今年は20日間限定!徳川家康の城・駿府城跡で発掘体験
2017年5月10日 更新

今年は20日間限定!徳川家康の城・駿府城跡で発掘体験

静岡市では、徳川家康公の人生最後の居城となった駿府城で、発掘調査を実施中。江戸城をしのぐ大きさだったといわれる天守台の初の大型調査ですが、その一般体験を今年度初めて、5月10日(水)から20日間限定で体験できるそうです。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

20日間限定!徳川家康の城を発掘しよう

駿府城航空写真

駿府城航空写真

静岡県静岡市、徳川家康公最後の居城として知られる駿府城では天守台発掘調査を実施しています。今回の発掘は、家康公没後400年余を経て行われる、初の天守台大型調査。通常は一般の方が作業を行うことはできませんが、今年度初めて20日間限定で発掘体験ができるとのこと。
その一般体験の受付が、本日5月10日(水)から開始しました。

江戸城より大きい!高さ最大約5.6m、南北約68mの石垣

2016年8月から始まった調査員による発掘調査では、高さ最大約5.6m、南北約68mの天守台石垣の一部が出現しています。また、古銭や刻印が刻まれた瓦など、江戸時代の出土品も発見されています。
駿府城天守台の絵図

駿府城天守台の絵図

絵図では66m×57mと記録されていますが、実際はそれよりも長いことが判明。江戸城の天守台(45m×41m)よりも大きいとみられます。

「駿府城跡で体験発掘」申し込み受付中!

昨年、先行して行われた地元小学生の体験風景

昨年、先行して行われた地元小学生の体験風景

体験希望の方は、事前申込が必要です。先着順で定員になり次第締め切りとのことなので、気になる方は急いでお申し込みください!
歴史好きはもちろん、お子様がいる方は夏休みの自由研究にもよさそうですね。
もしかしたら、歴史を変える大発見をしちゃうかも!?

申し込み方法

■実施日
6月10日(土)、11日(日)、24日(土)、25日(日)
7月8日(土)、9日(日)、22日(土)、23日(日)
8月12日(土)、13日(日)、26日(土)、27日(日)
9月9日(土)、10日(日)、23日(土)、24日(日)
10月8日(日)、14日(土)、22日(日)、28日(土)

各日午前9時30分~10時30分、午後2時~3時の2回実施(各回40名)。
■申込期間:2017年5月10日(水)~希望体験日の4日前まで
※先着順で定員になり次第締め切り

■申込方法:静岡市コールセンター(054-200-4894、8時~20時)へ電話

■体験内容:基本行程60分
駿府城紹介ビデオ視聴・展示見学(約10分)→ 体験発掘(約30分)→瓦の拓本(たくほん)体験(約20分)
※人数によって内容は前後します。雨天時は発掘の代わりに瓦の洗浄体験を実施

■参加特典 :
・中学生以上に現地限定販売のガイドブック(500円)を謹呈
・拓本記念シート
・オリジナルノベルティ

■体験料金:中学生以上 1,000円(ガイドブック付)、小学生500円
※当日現金にて支払い

■体験条件:小学4年生以上で、小学生は中学生以上の同伴が必要。
※安全のため、中学生以上1人につき小学生2人まで
※軽作業や階段昇降などの動きのできる方

■持ち物:汚れてもいい服装(長袖、長ズボンを推奨)、軍手、運動靴、飲料水

■場所:静岡市葵区駿府城公園 1-1 駿府城公園内 天守台発掘調査現場

■参考:http://www.shizuoka-bunkazai.jp/castle-info

■問い合わせ:静岡市歴史文化課 TEL:054-221-1085
JR 静岡駅から徒歩約15分、静岡駅前からバスで約7分「東御門」下車
画像提供:静岡市
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大きさは日本一!駿府城天守台の発掘現場と想像CGが見られるツアー開催

大きさは日本一!駿府城天守台の発掘現場と想像CGが見られるツアー開催

徳川家康の最後の居城として知られる駿府城。2016年より進められている天守台の発掘調査で、その大きさが日本一であることがわかりました。現在、発掘現場の見学と、想像CGによる「駿府城タイムトラベルツアー」が開催中です。最新の調査結果とともにツアーの内容をご紹介します。
第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第7回は江戸城です。江戸幕府の居城だった江戸城は、中心部こそ皇居として使用されていますが、それ以外は公園などとして一般に開放されています。都会にありながら城郭を堪能できる江戸城のおすすめポイントを、写真を中心にご紹介します。
徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川家康。信長、秀吉とともに三英傑の一人とされ、日本人なら知らない人はいないのではないでしょうか。近年、大河ドラマでの人気も相まって、イメージも変わりつつある家康。この機会に、改めてその偉大過ぎる軌跡をたどってみてはいかがでしょうか。
【 井伊直政も活躍! 】徳川家康と武田信玄・勝頼が奪い合った高天神城

【 井伊直政も活躍! 】徳川家康と武田信玄・勝頼が奪い合った高天神城

静岡県掛川市上土方にあった山城・高天神城。一般的に認知の低い城ですが、戦国時代は「高天神を制する者は遠州を制する」と言われるほどの重要拠点でした。このお城をめぐって、長年にわたり死闘を繰り広げてきた徳川家と武田家。両者はいかに戦ったのか。そしてこの戦いをきっかけに異例の出世を遂げた武将とは…!?高天神城争奪戦の内容を追っていきましょう!
【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
日本の冬の風物詩!和歌山で一大産業となった徳川頼宣ゆかりの紀州みかん

日本の冬の風物詩!和歌山で一大産業となった徳川頼宣ゆかりの紀州みかん

日本の冬に欠かせないのが「みかん」ですよね。その歴史をたどっていくと、意外な人物が関わっていたようです。
信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
歴史好きが選んだ!満足度の高い史跡&行ってみたい史跡は?

歴史好きが選んだ!満足度の高い史跡&行ってみたい史跡は?

GWなどの連休になると、歴史好きの皆さんは城や神社仏閣、大河ドラマや歴史上の人物ゆかりの地に出かけられる方も多いと思います。そこでユカリノ編集部では、日本全国の読者の皆様に「行ってよかった史跡」についてアンケートを実施。歴史好きならではの視点で「満足度の高い史跡」についてのご意見をまとめました。
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
行くなら今!?2018年、名古屋城に行くべき3つのタイミング

行くなら今!?2018年、名古屋城に行くべき3つのタイミング

名古屋市のシンボル・名古屋城。再建が検討されている天守閣に入れるのは5月6日(日)まで!このゴールデンウィークが勝負です。また6月8日(金)には本丸御殿が完成予定。さらには、3月末にオープンした「金シャチ横丁」など、行くべき3つのタイミングを、イベント情報と合わせて、城マニアのいなもとかおりさんがお届けします。