第10回:エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】
2018年3月30日 更新

第10回:エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第10回は大隈重信ゆかりの地です。早稲田大学創設者であり、総理大臣に二度も就任している大隈は、日本で初めて始球式を行うなど、エピソードの宝庫でもあります。青年時代から新政府の中枢に入るまでの、とくに興味深いエピソードとゆかりの地をご紹介します。

小栗さくら小栗さくら

早稲田大学の大隈重信像

早稲田大学の大隈重信像

「慶應義塾の福澤諭吉」とともに、大学の創設者として有名なのが「早稲田の大隈重信」ですよね。
明治時代に2度、総理大臣に就任している大隈は、実は日本最古の始球式を行なった人物でもあるんです。晩年にはメロン栽培に凝って新品種「ワセダ」を作ったり、日本に自動車が3台しかなかった頃にそのうちの1台を所持していたらしい…など、とにかくエピソードの宝庫のような人物です。
今回は、大隈が新政府の中枢に入るまでと、早稲田大学創設、妻の綾子とのエピソードを交えつつ、ゆかりの地をご紹介します。

要領がよかった!?青少年時代

佐賀藩士時代の大隈重信

佐賀藩士時代の大隈重信

佐賀といえば「武士道といふは死ぬ事と見付けたり」で知られる『葉隠』が有名ですが、大隈は『葉隠』の考え方には批判的でした。
大隈重信は天保9年(1838)2月16日、佐賀城下の会所小路に生まれました。
5、6歳までは、母親が心配するほどの甘えん坊だったというのですから意外です。ところが12歳ごろになると「ハシクリ(=ハゼ)」と呼ばれる暴れん坊になっていったのだとか。偉人の幼少期はやんちゃなエピソードが多いですよね。

大隈は頭が良い一方、巻数の多い本を読むのは時間がもったいないと考えていたようで、その分の知識を仲間たちで補おうとしていました。
彼は藩校に通っていた頃の自分を、こう振り返っています。
「長編で簡単に読み切れなさそうなものは、読書力の確かな学生に薦めて読ませ、あとでどうであったかを聞いて要点だけを頭に入れる。自分は巻数の少ない良書を読んで会得して、己の中の引き出しにおさめておいた(意訳)」
結果的に読ませた学生も勉強になったと思いますが、ちょっと羨ましいくらいの要領の良さですね。
佐賀城 鯱の門

佐賀城 鯱の門

大隈重信が生まれた年に完成した「鯱の門」。明治7年(1874)の「佐賀の乱」の時の弾痕が残っています。
via 提供:小栗さくら

洋学との出会い

佐賀藩10代藩主・鍋島直正公銅像

佐賀藩10代藩主・鍋島直正公銅像

幕末の佐賀藩の躍進のきっかけとなった名君・鍋島直正。
via 提供:小栗さくら
この頃の佐賀藩主は、いわゆる蘭癖大名といわれる鍋島直正(=閑叟/かんそう)でしたので、佐賀藩には蘭学寮も設置されていました。

大隈は蘭学寮に入り、オランダ語だけではなく、ナポレオン伝記などの海外の歴史書、政治、蒸気機関車、オランダ憲法などを読み、のちには教官となって藩主にもオランダ憲法を講義したほどでした。英語にも早くから興味を示しています。
後年パークスと渡り合えたのも、こうした勉学が活かされたのでしょうね。
佐賀城本丸歴史館

佐賀城本丸歴史館

佐賀城・鯱の門をくぐると、右手に佐賀城本丸歴史館が見えてきます。
こちらは平成16年(2004)に本丸御殿を木造復元したもの。資料だけでなく、御玄関、御式台、御料理間、外御書院、御座間などのビジュアル面でも楽しむことができます。
via 提供:小栗さくら

大隈も早くから大政奉還を考えていた?

「大政奉還図」

「大政奉還図」

慶応3年(1867)10月14日、15代将軍・徳川慶喜は政権を天皇に返上することを奏上します。
この図は、その前日に大名たちへ通達されたときの様子を描いたもの。
大政奉還といえば、坂本龍馬や後藤象二郎が浮かぶ方が多いと思います。ところが大隈によると、大政奉還というのは当時の志士たちが普通に思い浮かべたものだというのです。

その証拠は、大隈の先輩に当たる中野方蔵という人物にありました。中野は大政奉還より5年以上前に、それと同等のことを述べていたのです。そのため大隈はのちに、「(大政奉還は)余等の胸中に湧き出たる感想のみならず、一般志士の脳裏に浮べる意見」と述べたのでした。本当に志士たちがみな思い浮かべたかどうかは別としても、大隈の周りではその意見は珍しくなかったのでしょうね。

では、大政奉還を早くから考え、脱藩までして京都へ向かった大隈たちが、何故それを成せなかったのでしょうか。その理由は、佐賀藩の後ろ盾を得られなかったことにありました。
それどころか、自重していた佐賀藩は佐幕派だと思われて警戒までされていたのです。実際、土佐藩士の日記にも、「(佐賀は佐幕風なので)胸襟は開かず」と記されています。

