【有楽町は有楽斎から!?】東京の地名の由来とゆかりの地・山手線編
2018年1月24日 更新

【有楽町は有楽斎から!?】東京の地名の由来とゆかりの地・山手線編

地名にはそれぞれ由来がありますが、徳川幕府が置かれてから急速に発展した東京は、日本の歴史上、新しく生まれた地名が多く、由来が解明しやすいのが特徴です。今回は、東京23区民の足ともいえる山手線の駅名にちなんだ由来とゆかりの地をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回ご紹介する東京の地名はこちら!

今回は山手線編。有楽町から内回りでご案内します。

・有楽町:織田有楽斎は江戸に住んでない?
・秋葉原:鎮火の神様を祀った場所が電気街に
・日暮里:「新堀」から「日暮らしの里」へ
・高田馬場:高田のババとは?
・代々木:“代々”育った“木”だから代々木?

有楽町:織田有楽斎は江戸に住んでない?

JR有楽町駅

JR有楽町駅

駅前には「南町奉行所跡」もあります。
銀座と並び、東京の歓楽街である「有楽町」。江戸時代には大名屋敷が立ち並んでいました。
有楽町という名前は、織田信長の弟・織田有楽斎に由来するといわれています。

千代田区の見解によると、有楽斎が関ヶ原合戦の後、数寄屋橋御門の周辺に屋敷を拝領し、その屋敷跡が「有楽原(うらくはら)」と呼ばれていたことから、のちに有楽町と名付けられたとされています。
織田有楽斎(長益)

織田有楽斎(長益)

織田信長の13歳下の弟。千利休に学び、利休十哲のひとりにも数えられています。
しかし実際は、有楽斎は生涯のほとんどを上方で過ごしており、江戸に屋敷を拝領したという記録も、そもそも江戸に来たという記録も見当たらないのです。

とはいうものの、現在の有楽町を見ると、茶人としても名をはせた有楽斎の華やかな印象が重なって、そう思えなくもない気がしてしまいます。

また、江戸時代の初め、この辺りまで海が入り込んでいたことから、水辺の地名の「浦原」「浦ヶ原」から転じたのでは?という説もあります。

秋葉原:鎮火の神様を祀った場所が電気街に

JR秋葉原駅

JR秋葉原駅

世界に知られる「電気街」も江戸時代は火事が多かったとか…。
電気街やサブカルチャーの聖地として知られる「秋葉原」。この名前になったのは割と最近なんです。

江戸時代、この地域は薪炭や材木を扱う店が多く、何度も大火事の火元になっていました。
明治2年(1869)の大火事の時、東京府はここを防火用の空き地として、鎮火のために神社を設置します。この神社が秋葉大権現を祀っていたことから、「秋葉の原」と呼ばれるようになりました。
現在の秋葉神社(東京都台東区)

現在の秋葉神社(東京都台東区)

今は台東区松が谷3丁目に移転しています。
かつて秋葉神社は駅の北側、現在ではヨドバシAkibaと秋葉原ダイビルの中間にある広場にありました。明治23年(1890)に鉄道が敷かれることになり、移転となったのです。

「あきはばら」と呼ばれるようになったのはその頃からとされ、それまでは「あきばはら」「あきばっぱら」と呼ばれていたとか。まさに「アキバ」だったんですね。

それにしても鎮火の神様を祀った場所が、世界に知られる電気街になるとは、不思議なものです。

日暮里:「新堀」から「日暮らしの里」へ

34 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。
日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

天保13年(1842)4月12日、あるパンが焼きあげられました。「兵糧パン」と呼ばれたそのパンこそ、日本人が初めて作ったパンだったのです。世界遺産・韮山反射炉の製造で知られる幕末の才人・江川英龍は、パンの製造にも目をつけていました。どんな経緯で生まれたのか、またその他の偉人とパンのエピソードもご紹介します。
【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

与板藩は、現在の新潟県長岡市にあった小さな藩です。その系譜は、大河ドラマ「天地人」の主人公でおなじみの直江兼続から、同じく「おんな城主 直虎」で知られる井伊家にまで受け継がれます。また、戊辰戦争においても重要拠点となり、新政府軍に大きな貢献を果たしました。しかしそうなるまでには、波乱万丈な歴史があったのです。今回は、そんな与板藩の成り立ちとゆかりの地をご紹介します。
徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川家康。信長、秀吉とともに三英傑の一人とされ、日本人なら知らない人はいないのではないでしょうか。近年、大河ドラマでの人気も相まって、イメージも変わりつつある家康。この機会に、改めてその偉大過ぎる軌跡をたどってみてはいかがでしょうか。
【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

日本におけるクリスマスの歴史は古く、天文21年(1552)、現在の山口市にあった教会で降誕祭のミサが行われたことが始まりとされます。その後、鎖国によって消えてしまいますが、明治期の禁教令の廃止と共に復活。やがて日本の冬を彩る一大イベントとして定着しました。今回は始まりから、日本初のサンタにケーキ、イルミネーションまで、初づくしのクリスマスとゆかりの地をご紹介します。
【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

まだまだ暑い日が続く9月は、歴史イベントも楽しみなものが盛りだくさん!人気武将のまつりに、注目の展覧会、この秋は幕末維新150周年にちなんだイベントも続々登場します。まつりではしゃぐ秋、芸術に触れる秋、そして歴史を学ぶ秋…いろんな秋をお楽しみください!
再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は、山縣有朋ゆかりの地です。「日本軍閥の祖」とも呼ばれ、明治政府では軍政家として陸軍の礎を築いた山縣有朋。一般的なイメージはあまり良くないようですが、最近ではその評価も見直されつつあります。山縣が歩んだ人生を、墓所・護国寺とともにご紹介します。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。