第6回:“西郷どん”こと西郷隆盛の好物!鹿児島の郷土料理・とんこつ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】
2018年2月9日 更新

第6回:“西郷どん”こと西郷隆盛の好物!鹿児島の郷土料理・とんこつ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

歴ドル・美甘子が歴史上の人物ゆかりのグルメを作る「歴っしゅ!キッチン」第6回は、2018年の大河ドラマ『西郷どん』で注目が集まる西郷隆盛が好んだといわれる鹿児島の郷土料理・とんこつ。大河ドラマでも食するシーンがあるかもしれませんよ。

美甘子(歴ドル)美甘子(歴ドル)

 (10518)

西郷隆盛の大好物!とんこつのエピソード

歴っしゅ!
2018年の大河ドラマは『西郷どん』!!
幕末好きの私としてはとっても楽しみです。
そして、主人公の西郷どんこと西郷隆盛の誕生日は文政10年12月7日。
西郷さんの誕生日を、大好物の「とんこつ」でお祝いしましょう。

鹿児島の郷土料理「とんこつ」はどんな料理かと言いますと、アバラ骨つきの豚肉を黒砂糖と焼酎そして鹿児島の味噌、生姜などで味付けして柔らかく煮込んだものです。

もともと、薩摩藩士が戦場や狩場で作った豪快な男の料理。祝い事でも食べられていました。

西郷さんは黒豚が特に好きで、とんこつが大好物であったということが、愛加那(二度目の結婚の妻)の子孫が残した『鹿児島の郷土料理』という書籍に載っています。

鹿児島の芋焼酎にもよく合うとんこつ。
作り方も簡単です。早速作ってみましょう!

材料はこちら

(2人分)

(2人分)

・豚骨(骨付きあばら肉) 2切れほど
・こんにゃく 1/4枚
・大根 100g
・にんじん 50g
・しょうが 少々
・油 大さじ1
・焼酎 25cc
・水 1リットル
・白みそ 大さじ1~1.5
・赤みそ 大さじ1
・黒砂糖 大さじ1~1.5
・小ねぎ 少々
 (10521)

西郷さんは、黒豚を好んでいたので用意できる方は、ぜひアバラ骨付きの黒豚を使ってみてくださいね。
ブツ切りの豚骨は大くて存在感がありますね!
(私の手は豚足をあらわしています…)
 (10523)

厚手の鍋に油を熱して、豚骨を炒めていきます。
 (10526)

豚骨に対して、ちょっと鍋が小さかったかも…。
豚骨が焦げすぎないように、菜箸で焼き面を動かしましょう。
 (10528)

表面に焦げ目が付いたら、焼酎をかけて強火にし、アルコール分を蒸発させます。焼酎の香りが豚骨の匂いを抑えてくれます。
 (10532)

鍋に水1リットルを加えて、強火で煮ていきます。煮立ったら弱火にし、1時間ほど煮つめつつ、様子をみてあくを取っていきます。
 (10535)

大きめに切った大根と、にんじんを加え、1時間ほどコトコトと煮込みます。
 (10536)

さらに、下茹でして三角に切ったこんにゃく、薄切りにしたしょうが、そして黒砂糖とみそを少し加え、様子を見ながら30分ほど煮ます。
時間をかけて煮込むことで野菜も豚骨も柔らかくなります。
 (10540)

じっくり煮込んで、煮汁が少なくなりました。
味がしっかりと染みた、とんこつの完成です!
味見をして、みそが足りなければお好みで足して、
好みの味にしてくださいね。
 (10541)

器に盛り付けたら、薄切りにしたしょうがや小ねぎをお好みで飾りましょう。
できました〜!!

できました〜!!

西郷さんが愛したとんこつの完成です。
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

美甘子(歴ドル)

美甘子(歴ドル)

愛媛県今治市国宝とロマンの島、大三島出身。高知県観光特使。 坂本龍馬など、歴史上の人物をこよなく愛する歴史アイドル(歴ドル)界の第一人者。合言葉は「歴っしゅ!」 著書「歴女 私の愛する戦国武将」(ビジネス社)、「戦国武将とお姫様の残酷物語」(光文社)、「龍馬はなぜあんなにモテたのか」(ベストブック) HP: mikako.chu.jp / Twitter: https://twitter.com/rekish_mikako 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

夏といえばスイカ。その歴史は古く、あの西郷隆盛も好物だったといいます。西郷が江戸に住んでいた際、スイカを購入したといわれるのが、皆さんもご存知のあの有名果物店でした。今回は西郷とスイカにまつわるエピソードを紹介します。
西郷と愛加那の子・菊次郎の特別展も開催中!西郷南洲顕彰館と南洲墓地

西郷と愛加那の子・菊次郎の特別展も開催中!西郷南洲顕彰館と南洲墓地

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

2018年1月、鹿児島県指宿市にオープンした「いぶすき西郷どん館」。西郷や篤姫ゆかりの品を見ることができる、もうひとつの大河ドラマ館として人気です。西郷が訪れた鰻温泉や山川港のほか、篤姫ゆかりの地もあり、『西郷どん』ファンならぜひ訪れたい指宿の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!
歴史タレント・小栗さくらがナビ!大河ドラマ『西郷どん』スポットめぐり旅

歴史タレント・小栗さくらがナビ!大河ドラマ『西郷どん』スポットめぐり旅

2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』。主人公の西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島では、各地で『西郷どん』関連施設がオープンし賑わっています。よりドラマが楽しくなる『西郷どん』関連スポットと、あわせて巡りたい西郷ゆかりの地を、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!連休や夏休みに出かけてみませんか?
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:仙巌園

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:仙巌園

万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた薩摩藩主島津家の別邸・仙巌園。『西郷どん』にも登場した28代斉彬もこよなく愛し、篤姫も足を運んだ仙巌園は、ドラマのロケ地としても度々登場しました。桜島や錦江湾が一望できる絶景はもちろん、薩摩の歴史的史跡がいまも残る仙巌園の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんと巡ってみましょう。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:大河ドラマ館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:大河ドラマ館

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「西郷どん 大河ドラマ館」。3月末の段階で入場者10万人達成という大盛況ぶりを見せている大河ドラマ館の模様を、歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!気になる見どころやグッズ情報などもご紹介します。
西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

SNSなどでは早くも話題になっている大河ドラマ『西郷どん』のロケ地。幕末が舞台なだけに、仙巌園をはじめ実際のゆかりの地でのロケが多いのも特徴です。現在明らかになっているロケ地を一挙公開。ロケ地に足を運べばさらにドラマも楽しめますよ。