干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで
2018年1月24日 更新

干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで

ただいま東京国立博物館にて、お正月の恒例企画「博物館に初もうで」が2018年1月28日(日)まで開催されています。戌(いぬ)年の今年は、干支にちなんで犬にまつわる作品を集めた特集展示「博物館に初もうで 犬と迎える新年」に、国宝など貴重な作品が見られる新春特別公開も展開。日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、展覧会の見どころをご紹介します。

加治まや加治まや

大好きな“トーハク”に初もうで!

撮影:ユカリノ編集部 (12248)

via 撮影:ユカリノ編集部
皆さま、初めまして。モデルの加治まやです!
モデルが何故?と不安を隠しきれないそこのあなた。実は私、日本の文化や美術が大好きで大学では日本美術史を専攻していたのでご安心ください(笑)。

今回私が訪れたのは、上野にある東京国立博物館です。実はこちら、明治初期に創設された日本で一番長い歴史を持つ博物館。常設展では日本の美術通史がわかりやすく並んでいます。(私は公式キャラクターにもなっている埴輪「踊る人々」が好き)

そんなトーハクで開催中のお正月企画「博物館に初もうで」をレポートしていきます。
例年とは違う目玉展示もあるようで楽しみです。
「博物館に初もうで」

「博物館に初もうで」

2018年1月28日(日)まで開催中です!
館内には大きな垂れ幕が!

館内には大きな垂れ幕が!

via 撮影:ユカリノ編集部
博物館の本館に足を踏み入れるとまず目に飛び込んできたのは、正面階段上に生けられた色とりどりの花々。これは、1月14日まで展示されていたものですが、大理石でできた洋風の建築に梅や椿が美しく映え、和洋折衷の雰囲気を堪能できました。
階段ステージにある生け花にうっとり

階段ステージにある生け花にうっとり

via 撮影:ユカリノ編集部
それにしても、東博には数え切れないほど来ているはずの私、普段このスペースに何が飾ってあるかさっぱり思い出せず…学芸員さんに伺ってみると、通常は扉が閉まっているとのこと。なるほど、この空間が堪能できるのもこの時期ならではなのですね。

かわいい!ぶさいく?犬の作品たち

さて、毎年違ったテーマで特別展示をしているこの企画。
今年のテーマは戌年にちなんでズバリ「博物館に初もうで 犬と迎える新年」です。その名の通り犬に関する作品を集めた内容で、日頃、日本美術って難しそうというイメージを持っている方も楽しめる展示になっています。本館の階段を上がってすぐの二つの特別展示室で行われているので、まずはこの企画から見て回るのがオススメ。
特に、画像でしか見たことがない「近世職人尽絵詞」を見られると聞いてドキドキが止まりません!

かわいい「犬」作品がいっぱい!人気投票第1位は?

やっぱり?「朝顔狗子図杉戸」でした!

やっぱり?「朝顔狗子図杉戸」でした!

via 撮影:ユカリノ編集部
「朝顔狗子図杉戸」

「朝顔狗子図杉戸」

円山応挙筆
江戸時代・天明4年(1784)
東京国立博物館蔵
まずご紹介するのが、円山応挙の「朝顔狗子図杉戸」。グッズのモチーフとして目にしたことのある方も多いのではないでしょうか?
今回のイベントの一環として行われている人気投票「トーハクの犬ベスト12」でも、ダントツ1位のようで、他の追随を許さない勢いで頂点に君臨しております。
51 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

加治まや

加治まや

1988年10月14日生まれ、日本×バングラデシュのハーフ。 江戸文化歴史検定2級を持ち、全国の神社仏閣を巡り御朱印採集、大政奉還150周年記念の幕末維新スタンプラリー(全国版)も全制覇するほどの歴史好きモデル。 明治学院大学では美術史を専攻、日本を含む東洋美術を学ぶ。好きな仏像は興福寺の阿修羅像。最近では歴史の知識を活かし、「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」(テレビ朝日系)など、クイズバラエティ番組に出演。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【今も息づく「吉原遊郭」の光と闇】当時の街の形が引き継がれた現代の吉原を歩く

【今も息づく「吉原遊郭」の光と闇】当時の街の形が引き継がれた現代の吉原を歩く

江戸文化の象徴の一つであり、屈指の賑わいを誇った吉原。浅草の北、吉原のあった地域は、当時の道や区画が、ほぼ現代に引き継がれているのが特徴です。歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが、吉原の光と闇と共に、ゆかりの地をご案内します。
意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス

意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス

慶應義塾大学創設者であり、『学問のすゝめ』の著者で知られる福沢諭吉。1万円札の肖像でもおなじみですね。東京都港区にある慶應義塾大学の三田キャンパス内やその周辺には、諭吉ゆかりの地が多数あります。受験シーズンも近い今、キャンパス見学も兼ねて、探索してみませんか?
【明治を代表する洋館建築】三菱財閥3代目・岩崎久弥と旧岩崎邸庭園

