干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで
2018年1月24日 更新

干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで

ただいま東京国立博物館にて、お正月の恒例企画「博物館に初もうで」が2018年1月28日(日)まで開催されています。戌(いぬ)年の今年は、干支にちなんで犬にまつわる作品を集めた特集展示「博物館に初もうで 犬と迎える新年」に、国宝など貴重な作品が見られる新春特別公開も展開。日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、展覧会の見どころをご紹介します。

加治まや加治まや

大好きな“トーハク”に初もうで!

撮影:ユカリノ編集部 (12248)

via 撮影:ユカリノ編集部
皆さま、初めまして。モデルの加治まやです!
モデルが何故?と不安を隠しきれないそこのあなた。実は私、日本の文化や美術が大好きで大学では日本美術史を専攻していたのでご安心ください(笑)。

今回私が訪れたのは、上野にある東京国立博物館です。実はこちら、明治初期に創設された日本で一番長い歴史を持つ博物館。常設展では日本の美術通史がわかりやすく並んでいます。(私は公式キャラクターにもなっている埴輪「踊る人々」が好き)

そんなトーハクで開催中のお正月企画「博物館に初もうで」をレポートしていきます。
例年とは違う目玉展示もあるようで楽しみです。
「博物館に初もうで」

「博物館に初もうで」

2018年1月28日(日)まで開催中です!
館内には大きな垂れ幕が!

館内には大きな垂れ幕が!

via 撮影:ユカリノ編集部
博物館の本館に足を踏み入れるとまず目に飛び込んできたのは、正面階段上に生けられた色とりどりの花々。これは、1月14日まで展示されていたものですが、大理石でできた洋風の建築に梅や椿が美しく映え、和洋折衷の雰囲気を堪能できました。
階段ステージにある生け花にうっとり

階段ステージにある生け花にうっとり

via 撮影:ユカリノ編集部
それにしても、東博には数え切れないほど来ているはずの私、普段このスペースに何が飾ってあるかさっぱり思い出せず…学芸員さんに伺ってみると、通常は扉が閉まっているとのこと。なるほど、この空間が堪能できるのもこの時期ならではなのですね。

かわいい!ぶさいく?犬の作品たち

さて、毎年違ったテーマで特別展示をしているこの企画。
今年のテーマは戌年にちなんでズバリ「博物館に初もうで 犬と迎える新年」です。その名の通り犬に関する作品を集めた内容で、日頃、日本美術って難しそうというイメージを持っている方も楽しめる展示になっています。本館の階段を上がってすぐの二つの特別展示室で行われているので、まずはこの企画から見て回るのがオススメ。
特に、画像でしか見たことがない「近世職人尽絵詞」を見られると聞いてドキドキが止まりません!

かわいい「犬」作品がいっぱい!人気投票第1位は?

やっぱり?「朝顔狗子図杉戸」でした!

やっぱり?「朝顔狗子図杉戸」でした!

via 撮影:ユカリノ編集部
「朝顔狗子図杉戸」

「朝顔狗子図杉戸」

円山応挙筆
江戸時代・天明4年(1784)
東京国立博物館蔵
まずご紹介するのが、円山応挙の「朝顔狗子図杉戸」。グッズのモチーフとして目にしたことのある方も多いのではないでしょうか?
今回のイベントの一環として行われている人気投票「トーハクの犬ベスト12」でも、ダントツ1位のようで、他の追随を許さない勢いで頂点に君臨しております。
51 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

加治まや

加治まや

1988年10月14日生まれ、日本×バングラデシュのハーフ。 江戸文化歴史検定2級を持ち、全国の神社仏閣を巡り御朱印採集、大政奉還150周年記念の幕末維新スタンプラリー(全国版)も全制覇するほどの歴史好きモデル。 明治学院大学では美術史を専攻、日本を含む東洋美術を学ぶ。好きな仏像は興福寺の阿修羅像。最近では歴史の知識を活かし、「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」(テレビ朝日系)など、クイズバラエティ番組に出演。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

東京国立博物館(東京都台東区)では、縄文時代にスポットを当てた特別展を2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで開催。「縄文の美」をテーマに、縄文の国宝全6件が勢ぞろいすると話題の本展を一足お先に拝見!その見どころをご紹介いたします。
戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

明治維新、そして戊辰戦争から150年の今年、全国各地で関連イベントが開催されています。2018年5月26日~6月30日まで東京・国立公文書館では「戊辰戦争―菊と葵の500日―」と題した企画展が開催中。日本各地で行われた戦闘の記録や、参加した人物にまつわる資料から、戊辰戦争の実像に迫ります。同館ならではの豊富な所蔵品は必見!その展示内容をレポートします。
全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

新選組副長・土方歳三が生まれた地であり、局長・近藤勇や沖田総司らが腕を磨いた天然理心流の道場があった東京・日野。彼らの故郷といえるこの地で、今年も「ひの新選組まつり」が5月12日(土)と13日(日)に開催されました。ファンなら参加せずにはいられない!メインとなる13日(日)の模様をお届けします。
新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

最期は板橋宿に連行され、斬首刑となった新選組局長・近藤勇。処刑の前日に移された場所には、近藤の墓とともに永倉新八による供養塔が建てられています。毎年、近藤の命日である旧暦4月25日または直前の日曜には供養祭が行われ、今年も4月22日(日)に開催されました。その模様と周辺にある近藤ゆかりの地をご紹介します。
富士山、夜桜…「生誕150年 横山大観展」を楽しむ5つの見どころ

富士山、夜桜…「生誕150年 横山大観展」を楽しむ5つの見どころ

日本画の新たな時代を切り開いた巨匠・横山大観の回顧展「生誕150年 横山大観展」が、東京国立近代美術館にて開催中。富士山をモチーフにした《群青富士》から代表作《夜桜》《紅葉》、初公開の作品まで、多様な作品が紹介されています。ファンはもちろん初心者でも楽しめる5つの見どころをご紹介します。
気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。第2回は浮世絵専門の美術館で知られる太田記念美術館です。現在は、江戸時代の異性装の風習を浮世絵を通して紹介する企画展「江戸の女装と男装」が開催中。江戸好き、また浮世絵好きならずとも気になる企画展の内容を、いちおしの絵とともにご案内します。
刀剣女子必見!新しくなった刀剣博物館の魅力と「現代刀職展」の見方

刀剣女子必見!新しくなった刀剣博物館の魅力と「現代刀職展」の見方

国宝・重要文化財の刀剣を所蔵し、その保存と研究に励む「刀剣博物館」が墨田区両国に移転、2018年1月にオープンしました。新しくなった刀剣博物館の魅力と現在開催中の企画展「現代刀職展」の見どころを、「歴☆女子会」主宰で、刀剣にも詳しい磯部深雪さんがたっぷりご紹介します。
緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載がスタート!第1回は2016年にオープンしたすみだ北斎美術館です。現在開催中の「Hokusai Beautyー華やぐ江戸の女たちー」では、北斎の美人画の変遷から当時のファッション、ヘア&メイクを紹介するというもの。美術好きとしてはもちろん、モデルとしても気になる展覧会の見どころをご案内します。
【今も息づく「吉原遊郭」の光と闇】当時の街の形が引き継がれた現代の吉原を歩く

【今も息づく「吉原遊郭」の光と闇】当時の街の形が引き継がれた現代の吉原を歩く

江戸文化の象徴の一つであり、屈指の賑わいを誇った吉原。浅草の北、吉原のあった地域は、当時の道や区画が、ほぼ現代に引き継がれているのが特徴です。歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが、吉原の光と闇と共に、ゆかりの地をご案内します。