首長おばけも登場!夏に開催するちょっとコワい奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】
2018年8月1日 更新

首長おばけも登場!夏に開催するちょっとコワい奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、夏に開催されるご当地伝統のお祭りから、お化けや仮面、あの世からの亡者も登場するちょっとコワい奇祭を5つご紹介します。

芳賀日向芳賀日向

 (22706)

夏といえば怪談話。庶民の間で怪談話が始まったのは江戸時代からです。
芝居小屋は暑くて人が入らないため、有名役者も出演がなく休暇を取っていました。そこで始まったのが怪談話。歌舞伎でも「うらめしゃ~」とお岩さんが登場する四谷怪談など、江戸を舞台とした怪談話が人気の定番となりました。

そしてお盆には、あの世からご先祖様の魂が帰り、ご先祖様と一緒にいろいろな悪霊や魂を弔ってもらえなかった亡者もこの世に現れます。盆踊りは、祖先の霊を慰めて供養するために踊りますが、足で地面を強く踏みます。これは大地の中の悪霊を鎮めるためなのです。
このような意味をもつ日本の夏のお祭りには、いろいろと怖いものが登場します。今回はそれらを開催日が早い順に5つご紹介しましょう。

首長お化け出現!?「大四日市まつり」(三重県四日市市)

写真提供:芳賀ライブラリー (22683)

via 写真提供:芳賀ライブラリー
8月第1日曜日を含む土日に三重県四日市市に現れるのは、背の高さ9mもある大入道。大入道は四日市の祭りで一番の人気者です。
昔この町には子供たちにいたずらをする狸がいたので、追い払うために町の人形師が大入道の人形を作って引きまわしたとも、200年以上も前に祭りの余興として地域の人が考えたともいわれています。
 (22684)

四辻では首がするすると伸び、目玉をひんむいて、長い舌をぺろりと出します。大入道の乗る山車には妖怪やお化けの彫刻があり、山車の中には人形を操る人形師や銅鑼や太鼓を叩く人がいます。
(写真提供:芳賀ライブラリー)
開催日:2018年8月4日(土)、5日(日)
場所:四日市駅近辺

優美な亡者踊り「西馬音内盆踊り」(秋田県羽後町)

撮影:芳賀日向 (22695)

via 撮影:芳賀日向
8月16から18日にかけて、秋田県羽後町の細い通りにかがり火を囲んだ長い踊りの輪ができます。

櫓(やぐら)からは艶っぽい歌詞の音頭が流れてきます。編み笠で顔を隠して踊る女性の手は美しく、指がすらっと伸びています。衣装は代々使われてきた着物の切れ端を縫い合わせた「端縫い」で、母から娘へと受け継がれています。

踊りの輪の中で、異色なのが黒の彦三頭巾をすっぽりかぶって目だけ出して踊る男女。盆の夜に、この世に現れた亡者といわれています。月夜を飛ぶ雁(かり)の姿を踊りで表したという亡者踊りの「雁形(がんけ)」は妖艶です。
撮影:芳賀日向 (22696)

via 撮影:芳賀日向
開催日:毎年8月16日~18日
場所:秋田県雄勝郡羽後町

子供が連れ去られる!?「ヨッカブイ」(鹿児島県南さつま市)

写真提供:芳賀ライブラリー (22691)

via 写真提供:芳賀ライブラリー
毎年8月22日、南さつま市金峰町のあちこちで子供の悲鳴が聞こえます。
ヤシの葉のシュロで作られた頭巾をかぶった奇妙な姿の青年が、カマスという稲もみを入れる袋を持って登場。奇声をあげて子供たちに襲いかかり、袋に子供を入れて連れ去ろうとします。
子供にとって、これはとても怖いのでしょう。大声で泣き出します。

彼らは「ヨッカブイ」と呼ばれる大河童。昔、河童が悪さをして子供を川に引きずり込んだとのいわれにちなみ、捕まった子供は水難に遭わないといわれる、実はありがたいお祭りなのです。
28 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

芳賀日向

芳賀日向

はがひなた。祭り写真家。1956年長野県生まれ。米国西イリノイ大学文化人類学科卒業。30年間に渡り世界の祭り48ヵ国、日本各地の祭りを撮り続ける。週刊朝日百科『日本の祭りシリーズ』連載(朝日新聞出版)、『祭りを撮る』監修(旅行読売出版社)、『日本全国祭り図鑑』監修(フレーベル館)など。写真展「世界のカーニバル」、「被災地の夏祭り」(キヤノン)他。日本写真家協会会員。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一度は見たい!全国の「性」にまつわる奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

