたことでも有名です。その戦場となった長篠・設楽原(愛知県新城市)には、その名残が今も数多く残っています。今回は「合戦ナンバーワン」との呼び声も高い「長篠の戦い」ゆかりの地をご紹介します。