第10回:エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】
2018年3月30日 更新

第10回:エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第10回は大隈重信ゆかりの地です。早稲田大学創設者であり、総理大臣に二度も就任している大隈は、日本で初めて始球式を行うなど、エピソードの宝庫でもあります。青年時代から新政府の中枢に入るまでの、とくに興味深いエピソードとゆかりの地をご紹介します。

小栗さくら小栗さくら

井上馨

井上馨

長州藩出身。維新後は要職を歴任します。
賞典禄(しょうてんろく/明治維新に功労のあった者に与えられた禄)ももらえなかった大隈は、さぞ苦労して政府の中に入っていったのだろうと思うところですが、意外な人物によって引き上げられます。
それは長州藩の井上馨です。井上の推挙により、木戸孝允や薩摩の小松帯刀・黒田清隆も大隈を推すようになったといわれています。
この後大隈は、井上や木戸、伊藤博文らと協力していくことになりますが、彼の長い政治家人生のにおいて、こうした人物とも対立を繰り返すのでした。

英国公使・パークスとの対決

ハリー・パークス

ハリー・パークス

英国の外交官で、幕末から明治初期にかけ18年間、駐日英国公使を務めます。
のちに素晴らしいスピーチ力で民衆を惹きつけた大隈ですが、明治初年にその素地が見えるエピソードがあります。

開国後に教会が増え、信仰が公然化してしまった長崎。新政府は、キリスト教の禁教令を引き継いでいたため、こうした信徒に厳罰を与えていました。そのことに各国から強い抗議が上がり、外交問題に発展してしまったのです。この問題を解決するため交渉役となったのが大隈でした。それに対峙するのは、イギリス公使・パークスです。

談判で先手を打ったのはパークスでした。
大隈のような身分の低い一判事とは談判しないと、初っ端から怒鳴りつけてきたのです。しかし大隈は、パークスがこうした手法を用いてくることを知っていたため、努めて冷静に対処します。
政府の代表として来た自分と談判しないということは、抗議を撤回したと考えてよいのか、と反論します。これにはパークスも何も返せず、議論を始めざるを得ません。その後もパークスが声を荒げたり机を叩くなどの行為があったようですが、大隈はそれに乗せられることはなかったそうです。

パークスのさまざまな発言に対し大隈は、日本は日本の国法で処罰をしているので、それへの抗議は内政干渉であること、キリスト教が歴史上何度も戦争を引き起こしていることなど、これまで学んだ知識を活かして主張しました。
結局この時に結論は出ませんでしたが、以後パークスは大隈を認め、横須賀製鉄所のフランス借款問題でも手を貸してくれることになります。佐賀藩で学んだ洋学の知識はここで活かされたのですね。

早稲田大学の創設者

「明治14年の政変」で政界を下野した大隈は、政党を作る一方で、ブレーンである小野梓とともに、早稲田大学の前身「東京専門学校」を設立します。その設立の趣旨は「学問の独立」でした。

ところが大隈は、開校式に出席しなかったばかりか、その後15年もの間、一度も登壇することはなかったのです。その理由は、東京専門学校が政府に「大隈の私学校」だと思われていたからでした。5年前の西南戦争での「西郷の私学校」と同じ扱いです。実際、開校後には政府や反対政党からの妨害があったのだとか…。

そのため大隈は、疑いが完全に晴れたであろう開校15年に、初めて学校の公の場に立ったといわれています。
現在の早稲田大学

現在の早稲田大学

大隈が早稲田大学の初代総長になったのは、明治40年(1907)4月のことでした。

東京専門学校から早稲田大学へ

その後発展を続けた東京専門学校は、明治35年(1902)に「早稲田大学」と改称します。法制度上は専門学校の扱いでしたが、実質大学としての機能を持つ学校となっていました。

早稲田大学の開校式に祝賀演説を行ったのは伊藤博文で、その演説は、かつて私学校として疑ったことを懺悔する内容のものでした。
大隈は、国家の意図に左右される可能性のある「国立」ではなく、国民の手による「私立」の大学として発展させることにこだわっていたようです。

そして大隈の死の2年前である大正9年(1920)、早稲田大学は大隈の望んだ大学令による大学となったのでした。
大隈講堂

大隈講堂

大正11年(1922)に亡くなった大隈の業績を記念するために建造された大隈講堂。時計台の高さは125尺(約38メートル)に設計されています。この数字は、大隈が人生125歳説を唱えていたことにちなんでいるのだとか。

12歳年下の妻・綾子

大隈綾子

大隈綾子

大隈が生涯をともにした2度目の妻は、旗本の娘・綾子でした。綾子は幕臣・小栗(上野介)忠順の従妹にあたります。
大隈より12歳年下の綾子は、優れた気性と決断力を持っていたといわれています。親を亡くした小栗忠順の娘や、大隈と同郷の江藤新平の息子を引き取ったり、「明治14年の政変」で大隈が免官となった時には節約や土地の売買で支えた女性です。

