【スイーツの歴史】日本で最初のアイスクリームが誕生した横浜・馬車道
2018年5月9日 更新

【スイーツの歴史】日本で最初のアイスクリームが誕生した横浜・馬車道

夏はもちろん、1年中食べたくなるアイスクリームですが、日本人がアイスクリームと出会ったのは江戸末期。幕府が派遣した使節団が訪問先のアメリカで食べたのが最初といわれています。その後、日本で最初のアイスクリームが横浜で作られました。そんな文明開化の波に乗った日本のアイスクリームの歴史を紐解いてみましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

 (19071)

古代のアイスクリームは「健康食品」だった!?

アイスクリームの始まりはシャーベットのようなもので、古代では疲れた体を元気にする「健康食品」として利用されていたようです。

日本でも4世紀後半、仁徳天皇の時代に奈良に「氷室」が作られ、氷が食べられていたといわれています。
氷室とは冬の間に集めた氷を貯蔵し食料を冷蔵した穴のことで、いわば自然の冷蔵庫のようなものです。

また平安時代になると『枕草子』や『源氏物語』に「削り氷」という氷菓が登場します。
これは氷を砕いて「あまづら」(つたの蜜)をかけたもので、清少納言は「あてなるもの(上品なもの)」と絶賛しています。
清少納言

清少納言

現代でいうかき氷を早くも食していた清少納言。

日本人で初めてアイスクリームの食べたのは?

海外では16世紀半ばにイタリアでものを冷やす技術が発達し、アイスクリームにも生かされるようになります。
現在のアイスクリームの原型に近づいたのが1720年。パリのアイスクリーム専門店にて、ホイップクリームを凍らせたアイスや、卵を使ったものなどが次々に生み出されました。

そんなアイスクリームを初めて食べた日本人は、万延元年(1860)に日米修好通商条約批准のため渡米した徳川幕府一行といわれています。
使節団一行には勝海舟や福沢諭吉も乗船。もしかしてアイス...

使節団一行には勝海舟や福沢諭吉も乗船。もしかしてアイスクリームを食べたかも!?

船中での晩餐に供されたアイスクリームを食べた使節団員の柳川当清が「味は至って甘く、口中に入るるに忽ち溶けて、まことに美味なり。之をアイスクリンといふ」と、当時の様子を航海日記に書き残しています。

横浜・馬車道で日本初の「あいすくりん」誕生

明治期の横浜。こちらは馬車道通りに近い元町通り。

明治期の横浜。こちらは馬車道通りに近い元町通り。

日本で最初のアイスクリームが誕生したのが明治2年(1869)6月。
渡米経験のある町田房蔵が、横浜・馬車道通りで「氷水屋」を開店、「あいすくりん」の製造販売を始めました。
そのお値段は当時の通貨で2元。現在の価値に換算するとなんと約8000円!
かなり高価だったため、初めは外国人にしか売れなかったようです・・・。

当時のアイスを現代風にアレンジした「できたて横濱馬車道あいす」

できたて横濱馬車道あいす・カスタード

できたて横濱馬車道あいす・カスタード

「できたて横濱馬車道あいす」を販売する「YOKOHAMA BASHAMICHI ICE」は横浜赤レンガ倉庫2号館の1階にあります。
卵黄と牛乳、砂糖のみで作られた当時のアイスクリームは、カスタード風味のシャリッとした食感が特徴だったとか。その風味を現代風にアレンジして再現した「できたて横濱馬車道あいす・カスタード」が、横浜赤レンガ倉庫で販売されています。
さっぱりとしたカスタード風味のアイスクリームと最中の食感がたまらない逸品、ぜひおためしあれ。
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

2018年は明治150年の記念の年。東京・国立公文書館では特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」が開催中です。明治に突入し、日本は欧米諸国の制度を取り入れた急速な近代化を進め、目まぐるしい変化を遂げました。そんな明治期の日本の歩みを貴重な資料とともに振り返る本展から、「教科書で見た!」と言いたくなる見どころを厳選してレポートします。
かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

加賀前田家3代、加賀藩の第2代藩主である前田利常。彼をご存じの方なら、まず思い浮かべるのが「鼻毛の殿様」のイメージかもしれません。傾奇者として知られた利常ですが、内政や文化面への功績も注目されてしかるべき点です。利常が推奨・保護した加賀百万石の華やかな伝統文化をご紹介します。
日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

10月10日は日本銀行開業の日。そこで日本銀行本店の中を見せてもらえる「一般見学コース」を体験してきました。歴史を感じる素晴らしい建物。そして日銀が担う大切な役割。さらにここがお金と大変ゆかりのある地だということもわかりました。まさに、見て・楽しんで・学べる、歴史好きの方々におススメしたい見学ツアーです。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

NHK大河ドラマ「西郷どん」が、いよいよ大詰めとなる最終章「明治編」へと突入します。先日、そのメインビジュアルが発表されましたが、撮影地に選ばれたのが鹿児島県と宮崎県の県境にそびえる高千穂峰。西郷隆盛と大久保利通を演じる鈴木亮平さんと瑛太さん、そして大勢のスタッフが、わざわざ本格的な登山を行ってまで撮影を行ったこだわりの聖地、高千穂峰とは?
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
【神々の国の首都】小泉八雲が愛した島根県松江市でゆかりの地散歩

【神々の国の首都】小泉八雲が愛した島根県松江市でゆかりの地散歩

今から約120年前、「雪女」や「ろくろ首」「耳無芳一の話」などの日本の怪談を、情緒豊かな文学作品にした小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)。彼によって日本古来の伝統や文化が、広く海外に紹介されました。その八雲がこよなく愛したのが島根県松江市です。水郷と称される美しい城下町・松江の、小泉八雲ゆかりの場所をご紹介します。
【18禁】春画と妖怪画がコラボ!春信などの人気絵師達が描く、古の大人の世界

【18禁】春画と妖怪画がコラボ!春信などの人気絵師達が描く、古の大人の世界

春画は単にエッチというだけでなく、その高い芸術性が海外でも高い評価を受けています。10月16日(火)から京都の細見美術館で開催される『描かれた「わらい」と「こわい」展-春画・妖怪画の世界-』では、日文研所蔵のコレクションから、厳選された春画と妖怪画をご紹介します。ちょっと赤面しながら、かなりドキドキしながら、古の大人の世界を覗いてみませんか。
明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

今年は明治維新150年という節目の年。明治45(1912)年9月13日は、その明治という時代と共にあった明治天皇の大喪が行われた日、そして乃木希典・静子夫妻が殉死した日にあたります。今回は明治天皇と乃木希典、そして二人の人徳を今に伝える明治神宮と乃木神社をご紹介します。