日本初の実用反射炉を作り、他の藩を一歩リードする技術力や知識を持っていながらも、維新後の佐賀藩は、薩長より低い地点からのスタートとなってしまったのでした。

明治新政府への登用

34 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末から明治にかけて、数多くの人材を輩出した肥前佐賀藩。その中でも中心的な役割を果たした7人を「佐賀の七賢人」と呼びます。幕末の佐賀藩主・鍋島直正や、早稲田大学創設者の大隈重信などの有名人から知られざる?人物まで、七賢人をまとめてご紹介。3月17日(土)から始まる「肥前さが幕末維新博覧会」の予習にどうぞ!
全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

新選組副長・土方歳三が生まれた地であり、局長・近藤勇や沖田総司らが腕を磨いた天然理心流の道場があった東京・日野。彼らの故郷といえるこの地で、今年も「ひの新選組まつり」が5月12日(土)と13日(日)に開催されました。ファンなら参加せずにはいられない!メインとなる13日(日)の模様をお届けします。
西郷隆盛像の場所も戦場だった!上野戦争に散った彰義隊の墓

西郷隆盛像の場所も戦場だった!上野戦争に散った彰義隊の墓

いまや上野のシンボルともいえる西郷隆盛像。その近くに墓があるのをご存知でしょうか?鳥羽・伏見の戦いから始まった戊辰戦争のひとつ「上野戦争」は、1日で上野が焼け野原になるほど激しいものでした。この地にて壮絶に散ったのが彰義隊です。新選組隊士だった原田左之助も所属していた、彼らの墓をご紹介します。
第14回:大久保利通が暗殺された「紀尾井坂の変」【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第14回:大久保利通が暗殺された「紀尾井坂の変」【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第14回は、大久保利通が暗殺された「紀尾井坂の変」ゆかりの地。明治11年(1878)5月14日、現在の東京都千代田区紀尾井町清水谷で不平士族によって暗殺された大久保。今回は、大久保が自宅から暗殺場所まで馬車で通ったルートを当時の古地図とともにたどります。
河鍋暁斎と娘・暁翠の華麗なる父娘競演!「暁斎・暁翠伝」展

河鍋暁斎と娘・暁翠の華麗なる父娘競演!「暁斎・暁翠伝」展

絵師の父娘といえば葛飾北斎とその娘・応為が浮かびますが、幕末から明治前半に活躍した絵師・河鍋暁斎にも、絵師になった長女・暁翠がいたんです。そんな河鍋父娘の作品が見られる「暁斎・暁翠伝」が東京富士美術館にて開催中。近年人気を集める暁斎の魅力と、娘に引き継がれた画業を網羅した展覧会をご紹介します。
新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

最期は板橋宿に連行され、斬首刑となった新選組局長・近藤勇。処刑の前日に移された場所には、近藤の墓とともに永倉新八による供養塔が建てられています。毎年、近藤の命日である旧暦4月25日または直前の日曜には供養祭が行われ、今年も4月22日(日)に開催されました。その模様と周辺にある近藤ゆかりの地をご紹介します。
直正公の写真が14年ぶりに公開!幕末明治の鍋島家が分かる徴古館【肥前さが幕末維新博覧会レポ③】

直正公の写真が14年ぶりに公開!幕末明治の鍋島家が分かる徴古館【肥前さが幕末維新博覧会レポ③】

佐賀県で開催中の「肥前さが幕末維新博覧会」レポート第3弾は、鍋島家ゆかりの品々の貴重な現物が展示されている徴古館。大名から華族(侯爵)となった、幕末から明治にかけての鍋島家の歴史を紹介する特別企画展『幕末明治の鍋島家 大名から侯爵へ』展をレポートします。
第13回:高杉晋作や攘夷志士たちも集った品川宿【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第13回:高杉晋作や攘夷志士たちも集った品川宿【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第13回は、高杉晋作ゆかりの地・品川宿周辺。高杉ゆかりの地といえば山口県下関市が有名ですが、東京にもゆかりの地があります。仲間たちと密議をしていた品川宿や、焼き討ち事件の現場・英国公使館跡など、今回は高杉を中心に、北品川の幕末維新史跡をご紹介します。
江藤新平の墓参りをすると百災去る?郷土の英雄が眠る佐賀・本行寺

江藤新平の墓参りをすると百災去る?郷土の英雄が眠る佐賀・本行寺

「維新十傑」や「佐賀の七賢人」に名を連ね、明治維新において大きな存在感を発揮した江藤新平。しかし佐賀の乱で敗れ、首をさらされるなど、その末路は維新の功労者とは思えないほど悲惨なものでした。そんな彼の功績と、彼が現在眠っているゆかりの地についてご紹介します。
日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

天保13年(1842)4月12日、あるパンが焼きあげられました。「兵糧パン」と呼ばれたそのパンこそ、日本人が初めて作ったパンだったのです。世界遺産・韮山反射炉の製造で知られる幕末の才人・江川英龍は、パンの製造にも目をつけていました。どんな経緯で生まれたのか、またその他の偉人とパンのエピソードもご紹介します。