高杉晋作や攘夷志士たちも集った品川宿【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第13回】
2018年7月27日 更新

高杉晋作や攘夷志士たちも集った品川宿【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第13回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第13回は、高杉晋作ゆかりの地・品川宿周辺。高杉ゆかりの地といえば山口県下関市が有名ですが、東京にもゆかりの地があります。仲間たちと密議をしていた品川宿や、焼き討ち事件の現場・英国公使館跡など、今回は高杉を中心に、北品川の幕末維新史跡をご紹介します。

小栗さくら小栗さくら

現在の御殿山トラストシティ周辺が「御殿山」

現在の御殿山トラストシティ周辺が「御殿山」

via 提供:小栗さくら
早速御殿山にあった英国公使館跡に向かいたいところですが・・・。大きな山を想像して行くと、「御殿山ってどこ?」となってしまうかもしれません。
実は幕末から明治にかけて御殿山の景観は大きく変わってしまったのです。幕末には品川台場を作るため、御殿山や八ツ山が切り崩されて埋め立て用の土砂となりました。また明治に入ると、御殿山は鉄道によって二分されてしまったのです。

高杉たちが焼き討ちした「英国公使館跡」

権現山公園

権現山公園

via 提供:小栗さくら
英国公使館跡は、現在の権現山公園あたりといわれています。

焼き討ちの際、高杉たちは、まずノコギリで柵を切って逃げ道を作り、それから井上馨が焼玉の導火線に点火!あっという間に火は広がったため、彼らは急いで品川宿へ戻ります。
そして料亭などから燃え上がる御殿山の公使館を見て大満足していたのだとか。

実は、それまで英国公使館として使用していた高輪の東禅寺も、志士たちの襲撃を二回受けていました。それに続く御殿山公使館の襲撃だったので、幕府も冷や汗ものだったでしょうね。
英国公使館跡周辺。

英国公使館跡周辺。

道の奥、突き当りが権現山公園です。
土蔵相模から歩いてみると、その近さに驚きます。
via 提供:小栗さくら

他にもある!北品川の幕末維新ゆかりの地

板垣退助の墓所がある「品川神社」

板垣夫妻の墓所

板垣夫妻の墓所

向かって右が板垣退助のお墓です。墓域にはほかにも親族のお墓がありました。
via 提供:小栗さくら
徳川家康が関ヶ原の戦いのときに戦勝祈願をしたという品川神社。
この神社の社殿右手から奥へ進むと、社域外に板垣退助のお墓があります。戊辰戦争では旧幕府軍と戦い勝利しながらも、彼らの名誉回復に尽力し、明治に入ってからは自由民権運動に身を投じた人物としても知られている人物です。
板垣死すとも自由は死せず

板垣死すとも自由は死せず

墓所右手には、板垣が暴漢に襲われた際に有名になった言葉「板垣死すとも自由は死せず」の碑があります。
via 提供:小栗さくら

井伊直弼が開基した「一心寺」

一心寺・品川不動

一心寺・品川不動

via 提供:小栗さくら
安政2年(1855)、井伊直弼が「鎮護日本・開国条約・宿場町民の繁栄・安泰」を願って開基したと伝わる一心寺。建立したのは当時の町民代表一同です。
あの井伊直弼ゆかりのお寺が品川にあるというのは、意外と知られていないかもしれませんね。
一心寺の参拝は15時までですのでお早めに!

一心寺の参拝は15時までですのでお早めに!

via 提供:小栗さくら
37 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高杉晋作の恋文もお披露目!「長州幕末女子会 in TOKYO」レポート

高杉晋作の恋文もお披露目!「長州幕末女子会 in TOKYO」レポート

高杉晋作や吉田松陰など、維新志士を輩出した長州藩。その山口県により、2018年の明治維新150周年事業のPRとして、「長州幕末女子会 in TOKYO」が11月4日(土)、世田谷区民会館で開催されました。高杉晋作の恋文についての貴重な講演や、松陰神社の散策、またサプライズとして高杉本家のご子孫も登場するなど、幕末好き歴女の熱気に包まれた当日の様子をお届けします。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

夏といえばスイカ。その歴史は古く、あの西郷隆盛も好物だったといいます。西郷が江戸に住んでいた際、スイカを購入したといわれるのが、皆さんもご存知のあの有名果物店でした。今回は西郷とスイカにまつわるエピソードを紹介します。
創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

2018年7月20日は「土用の丑(うし)の日」。暑い夏を乗り切るために、栄養価の高い鰻(うなぎ)を食べようという日本の風習ですが、古くから鰻は江戸っ子たちに人気でした。今回は老舗のうなぎ屋さんのなかでも、勝海舟など歴史上の人物にゆかりのあるお店を紹介します。
剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第17回】

剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第17回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第17回は、江戸無血開城へと導いた幕臣・山岡鉄舟ゆかりの地。「幕末の三舟」のひとりとされ、剣や書の名人でもある一方、食に関しては無茶苦茶なエピソードも残る鉄舟。多才な彼の生涯を様々な側面から感じてみませんか?
日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第15回】

日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第15回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第15回は、現在の警視総監にあたる初代大警視・川路利良ゆかりの地。川路ゆかりの品が多く展示されている東京の警察博物館を中心に、出生地・鹿児島にある銅像まで、その生涯を辿ります。
戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

明治維新、そして戊辰戦争から150年の今年、全国各地で関連イベントが開催されています。2018年5月26日~6月30日まで東京・国立公文書館では「戊辰戦争―菊と葵の500日―」と題した企画展が開催中。日本各地で行われた戦闘の記録や、参加した人物にまつわる資料から、戊辰戦争の実像に迫ります。同館ならではの豊富な所蔵品は必見!その展示内容をレポートします。
激動の時代を生きた「最後の浮世絵師」月岡芳年の画業を辿る

激動の時代を生きた「最後の浮世絵師」月岡芳年の画業を辿る

まるで現在の漫画のような躍動感のある月岡芳年の浮世絵。歴史好きなら一度は見たことのあるのでは?幕末に生まれ明治にかけて活躍した芳年の展覧会「芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」が8月5日(日)より練馬区立美術館で開催されます。最後の浮世絵師と呼ぶにふさわしい画業を堪能できる貴重な機会です。
2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

明治維新150年にあたる今年。高知や山口などの主要箇所もちろん、全国各地で企画展が開催されています。普段の歴史旅や夏休みにプラスしたい企画展の内容をご紹介します。
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。