「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】
2018年9月24日 更新

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第22回は、中村半次郎こと桐野利秋(きりの・としあき)ゆかりの地。西郷の側近として西南戦争で戦い、「人斬り半次郎」という名でも有名な桐野。しかし本当に“人斬り”と恐れられるような人物だったのか?桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡とともに、その人生を追ってみました。

小栗さくら小栗さくら

主戦派ではなかった桐野

明治10(1877)年1月末、私学校党が政府の火薬庫・弾薬庫を襲った時、西郷が「しまった」と言ったというのはあまりに有名です。西南戦争のきっかけとなったこの事件ですが、桐野は「犯人が自首して罪を待つべき」としていて、この時点では主戦派ではなかったようなのです。

しかしその後、西郷を加えた幹部会議において議長として取りまとめていた桐野は、幹部らの意見を吟味し出兵へと考えを固めていきます。そうした流れに、西郷もとうとう決意を示したのでした。
弾痕が残る私学校の塀

弾痕が残る私学校の塀

via 提供:小栗さくら

桐野の最期

西郷隆盛洞窟(岩崎谷)

西郷隆盛洞窟(岩崎谷)

西郷らが政府軍の砲弾を避け、起居したという洞窟。
via 提供:小栗さくら
明治10(1877)年9月24日、洞窟を出た西郷・桐野らは城山の麓へと歩き出しました。
銃弾が飛び交う中の下山で、西郷は流れ弾にあたり脇腹と股を負傷してしまいます。そこで西郷は桐野の従弟・別府晋介に、「晋どん、もうよかろ」と言って介錯させ、激動の人生を終えたのでした。

桐野はなおも戦い、大堡塁で敵兵を撃ちに撃ったといいます。しかしとうとう政府軍の銃弾が右額を貫き、40歳の生涯を閉じました。一説には、致命傷を負いながらも短刀で喉を突いて死んだともいわれています。
桐野利秋墓所

桐野利秋墓所

via 提供:小栗さくら
桐野は、血気盛んな面があったのも確かですが、人情家で人の懐に入るのが上手い人物でもあったように思います。
密偵として長州の志士らと交流していた桐野に対し、西郷は桐野が取り込まれてしまうのではないかと危ぶんだほど、他藩の志士と馴染んでいた一面もあります。
派手好きで女性にもてたともいわれ、調べるほどにさまざまな姿が浮かび上がってくるのが面白いですね。
そんな桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡をぜひ皆さんも巡ってみてください。
40 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第26回は、村田新八です。幕末期から西郷隆盛と行動を共にした村田は、あの勝海舟も「大久保に次ぐ人傑」と評したほどの人物でした。大河ドラマ「西郷どん」では描かれなかった村田の功績とは?最期まで西郷とともに歩んだその生涯を追ってみます。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

薩摩藩の家老として、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕を推し進めながらも若くして亡くなった小松帯刀。日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻ではなく、小松帯刀夫妻だったともいわれています。『西郷どん』では劇団EXILEの町田啓太さんが演じることでも話題の帯刀の生涯とゆかりの地を紹介します。
西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

2018年1月、鹿児島県指宿市にオープンした「いぶすき西郷どん館」。西郷や篤姫ゆかりの品を見ることができる、もうひとつの大河ドラマ館として人気です。西郷が訪れた鰻温泉や山川港のほか、篤姫ゆかりの地もあり、『西郷どん』ファンならぜひ訪れたい指宿の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!
「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

大河ドラマ『西郷どん』では、その優雅な姿に西郷隆盛が目を奪われた僧・月照。歌舞伎役者の尾上菊之助さんの演技も話題になっています。2人は後に錦江湾に身を投げ、運命を共にしようとするのですが、結末は悲しいものでした。月照の最期の地と共に、京都・清水寺成就院の住職だった彼の生涯を紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:仙巌園

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:仙巌園

万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた薩摩藩主島津家の別邸・仙巌園。『西郷どん』にも登場した28代斉彬もこよなく愛し、篤姫も足を運んだ仙巌園は、ドラマのロケ地としても度々登場しました。桜島や錦江湾が一望できる絶景はもちろん、薩摩の歴史的史跡がいまも残る仙巌園の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんと巡ってみましょう。
歴史タレント・小栗さくらがナビ!大河ドラマ『西郷どん』スポットめぐり旅

歴史タレント・小栗さくらがナビ!大河ドラマ『西郷どん』スポットめぐり旅

2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』。主人公の西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島では、各地で『西郷どん』関連施設がオープンし賑わっています。よりドラマが楽しくなる『西郷どん』関連スポットと、あわせて巡りたい西郷ゆかりの地を、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!連休や夏休みに出かけてみませんか?