【岐阜市の熱い信長愛!】小栗さくらの「第11回信長学フォーラム」レポート
2017年12月2日 更新

【岐阜市の熱い信長愛!】小栗さくらの「第11回信長学フォーラム」レポート

織田信長が岐阜に入城、命名してから450年にあたる2017年。11月26日(日)に開催された「第11回信長学フォーラム」も、信長のおもてなしや、茶道・茶人との関係を中心に、例年以上の濃い内容となりました。今回は、「信長公と千利休」のパネルディスカッションに参加した小栗さくらが、当日の様子をレポート。12月17日(日)まで開催されている「信長公ギャラリー」もご紹介します!

小栗さくら小栗さくら

織田信長居館跡・発掘現場

織田信長居館跡・発掘現場

via 提供:岐阜市教育委員会
信長が岐阜城で「おもてなし」をした相手は、宣教師ルイス・フロイスや豪商・津田宗及、公家・山科言継などさまざまな立場の人物が知られています。

細江市長と本郷先生は、津田宗及の記録に残る「岐阜城でのおもてなし」について詳しくお話してくださいました。
信長は、岐阜城の麓にある居館で、宗及一人のために茶会を開きました。茶会といっても点前(お茶をたてること)のみではなく饗膳のふるまいもあったと本郷先生。宗及はその時にふるまわれた豪勢な食事内容を書き残してくれていて、これは岐阜城で出された唯一の食事の記録として現在も伝わっています!

それを再現した御膳の写真があったのですが、とにかく食べきれないほどの種類と、海の幸が豊富な御膳!ところがその御膳も、ただ豪華なだけではありませんでした。料理の中には、日本海で獲れる鱈や太平洋側で獲れるニシガイなどが使われていて、これらは信長が自らの支配地域を示している可能性があるそうです。料理一つにも信長の演出を感じますね。
織田信長居館CG

織田信長居館CG

ルイス・フロイスは、岐阜城山麓の居館を「宮殿」と呼び「地上の楽園」とまで記しました。
via 提供:岐阜市教育委員会
現在発掘中の岐阜城「信長公居館跡」にもそうした信長の演出が見える部分があります。館の入口に巨石が置かれていたり、庭園には大きな滝が2つあったと考えられるなど、信長は城を「魅せる」だけではなく自らの力を「見せる」演出も得意な人物ですよね。
一方で、単に人を驚かせたり喜ばせたり、人がやらないことを実践するのが好きな部分もあったのでは…と私個人は思っています。

矢部先生は、商人たちが信長との結びつきを求めて岐阜の茶会にやってきたことや、茶道が政治色を持ったきっかけが岐阜といえるというお話をされ、細江市長は、岐阜では今も茶道がさかんで、それが信長が遺した財産であると語られていました。

現代も息づく、信長の「岐阜愛」

茶道だけではなく、信長が岐阜に遺した「おもてなし」は現在も息づいています。
岐阜市は、「信長公のおもてなしが息づく 戦国城下町・岐阜」を発信して、信長の頃から続く鵜飼いや、「信長おもてなし御膳」が食べられる旅館など、訪れた人が毎回楽しめるように工夫された観光に力を入れています。

私がそうした岐阜の方の「信長愛」に感銘を受けたお話をすると、細江市長は「岐阜人の信長愛」だけではなく「信長の岐阜愛」に触れられていました。信長は安土に移った後も、何度も岐阜に立ち寄り連泊しているのに対し、ほかの中継地では一泊だったのだそう。岐阜は信長にとって心のふるさとのような感覚があったのでは、と細江市長は考えていらっしゃるようです。

「岐阜」は信長が地名を改めた場所ですし、岐阜城にいる間に、信長の人生において重要なできごとや戦いが起こっています。特別な想いがあっても不思議ではありませんよね。

岐阜での信長の話を聞いていると、武将としてだけではなく、人間らしさやもてなしの心、商売っ気、信長の合理性や好奇心など、表情豊かな姿が見えてきます。
そうした先人の良さを埋没させず、さまざまな方法で取り組みを続ける岐阜市は、お世辞抜きで本当に素晴らしいです。
日本各地に行かれている本郷先生も、最後は岐阜の素晴らしさについて語られて「信長学フォーラム」が終了となりました。

2017年12月17日(日)まで開催!「信長公ギャラリー」

提供:小栗さくら (10804)

via 提供:小栗さくら
現在、ぎふメディアコスモスでは、「体感!戦国城下町・岐阜 信長公ギャラリー」が開催されています。
信長役を演じられた歴代の俳優さんのパネル展示や、大河ドラマで使われた衣装、岐阜城信長公居館跡を案内してくれる劇場など、とても「無料」とは思えない展示が楽しめます。
織田信長蝋人形

