「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】
2018年9月24日 更新

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第22回は、中村半次郎こと桐野利秋(きりの・としあき)ゆかりの地。西郷の側近として西南戦争で戦い、「人斬り半次郎」という名でも有名な桐野。しかし本当に“人斬り”と恐れられるような人物だったのか?桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡とともに、その人生を追ってみました。

小栗さくら小栗さくら

桐野は人斬りのほかに「無学文盲」というイメージもついていますが、祖父の影響で軍書や戦記をよく読んでいたため、全くの無学というわけではありませんでした。「文盲」というのは、桐野が謙遜して言っていたのと、漢文が得意ではなかったことからのようですね。

また、剣術については、小示現流あるいは薬丸自顕流といわれ、「軒の雨だれが落ちる前に三度抜き打ちができた」とか「立木打ちで庭木を枯らしたほど武芸に打ち込んだ」といった逸話が伝わっています。剣術に打ち込んだのも、バカにされたくないという思いがあったのでしょうか。

師・赤松小三郎の殺害

 (24407)

信州上田藩士・赤松小三郎
軍学者・英学者の赤松小三郎は、薩摩藩に招かれて京で私塾を開いていました。その塾生は薩摩藩士だけでなく他藩の志士のほか、新選組までいたようです。島津久光の上京に伴い、京行きに加わっていた桐野も赤松の門下生の一人でした。
しかし桐野は、師であるはずの赤松を殺害してしまいます。桐野が自分から斬りに行ったと明確に分かっている唯一の「人斬り」です。
京都、二本松薩摩藩邸跡

京都、二本松薩摩藩邸跡

赤松の私塾は薩摩藩邸から近い場所にありました。
via 提供:小栗さくら
桐野が赤松を斬った理由は、一言でいえば赤松が間者と見なされていたからです。赤松自身は、薩摩と幕府が手を携える「幕薩一和」の考えを持っていましたが、慶応3(1867)年、政局は赤松が思っていたよりも悪化していました。

そこで会津藩は、真意が見えない薩摩への対策として、「赤松を通して薩摩藩の内情を探索してほしい」と上田藩に要請していました。
桐野らはこうした情報を得て、赤松を密偵とみなし殺害に及んだのでしょう。桐野の日記には赤松のことを「幕奸(幕府の間者)であることが明らかになった」と書かれています。桐野は薩摩藩の密偵・監察として動いていたので、殺害は独断ではなく指示があったのかもしれません。

昇進した戊辰戦争

損傷した会津若松城

損傷した会津若松城

鳥羽伏見の戦いでは小頭見習いという下士官だった桐野は、この戦いでの活躍以降昇進し、会津戦争では城受け取りの軍監という大役を務めています。
この時の話として有名なのが、アーネスト・サトウが書き残した桐野の記述。城を受け取りに行った桐野は、松平容保父子の姿に「男泣きに泣いたという」と書かれ、桐野自身も「涙を禁じえなかった」としています。
戦後処理も親身になり、温情あるものだったとか。桐野の人情家の一面が見えてくるようですね。

西南戦争へ

鹿児島城(鶴丸城)跡

鹿児島城(鶴丸城)跡

via 提供:小栗さくら

私学校設立

明治6年の政変(征韓論政変)で西郷が下野すると、桐野や多くの薩摩出身の近衛兵も鹿児島へと帰ります。その数は600人に上ったとか。
政府に不満を抱くばかりの彼らの行き場として、西郷や桐野らは「私学校」を設立します。これは次第に鹿児島各地に拡大し、鹿児島の政治や軍事とも深く関わりを見せるようになっていきました。

桐野は、私学校の設立に関わりながらもそこから距離を置いていたといいます。それは生徒たちの品行が正しくなく、教鞭をとる側である同僚にも快い印象がなかったからだったとか。

また、桐野は西郷を尊敬しましたが、日頃から共にいたわけではなかったそうです。常に西郷の傍にいたのは、村田新八や篠原国幹だったといわれています。
私学校跡

私学校跡

via 提供:小栗さくら
40 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第26回は、村田新八です。幕末期から西郷隆盛と行動を共にした村田は、あの勝海舟も「大久保に次ぐ人傑」と評したほどの人物でした。大河ドラマ「西郷どん」では描かれなかった村田の功績とは?最期まで西郷とともに歩んだその生涯を追ってみます。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

薩摩藩の家老として、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕を推し進めながらも若くして亡くなった小松帯刀。日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻ではなく、小松帯刀夫妻だったともいわれています。『西郷どん』では劇団EXILEの町田啓太さんが演じることでも話題の帯刀の生涯とゆかりの地を紹介します。
西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

2018年1月、鹿児島県指宿市にオープンした「いぶすき西郷どん館」。西郷や篤姫ゆかりの品を見ることができる、もうひとつの大河ドラマ館として人気です。西郷が訪れた鰻温泉や山川港のほか、篤姫ゆかりの地もあり、『西郷どん』ファンならぜひ訪れたい指宿の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!
「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

大河ドラマ『西郷どん』では、その優雅な姿に西郷隆盛が目を奪われた僧・月照。歌舞伎役者の尾上菊之助さんの演技も話題になっています。2人は後に錦江湾に身を投げ、運命を共にしようとするのですが、結末は悲しいものでした。月照の最期の地と共に、京都・清水寺成就院の住職だった彼の生涯を紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:仙巌園

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:仙巌園

万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた薩摩藩主島津家の別邸・仙巌園。『西郷どん』にも登場した28代斉彬もこよなく愛し、篤姫も足を運んだ仙巌園は、ドラマのロケ地としても度々登場しました。桜島や錦江湾が一望できる絶景はもちろん、薩摩の歴史的史跡がいまも残る仙巌園の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんと巡ってみましょう。
歴史タレント・小栗さくらがナビ!大河ドラマ『西郷どん』スポットめぐり旅

歴史タレント・小栗さくらがナビ!大河ドラマ『西郷どん』スポットめぐり旅

2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』。主人公の西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島では、各地で『西郷どん』関連施設がオープンし賑わっています。よりドラマが楽しくなる『西郷どん』関連スポットと、あわせて巡りたい西郷ゆかりの地を、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!連休や夏休みに出かけてみませんか?