【スイーツの歴史】日本で最初のアイスクリームが誕生した横浜・馬車道
2018年5月9日 更新

【スイーツの歴史】日本で最初のアイスクリームが誕生した横浜・馬車道

夏はもちろん、1年中食べたくなるアイスクリームですが、日本人がアイスクリームと出会ったのは江戸末期。幕府が派遣した使節団が訪問先のアメリカで食べたのが最初といわれています。その後、日本で最初のアイスクリームが横浜で作られました。そんな文明開化の波に乗った日本のアイスクリームの歴史を紐解いてみましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

 (19071)

古代のアイスクリームは「健康食品」だった!?

アイスクリームの始まりはシャーベットのようなもので、古代では疲れた体を元気にする「健康食品」として利用されていたようです。

日本でも4世紀後半、仁徳天皇の時代に奈良に「氷室」が作られ、氷が食べられていたといわれています。
氷室とは冬の間に集めた氷を貯蔵し食料を冷蔵した穴のことで、いわば自然の冷蔵庫のようなものです。

また平安時代になると『枕草子』や『源氏物語』に「削り氷」という氷菓が登場します。
これは氷を砕いて「あまづら」(つたの蜜)をかけたもので、清少納言は「あてなるもの(上品なもの)」と絶賛しています。
清少納言

清少納言

現代でいうかき氷を早くも食していた清少納言。

日本人で初めてアイスクリームの食べたのは?

海外では16世紀半ばにイタリアでものを冷やす技術が発達し、アイスクリームにも生かされるようになります。
現在のアイスクリームの原型に近づいたのが1720年。パリのアイスクリーム専門店にて、ホイップクリームを凍らせたアイスや、卵を使ったものなどが次々に生み出されました。

そんなアイスクリームを初めて食べた日本人は、万延元年(1860)に日米修好通商条約批准のため渡米した徳川幕府一行といわれています。
使節団一行には勝海舟や福沢諭吉も乗船。もしかしてアイス...

使節団一行には勝海舟や福沢諭吉も乗船。もしかしてアイスクリームを食べたかも!?

船中での晩餐に供されたアイスクリームを食べた使節団員の柳川当清が「味は至って甘く、口中に入るるに忽ち溶けて、まことに美味なり。之をアイスクリンといふ」と、当時の様子を航海日記に書き残しています。

横浜・馬車道で日本初の「あいすくりん」誕生

明治期の横浜。こちらは馬車道通りに近い元町通り。

明治期の横浜。こちらは馬車道通りに近い元町通り。

日本で最初のアイスクリームが誕生したのが明治2年(1869)6月。
渡米経験のある町田房蔵が、横浜・馬車道通りで「氷水屋」を開店、「あいすくりん」の製造販売を始めました。
そのお値段は当時の通貨で2元。現在の価値に換算するとなんと約8000円!
かなり高価だったため、初めは外国人にしか売れなかったようです・・・。

当時のアイスを現代風にアレンジした「できたて横濱馬車道あいす」

できたて横濱馬車道あいす・カスタード

できたて横濱馬車道あいす・カスタード

「できたて横濱馬車道あいす」を販売する「YOKOHAMA BASHAMICHI ICE」は横浜赤レンガ倉庫2号館の1階にあります。
卵黄と牛乳、砂糖のみで作られた当時のアイスクリームは、カスタード風味のシャリッとした食感が特徴だったとか。その風味を現代風にアレンジして再現した「できたて横濱馬車道あいす・カスタード」が、横浜赤レンガ倉庫で販売されています。
さっぱりとしたカスタード風味のアイスクリームと最中の食感がたまらない逸品、ぜひおためしあれ。
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

つい惹かれてしまう「悪」の魅力。盗賊や小悪党、悪女まで、悪人を集めた展覧会「江戸の悪 PARTⅡ」が東京・太田記念美術館にて6月2日(土)より開催されます。2015年に開催された同名の展覧会がさらにパワーアップ。しかも今年は同時期に連携展が開催されるなど、東京中が「悪」に染まる?その詳細をご紹介します。
函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

『ゴールデンカムイ』『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー』など、コミック界で盛り上がりをみせる幕末・明治維新期の北海道。ここは旧幕府軍と新政府軍が激突した戊辰戦争の終焉地であり、旧幕府軍として戦った土方歳三の最期の地でもあります。北海道に上陸してから最期まで、土方の足跡を辿ります。
信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
世界遺産候補!長崎と天草地方の潜伏キリシタンの歴史

世界遺産候補!長崎と天草地方の潜伏キリシタンの歴史

今年、ユネスコの世界文化遺産に登録される見通しとなった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県・熊本県)。江戸幕府がキリスト教を禁じていた17〜19世紀、ひそかに信仰を守り続けたキリシタンが育んだ独自の文化が世界で評価されることとなりました。その信仰の地と彼らの歴史をご紹介します。
甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」

甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」

福岡市博物館で平成30年4月24日(火)~6月24日(日)開催中の「甲冑にみる江戸時代展5―武士と武人の甲冑像―」。同館が収蔵する江戸時代の復古調の甲冑を中心に、黒田長政や黒田二十四騎といった福岡藩ゆかりの人物の肖像画なども多数展示。まさに甲冑好き必見の本展の見どころを、同館学芸員さんにお伺いしました。
再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は4月に再オープンした東京都江戸東京博物館です。歴史を扱う博物館の中でも特にこちらがお気に入りというまやさんが、新しくなったポイントとともに通ならではの楽しみ方を伝授します!
河鍋暁斎と娘・暁翠の華麗なる父娘競演!「暁斎・暁翠伝」展

河鍋暁斎と娘・暁翠の華麗なる父娘競演!「暁斎・暁翠伝」展

絵師の父娘といえば葛飾北斎とその娘・応為が浮かびますが、幕末から明治前半に活躍した絵師・河鍋暁斎にも、絵師になった長女・暁翠がいたんです。そんな河鍋父娘の作品が見られる「暁斎・暁翠伝」が東京富士美術館にて開催中。近年人気を集める暁斎の魅力と、娘に引き継がれた画業を網羅した展覧会をご紹介します。
富士山、夜桜…「生誕150年 横山大観展」を楽しむ5つの見どころ

富士山、夜桜…「生誕150年 横山大観展」を楽しむ5つの見どころ

日本画の新たな時代を切り開いた巨匠・横山大観の回顧展「生誕150年 横山大観展」が、東京国立近代美術館にて開催中。富士山をモチーフにした《群青富士》から代表作《夜桜》《紅葉》、初公開の作品まで、多様な作品が紹介されています。ファンはもちろん初心者でも楽しめる5つの見どころをご紹介します。
アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る

アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る

明治時代の北海道が舞台の歴史マンガ『ゴールデンカムイ』。巧みな時代考証や忠実に描写されたアイヌ文化など、歴史ファンも唸る珠玉の作品は、2018年4月よりアニメも始まり、ますます注目が集まっています。そんな『ゴールデンカムイ』をより深く楽しむためのスポットをご紹介します。
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。