薩長同盟を締結!幕末維新の立役者・桂小五郎と幾松の献身
2018年3月7日 更新

薩長同盟を締結!幕末維新の立役者・桂小五郎と幾松の献身

西郷隆盛、大久保利通と並び維新三傑に数えられる長州藩士・桂小五郎。敬遠の仲だった長州藩と薩摩藩が手を結んだ「薩長同盟」により、時代は討幕へ突き進んでいくこととなります。維新の立役者ともいえる長州藩士・桂小五郎は、幕府からその命を狙われながらも行動を起こし、また妻となる幾松も命がけで支えました。動乱の時代を生きたふたりと、ゆかりの地を紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

「薩長同盟」の締結

長州藩邸があった京都ホテル前にある桂小五郎の像

長州藩邸があった京都ホテル前にある桂小五郎の像

via 撮影:ユカリノ編集部
桂小五郎は天保3年(1833)、長門国(山口県)で生まれました。実家である和田家は藩医の家系でしたが、7歳の頃に桂家の養子に入り、武士の身分となります。

ペリー来航後、海外事情を知るにつれ、日本の未来を案じるようになった桂は、長州藩内の意見を「尊王攘夷」にまとめようと奔走します。しかし、八月十八日の政変によって長州藩の権力が失墜すると、幕府を支持する勢力から命を狙われるようになるのです。

池田屋事件、禁門の変、第一次長州征伐などの数々の危機を乗り越え、慶応2年(1866)1月21日、坂本龍馬の仲介のもと、薩摩藩士・西郷隆盛と「薩長同盟」を締結します。その後は長州藩の代表的人物として薩長主導による新政府の成立に尽力しました。
「薩長同盟」が締結した小松帯刀邸跡(京都府京都市)

「薩長同盟」が締結した小松帯刀邸跡(京都府京都市)

慶応2年(1866)1月21日に締結された薩長同盟。会談が行なわれた小松帯刀邸は、平成28年(2016)に場所が確定しました。

幾松のおかげで死なずにすんだ!?

木戸松子(幾松)

木戸松子(幾松)

天保14年(1843)、現在の福井県にあたる若狭藩小浜で生まれた幾松。美人で頭が良く、芸事も上手だった幾松は、京都でも屈指の売れっ子芸妓でした。
命がけで維新を成し遂げた桂ですが、彼が死なずにすんだのは、のちに妻となる幾松のおかげだったともいわれています。

桂が幾松と出会ったのは、1861~1862年(文久元)頃。売れっ子芸者だった幾松に夢中になり、猛アプローチのすえ身請けします。

しかし常に幕府側から命を狙われ、運よく助かった池田屋事件では、滞在中だった幾松の家に新選組隊士が踏み込み、彼女が気丈にも近藤勇と渡り合い危機を脱したという話が伝えられています。
さらに禁門の変後には、橋の下に隠れていた桂のもとへ、幾松は何度も食事を運んだそう。また、出石(兵庫県)に逃れた桂を追って、同行者に裏切られながらも女の一人旅を続け、迎えにいったといいます。
「幾松」

「幾松」

幾松の部屋の見学は宿泊者のほか、期間限定で公開されています。
開催期間:12月〜4月
開催時間:午前10時〜午前11時、午後2時〜午後3時
※10名以上で事前予約が必要。
via 撮影:ユカリノ編集部
2人の思い出の地・長州藩控え屋敷の跡地は、現在「幾松」という料亭旅館になっています。
東に鴨川、西に高瀬川に面しており、幕府方や新選組が襲ってきても逃れられる造りになっていたとか。幾松の部屋には今も、抜け穴やのぞき穴、つり天井などが、当時に近い状態で保存されています。
見学は宿泊者のほか、条件があえば可能なので、ぜひチェックしてみてください。

身分差を乗り越えて結婚

桂小五郎(木戸孝允)

桂小五郎(木戸孝允)

明治維新後の木戸孝允。
ふたりの結婚には、武士と芸妓という当時の身分差がありましたが、幾松を長州藩士・岡部富太郎の養女とすることで、晴れて結婚することができました。この時すでに桂は木戸孝允に改名していたため、嫁いだ幾松は木戸松子という名になりました。

この結婚は、身分差を乗り越えた正式な結婚として初のケースともいわれています。またこの直前に、2人は城崎温泉に旅行もしており、龍馬とお龍よりも早い、日本初の新婚旅行という説もあるんです。