一度は見たい!全国の「性」にまつわる奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は「性」にまつわる祭りです。日本の神様はとても人間らしく、祭りの中にも「性」に関する象徴や所作が数多く登場します。子孫繁栄、安産祈願はもちろん、農作物の豊作を願う「性」の祭りを5つ紹介します。
意外に知らない?渋谷以外にもある「忠犬ハチ公」銅像物語

意外に知らない?渋谷以外にもある「忠犬ハチ公」銅像物語

昭和9年(1934)4月21日、渋谷駅前にハチ公の銅像が設置されました。渋谷駅で帰らぬ主人を待ち続けた忠犬ハチ公は、ハリウッドでも映画化され、今も世界中の人々に親しまれています。今回はハチの生涯と銅像にまつわる話、さらに渋谷以外にもある銅像をご紹介しましょう。
沖縄県・首里城公園で琉球王国時代の祭り「百人御物参」が再現

沖縄県・首里城公園で琉球王国時代の祭り「百人御物参」が再現

琉球王朝時代に首里城で行われていた祭祀「百人御物参」。神女が首里城および周辺の聖域(御嶽)を巡拝する祭祀行事です。その百人御物参が今年も首里城公園にて3月3日、4日に再現されます。
【鹿児島三大行事】西郷隆盛や大久保利通も参加した!島津ゆかりの妙円寺詣りとは?

【鹿児島三大行事】西郷隆盛や大久保利通も参加した!島津ゆかりの妙円寺詣りとは?

妙円寺詣りとは、鹿児島市内から日置市伊集院町まで、約20kmの道のりを歩いて参拝する伝統行事のことです。これは、関ヶ原の戦いで敵中突破を果たした島津勢の苦難をしのび、当時の武士たちによって始められました。しかも、西郷隆盛と大久保利道も参加していたんです。今回は戦国ファンも幕末ファンも気になる、鹿児島三大行事のひとつ、妙円寺詣りをご紹介します。
【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

2017年も残りわずか。12月も年の締めくくりにふさわしい歴史イベントが開催されます。全国各地で開催される「忠臣蔵」のお祭りに、大河ドラマ「西郷どん」関連の施設の登場、そしてお城好きのための祭典「お城EXPO2017」と、歴史好きならどれもはずせないコンテンツが目白押しです。立花宗茂など、周年記念の展覧会もあり。年末も盛り上がっていきましょう!
源平、戦国、幕末…バラエティ豊かな11月イベントまとめ

源平、戦国、幕末…バラエティ豊かな11月イベントまとめ

肌寒くなってきた11月ですが、イベントはまだまだ熱い!石田三成など人気の戦国武将のまつりに、幕末維新がテーマの展覧会、源平や姫にちなんだ行列など、バラエティに富んだイベントが開催されます。どの時代のファンも嬉しい、地元愛に溢れたイベントの見どころを紹介。さっそくチェック!
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

元亀元年7月16日(1570年8月17日)、常陸の戦国大名・佐竹義宣は「鬼義重」こと佐竹義重の息子として誕生しました。父の築いた地盤を受け継いで常陸をほぼ手中に収めた義宣ですが、関ヶ原の戦いの後は遠く出羽へと転封されてしまいます。その理由は彼の人となりが原因だった?今回は佐竹義宣の生涯とゆかりの地をご紹介します。
【7月13日はオカルト記念日】日本にもエクソシストはいた?各地に残る悪魔払いの風習

【7月13日はオカルト記念日】日本にもエクソシストはいた?各地に残る悪魔払いの風習

今から44年前の7月13日、日本で初公開され大ヒットしたのが、オカルトブームの火付け役となった映画『エクソシスト』。これを記念して、7月13日は「オカルト記念日」に制定されているのをご存知でしょうか。そこで今回は「エクソシスト=悪魔払いの祈祷師」にちなんで、日本に残る「悪魔払い」の風習や、それにまつわる場所を紹介します。
祭り写真家が教える!フォトジェニックな夏の花火大会&ねぶた祭り【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家が教える!フォトジェニックな夏の花火大会&ねぶた祭り【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は夏の風物詩・花火大会と夜祭りです。全国各地で開催される祭りから、特にフォトジェニックなものをプロが厳選。花火の上手な撮影方法も伝授します!