【勝運、金運、縁結び】初詣に行きたい!武将ゆかりの神社とお寺
2017年12月22日 更新

【勝運、金運、縁結び】初詣に行きたい!武将ゆかりの神社とお寺

新年の行事に欠かせない初詣。開運に出世運、金運、勝運、縁結びと願いは尽きないもの。今回は武将にゆかりのある神社やお寺の中でも、ご利益に特化した場所を全国より厳選してご紹介します。三英傑はもちろん、信玄や謙信、幸村や政宗と推し武将のゆかりの地で願いを叶えてもらいましょう♪

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回ご紹介する武将ゆかりの神社とお寺はこちら!

・織田信長:熱田神宮(愛知県名古屋市)
・豊臣秀吉:豊国神社(京都府京都市)
・徳川家康:増上寺(東京都港区)
・武田信玄:武田神社(山梨県甲府市)
・上杉謙信:林泉寺(新潟県上越市)
・真田幸村:真田神社(長野県上田市)
・伊達政宗:大崎八幡宮(宮城県仙台市)
・北条早雲:箱根神社(神奈川県足柄下郡)
・毛利元就:厳島神社(広島県廿日市市)
・長宗我部元親:若宮八幡宮(高知県高知市)

信長が必勝祈願した熱田神宮(愛知県名古屋市)

 (11558)

日本武尊が振るった霊剣・草薙剣が神格化した熱田大神を祀る熱田神宮。
永禄3年(1560)、織田信長が今川義元との桶狭間の合戦の前に、参拝して戦勝を祈願した神社です。境内には、桶狭間の戦いに勝利したお礼に奉納した「信長塀」があり、長篠の出陣の際に修造を命じたという、信長のお墨付き?神社です。

熱田神宮には目の神様を祀る「清水社」や、肩から上の部分(頭部)に関しての御利益があるとされ、頭痛や脳梗塞などに効果があるとされる「上知我麻神社」など、境内の内外に43に及ぶ社が祀られたパワースポットとして知られています。それぞれのご利益を要チェックしてお出かけください。

出世の神!豊臣秀吉を祀る豊国神社(京都府京都市)

豊国神社

豊国神社

後陽成天皇から下賜された神号「豊国大明神」の名前で、豊臣秀吉を祀る豊国神社。庶民の生まれながら太政大臣まで大出世を果たしたことから、出世、勝運の神様として崇高を集めています。

死後の翌年の慶長4年(1599)、遺命により遺骸が方広寺近くの阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬され、その麓に鎮守社として廟所が建立されたのが起源とされます。豊臣家滅亡とともに、徳川家の命で廃絶となりましたが、明治天皇の勅命により再興されました。国宝の三唐門に数えられる、桃山時代らしい豪華絢爛な門も必見です!

豊国神社は全国各地にありますので、気になる方はお近くの神社をチェックしてみてください。

勝運、厄除けのご利益を得られる増上寺(東京都港区)

増上寺

増上寺

via 撮影:ユカリノ編集部
浄土宗七大本山であり、東国の要である増上寺は、家康が関東に国替えとなった後、天正18年(1590)から菩提寺となりました。

増上寺安国殿に安置されている黒本尊(阿弥陀如来像)は、勝運、厄除けのご利益で知られています。家康が戦場でも拝んでいた念持仏で、数々の戦に勝ち、度重なる災難を退けたのは、この黒本尊の力によるものといわれています。秘仏のため普段は見られないのですが、年3回(正月、5月、9月)、各15日にご開帳されます。ぜひ、正月15日に行ってみてはいかがでしょうか。

また、秀忠・家宣・家継・家重・家慶・家茂と彼らの妻たちの墓がありますので、お墓まいりも兼ねられますよ。
53 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
御朱印で巡る武将ゆかりの地~上杉謙信・景勝編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~上杉謙信・景勝編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は上杉家ゆかりの御朱印をご紹介します。上杉家といえば上杉謙信の本拠地・春日山。そして上杉景勝の時代に移封となった米沢です。どちらも上杉家らしい、威厳と厳格が感じられる素敵な寺社が特徴的です。
あの戦国武将たちも愛した!ゆかりの隠し湯で伝説と史跡を巡りたい

あの戦国武将たちも愛した!ゆかりの隠し湯で伝説と史跡を巡りたい

かつて武士たちは戦いに明け暮れる日々を過ごしていました。合戦といえば怪我がつきもの。そんな武士たちの傷を癒やすために各国の領主たちが使わせたのが「隠し湯」といわれる温泉です。そんな隠し湯と周辺のゆかりの地をご案内いたします。
【 地元ゆかりの武将愛があふれる 】武者行列に鉄砲演武も!この春行きたい武将まつりまとめ

【 地元ゆかりの武将愛があふれる 】武者行列に鉄砲演武も!この春行きたい武将まつりまとめ

武将まつりと聞くと武者行列が頭に浮かぶのではないでしょうか?勇壮な武者行列はもちろんですが、武将の命日や、戦いで亡くなった人々への追悼の意も込められています。武将まつりの背景を知れば、もっと武将のことが好きになりますよ。何より実際に足を運んでみるのが一番!4月から5月に開催される武将まつりをご紹介します。
首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

平将門といえば東京都千代田区にある将門の首塚が有名ですが、そこから約85kmほど離れた栃木県足利市には将門の‟首以外”の部位が落ちたといわれる場所があります。伝説が残る足利市の将門ゆかりの地を追っていきましょう。
信長に信頼され、秀吉も恐れた!?稀代の戦国武将・蒲生氏郷

信長に信頼され、秀吉も恐れた!?稀代の戦国武将・蒲生氏郷

あの織田信長に見込まれた戦国武将・蒲生氏郷。もう少し長生きしていれば…と歴史好きなら誰もがそう思う名将です。その才能を重宝した秀吉も、実は内心恐れていたのではないかとさえいわれているほどなんですよ。近江で生まれ、伊勢、会津と転封となった氏郷のゆかりの地を巡りながら、彼の生涯をご紹介します。
御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回はカッコいい御朱印をご紹介します。髑髏(どくろ)や龍などカッコいいモチーフは、見た目だけでなくきちんと由来があるのも特徴です。なんとなくオタク心もくすぐられる、粋な御朱印をご紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。
【足利学校、鑁阿寺、美人弁天まで】足利氏ゆかりの地・足利市のオススメ史跡

【足利学校、鑁阿寺、美人弁天まで】足利氏ゆかりの地・足利市のオススメ史跡

南北朝時代の偉人・足利尊氏を輩出した足利氏の本拠地である栃木県足利市。昨今では刀剣ブームにより足利ゆかりの刀工が注目され、多くの刀剣ファンでにぎわっています。そこで本稿では足利氏ゆかりの地・足利市のオススメ史跡をご紹介。この機会にぜひ、足利氏の歴史と文化にふれてみてはいかがでしょうか?
「敵に塩を送った」謙信&信玄ゆかりのイベント!長野県松本市の新春伝統行事「あめ市」

「敵に塩を送った」謙信&信玄ゆかりのイベント!長野県松本市の新春伝統行事「あめ市」

長野県の旧松本藩領で年始に行われる「松本あめ市」。その起源は戦国時代、かの有名な武田信玄に上杉謙信が塩を送ったことに由来しているそうです。「塩市」から「飴市」となり、今でも松本で親しまれている「松本あめ市」が2018年も開催。その由来と見どころを紹介します。