5千石でも大大名!参勤交代も免除された日本一小さな藩・喜連川藩
2017年1月13日 更新

5千石でも大大名!参勤交代も免除された日本一小さな藩・喜連川藩

通常、大名といえば1万石以上の石高をもってそう呼ばれます。しかし、わずか5千石で10万石の格式とみなされ、江戸幕府からも優遇を受けていた小さな藩があったことをご存知ですか?今回は、何とも不思議な藩・喜連川藩についてご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

足利氏の血を引く格式!「喜連川氏」とは?

喜連川家が治める「喜連川藩」は、下野国塩谷郡喜連川にありました(現在の栃木県さくら市)。室町幕府を創設した足利尊氏の息子である基氏の流れを汲んでいます。
初代鎌倉公方・足利基氏

初代鎌倉公方・足利基氏

室町幕府から関東を治める鎌倉公方に任じられましたが、やがて将軍家とは対立、内紛もあって衰退してしまいました。その上、近隣の北条氏の圧迫もあったのです。

しかし、豊臣秀吉による北条征伐の後、秀吉は名門の血統を惜しみ存続させることにします。
当時鎌倉公方は分裂し、古河公方と小弓公方に分かれていました。そこで、古河公方の跡取り・足利氏姫と小弓公方・足利国朝を縁組させ、下野喜連川に3,500石を与えて喜連川氏を名乗らせたのです。国朝がすぐに亡くなったため、氏姫はその弟・頼氏と再婚しました。

関ヶ原の戦いには参戦しませんでしたが、頼氏は徳川家康に戦勝祝いの使者を送り、1,000石の加増を受けて旗本となります(後5,000石に)。
 (1531)

さくら市にあった喜連川陣屋跡地は、さくら市喜連川庁舎(旧喜連川町役場)に。模擬大手門があります。

参勤交代も免除!すべてが特例だらけの家柄

室町幕府初代将軍・足利尊氏

室町幕府初代将軍・足利尊氏

さて、4,500石では大名扱いにも藩にもなれません。しかしどうして喜連川藩となることができたのかというと、それはやはり家柄にありました。足利家は清和源氏の流れを汲む家柄でしたし、かつての将軍家でもあったわけです。そして、徳川家もまた源氏の血流であることを称していました。そのため、同じ源氏であり将軍家までつとめた足利家に連なる喜連川家の格式を優遇したのです。
喜連川城址。

喜連川城址。

現在はお丸山公園となり、山頂には高さ49.5メートルの喜連川スカイタワーが建てられている。
まず、喜連川藩には参勤交代が免除されていました。
一応、自主的に参勤交代をしてはいたようですが、妻子を江戸に置く必要もありませんでしたし、賦役も免除されていました。
そして、喜連川藩は御所号を許されていました。これは藩主を「御所さま」と呼ぶということでもあり、簡単に言えば「ものすごい高位」ということなのです。御所さまなんて、天皇や皇族にしか使われないような呼び方ですからね。
また、当初は将軍に拝謁するときの伺候席が、大廊下という最も良い場所でした。しかし一方で、正装は素襖という六位以下が着る装束となっており、官位もなかったのです。大名と旗本、どちらの枠にも当てはまらない不思議な存在だったのですね。

優遇されても常に財政は火の車!

「さくら市に残る寒竹囲い:維持がしやすくローコスト、藩...

「さくら市に残る寒竹囲い:維持がしやすくローコスト、藩主推奨の一品」

様々な優遇を幕府から受けてはいても、5,000石では、いくら財政改革に腐心しても懐具合は厳しいものでした。こんな状態だったので、11代目に細川家から迎えた当主は出奔してしまったほどです。
唯一、喜連川藩の助けとなったのは、仙台藩の参勤交代が領地を通る時でした。宿場町として逗留してもらえれば、かなりの金額を落としていってくれたのです。
そのため、10代藩主・煕氏はいつもその行列を待ち構えていたということです。
橋の下で釣りをしながら待っており、藩主の頭の上を通るわけには行かないと挨拶に来る伊達家からの御進物、そして話を引き伸ばしてうまいこと喜連川に泊まってもらうという作戦だったそうですよ。
仙台藩もできれば節約したいものですから、喜連川を迂回したこともありました。すると煕氏はわざわざ江戸城まで行ったなんて話もあります。
まあ、喜連川藩にしてみれば死活問題だったので・・・と擁護してみます。これも煕氏なりの処世術だったということで。
「名君と呼ばれた喜連川煕氏が開削した御用堀」