織田信長蝋人形

入り口では、今にも動き出しそうな信長がお出迎え!
大河ドラマ「国盗り物語」で信長役を演じられた、高橋英樹さんの声でお話してくれます。
via 提供:小栗さくら
来場者に人気なのは、「空中ブランコ」!
3D眼鏡をかけて、ブランコに座ると、まるでアルプスの少女ハイジのように岐阜城の上空を空中ブランコで楽しむことができます。ジェットコースターのようなスリルも味わえるので、お子さんにも大人気でしたよ。
信長公居館CG

信長公居館CG

こちらは、信長公の居館CGをゲーム感覚で操作できる体験型の展示。
濃姫の「帰蝶」からきているのか、プレイヤーは蝶になって館の内外をヒラヒラ飛び回ります。
天井から庭先まで、豪華で細かな細工を見ることができますよ!
via 提供:小栗さくら
提供:小栗さくら (10808)

信長公ギャラリーのグッズ店で買える「天下布武」印は、在庫がなくなり次第終了とのこと…!ご購入はお早めに。
via 提供:小栗さくら
提供:小栗さくら (10811)

「おもてなし劇場」では、小姓の皆さんが岐阜城の信長公居館を詳しく案内してくれます!
岐阜城に行く前にここで予習しておくと、発掘現場に行った時の感動が違いますよ。

信長公ギャラリーは12月17日(日)までの開催となりますので、今しか見られない展示を是非ご覧くださいね。
via 提供:小栗さくら
 (10821)

48 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
戦国の革命児・織田信長! 銅像でたどる覇王の生涯「ニッポン銅像探訪記 第7回:織田信長像」

戦国の革命児・織田信長! 銅像でたどる覇王の生涯「ニッポン銅像探訪記 第7回:織田信長像」

「有史以来、もっとも有名な日本人は誰か?」なんて国民調査は行われたことがないですが、行われれば間違いなくTOP3には入る人物なのが、今回紹介する織田信長。「天下人」「魔王」「麒麟児」「革命家」など彼を讃える称号は多くありますが、どんな言葉であってもその範疇に収まらないほど、日本人として規格外の人物でした。今も日本人が大好きな人物ゆえ、銅像も数多く残っています。今回は彼の略歴や居城の変遷を追いかけながら、覇王の像を紹介していきましょう。
新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルが古戦場をレポートする連載。第5回は「関ヶ原の戦い」です。岐阜県関ケ原町を舞台に慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)勃発した、天下分け目の戦い。今回はその戦いの舞台となった、東軍西軍の武将たちの陣跡を足軽さんと巡ります。話題の新説による布陣を現場検証してみると…?
信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第2回は「長篠の戦い」です。1575年6月29日(天正3年5月21日)、織田信長・徳川家康の連合軍と、武田勝頼の軍勢が現在の愛知県新城市近辺で激突。織田軍による鉄砲隊の活躍により、当時最強といわれた武田騎馬隊は大敗。武田軍の名将たち最期の場所など、合戦ゆかりの地をご紹介します。
実は桔梗紋じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

実は桔梗紋じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は明智光秀の桔梗紋です。前半生が謎に包まれた光秀ですが、そもそも桔梗紋じゃなかった?さらに産湯が4カ所もあるなど、光秀の謎と桔梗紋のルーツに迫ります。
越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

室町時代から5代、約100年にわたって越前(福井県)を中心に栄華をきわめた朝倉氏。その城下町である一乗谷のにぎわいは、京のように華やかだったそうです。一時期は明智光秀も仕えたものの、織田信長に滅ぼされてしまった朝倉義景と、朝倉氏の繁栄と文化レベルの高さを偲ばせる一乗谷朝倉氏遺跡についてご紹介します。
本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

織田信長が居城・安土城で徳川家康に振る舞ったといわれる饗応膳「天正十年安土御献立」。安土城の近くにあるホテル「休暇村近江八幡」(滋賀県近江八幡市)ではそれを再現した饗応膳を1日10食限定で提供中です。本能寺の変の引き金?ともいわれる膳にまつわる逸話と再現された「信長饗応膳」をご紹介します。
名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

ご当地の歴史と魅力を発信するため活動するおもてなし武将隊。その元祖ともいえる「名古屋おもてなし武将隊」に新メンバーが加入!5月26日(土)に、前田利家と陣笠の太助のお披露目式が行われました。ますますパワーアップする武将隊とともに、6月8日(土)に完成公開される名古屋城本丸御殿もご紹介します。
「国盗り物語」は親子二代によるものだった?斎藤道三の真相

「国盗り物語」は親子二代によるものだった?斎藤道三の真相

下克上を成し遂げた武将として、司馬遼太郎の小説「国盗り物語」などで活躍が知られるものの、いまだ謎の多い斎藤道三。実は彼の美濃平定は父との二代で成し遂げたものだったという説が有力になってきました。明智家も仕えたとされる道三とはどんな人物だったのか。その真相に迫るとともにゆかりの地をご紹介します。