第6回:“西郷どん”こと西郷隆盛の好物!鹿児島の郷土料理・とんこつ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】
2018年2月9日 更新

第6回:“西郷どん”こと西郷隆盛の好物!鹿児島の郷土料理・とんこつ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

歴ドル・美甘子が歴史上の人物ゆかりのグルメを作る「歴っしゅ!キッチン」第6回は、2018年の大河ドラマ『西郷どん』で注目が集まる西郷隆盛が好んだといわれる鹿児島の郷土料理・とんこつ。大河ドラマでも食するシーンがあるかもしれませんよ。

美甘子(歴ドル)美甘子(歴ドル)

 (10518)

西郷隆盛の大好物!とんこつのエピソード

歴っしゅ!
2018年の大河ドラマは『西郷どん』!!
幕末好きの私としてはとっても楽しみです。
そして、主人公の西郷どんこと西郷隆盛の誕生日は文政10年12月7日。
西郷さんの誕生日を、大好物の「とんこつ」でお祝いしましょう。

鹿児島の郷土料理「とんこつ」はどんな料理かと言いますと、アバラ骨つきの豚肉を黒砂糖と焼酎そして鹿児島の味噌、生姜などで味付けして柔らかく煮込んだものです。

もともと、薩摩藩士が戦場や狩場で作った豪快な男の料理。祝い事でも食べられていました。

西郷さんは黒豚が特に好きで、とんこつが大好物であったということが、愛加那(二度目の結婚の妻)の子孫が残した『鹿児島の郷土料理』という書籍に載っています。

鹿児島の芋焼酎にもよく合うとんこつ。
作り方も簡単です。早速作ってみましょう!

材料はこちら

(2人分)

(2人分)

・豚骨(骨付きあばら肉) 2切れほど
・こんにゃく 1/4枚
・大根 100g
・にんじん 50g
・しょうが 少々
・油 大さじ1
・焼酎 25cc
・水 1リットル
・白みそ 大さじ1~1.5
・赤みそ 大さじ1
・黒砂糖 大さじ1~1.5
・小ねぎ 少々
 (10521)

西郷さんは、黒豚を好んでいたので用意できる方は、ぜひアバラ骨付きの黒豚を使ってみてくださいね。
ブツ切りの豚骨は大くて存在感がありますね!
(私の手は豚足をあらわしています…)
 (10523)

厚手の鍋に油を熱して、豚骨を炒めていきます。
 (10526)

豚骨に対して、ちょっと鍋が小さかったかも…。
豚骨が焦げすぎないように、菜箸で焼き面を動かしましょう。
 (10528)

表面に焦げ目が付いたら、焼酎をかけて強火にし、アルコール分を蒸発させます。焼酎の香りが豚骨の匂いを抑えてくれます。
 (10532)

鍋に水1リットルを加えて、強火で煮ていきます。煮立ったら弱火にし、1時間ほど煮つめつつ、様子をみてあくを取っていきます。
 (10535)

大きめに切った大根と、にんじんを加え、1時間ほどコトコトと煮込みます。
 (10536)

さらに、下茹でして三角に切ったこんにゃく、薄切りにしたしょうが、そして黒砂糖とみそを少し加え、様子を見ながら30分ほど煮ます。
時間をかけて煮込むことで野菜も豚骨も柔らかくなります。
 (10540)

じっくり煮込んで、煮汁が少なくなりました。
味がしっかりと染みた、とんこつの完成です!
味見をして、みそが足りなければお好みで足して、
好みの味にしてくださいね。
 (10541)

器に盛り付けたら、薄切りにしたしょうがや小ねぎをお好みで飾りましょう。
できました〜!!

できました〜!!

西郷さんが愛したとんこつの完成です。
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

美甘子(歴ドル)

美甘子(歴ドル)

愛媛県今治市国宝とロマンの島、大三島出身。高知県観光特使。 坂本龍馬など、歴史上の人物をこよなく愛する歴史アイドル(歴ドル)界の第一人者。合言葉は「歴っしゅ!」 著書「歴女 私の愛する戦国武将」(ビジネス社)、「戦国武将とお姫様の残酷物語」(光文社)、「龍馬はなぜあんなにモテたのか」(ベストブック) HP: mikako.chu.jp / Twitter: https://twitter.com/rekish_mikako 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

SNSなどでは早くも話題になっている大河ドラマ『西郷どん』のロケ地。幕末が舞台なだけに、仙巌園をはじめ実際のゆかりの地でのロケが多いのも特徴です。現在明らかになっているロケ地を一挙公開。ロケ地に足を運べばさらにドラマも楽しめますよ。
大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ「西郷どん」をご覧になっている方、第1回から鹿児島の風景がふんだんに出て来たことをご確認できたかと思います。オープニング映像でも、桜島を代表とする県内各地の豊かな自然と美しい歴史的景観が紹介されています。今回は、鹿児島・仙巌園の学芸員で歴史イベントのプロデュースをしている岩川拓夫が「西郷どん」の風景を紹介します。
【「西郷どん」では北川景子が演じる】篤姫の生涯とゆかりの地

【「西郷どん」では北川景子が演じる】篤姫の生涯とゆかりの地

薩摩藩島津家の分家に生まれ、藩主・島津斉彬の養女となり、江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室となった篤姫。2008年の大河ドラマ「篤姫」では宮﨑あおいさんの演技が印象的でしたが、同じく「西郷どん」では北川景子さんが演じ、注目が集まっています。明治維新後も江戸で暮らし、徳川の女性として生きた篤姫の生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

温泉が恋しくなる季節。せっかくなら、2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛ゆかりの温泉を訪ねてみませんか?かなりの温泉好きで知られる西郷は、名湯が多いとされる鹿児島県の中でも、名湯中の名湯を選んでいるのが特徴です。今回は、西郷が訪れたとされる9つのうち、現在も利用できる7つの温泉を紹介します。温泉地で好きな狩猟をしながら、国の将来を考えていたであろう西郷の姿を思い浮かべながら、温泉に浸かるのもいいかもしれません。
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じることが決定し、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。
第3回:大河ドラマ「西郷どん」主要人物揃い踏み!西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第3回:大河ドラマ「西郷どん」主要人物揃い踏み!西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第3回は西郷隆盛が生まれた薩摩こと鹿児島。今回は西郷の前半の人生に焦点をあて、ゆかりの地をご紹介します。大久保利通、島津斉彬など、西郷と深く関わりのあった人物も続々登場。来年の大河ドラマ「西郷どん」を前に、ますます盛り上がること必至。ひと足お先に予習しちゃいましょう。
鹿児島市に行ったら訪れて欲しい。西郷どんゆかりの地

鹿児島市に行ったら訪れて欲しい。西郷どんゆかりの地

来年のNHK大河ドラマは、鹿児島の偉人・西郷隆盛を主人公にした『西郷(せご)どん』です。先日鹿児島を訪れた時、タクシーの運転手の方など、たまたま出会った市民の皆さんにお話を伺いましたが、原作者の林真理子さんが鹿児島のどこを取材し、どんな本を購入して、どんな会話をしたか、までが市民の噂になっているのに驚きました。それほどまでに期待が大きい『西郷どん』。今回は鹿児島市を中心にした西郷どんゆかりの地をご紹介します。
「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第4回は、次回大河ドラマ「西郷どん」の舞台、幕末・明治。新撰組局長、近藤勇も悩んだ、幕末・明治の男色隆盛の理由とは?