【スイーツの歴史】日本で最初のアイスクリームが誕生した横浜・馬車道
2018年5月9日 更新

【スイーツの歴史】日本で最初のアイスクリームが誕生した横浜・馬車道

夏はもちろん、1年中食べたくなるアイスクリームですが、日本人がアイスクリームと出会ったのは江戸末期。幕府が派遣した使節団が訪問先のアメリカで食べたのが最初といわれています。その後、日本で最初のアイスクリームが横浜で作られました。そんな文明開化の波に乗った日本のアイスクリームの歴史を紐解いてみましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

 (19071)

古代のアイスクリームは「健康食品」だった!?

アイスクリームの始まりはシャーベットのようなもので、古代では疲れた体を元気にする「健康食品」として利用されていたようです。

日本でも4世紀後半、仁徳天皇の時代に奈良に「氷室」が作られ、氷が食べられていたといわれています。
氷室とは冬の間に集めた氷を貯蔵し食料を冷蔵した穴のことで、いわば自然の冷蔵庫のようなものです。

また平安時代になると『枕草子』や『源氏物語』に「削り氷」という氷菓が登場します。
これは氷を砕いて「あまづら」(つたの蜜)をかけたもので、清少納言は「あてなるもの(上品なもの)」と絶賛しています。
清少納言

清少納言

現代でいうかき氷を早くも食していた清少納言。

日本人で初めてアイスクリームの食べたのは?

海外では16世紀半ばにイタリアでものを冷やす技術が発達し、アイスクリームにも生かされるようになります。
現在のアイスクリームの原型に近づいたのが1720年。パリのアイスクリーム専門店にて、ホイップクリームを凍らせたアイスや、卵を使ったものなどが次々に生み出されました。

そんなアイスクリームを初めて食べた日本人は、万延元年(1860)に日米修好通商条約批准のため渡米した徳川幕府一行といわれています。
使節団一行には勝海舟や福沢諭吉も乗船。もしかしてアイス...

使節団一行には勝海舟や福沢諭吉も乗船。もしかしてアイスクリームを食べたかも!?

船中での晩餐に供されたアイスクリームを食べた使節団員の柳川当清が「味は至って甘く、口中に入るるに忽ち溶けて、まことに美味なり。之をアイスクリンといふ」と、当時の様子を航海日記に書き残しています。

横浜・馬車道で日本初の「あいすくりん」誕生

明治期の横浜。こちらは馬車道通りに近い元町通り。

明治期の横浜。こちらは馬車道通りに近い元町通り。

日本で最初のアイスクリームが誕生したのが明治2年(1869)6月。
渡米経験のある町田房蔵が、横浜・馬車道通りで「氷水屋」を開店、「あいすくりん」の製造販売を始めました。
そのお値段は当時の通貨で2元。現在の価値に換算するとなんと約8000円!
かなり高価だったため、初めは外国人にしか売れなかったようです・・・。

当時のアイスを現代風にアレンジした「できたて横濱馬車道あいす」

できたて横濱馬車道あいす・カスタード

できたて横濱馬車道あいす・カスタード

「できたて横濱馬車道あいす」を販売する「YOKOHAMA BASHAMICHI ICE」は横浜赤レンガ倉庫2号館の1階にあります。
卵黄と牛乳、砂糖のみで作られた当時のアイスクリームは、カスタード風味のシャリッとした食感が特徴だったとか。その風味を現代風にアレンジして再現した「できたて横濱馬車道あいす・カスタード」が、横浜赤レンガ倉庫で販売されています。
さっぱりとしたカスタード風味のアイスクリームと最中の食感がたまらない逸品、ぜひおためしあれ。
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

維新の三傑の一人、桂小五郎(木戸孝允)。大河ドラマ『西郷どん』では玉山鉄二さんが演じています。「逃げの小五郎」とも呼ばれ、一説には池田屋事件で屋根を伝って逃げたとも言われます。彼は禁門の変後、幕府の追っ手の目をかいくぐり潜伏生活を続けました。協力者のおかげでなんとか逃亡を成功させた桂ですが、彼が潜伏したのはどんな場所だったのでしょうか。
「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

元和9(1623)年8月4日は、福岡藩初代藩主・黒田長政の命日です。彼が亡くなる2日前に遺した「黒田長政遺言覚」が、福岡市博物館にて2018年7月31日(火)から9月30日(日)まで展示中。その内容は、黒田家の御家存亡を憂いたものだったようで…。
目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

桜の季節には目黒川沿いが美しく彩られ、高級住宅街が広がり、おしゃれな店舗も並び立つ街、目黒。この街は、江戸時代はどのような姿であったのでしょうか。JR目黒駅界隈から東急東横線中目黒駅界隈までを、江戸時代の古地図とともに、この街の歴史を探ってみたいと思います。きっと意外な発見があることでしょう。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

7月25日は「夏氷」という語呂合わせから「かき氷の日」とされています。暑い夏を乗り切るため、涼を求めて食べるかき氷。甘いシロップがかかった冷たい氷を一口食べるだけで涼しさを感じますね。平安時代から食べられていたというその歴史や、当時の食べ方などをご紹介します。
江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。
父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

徳川家康の六男・松平忠輝。家康の実子でありながら、父からは疎まれ「鬼っ子」と呼ばれた理由とは…?不遇の生涯を送った忠輝が藩主として唯一幸せに過ごしたとされるゆかりの地・高田城(新潟県上越市)をご紹介します。
命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

2018年は北海道命名150年記念の年。道内各地で記念事業が行われるなか、改めて注目を集めている人物こそ、北海道の名付け親といわれる松浦武四郎です。北海道博物館では6月30日から特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」を開催。特別展の見どころとともに、北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ」でも注目を集める武四郎の生涯をご紹介します。
【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

6月27日は、備前岡山藩初代藩主にして江戸初期の三名君のひとりに数えられた池田光政の命日です。実はこの日、ちらし寿司の日になっているのをご存知でしたか?名君として知られた光政の政治から生まれたばら寿司誕生秘話こそ、この由縁なのです。その池田光政とはどんな人物なのか、ばら寿司との関係についてご紹介しましょう。
【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

明治政府の「お雇い外国人」ジョサイア・コンドル。コンドルは明治新政府関係の建造物を手がけた建築家であり、日本における新進気鋭の建築家を育成することにも尽力しました。また、日本文化をこよなく愛した日本通でもあったのです。今回は、今もまだ見ることができるコンドルゆかりの建築物をご紹介します。