明治維新、新政府の重鎮となった彼のそばには、常に松子の姿があったそうです。命がけで自分を守ってくれた妻は、彼にとっても誇りだったのでしょう。そんなふたりの絆が感じられるゆかりの地へ、巡ってみてはいかがでしょうか?
京都霊山護国神社にある桂小五郎(木戸孝允)の墓

京都霊山護国神社にある桂小五郎(木戸孝允)の墓

境内には松子のほか、坂本龍馬や中岡慎太郎、高杉晋作など、幕末志士が数多く眠っています。
via 撮影:ユカリノ編集部
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大政奉還150周年企画!長州藩邸ゆかりの地・京都ホテルオークラで「桂小五郎」「二条城」がテーマのオリジナルカクテルが楽しめる!

大政奉還150周年企画!長州藩邸ゆかりの地・京都ホテルオークラで「桂小五郎」「二条城」がテーマのオリジナルカクテルが楽しめる!

2017年大政奉還150周年を記念して、幕末・明治維新の舞台である長州藩邸跡に立つ京都ホテルオークラでは「二条城」と「桂小五郎」をテーマとしたオリジナルカクテルシリーズの販売を開始します。幕末志士たちゆかりの地・京都で、グラスを傾けながら思いを馳せてみてはいかが?
徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第14回は江戸幕府の京都の拠点・二条城です。現在の二条城は関ヶ原合戦に勝利した徳川家康が慶長8(1603)年に築いたのが始まり。江戸幕府の始まりと終わりを見届けた二条城のおすすめポイントを写真を中心に紹介します。
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第19回は、薩摩藩家老・小松帯刀(こまつ・たてわき)ゆかりの地。若くして家老に抜擢され、藩政に欠かせない人物だった帯刀。あの薩長同盟が結ばれたのも帯刀の寓居でした。今回はその舞台にもなった京都・烏丸通りにある帯刀と薩摩藩ゆかりの史跡をご紹介します。
【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

維新の三傑の一人、桂小五郎(木戸孝允)。大河ドラマ『西郷どん』では玉山鉄二さんが演じています。「逃げの小五郎」とも呼ばれ、一説には池田屋事件で屋根を伝って逃げたとも言われます。彼は禁門の変後、幕府の追っ手の目をかいくぐり潜伏生活を続けました。協力者のおかげでなんとか逃亡を成功させた桂ですが、彼が潜伏したのはどんな場所だったのでしょうか。
貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視

貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視

大河ドラマ「西郷どん」では笑福亭鶴瓶さんが演じる岩倉具視。それだけでも何やら性格にクセがありそうな気がしますが、歴史に残る彼はどんな人物だったのでしょうか。武士ではなく公家として明治維新を成し遂げた彼の人生とゆかりの地をご紹介します。
【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

1864年7月13日、京都で起こった明保野亭事件。これは実に奇妙な事件であり、同時に悲しい結末を迎えた事件でもあります。当事者は、新選組・会津藩・土佐藩。激動の幕末で起きてしまった明保野亭事件の概要とその舞台となった明保野亭をご紹介します。
「土下座像」だけじゃない!高山彦九郎が京都・等持院で墓を鞭打ちした理由

「土下座像」だけじゃない!高山彦九郎が京都・等持院で墓を鞭打ちした理由

幕末に起こった尊王運動の先駆者であり、吉田松陰や西郷隆盛など多くの志士たちに影響を与えた高山彦九郎。京都御所を望拝する姿をモチーフにした通称「土下座像」が有名ですが、京都にはもうひとつ、ゆかりの地があるんです。強烈なエピソードとともに、彦九郎の祖先のライバル・足利尊氏の墓のある等持院をご紹介します。
「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

大河ドラマ『西郷どん』では、その優雅な姿に西郷隆盛が目を奪われた僧・月照。歌舞伎役者の尾上菊之助さんの演技も話題になっています。2人は後に錦江湾に身を投げ、運命を共にしようとするのですが、結末は悲しいものでした。月照の最期の地と共に、京都・清水寺成就院の住職だった彼の生涯を紹介します。
過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」

過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」

大河ドラマ『西郷どん』にも登場している有馬新七ですが、文久2年(1862)4月23日、彼は京都の寺田屋で最期を遂げました。この寺田屋は坂本龍馬も襲われた宿ですが、今回ご紹介する寺田屋事件は龍馬の話とはまた別物。今回は有馬新七の生涯と寺田屋事件、そのゆかりの地についてご紹介します。