必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】
2018年9月27日 更新

必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第13回はユニークな石垣をもつ3城、「岡城」「米子城」「大和郡山城」をご紹介します。岡城の高石垣、米子城の登り石垣、大和郡山城の天守台…いずれも当時の建物は残らなくても、石垣だけで魅力十二分!そんな3城の見どころを写真を中心に紹介していきます。

けいすけ(日本の城写真集)けいすけ(日本の城写真集)

高石垣が圧巻の岡城(大分県竹田市)

【岡城の最大の見どころ、三の丸高石垣】少し曲線を描く高...

【岡城の最大の見どころ、三の丸高石垣】少し曲線を描く高石垣が美しい。この山の中にこれだけの石垣をどうやって築いたのだろうか?

via 写真提供:日本の城 写真集
まず最初に紹介するのは大分県の岡城です。豊後国の山間部に位置し、急峻な山に築かれた壮大な高石垣が魅力の城です。その代表が上に紹介した三の丸の高石垣。岡城といえばこの石垣、というシンボル的存在です。山の中に美しく築かれた高石垣は、まさに一見の価値ありです。

大手道で見える蒲鉾形の石

岡城の石垣は高石垣だけではありません。他にも魅力的な石垣がたくさんあります。順番に紹介していきましょう。
【蒲鉾形の石】大手門への道脇右手には大変珍しい蒲鉾形の...

【蒲鉾形の石】大手門への道脇右手には大変珍しい蒲鉾形の石が並ぶ。石の頂点には穴が開いており、かつては石の上に壁が建てられていた。

via 写真提供:日本の城 写真集
【西の丸 賄方付近のようす】石垣で作られた曲輪が何段も重なる

【西の丸 賄方付近のようす】石垣で作られた曲輪が何段も重なる

via 写真提供:日本の城 写真集

特徴的な石の積み方3選

ここで岡城で見られる特徴的な積み方の石垣を3つご紹介します。
【大手門石垣】この石垣上にかつて櫓門が建てられていた。...

【大手門石垣】この石垣上にかつて櫓門が建てられていた。石垣に凸凹があるのが特徴で、滅多に見られない形式。

via 写真提供:日本の城 写真集
【三の丸虎口石垣】非常に整った石で石垣が積まれている

【三の丸虎口石垣】非常に整った石で石垣が積まれている

via 写真提供:日本の城 写真集
【本丸石垣】ひし形の石が積み込まれる「落とし積み」と呼...

【本丸石垣】ひし形の石が積み込まれる「落とし積み」と呼ばれるもの

via 写真提供:日本の城 写真集
岡城は、戦国時代には薩摩の強豪・島津家の猛攻に耐えた難攻不落の城です。また、山間部にありながら江戸時代も岡藩の藩庁として機能し立派な石垣が残ります。この要害の地に築かれた圧巻の石垣は見落とせません。

近年登り石垣が発見された米子城(鳥取県米子市)

40 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

けいすけ(日本の城写真集)

けいすけ(日本の城写真集)

Webサイト「日本の城写真集」(http://castle.jpn.org/)の管理人です。日本各地にある遺構の残る城や著名な城を訪問し、城の象徴である天守のみならず、様々な見どころの写真を撮って公開しています。みなさまに城の魅力が少しでも伝われば何よりです。日本全国444城、16,428枚の写真を収録(2017/9/4現在)。Twitterもやっています:https://twitter.com/castle_jpn 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

のんびり過ごす年末年始もいいですが、せっかくのお休みですし、どこかに出かけてみませんか?今回は、年末年始でも間に合う!穴場的な偉人ゆかりの地や、おすすめスポットを紹介します。2018年に周年を迎える平清盛や伊能忠敬、特別番組で話題の「風雲児たち」ゆかりの地もこの時期ならねらい目ですよ。
【鳥取城渇え殺し】城兵の命と引き換えに自刃した吉川経家

【鳥取城渇え殺し】城兵の命と引き換えに自刃した吉川経家

羽柴秀吉による中国征伐では、水攻めや兵糧攻めといった作戦が多く用いられました。毛利方の武将・吉川経家が守った鳥取城もまた、壮絶な兵糧攻めの対象となったことで知られています。飢餓状態に追い込まれた城内の人々を前に、自らの命を引き換えに彼らの助命を願い出た経家。秀吉にも惜しまれた勇敢なる武将・吉川経家のゆかりの地をご紹介します。
つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
城好きなら制覇したい!日本三大山城

城好きなら制覇したい!日本三大山城

日本三大山城とは一般的に岩村城(岐阜県恵那市)、高取城(奈良県高市群)、備中松山城(岡山県高梁市)をさします。標高が721mと最も高い場所にあるのが岩村城、麓から頂上までの比高が390mと最も高いのが高取城、そして備中松山城は天守が現存する唯一の山城。城好きならぜひ制覇して欲しい三大山城を紹介します。
井伊直虎以外にも全国各地にいた!「おんな城主」たちのゆかりの地まとめ

井伊直虎以外にも全国各地にいた!「おんな城主」たちのゆかりの地まとめ

現在放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。ドラマ人気にあやかり、井伊直虎を観光の目玉としている静岡県浜松市ですが、実は日本各地で「直虎だけじゃない!」と地元に伝わるおんな城主たちをPRしているのをご存じでしょうか。そこで日本全国おんな城主にゆかりのある地を、逸話とともにまとめてご紹介します。
【築城の名手は転職名人!?】藤堂高虎ゆかりの城とターニングポイント

【築城の名手は転職名人!?】藤堂高虎ゆかりの城とターニングポイント

「築城の名手」とよばれた戦国武将・藤堂高虎。豊臣秀吉や徳川家康に才能を買われ、数多くの築城に関わりました。一方で、7度も主君を変えた「裏切者」という評価もついて回ります。高虎が人生の岐路に関わった名城をたどりながら、たくましく生きた人生をたどってみましょう。
いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

戦国時代、小田原城を拠点に活躍した北条氏。今年2018年は、初代早雲から二代氏綱へ家督が譲られ、小田原を本拠とした1518年から500年目の年。そして来年2019年は、早雲公の没後500年目を迎えます。そのためこの2年間、神奈川県小田原市ではあらためてその功績を広めるべく「北条早雲公顕彰五百年事業」として様々なイベントが実施されています。
完成から1300年!『古事記』と『日本書紀』が生まれた奈良県で古代ロマンに浸る旅

完成から1300年!『古事記』と『日本書紀』が生まれた奈良県で古代ロマンに浸る旅

2012年に完成から1300年を迎えた『古事記』、そして2020年には『日本書紀』も完成から1300年を迎えます。『古事記』と『日本書紀』が編纂された奈良県では、2020年までの間『記紀・万葉プロジェクト』が立ち上げられ、関連イベントも開催中。悠久の時を越え、奈良で古代ロマンに触れてみませんか?
愛されて9周年!名古屋城で「名古屋おもてなし武将隊」結成記念祭り&限定コラボ開催

愛されて9周年!名古屋城で「名古屋おもてなし武将隊」結成記念祭り&限定コラボ開催

名古屋城を拠点に活動中の人気武将隊「名古屋おもてなし武将隊®」。11月23日(金・祝)にはその結成9周年を記念した「9周年祭」が開催されます。あわせて、11月いっぱいは名古屋城で関連イベントやコラボ企画も実施中!武将隊を祝うとともに、盛り上がる名古屋を一緒に楽しみませんか?
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。