「名君と呼ばれた喜連川煕氏が開削した御用堀」

16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
平家の落人伝説が残る湯西川温泉で、冬の風物詩「かまくら祭」を楽しもう

平家の落人伝説が残る湯西川温泉で、冬の風物詩「かまくら祭」を楽しもう

平家落人伝説の地のひとつ、栃木県日光市の湯西川温泉。湯西川の冬の風物詩として人気を集めているのが、日本夜景遺産にも認定された「かまくら祭」です。近年ではSNS映えスポットとしても注目されています。冬の湯西川で、平家の落人伝説を辿りつつ、幻想的な夜を楽しんでみませんか?
東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。2019年は「海道一の弓取り」といわれた今川義元の生誕500年。そこで今回は今川氏の家紋「二つ引両紋」を中心にご紹介します。謎多き二つ引両紋のルーツを、足利氏との関係とあわせて紐解いてみましょう。
【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

西郷隆盛のいとこであり、西郷の肖像画のモデルのひとりになったと言われる大山巌。大河ドラマ「西郷どん」には登場しませんでしたが、戊辰戦争で頭角を現した大山は、西南戦争では西郷と戦い、やがて新政府の重鎮となりました。西洋文化に傾倒し、政治的野心とは無縁のおおらかな人物だったようです。そんな大山巌の生涯とゆかりの地をご紹介します。
気になる『平成』の次は?史跡足利学校の企画展「元号」で新元号を予想しよう

気になる『平成』の次は?史跡足利学校の企画展「元号」で新元号を予想しよう

日本最古の学校、日本遺産である栃木県の史跡足利学校。2019年の新元号制定を前に、元号の由来や変遷を紹介する企画展「元号」が12月2日まで開催中。元号ってどうやって決めてるの?という疑問をお持ちの方にぜひ見ていただきたい、出典元となった貴重な資料を公開。気になる『平成』の次の元号を予想してみてはいかがでしょうか。
【愛した道鏡との伝説も…】女帝・孝謙(称徳)天皇ゆかりの地

【愛した道鏡との伝説も…】女帝・孝謙(称徳)天皇ゆかりの地

東大寺の大仏を建立したことでも有名な聖武天皇の娘として生まれた孝謙天皇。史上6人目の女帝であり、2度の即位を果たした人物でもあります。寵愛する人物を側近に置き、時には入れ込みが過ぎるなど、波乱に満ちた彼女の生涯とともに、ゆかりの地を追ってみました。最期には、愛した道鏡との伝説も…?
偉人の銅像も!ご当地の歴史が学べる人気「道の駅」5選

偉人の銅像も!ご当地の歴史が学べる人気「道の駅」5選

ご当地の特産品やグルメを楽しむことができ、ドライブの途中で立ち寄れる人気観光スポット「道の駅」。なかにはその土地の歴史を紹介する施設が併設されている道の駅もあるんですよ。今回は「歴史も学べる道の駅」を全国から厳選!夏休みの旅行の際に、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
この夏行きたい「日本遺産」3選!アイヌ、那須、星降る里…歴史の新たな一面に触れる旅

この夏行きたい「日本遺産」3選!アイヌ、那須、星降る里…歴史の新たな一面に触れる旅

日本各地の文化や伝統を国内外に発信するべく文化庁が認定している「日本遺産」。まだ耳慣れない方もいると思いますが、実は歴史好きにもたまらない、知られざる日本の魅力に出会える遺産が揃っているんです。今回は2018年5月に新たに登録された13件の中から、夏の旅行先におすすめのものを3つご紹介します。
【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。