二人の仲睦まじさは相当なものだったようで、こんなエピソードも残っています。
旅行好きの大隈が旅先で寛いでいたときのこと。綾子が大隈の方にキセルを差し出してきました。ここで大隈が吸うのかと思いきや、大隈はキセルに煙草を詰めて返してやり、綾子はそれをおいしそうに吸ったというのです。

このエピソードは綾子の「かかあ天下」として語られることもありますが、2人は社寺を詣でるときも帰郷するときも必ず傍にいたというほど仲睦まじかったのだとか。
そのため、早稲田大学の大隈像の視線は綾子像の方を見ている、といわれているそうですよ。
34 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末から明治にかけて、数多くの人材を輩出した肥前佐賀藩。その中でも中心的な役割を果たした7人を「佐賀の七賢人」と呼びます。幕末の佐賀藩主・鍋島直正や、早稲田大学創設者の大隈重信などの有名人から知られざる?人物まで、七賢人をまとめてご紹介。3月17日(土)から始まる「肥前さが幕末維新博覧会」の予習にどうぞ!
第13回:高杉晋作や攘夷志士たちも集った品川宿【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第13回:高杉晋作や攘夷志士たちも集った品川宿【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第13回は、高杉晋作ゆかりの地・品川宿周辺。高杉ゆかりの地といえば山口県下関市が有名ですが、東京にもゆかりの地があります。仲間たちと密議をしていた品川宿や、焼き討ち事件の現場・英国公使館跡など、今回は高杉を中心に、北品川の幕末維新史跡をご紹介します。
江藤新平の墓参りをすると百災去る?郷土の英雄が眠る佐賀・本行寺

江藤新平の墓参りをすると百災去る?郷土の英雄が眠る佐賀・本行寺

「維新十傑」や「佐賀の七賢人」に名を連ね、明治維新において大きな存在感を発揮した江藤新平。しかし佐賀の乱で敗れ、首をさらされるなど、その末路は維新の功労者とは思えないほど悲惨なものでした。そんな彼の功績と、彼が現在眠っているゆかりの地についてご紹介します。
日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

天保13年(1842)4月12日、あるパンが焼きあげられました。「兵糧パン」と呼ばれたそのパンこそ、日本人が初めて作ったパンだったのです。世界遺産・韮山反射炉の製造で知られる幕末の才人・江川英龍は、パンの製造にも目をつけていました。どんな経緯で生まれたのか、またその他の偉人とパンのエピソードもご紹介します。
佐賀の技術力の原点と最先端に出会う!佐賀城本丸歴史館編【肥前さが幕末維新博覧会レポ②】

佐賀の技術力の原点と最先端に出会う!佐賀城本丸歴史館編【肥前さが幕末維新博覧会レポ②】

現在佐賀県で開催中の「肥前さが幕末維新博覧会」。メインパビリオン・幕末維新記念館に続き、第2弾では佐賀城本丸跡地にある「佐賀城本丸歴史館」へ。5月13日までの特別展『肥前さが幕末維新の「技」~日本の産業革命は佐賀から始まった~』で展示中の貴重な展示品を中心にご紹介します。
第11回:徳川慶喜らが眠る谷中霊園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第11回:徳川慶喜らが眠る谷中霊園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第11回は東京都台東区にある谷中霊園です。江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜をはじめ、数多くの有名人が眠るこの霊園。今回は慶喜と、彼の忠臣であり「日本資本主義の父」といわれた渋沢栄一、さらに宇和島藩の名君・伊達宗城の墓所をご案内します。
【肥前さが幕末維新博覧会レポ①】佐賀の技術は今も昔もスゴい!幕末維新記念館編

【肥前さが幕末維新博覧会レポ①】佐賀の技術は今も昔もスゴい!幕末維新記念館編

「薩長土肥」といわれるように、明治維新の鍵を握っていた肥前=佐賀。2018年は明治維新150年を記念し、3月17日~2019年1月14日まで「肥前さが幕末維新博覧会」が開催中。県内各地で鍋島直正公ら佐賀の七偉人にちなんだ企画展が開催され、アート・食といった様々なジャンルから佐賀の歴史が体感できます。開幕直後の維新博へ編集部が現地取材、その盛り上がりをレポートします!
【生誕地・長野県松代にて祭神として祀られた】幕末の天才兵学者・佐久間象山

【生誕地・長野県松代にて祭神として祀られた】幕末の天才兵学者・佐久間象山

幕末を代表する兵学者であり、勝海舟、坂本龍馬などに多大な影響を与えた佐久間象山。「天才」とその才能を称賛されたにもかかわらず、暗殺され、佐久間家は断絶。しかし後にその功績が評価されるとともに、生誕地・長野県松代には彼を祭神として祀る象山神社が建てられました。天才ゆえにトラブルの絶えなかった象山の生涯と、象山神社をご紹介します。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
第9回:戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第9回:戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第9回は大鳥圭介ゆかりの地です。新選組の土方歳三が戦死したことで知られる函館戦争。そのとき旧幕府軍・総裁だったのが榎本武揚、陸軍奉行だったのが大鳥圭介でした。「全身これ肝」といわれ、幕臣となって戊辰戦争を戦い抜いた大鳥の生涯とゆかりの地をご紹介します。