エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第10回】
2018年7月27日 更新

エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第10回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第10回は大隈重信ゆかりの地です。早稲田大学創設者であり、総理大臣に二度も就任している大隈は、日本で初めて始球式を行うなど、エピソードの宝庫でもあります。青年時代から新政府の中枢に入るまでの、とくに興味深いエピソードとゆかりの地をご紹介します。

小栗さくら小栗さくら

井上馨

井上馨

長州藩出身。維新後は要職を歴任します。
賞典禄(しょうてんろく/明治維新に功労のあった者に与えられた禄)ももらえなかった大隈は、さぞ苦労して政府の中に入っていったのだろうと思うところですが、意外な人物によって引き上げられます。
それは長州藩の井上馨です。井上の推挙により、木戸孝允や薩摩の小松帯刀・黒田清隆も大隈を推すようになったといわれています。
この後大隈は、井上や木戸、伊藤博文らと協力していくことになりますが、彼の長い政治家人生のにおいて、こうした人物とも対立を繰り返すのでした。

英国公使・パークスとの対決

ハリー・パークス

ハリー・パークス

英国の外交官で、幕末から明治初期にかけ18年間、駐日英国公使を務めます。
のちに素晴らしいスピーチ力で民衆を惹きつけた大隈ですが、明治初年にその素地が見えるエピソードがあります。

開国後に教会が増え、信仰が公然化してしまった長崎。新政府は、キリスト教の禁教令を引き継いでいたため、こうした信徒に厳罰を与えていました。そのことに各国から強い抗議が上がり、外交問題に発展してしまったのです。この問題を解決するため交渉役となったのが大隈でした。それに対峙するのは、イギリス公使・パークスです。

談判で先手を打ったのはパークスでした。
大隈のような身分の低い一判事とは談判しないと、初っ端から怒鳴りつけてきたのです。しかし大隈は、パークスがこうした手法を用いてくることを知っていたため、努めて冷静に対処します。
政府の代表として来た自分と談判しないということは、抗議を撤回したと考えてよいのか、と反論します。これにはパークスも何も返せず、議論を始めざるを得ません。その後もパークスが声を荒げたり机を叩くなどの行為があったようですが、大隈はそれに乗せられることはなかったそうです。

パークスのさまざまな発言に対し大隈は、日本は日本の国法で処罰をしているので、それへの抗議は内政干渉であること、キリスト教が歴史上何度も戦争を引き起こしていることなど、これまで学んだ知識を活かして主張しました。
結局この時に結論は出ませんでしたが、以後パークスは大隈を認め、横須賀製鉄所のフランス借款問題でも手を貸してくれることになります。佐賀藩で学んだ洋学の知識はここで活かされたのですね。

早稲田大学の創設者

「明治14年の政変」で政界を下野した大隈は、政党を作る一方で、ブレーンである小野梓とともに、早稲田大学の前身「東京専門学校」を設立します。その設立の趣旨は「学問の独立」でした。

ところが大隈は、開校式に出席しなかったばかりか、その後15年もの間、一度も登壇することはなかったのです。その理由は、東京専門学校が政府に「大隈の私学校」だと思われていたからでした。5年前の西南戦争での「西郷の私学校」と同じ扱いです。実際、開校後には政府や反対政党からの妨害があったのだとか…。

そのため大隈は、疑いが完全に晴れたであろう開校15年に、初めて学校の公の場に立ったといわれています。
現在の早稲田大学

現在の早稲田大学

大隈が早稲田大学の初代総長になったのは、明治40年(1907)4月のことでした。

東京専門学校から早稲田大学へ

その後発展を続けた東京専門学校は、明治35年(1902)に「早稲田大学」と改称します。法制度上は専門学校の扱いでしたが、実質大学としての機能を持つ学校となっていました。

早稲田大学の開校式に祝賀演説を行ったのは伊藤博文で、その演説は、かつて私学校として疑ったことを懺悔する内容のものでした。
大隈は、国家の意図に左右される可能性のある「国立」ではなく、国民の手による「私立」の大学として発展させることにこだわっていたようです。

そして大隈の死の2年前である大正9年(1920)、早稲田大学は大隈の望んだ大学令による大学となったのでした。
大隈講堂

大隈講堂

大正11年(1922)に亡くなった大隈の業績を記念するために建造された大隈講堂。時計台の高さは125尺(約38メートル)に設計されています。この数字は、大隈が人生125歳説を唱えていたことにちなんでいるのだとか。

12歳年下の妻・綾子

大隈綾子

大隈綾子

大隈が生涯をともにした2度目の妻は、旗本の娘・綾子でした。綾子は幕臣・小栗(上野介)忠順の従妹にあたります。
大隈より12歳年下の綾子は、優れた気性と決断力を持っていたといわれています。親を亡くした小栗忠順の娘や、大隈と同郷の江藤新平の息子を引き取ったり、「明治14年の政変」で大隈が免官となった時には節約や土地の売買で支えた女性です。

二人の仲睦まじさは相当なものだったようで、こんなエピソードも残っています。
旅行好きの大隈が旅先で寛いでいたときのこと。綾子が大隈の方にキセルを差し出してきました。ここで大隈が吸うのかと思いきや、大隈はキセルに煙草を詰めて返してやり、綾子はそれをおいしそうに吸ったというのです。

このエピソードは綾子の「かかあ天下」として語られることもありますが、2人は社寺を詣でるときも帰郷するときも必ず傍にいたというほど仲睦まじかったのだとか。
そのため、早稲田大学の大隈像の視線は綾子像の方を見ている、といわれているそうですよ。
34 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末から明治にかけて、数多くの人材を輩出した肥前佐賀藩。その中でも中心的な役割を果たした7人を「佐賀の七賢人」と呼びます。幕末の佐賀藩主・鍋島直正や、早稲田大学創設者の大隈重信などの有名人から知られざる?人物まで、七賢人をまとめてご紹介。3月17日(土)から始まる「肥前さが幕末維新博覧会」の予習にどうぞ!
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。
東京駅の謎、答えは佐賀に!建築家・辰野金吾の粋な干支ミステリー

東京駅の謎、答えは佐賀に!建築家・辰野金吾の粋な干支ミステリー

日本の玄関口、東京駅。平成24(2012)年に大改修が行われ、大正3(1914)年当時と変わらない姿に生まれ変わりました。辰野金吾が設計した駅舎には隠れた見どころがあり、その謎は遠く佐賀県にも関係があることがわかりました。この夏休み、東京駅を利用する際はぜひチェックしてみてください。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

夏といえばスイカ。その歴史は古く、あの西郷隆盛も好物だったといいます。西郷が江戸に住んでいた際、スイカを購入したといわれるのが、皆さんもご存知のあの有名果物店でした。今回は西郷とスイカにまつわるエピソードを紹介します。
創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

2018年7月20日は「土用の丑(うし)の日」。暑い夏を乗り切るために、栄養価の高い鰻(うなぎ)を食べようという日本の風習ですが、古くから鰻は江戸っ子たちに人気でした。今回は老舗のうなぎ屋さんのなかでも、勝海舟など歴史上の人物にゆかりのあるお店を紹介します。