【明治を代表する洋館建築】三菱財閥3代目・岩崎久弥と旧岩崎邸庭園

岩崎弥太郎の長男で三菱第3代社長の久弥の本邸として造られた旧岩崎邸庭園(東京都台東区)。特に洋館は、鹿鳴館の建築家として知られるジョサイア・コンドルの設計で、様々な様式が織り交ぜられた繊細なデザインが特徴です。また、併置された和館との巧みなバランスや別棟のビリヤード室など、見どころ満載。そんな明治を代表する貴重な建築・旧岩崎邸庭園の見どころをご紹介します!
【生誕150年】夏目漱石ゆかりの地・新宿と「漱石山房記念館」

【生誕150年】夏目漱石ゆかりの地・新宿と「漱石山房記念館」

2016年に没後100年、そして2017年に生誕150年を迎えた文豪・夏目漱石。慶応3年(1867)1月5日に生まれ、大正5年(1916)12月9日、現在の新宿区早稲田南町の「漱石山房」で亡くなりました。その跡地に今年の9月オープンしたのが「漱石山房記念館」です。漱石の生涯や作品、同世代の作家まで網羅する記念館の、おさえておきたい見どころをご紹介いたします。
【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

怨霊伝説で有名な平将門。実は日本史上に大きな業績を残しています。平安時代に武士団の脅威を朝廷に知らしめて貴族の社会から武士の社会へと移行するきっかけを作り、戦国時代には当たり前の騎馬戦の始まりも将門軍だったといいます。また怨霊のイメージとはうらはらに、とても優しい人物だったようです。将門の業績と怨霊化の要因となった「平将門の乱」と、加護のパワーを持つとされる将門ゆかりの地をご案内いたしましょう。
【特別展「上杉家の名刀と三十五腰」記念講演】佐野美術館・渡邉妙子館長「上杉家と日本刀」レポート

【特別展「上杉家の名刀と三十五腰」記念講演】佐野美術館・渡邉妙子館長「上杉家と日本刀」レポート

ただいま埼玉県立歴史と民俗の博物館(大宮市)にて開催されている「上杉家の名刀と三十五腰」(〜2017年12月10日まで)。その記念として、数多くの名刀を所蔵することで知られる佐野美術館(静岡県三島市)の館長、渡邉妙子氏の講演会が開催されました。女性の日本刀研究者としての道を切り開いてきた渡邉氏の貴重なお話と共に、2018年1月7日から佐野美術館で始まる「上杉家の名刀と三十五腰」の見どころもお伝えします。
【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

天正7年(1579)8月、織田信長の命令のもと、家康が嫡男・信康を切腹させたといわれる「信康事件」。さまざまな説が唱えられる中、最近では、徳川家臣団の分裂を避けるため、家康がやむを得ず下した決断だったともいわれています。今回は、この痛ましい事件の主人公・信康に焦点をあて、短い人生の軌跡を辿りながら、ゆかりの地をご紹介します
「松陰先生」の最期をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第4回:東京にある吉田松陰ゆかりの地

「松陰先生」の最期をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第4回:東京にある吉田松陰ゆかりの地

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第4回は吉田松陰最期の地・江戸。思想家・教育者として、長州の志士たちに多大な影響を与えた松陰は、今でも「松陰先生」と慕われています。彼の足跡は全国にありますが、今回は松陰が命を落とした江戸に焦点をあて、その死の前後を追いたいと思います。
ハニワや銅鏡だけじゃない【古墳のキホン】副葬品について:野毛大塚古墳

ハニワや銅鏡だけじゃない【古墳のキホン】副葬品について:野毛大塚古墳

おすすめの古墳とともに、古墳の基本的な知識を紹介する「古墳のキホン」。今回は、近年、副葬品が重要文化財に指定された野毛大塚古墳(東京都世田谷区)を中心に、副葬品の種類とその役割をご紹介します。副葬品として埴輪や銅鏡が有名ですが、ほかにもいろいろな種類があり、埋葬者の地位や地域によって違いがあります。また、10月15日(日)に開催された「第10回野毛古墳まつり」のレポートもお届け!
セレブのお墓!?【古墳のキホン】古墳のつくりとカタチ

セレブのお墓!?【古墳のキホン】古墳のつくりとカタチ

日本全国に約160,000基ある古墳。その数は神社の2倍、コンビニの3倍とも言われています。そんな身近にある古墳ですが、なんと1500年くらい前につくられたもの。長い年月を経て、雨水などの自然によるものや人の手による整地などで少しずつ姿を変えてはいるものの、それだけ多くの古墳が現代にも残っているなんて驚きですね。こちらでは、そんな古墳の世界をご紹介いたします。まずはそのつくりとカタチから!